目次へ戻る

【知ってる?】バックファイアーとアフターファイヤーの違いと原因について!解説

【知ってる?】バックファイアーとアフターファイヤーの違いと原因について!解説

バックファイアーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?ここでは、バックファイアーとは何かをご説明しながら、原因や、未然に防ぐ方法をお伝えします。


バックファイアーとは

バックファイアーとは逆火と呼ばれることもある現象で、エンジンの中で燃焼しきれなかったガスが外に出てエンジンの外で爆発を起こしてしまい、吸気側に炎が逆流してしまうことを指します。

バックファイアーが起こっているときの特徴はパンパンやバチンといった音がすることです。場合によっては大きな火災になりかねないので、小さな音も聞き逃さないように注意しましょう。

危険性

バックファイアーは炎が吸気側に吸い込まれていくため外に炎が出ることはあまりありませんが、かなりひどいバックファイアーを起こしてしまうと、キャブレター内のエアクリーナーを燃やし尽くしてしまうこともあることを知識として持っておきましょう。

バックファイアーによりエンジンを痛めてしまうと、火災を引き起こす原因となってしまいかねない現象なのでバックファイアーが起こったらすぐに修理にだしましょう。

また、キャブレターとはエンジンの燃料供給装置の一つのことです。

バックファイアーが起こる原因

次にバックファイアーが起こる原因についてを説明します。
バックファイアーが起こる原因を理解することによって、未然にバックファイアーを起こしてしまう要因を排除することが可能です。

バックファイアーがすでに起こってしまっていたら仕方のないことですが、未然に防ぐことのできる事故は事故が起こってしまう原因をしっかり理解して予防しましょう。

また、すでにバックファイアーを起こしてしまった方も今後の修理やメンテナンスで同じことを繰り返してしまわないように原因をしっかり理解することがとても大切です。

原因① 点火プラグに問題あり

1つ目の原因としては点火プラグに不具合が生じているという点です。
まず点火プラグについて説明します。

点火プラグとはスパークプラグとも言い、エンジンを動かすために必要なパーツの一つです。車のエンジンが動く仕組みとして、ガソリンを燃やすことで車が動いています。そのガソリンに火をつけるための火花を飛ばす役割を担っているパーツが点火プラグです。

この点火プラグは使っていくほど劣化してしまうパーツなので定期的な点検と交換が必要です。
万が一これを怠ると、点火プラグから正しく火花を飛ばすことができていないときに燃焼室で上手にがガソリンを上手く燃やすことが出来ず、バックファイアーを引き起こしてしまうことがあります。

また、点火プラグにすすがたまったり、点火プラグの火花を飛ばすタイミングなどを調節するセンサーの故障などもバックファイアーの原因となります。

原因② 混合気の異常

2つ目の原因としては、エンジンに送られている混合気が薄すぎたり濃すぎたりすることが挙げられます。
混合気が薄いや濃いという表現とだけだとややわかりにくいですが、エンジンに吸い込む空気量に対してのガソリンの量の比率が低い場合を混合気が薄い、比率が高い場合を混合気が濃いと表現するのです。
なぜ混合気が薄すぎたり濃すぎたりすると、バックファイアーを引き起こしてしまうのでしょうか。
そう、混合気が薄すぎる場合は点火出来ずにキャブレーター側で爆発燃焼を引き起こしてしまい、混合気が濃すぎる場合は燃え残った混合気がキャブレーター内に逆流を起こしてしまいバックファイヤーを引き起こしてしまうのです。

点検でバックファイアーを未然に防ぐ

点火プラグ

バックファイアーとは気づくのが難しい故障の一つでもありますが、日ごろから車の小さな変化に気をかけることで気づくことのできる故障とも言えます。

バックファイアーを起こしてしまうと火災を引き起こしてしまうことになる可能性もあるので、日々の点検でバックファイアーを未然に防ぐようにしていきましょう。

点火プラグ

まずは点火プラグの点検です。

点火プラグは車検では点検してもらえないことが多いです。
なので自分で定期的な点検をするときに一緒に確認しましょう。
点検の方法は以下の通りです。

1.ボンネットを開けます。
2.プラグカバーを取り外します。
3.トップコイルを固定しているエンジンヘッドカバーのボルトを取り外します。
4.トップコイルを引き抜きます。
5.エクステンションバーなどで最適な長さに調整したプラグレンチをプラグホールに差し込み点火プラグを取り出します。
6.点火プラグの点検を行います。
7.取り出した時の逆の手順をたどり点火プラグをしまいます。

これで点検は完了です。

キャブレーターとECU

キャブレーターとはエンジンの燃焼供給装置なので、このパーツが故障してしまうとエンジンの稼働に支障をきたしてしまうため日々の点検が重要です。

ECUとはエンジンコントロールユニットというものでありエンジンの回転数などをコントロールする役割を持つパーツです。こちらもこのパーツが故障するとエンジンの稼働に支障をきたしてしまうため定期的に点検を行うべきです。

点検はディーラーなどに相談して行う方法がベストですね。

アフターファイアーとは何が違うの?

