目次へ戻る

【知らない人必見】レンジエクステンダーって何?搭載の車は

【知らない人必見】レンジエクステンダーって何?搭載の車は

様々な可能性が秘められているレンジエクステンダー。近年レンジエクステンダー搭載の車を発売しようと多数の大手メーカーが開発段階にあります。この記事では、まずレンジエクステンダーについて解説します。その上でPHVとの違い、メリット・デメリットについて触れます。また、発売予定のレンジエクステンダー搭載車を紹介し、最近まで発売していたBMW i3についてどのような性能なのか、また現在の中古の価格を紹介します。


レンジエクステンダーって何?

レンジエクステンダ―はEV(電気自動車)の航行距離を伸ばすために、補助としてガソリンで発電できる機能のことをいいます。「レンジ」は「距離」、「エクステンダー」は「拡張する装置」という意味です。2012年3月に米国「カルフォルニア州大気資源局(CARB)」から発表されたレジエクステンダーEVの定義は以下のようになっています。

①充電による走行距離が75mile(120.7km)以上であること
②補助動力装置(発電専用エンジン)を搭載し、これによって発生した電力での走行距離が、充電による走行距離を下回ること
③バッテリー電力が低くなるまで、補助動力装置は作動してはならない

レンジエクステンダーEVは、基本的に外部充電を使い充電し、オプションとして発電する装置が付いていると考えれば良いでしょう。例えばBMWのi3には、EVとレンジエクステンダーEVの両方が揃っています。長距離ドライブは滅多にしないし、使ったらすぐに充電するという人であればEVだけでも大丈夫です。もしものときのことが心配なる人であれば、レンジエクステンダーEVを選択することもできます。

PHVとの違いについて

レンジエクステンダーEVとPHVは何が違うのでしょうか。レンジエクステンダーEVとPHVは、どちらも電気とガソリンを使っています。ここでのポイントは「従来のガソリン車のように、ガソリンとエンジンで走行するかどうか」という点です。PHVはこれまでのガソリン車のように、ガソリンとエンジンを組み合わせて、直接車を動かしています。それに加えて、電気でも車を動かすことができます。

レンジエクステンダーEVにおいては、車内にあるガソリンとエンジンは発電に使われています。発電されたエネルギーはバッテリーに蓄えられます。そしてそのエネルギーを使ってモーターを動かし、車を発進させるわけです。PHVはガソリンでも電気でも動かせる車、レンジエクステンダーEVは電気が主役で、ガソリンとエンジンは補助的に使われる車であると覚えておけばいいでしょう。

レンジエクステンダーのメリット・デメリット

現在、車と環境の共存が世界的なテーマになっています。そのような時代に注目を集めているのがレンジエクステンダーです。ここではレンジエクステンダーのメリットとデメリットを紹介しましょう。

メリット

レンジエクステンダーはEVとPHVの良いところを取り込んでいるといわれています。そのことが一体どのようなメリットになるのでしょうか。

メリット1 充電ステーションがなくてもガソリンスタンドで燃料補給ができる

レンジエクステンダーはバッテリーの残量が少なくなると、小型発電機で電気の供給ができます。つまり、走行中に充電ステーションが見つからなくても、通常のガソリンスタンドで燃料を補給さえすれば、エンジンの力で走り続けることができるのです。この仕組みによって「走行距離が増えるほど、充電時間が長くなる」というEVの弱点を見事にカバーすることができています。

メリット2 純EVと構造が似ているため、モデルチェンジしやすい

同じ車種のレンジエクステンダー搭載モデルと非搭載モデルとを比べると、構造が非常に似通っています。小型発電機を載せているか、電池を載せているかの違いだけです。そのため、新しい小型発電機やバッテリーが開発されたときは、比較的簡単にそれらに付け替えることができます。

デメリット

次にレンジエクステンダーのデメリットを見ていきましょう。

デメリット1 PHVなどのように排熱を再利用しにくい

PHVやハイブリッド車は、ガソリンエンジンの排熱を取り込んで、それを再利用することができます。しかしレンジエクステンダーの場合は、エンジンを走行時に利用しないため、排熱の再利用が難しいといわれています。

デメリット2 長期間放置するとガソリンの劣化が起こる

ガソリンを放置すると、だんだん劣化していきます。定期的にエンジンを動かすことで、劣化を防げます。最低でも2~3ヶ月に1回はエンジンを動かしましょう。

発電機が搭載されている分、重量が増える

レンジエクステンダーには、小型とはいえ発電機が搭載されています。そのため非搭載モデルと比べると、重量が大きくなっています。例えばBMW i3の場合、レンジエクステンダー搭載モデルは非搭載モデルより約120kgも重くなっているのです。重くなるということは、その分燃費に影響が出ることになります。

発売予定!? レンジエクステンダー搭載の車【2選】

今後、レンジエクステンダーを搭載した車の販売が予定されています。その中から、注目すべき2つの車を紹介します。

2020年発売 マツダの本格電動車

2018年10月に、マツダは「電動化とコネクティビティ技術戦略発表会」を実施しました。その中で、ロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダーEVの開発を正式に発表しました。商品化の時期については、以前から公表されていたEVと同様、2020年になるのではないかといわれています。つまり、マツダ初の本格電動車はピュアEVとレンジエクステンダーEVの2本立てとなるのです。ここではロータリーエンジンを使用するメリットを見ていきます。

