目次へ戻る

ホンダのシャトル改良新型発表は5月10日予定!シャトルってどんな車?

ホンダのシャトル改良新型発表は5月10日予定!シャトルってどんな車?

ホンダは3月21日、マイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトステーションワゴン『シャトル』に関する情報を、ウェブサイトで先行公開しました。マイナーモデルチェンジの正式発表は5月10日予定です。ホンダのシャトルとはいったいどんな車なのか、改めて確認していきましょう。


ホンダのシャトル改良新型発表は5月10日予定!シャトルってどんな車?

ホンダのステーションワゴン シャトルが改良されて登場

ホンダは3月21日、マイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトステーションワゴン『シャトル』に関する情報を、ウェブサイトで先行公開しました。

マイナーモデルチェンジの正式発表は5月10日予定です。ホンダのシャトルとはいったいどんな車なのか、改めて確認していきましょう。

ホンダのステーションワゴン シャトル マイナーチェンジでどうなる?

ホンダ・シャトル改良新型

マイナーモデルチェンジでは、「洗練された上質感を追求して内外装デザインを刷新し、これまで以上に心躍る快適な移動の提供をめざす」とのこと。

ホンダのステーションワゴン シャトル改良新型 内装

ホンダ・シャトル改良新型

ホンダ・シャトル改良新型

ホンダ・シャトル改良新型

ホンダ・シャトル改良新型

ホンダのステーションワゴン シャトルってどんな車?

シャトルとは、本田が製造・販売する5ナンバーサイズのステーションワゴンです。
「趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種」として開発されました。

フィットシャトルの後継車で、2015年から発売されています。

フィットシャトルの車名の由来は、前身のフィットシャトル同様に「人と荷物を安全に、そして先進の技術で運ぶ」というイメージをスペースシャトルになぞらえています。

ホンダのステーションワゴン シャトル 気になる試乗評価は

ホンダ シャトル G試乗記

室内はゆったり

『フィット』のスペースユーティリティは世界のコンパクトカーの中でもピカイチと言える。

そんなフィットのコンパクトワゴン版が『シャトル』だ。室内空間の広さはフィット譲りで、特にリクライニング機構が加わった後席は身長172cmのリポーターのドライビングポジションの背後で頭上に15cm、ひざ回りにはひとクラス上のワゴンに相当するの18cmものスペースがあるからゆったりできる。

ラゲッジも広々

ラゲッジも広大だ。その広さ、容量は3ナンバーワゴン並みで、フロアは低く重い荷物 の積み下ろしやペットの乗降も楽々。先代ガソリン車にあった、A字に畳み、ラゲッジ 前後を仕切れたマルチボードが廃止されたのはちょっと残念。ガソリン車の場合、 ホテルのクローク、コンシェルジュの意見からヒントを得た、後席背後の収納=マルチユースバケットは設定されないグレードでもある。

ホンダ シャトル HYBRID Z試乗記

試乗車は最上級グレード「HYBRID Z」のFWD(前輪駆動)。フィットハイブリッドと同じ、出力110psのエンジンとモーター内装DCT(デュアルクラッチ変速機)を組み合わせた混合出力137psのハイブリッドシステム「i-DCD」を搭載する。車両重量はフィットに対して約100kg増。

燃費は十分以上に良かった。走行距離549.9kmで給油量は23.1リットル、満タン法による実燃費は23.7km/リットルだった。平均燃費計の数値は24.7km/リットルで、乖離率は約4%。基本的にECONモードOFF、無駄な減速を排することだけに気をつけて走ったが、唯一、勝沼から途中で1回休憩を挟んで静岡の富士までの約100kmの区間でもうちょっと丁寧に走ってみた。そのさいの平均燃費計値は28.5km/リットルと30.7km/リットル。標高差350mぶんの位置エネルギーを差し引いても、27~28km/リットルくらいで走れそうだった。ガソリンスタンドの密度が薄い地方部で燃料残量が心もとなくなったときも、この程度のエコ性能があれば安心感は高かろう。

最後に

本記事では、ホンダシャトル改良新型の最新情報と、改めてホンダのシャトルについてご紹介いたしました。

シャトル改良新型は5月10日ごろに発表される予定です。気になる方はぜひお忘れなく!

関連する投稿


ホンダのスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について検証!!

ホンダのスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSX。初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

みなさんはホンダのバモスをご存知でしょうか。初代バモスはオープンカー型のピックアップトラックとして発売され、モデルチェンジを経て軽ワンボックスとして発売されました。現在は販売終了していますが、中古車で購入することは可能です。本記事ではそんなバモスの価格や燃費、評価についてまとめています。


ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダの「インテグラ」の実燃費や中古価格などを歴代モデルごとにまとめてみました。「インテグラ」に乗り換えをお考えの方は是非参考にしてください。


オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

1994年から発売されている、ホンダのオデッセイは発売当初から今もとても人気があるミニバンです。初代モデルから現行モデルまで、デザインが変更されてきましたが、どのモデルも根強い人気があります。こちらの記事では、オデッセイ ハイブリッドモデルの燃費と実燃費に、ユーザーやジャーナリストによる評価の紹介や中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリードスパイクは、ホンダが2010年~2016年まで発売していた車です。ミニバンのフリードをベースに、トールワゴンタイプになったモデル。後継車はフリード+です。中古でトールワゴンを探しているという方、フリードスパイクはどうでしょうか。本記事ではフリードスパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価を見ていきます。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。