バックファイアーとよく一緒に出てくる言葉としてアフターファイアーというものがあります。バックファイアーとアフターファイアーを同じ現象と思っている方も少なくないかと思いますがこれらは違う現象を指します。

これらの違いについて詳しく説明していきたいと思います。

違いについて

アフターファイアーとは排気側で未燃焼ガスが爆発燃焼してしまうことです。
バックファイアーとアフターファイアーの違いは爆発燃焼する箇所の違いで、バックファイヤーは吸気側で爆発するのに対しアフターファイアーは排気側で爆発するという違いがあります。
バックファイアーやアフターファイアーの原因は点火プラグの不具合や混合気が薄すぎたり濃すぎたりするという、同じような原因があげられます。

アフターファイアーは外に大きく炎を出して燃え上がるため、イベントなどの演出として行われることが多いです。

しかし、実際にアフターファイアーが車でおこってしまうと大事故を引き起こしてしまうことになるので、アフターファイアーが起こらないように予防していくことが大切です。
まずは先ほど説明した点検方法で十分ですので、是非定期的に点検を行うことをおすすめします。

バックファイアーが起こる予兆

バックファイアーが起こってしまったとき、最悪の場合は火災を引き起こしてしまうことも。

そんな状況を作らないためにバックファイアーが起こり始めたときの症状をしっかり見極めることが大切です。

バックファイアーは点検などで未然に防ぐことができるとお話ししましたが、点検をきちんと行っていても、もしものときにはバックファイアーが起こってしまうこともあります。

そんなときのために、バックファイアーが起こっているときの症状をあらかじめ頭に入れておくことで大きな事故を引き起こさなくて済むかもしれません。

こちらでは、バックファイアーが起こるまたは起こっているときの車の変化を、音とエンジンに分けて分かりやすく説明します。

まず一つ目の予兆としては音の変化です。
バックファイアーが起こっていたり起こりそうになっているとフロント部分からパチパチといった音やバチンという音が聞こえることが多いです。

この、パチパチやバチンといった音が聞こえる場合はバックファイアーのみではなくアフターファイアーが起こっている可能性もあります。

このような音が聞こえた場合は直ちにカー専門店やディーラーに相談しに行ってください。
万が一故障してしまっていた場合に自分で直すことも不可能ではありません。しかし、エンジンにかかわってくる部分であることから、間違った修理をしてしまうと今後の事故を引き起こす原因となってしまうかもしれないのです。

これらの理由から、音の異常が感じられた場合、自分で修理することは控えたほうがいいと言えます。

エンジン

2つ目の予兆としてはエンジンです。
バックファイアーが起こっていたり起こりそうになっているときにエンジンがかからないといった症状が出る場合があります。

このような症状が出たときは点火プラグに不具合が起こっている場合がほとんどです。よってまず自分でできることとしては、点火プラグの点検です。点火プラグの点検方法については上記にて説明しましたので、そちらを参考に点検してみてください。

また、点検しても原因が分からない場合はカー専門店やディーラーに相談して、対応の仕方を教えてもらうのが良いでしょう。

まとめ

バックファイヤーもアフターファイヤーも引き起こす原因はどちらもおおよそ似たようなことです。

これらは日々の点検で未然に防ぐことのできる事故なので、定期的に点検を行い事故を引き起こさないようにする準備が大切といえます。

また、万が一バックファイアーやアフターファイアーを引き起こしてしまった場合でも、焦らずに冷静に行動することを心がけましょう。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


【意外と知らない】エンジン警告灯の点滅の原因と対処法を徹底解説

【意外と知らない】エンジン警告灯の点滅の原因と対処法を徹底解説

車を運転している際に突如点灯するエンジン警告灯。そもそもエンジン警告灯とはなにか、正しい対処法としてどうすべきかを知っておく必要があります。エンジン警告灯が点滅している際の原因と対処法をしっかりと把握して焦ることなく対処出来るようにしておきましょう。


軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

皆さん、軽自動車の最大定員は何人かご存じですか?「そんなの知っているよ!」という答えが聞こえて来そうですが、今回は、乗車人数の正しい数え方と、違反してしまったときの罰則などを詳しくお伝えしていきます。


【運転免許】小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

【運転免許】小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車と聞くと、聞きなれないという人も多いかもしれません。この免許は主に農耕用の車両などで必要となる免許です。今回は、小型特殊自動車免許の取得方法や費用、原付、税金などを解説していきます。


【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

「クランクシャフト」は、車を動かすために重要なパーツです。 エンジン内のピストン運動は、このクランクシャフトを通し回転エネルギーに変換され、車は推進力を得る事ができます。 この記事では、クランクシャフトに関する構造や担っている役割、起こりうるトラブルなどを説明しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。


最新の投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。