コンパクトさを活かしたパッケージング

ピュアEVとレンジエクステンダーEVの2種類をラインナップするとき、発電用エンジンをどこに搭載するかが問題になってきます。現在、同一パッケージでピュアEVとレンジエクステンダーEVの両方が用意されているのはBMW i3くらいですが、狭いスペースに無理矢理発電用エンジンを押し込んでいるので、手持ちのスクーター用600cc、2気筒エンジンを転用して凌いでいる状態です。

しかし、2気筒エンジンを使用すると、騒音が問題になります。レンジエクステンダー用エンジンを作動させると「ブーン」という音が鳴ってしまうのです。ロータリーエンジンを使用すると、こういったデメリットも解決できます。エンジン、ジェネレータ、燃料タンクなどが手際良くパッケージングされているロータリーエンジンは、非常にコンパクトになっています。2気筒エンジンを使用していないため、振動や騒音も抑えられており、快適にドライビングすることが可能なのです。

燃料の多様性

ロータリーエンジンはガソリンや軽油以外の燃料も使用できます。それゆえ、CO2排出量低減や排ガスのクリーン化、またそれ以外にも、非常用の電源インフラとして活用することが期待されています。CNGや水素で走行するロータリー実験車はずいぶん前からあるので、原理的には停電中でもガスインフラがあれば、ロータリーエンジンレンジエクステンダーによる発電が可能です。実際にはマルチフューエル用の燃料供給システムが必要となりますが、この点については技術的ハードルは低いとされています。

発売予定 アウディ A1 e-トロン

アウディ A1 e-トロンには、マツダ車と同じく、発電専用のロータリーエンジンによるレンジエクステンダー機能が搭載されています。コンセプトカーとして初めて登場したのが、2010年のジュネーブモーターショーです。ロータリーエンジンが使われているため、小型でありながら、高出力を実現しています。今後マツダのレンジエクステンダーEVのライバルとなる可能性が非常に高い車です。

レンジエクステンダーで今イチオシ 「BMW i3」

現在販売されているレンジエクステンダーの中でイチオシなのが「BMW i3」です。ここでは詳しい性能や、価格を紹介していきます。

性能はどうなのか

まずは性能面から「BMW i3」を見ていきます。

大容量バッテリーで航行距離を伸長

よく知られているように、EVの最大の弱点は航行距離です。エネルギー密度の高いガソリンに比べると、電池はかさばりますし、重量もあります。i3はレンジエクステンダーを装着することで、その弱点を補いました。さらに大容量バッテリーを搭載することで、従来よりも70%以上も航行距離を伸ばしています。(JC08モードで390kmを実現しています。)

電気制御システムと相性の良いモータードライブ

レンジエクステンダーEVはモーターによって車を動かします。これによりACCなどの電気制御システムと相性が良くなっています。エンジン車に比べて、各システムの反応スピードが速くなるのです。

ドライブモードが選べる

i3では2つのドライブモードを選ぶことができます。「最適効率走行」を意味する「ECO PRO」モードと、「エアコンなし&時速制限90km/hでの最大航続距離」を意味する「ECO PRO+」モードです。制限はありますが、「ECO PRO+」モードにすることで航続可能距離を伸ばすことができます。

回生ブレーキで電力の補給ができる

i3には回生ブレーキが付いているので、電力を補給しながら走行することもできます。上手く使えば、電池残量をだいたい10kmくらいに保つことができます。

現在の価格はいくらくらい?

i3のレンジエクステンダーEVは、新車であれば約600万円前後で販売されています。中古車であれば、約250万円前後で販売されることが多いようです。

まとめ

レンジエクステンダーEVは高価な車です。それでいて、まだガソリン車より利便性がよくありません。しかし、レンジエクステンダーEVの本質的な価値は、未来を見据えた先進的なコンセプトを体現していることです。

興味のある方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


【意外と知らない】エンジン警告灯の点滅の原因と対処法を徹底解説

【意外と知らない】エンジン警告灯の点滅の原因と対処法を徹底解説

車を運転している際に突如点灯するエンジン警告灯。そもそもエンジン警告灯とはなにか、正しい対処法としてどうすべきかを知っておく必要があります。エンジン警告灯が点滅している際の原因と対処法をしっかりと把握して焦ることなく対処出来るようにしておきましょう。


軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

皆さん、軽自動車の最大定員は何人かご存じですか?「そんなの知っているよ!」という答えが聞こえて来そうですが、今回は、乗車人数の正しい数え方と、違反してしまったときの罰則などを詳しくお伝えしていきます。


【運転免許】小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

【運転免許】小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車と聞くと、聞きなれないという人も多いかもしれません。この免許は主に農耕用の車両などで必要となる免許です。今回は、小型特殊自動車免許の取得方法や費用、原付、税金などを解説していきます。


【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

「クランクシャフト」は、車を動かすために重要なパーツです。 エンジン内のピストン運動は、このクランクシャフトを通し回転エネルギーに変換され、車は推進力を得る事ができます。 この記事では、クランクシャフトに関する構造や担っている役割、起こりうるトラブルなどを説明しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。