目次へ戻る

【知ってる?】バックファイアーとアフターファイヤーの違いと原因について!解説

【知ってる?】バックファイアーとアフターファイヤーの違いと原因について!解説

バックファイアーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?ここでは、バックファイアーとは何かをご説明しながら、原因や、未然に防ぐ方法をお伝えします。


バックファイアーとは

バックファイアーとは逆火と呼ばれることもある現象で、エンジンの中で燃焼しきれなかったガスが外に出てエンジンの外で爆発を起こしてしまい、吸気側に炎が逆流してしまうことを指します。

バックファイアーが起こっているときの特徴はパンパンやバチンといった音がすることです。場合によっては大きな火災になりかねないので、小さな音も聞き逃さないように注意しましょう。

危険性

バックファイアーは炎が吸気側に吸い込まれていくため外に炎が出ることはあまりありませんが、かなりひどいバックファイアーを起こしてしまうと、キャブレター内のエアクリーナーを燃やし尽くしてしまうこともあることを知識として持っておきましょう。

バックファイアーによりエンジンを痛めてしまうと、火災を引き起こす原因となってしまいかねない現象なのでバックファイアーが起こったらすぐに修理にだしましょう。

また、キャブレターとはエンジンの燃料供給装置の一つのことです。

バックファイアーが起こる原因

次にバックファイアーが起こる原因についてを説明します。
バックファイアーが起こる原因を理解することによって、未然にバックファイアーを起こしてしまう要因を排除することが可能です。

バックファイアーがすでに起こってしまっていたら仕方のないことですが、未然に防ぐことのできる事故は事故が起こってしまう原因をしっかり理解して予防しましょう。

また、すでにバックファイアーを起こしてしまった方も今後の修理やメンテナンスで同じことを繰り返してしまわないように原因をしっかり理解することがとても大切です。

原因① 点火プラグに問題あり

1つ目の原因としては点火プラグに不具合が生じているという点です。
まず点火プラグについて説明します。

点火プラグとはスパークプラグとも言い、エンジンを動かすために必要なパーツの一つです。車のエンジンが動く仕組みとして、ガソリンを燃やすことで車が動いています。そのガソリンに火をつけるための火花を飛ばす役割を担っているパーツが点火プラグです。

この点火プラグは使っていくほど劣化してしまうパーツなので定期的な点検と交換が必要です。
万が一これを怠ると、点火プラグから正しく火花を飛ばすことができていないときに燃焼室で上手にがガソリンを上手く燃やすことが出来ず、バックファイアーを引き起こしてしまうことがあります。

また、点火プラグにすすがたまったり、点火プラグの火花を飛ばすタイミングなどを調節するセンサーの故障などもバックファイアーの原因となります。

原因② 混合気の異常

2つ目の原因としては、エンジンに送られている混合気が薄すぎたり濃すぎたりすることが挙げられます。
混合気が薄いや濃いという表現とだけだとややわかりにくいですが、エンジンに吸い込む空気量に対してのガソリンの量の比率が低い場合を混合気が薄い、比率が高い場合を混合気が濃いと表現するのです。
なぜ混合気が薄すぎたり濃すぎたりすると、バックファイアーを引き起こしてしまうのでしょうか。
そう、混合気が薄すぎる場合は点火出来ずにキャブレーター側で爆発燃焼を引き起こしてしまい、混合気が濃すぎる場合は燃え残った混合気がキャブレーター内に逆流を起こしてしまいバックファイヤーを引き起こしてしまうのです。

点検でバックファイアーを未然に防ぐ

点火プラグ

バックファイアーとは気づくのが難しい故障の一つでもありますが、日ごろから車の小さな変化に気をかけることで気づくことのできる故障とも言えます。

バックファイアーを起こしてしまうと火災を引き起こしてしまうことになる可能性もあるので、日々の点検でバックファイアーを未然に防ぐようにしていきましょう。

点火プラグ

まずは点火プラグの点検です。

点火プラグは車検では点検してもらえないことが多いです。
なので自分で定期的な点検をするときに一緒に確認しましょう。
点検の方法は以下の通りです。

1.ボンネットを開けます。
2.プラグカバーを取り外します。
3.トップコイルを固定しているエンジンヘッドカバーのボルトを取り外します。
4.トップコイルを引き抜きます。
5.エクステンションバーなどで最適な長さに調整したプラグレンチをプラグホールに差し込み点火プラグを取り出します。
6.点火プラグの点検を行います。
7.取り出した時の逆の手順をたどり点火プラグをしまいます。

これで点検は完了です。

キャブレーターとECU

キャブレーターとはエンジンの燃焼供給装置なので、このパーツが故障してしまうとエンジンの稼働に支障をきたしてしまうため日々の点検が重要です。

ECUとはエンジンコントロールユニットというものでありエンジンの回転数などをコントロールする役割を持つパーツです。こちらもこのパーツが故障するとエンジンの稼働に支障をきたしてしまうため定期的に点検を行うべきです。

点検はディーラーなどに相談して行う方法がベストですね。

アフターファイアーとは何が違うの?

