目次へ戻る

ホンダ ジェイドになぜ5人乗り?シャトルとどう違う?

ホンダ ジェイドになぜ5人乗り?シャトルとどう違う?

ホンダが、2018年5月にマイナーチェンジを予定している「JADE(ジェイド)」は、「RS」に2列5人乗り仕様へ変更するとともに、新たにハイブリッドモデルも追加設定します。「シャトル」もあるのになぜ5人乗りを導入したのでしょうか?この2台はどのような違いがあるのでしょうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ジェイドのマイナーチェンジ概要

新型ジェイドRS後席

ジェイドは2015年2月に発売され、セダン並みの低全高で美しいフォルムの中に高い居住性とユーティリティーを実現したモデルとなっています。

今回のマイナーチェンジでは、2列5人乗り仕様へ変更するとともに、1.5Lターボエンジンのみの設定だった「RS」にも、新に「スポーツ ハイブリッドi-DCD」を搭載した仕様も追加設定します。

さらに、新たにRS専用色として「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック」や、ブラックルーフ仕様を追加するなど、スタイリッシュなデザインに一層の磨きをかけ、また、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備しています。

全長/全幅/全高:4,650/1,775/1,530mm
室内長/室内幅/室内高:2,850/1,505/1,230mm

詳細はまだ公表されていませんが、現行ジェイドのハイブリッド車は2,720,000円から、1.5Lターボエンジンの「RS」は2,530,000円からとなっており、新しく5人乗りとなることで、1.5Lターボエンジンの「RS」は多少価格が下がることが期待され、新設定されるハイブリッド車も、現在の上級グレードである「ハイブリッドX」の2,920,000円と同額程度となると予想されます。

シャトルの概要

シャトル

シャトルは、5ナンバーサイズの扱いやすさや優れた燃費性能とクラス最大の広さを誇るフラットなラゲッジスペース、そして上質な走りを融合した新しいコンパクトステーションワゴン。1.5L直噴エンジンと、「スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を採用。ハイブリッド車はクラストップとなる34.0km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を達成、また、5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車として初めて4WDを設定しています。

全長/全幅/全高:4,400/1,695/1,545(4WD1,570)mm
室内長/室内幅/室内高:1.925/1.450/1.290mm

ジェイドを5人乗り仕様に変更する理由

新型ジェイドRSラゲッジスペース

ステーションワゴンである「シャトル」は、同じハイブリッドシステムを搭載したモデルが2,080,080円からとなっています。

同じ5人乗りとはいえ、価格差が60万円以上もあるので、購入者のターゲットも異なるとは思いますが、あえて「ジェイド」を5人乗り仕様に変更する理由はどこにあるのでしょうか。

理由のひとつは、「ジェイド」のユーザーも、普段は折りたたんでおいて、いざという時には3列シート車として使うというユーザーも多く、ならばいっそ5人乗りでいいじゃないかという意見もあったはずです。3列シート車が必要なら「ステップワゴン」が同額で買えるのですから。

ミニバンからスポーツワゴンへ

スバルレヴォーグ

もうひとつの理由としては、ホンダには「シャトル」以上のステーションワゴンがなかったこと。

そして、ステーションワゴンの需要は減る一方で、若い人が好むスポーツワゴンとして、「カローラフィルダー」の人気があるという事実もあります。

それに引き換え、「シャトル」にはスポーツモデルがなく、ボディーデザインもスポーティとは言えません。

そこで、「シャトル」にテコ入れするのではなく、「ジェイドRS」を需要の少ないロールーフミニバンではなく、スバルの「レヴォーグ」のようなスポーツワゴンとして若い層を取り込むという選択をしたのです。

ラゲッジスペースとしては、数字こそ3ナンバーボディの「ジェイド」の方が上回っていますが、室内高が高く開口部の広い「シャトル」の方が実用性が高いのですが、スポーツワゴンとしてのスタイリッシュなスタイルと、何よりも質感の高いインテリアは、同じパワーユニットを採用するとしても選ばれる価値は十分あると思います。

まとめ

先行サイトには「待望の5シーター登場!」という文字が躍っていますが、待望していたのはユーザーよりももしろディーラーサイドでしょう。ロールーフミニバンといっても、3列シート車としてセールスするのは厳しく、むしろ中国市場で導入されている2列シート車なら、スポーツワゴンとして需要があるのにという声が多かったことは、容易に想像できます。

ロールーフミニバンもステーションワゴンも需要が少なくなっている現在ですが、狭い3列シート車よりも荷室の広い2列シート車の方が生き残る道はありそう。全車に設定せず、手始めに「RS」から始めようということは「RS」だけきりはなしてスポーツワゴンにするため。ならばいっそ、ホンダには、3列シートのままSUVにすることを提案したいです。

関連する投稿


新型アルファードは2022年登場?姉妹車ヴェルファイアと統合か!?

新型アルファードは2022年登場?姉妹車ヴェルファイアと統合か!?

トヨタの人気ミニバン、アルファード。姉妹車のヴェルファイアと共に根強い人気があります。本記事では2022年以降発売されるかと噂されるアルファード新型の最新情報、姉妹車ヴェルファイアとの統合化の噂と合わせて、改めてアルファードについてまとめています。(※2020年5月更新しました)


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

生活が一変した今、これまで以上に自動車にかける予算も抑えたいと思う人も多いでしょう。そこで今、新車よりも断然リーズナブルな中古車が注目されています。この記事では中古車でもけっして見劣りしないメーカー別の魅力的な中古車をご紹介します。今回はホンダ車の中から人気のある中古車から5車種を厳選してみました。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


最新の投稿


ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

最近よく聞く「ドライブレコーダー」という言葉。「取り付けたいとは思っているけど、種類が豊富で何を選んだらよいのかわからない」という方も多いかと思います。今回は、そんな方向けに数あるドライブレコーダーの中でも、最もお手軽に取り付けられるミラー型ドライブレコーダーのおすすめをご紹介します。


家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

キャンプをしたいけど外出できない。それならいっその事、家で車を使ってキャンプというのはどうでしょう?今回は、車中泊におすすめのグッズや便利なキャンプグッズをいくつかご紹介したいと思います。


メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジを受けた都市型クロスオーバーSUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。そこで、2代目となった新型「GLA」とはどんな車種なのか?また、同時にデビューした7人乗りの新型SUV「GLB」との違いを比較しながら解説していきます。


カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

皆さんカーリースという物をご存知でしょうか?車を所有する方法の一つにカーリースがあります。その中でも今回はカーコンカーリース(もろコミ)についてご紹介したいと思います。


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。