バックファイアーとよく一緒に出てくる言葉としてアフターファイアーというものがあります。バックファイアーとアフターファイアーを同じ現象と思っている方も少なくないかと思いますがこれらは違う現象を指します。

これらの違いについて詳しく説明していきたいと思います。

違いについて

アフターファイアーとは排気側で未燃焼ガスが爆発燃焼してしまうことです。
バックファイアーとアフターファイアーの違いは爆発燃焼する箇所の違いで、バックファイヤーは吸気側で爆発するのに対しアフターファイアーは排気側で爆発するという違いがあります。
バックファイアーやアフターファイアーの原因は点火プラグの不具合や混合気が薄すぎたり濃すぎたりするという、同じような原因があげられます。

アフターファイアーは外に大きく炎を出して燃え上がるため、イベントなどの演出として行われることが多いです。

しかし、実際にアフターファイアーが車でおこってしまうと大事故を引き起こしてしまうことになるので、アフターファイアーが起こらないように予防していくことが大切です。
まずは先ほど説明した点検方法で十分ですので、是非定期的に点検を行うことをおすすめします。

バックファイアーが起こる予兆

バックファイアーが起こってしまったとき、最悪の場合は火災を引き起こしてしまうことも。

そんな状況を作らないためにバックファイアーが起こり始めたときの症状をしっかり見極めることが大切です。

バックファイアーは点検などで未然に防ぐことができるとお話ししましたが、点検をきちんと行っていても、もしものときにはバックファイアーが起こってしまうこともあります。

そんなときのために、バックファイアーが起こっているときの症状をあらかじめ頭に入れておくことで大きな事故を引き起こさなくて済むかもしれません。

こちらでは、バックファイアーが起こるまたは起こっているときの車の変化を、音とエンジンに分けて分かりやすく説明します。

まず一つ目の予兆としては音の変化です。
バックファイアーが起こっていたり起こりそうになっているとフロント部分からパチパチといった音やバチンという音が聞こえることが多いです。

この、パチパチやバチンといった音が聞こえる場合はバックファイアーのみではなくアフターファイアーが起こっている可能性もあります。

このような音が聞こえた場合は直ちにカー専門店やディーラーに相談しに行ってください。
万が一故障してしまっていた場合に自分で直すことも不可能ではありません。しかし、エンジンにかかわってくる部分であることから、間違った修理をしてしまうと今後の事故を引き起こす原因となってしまうかもしれないのです。

これらの理由から、音の異常が感じられた場合、自分で修理することは控えたほうがいいと言えます。

エンジン

2つ目の予兆としてはエンジンです。
バックファイアーが起こっていたり起こりそうになっているときにエンジンがかからないといった症状が出る場合があります。

このような症状が出たときは点火プラグに不具合が起こっている場合がほとんどです。よってまず自分でできることとしては、点火プラグの点検です。点火プラグの点検方法については上記にて説明しましたので、そちらを参考に点検してみてください。

また、点検しても原因が分からない場合はカー専門店やディーラーに相談して、対応の仕方を教えてもらうのが良いでしょう。

まとめ

バックファイヤーもアフターファイヤーも引き起こす原因はどちらもおおよそ似たようなことです。

これらは日々の点検で未然に防ぐことのできる事故なので、定期的に点検を行い事故を引き起こさないようにする準備が大切といえます。

また、万が一バックファイアーやアフターファイアーを引き起こしてしまった場合でも、焦らずに冷静に行動することを心がけましょう。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


脱輪とは? 脱輪したときの対処法は? 仮免での脱輪は?  ┃ 脱輪にまつわるあれこれ

脱輪とは? 脱輪したときの対処法は? 仮免での脱輪は? ┃ 脱輪にまつわるあれこれ

何気ない運転中の脱輪は、とても焦ってしまいますよね。この記事では、そもそも脱輪とは何なのか、万が一脱輪してしまった場合の対処方法まで詳しく解説していきます。また、仮免許で脱輪してしまった場合はどうなるのかなど、免許取得と脱輪についても触れるほか、過去の脱輪例をもとに脱輪の危険性についても紹介していきます。


デフロックとは? オフロード車や軽トラには必要? 仕組みや用途を徹底解説!

デフロックとは? オフロード車や軽トラには必要? 仕組みや用途を徹底解説!

沼地や山地を走るオフロード車によく採用されているデフロック。その仕組みを知っていますか。このページでは、そもそもデフロックとはどういうものかという基本的な解説から、デフロックが必要な車、そしてデフロックが実際に使用されている車をそれぞれご紹介します。実は危険なデフロック搭載の車での雪道での走行についても説明します。


これを読めばOK!車で旅行したい人のための特選お役立ち情報

これを読めばOK!車で旅行したい人のための特選お役立ち情報

家族や仲間、一人ででも車で気ままに旅行に出かけるのは楽しいですよね。電車や飛行機などの公共機関を使う場合とは違って、車での旅行は、よりプライベートな時間を過ごすことができます。本記事では車での旅行で困らないための情報を豊富に掲載しましたので是非ご覧ください。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


回生ブレーキって何?使用されている車種は?燃費に影響する?

回生ブレーキって何?使用されている車種は?燃費に影響する?

回生ブレーキは電気自動車やハイブリッドカーなどエコカーと呼ばれている自動車に搭載されています。減速装置を使うことでエネルギー発電として使用することが可能になります。回生ブレーキのメリットとデメリットも詳しく紹介していきます。


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。