目次へ戻る

名車 レクサス SC 歴代モデル| 歴史や特徴、中古車価格ほか

名車 レクサス SC 歴代モデル| 歴史や特徴、中古車価格ほか

高級車「レクサスSC」のルーツを知って今までより身近に感じましょう。買い替えを考えている方必見の内容にまとめてみました。これから購入を検討している方は是非ご覧ください。


北米で大人気の初代「レクサスSC」は「ソアラ」の3代目だった

1991年に北米で発売されたレクサスSCの初代モデルは、日本国内では「ソアラ」の3代目Z30型モデルとしてデビューしました。北米ではレクサスブランドで初めてのクーペとして開発され大ヒットとなったモデルで、1992年にはモータトレンド誌主催の「インポートカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、さらにカーアンドドライバー誌の「テン・ベストカー」に1992年から4年連続で選出されたことでも有名です。

しかしソアラ史上初めて輸出されたモデルでしたが、日本国内ではバブル崩壊の影響による高級車・クーペ需要の減退などの理由で、初代・2代目ソアラほど人気は出なかったようです。

初代 レクサスSC スペック

スペックにつきましては
ボディタイプ:2ドアクーペ、
エンジン:1UZ-FE 4.0L V8、2JZ-GE 3.0L 直6、1JZ-GTE 2.5L 直6ツインターボ、
駆動方式:FR、
最高出力:280ps/6,200rpm、
最大トルク:38.50kgfm/2,400rpm、
変速機:4速AT/5速MT、
全長4,860mm
全幅1,790mm
全高1,340mm、
ブレーキ:4輪ベンチレーテッドディスク
となっています。

「ソアラ」の4代目として2代目モデルが登場

参考)ソアラMZ20型(1989年)

自動開閉式のアルミ製ハードトップを持つクーペカブリオレの2代目モデルは、2001年から2010年にかけて販売され、日本国内では4代目ソアラとして登場しました。自動開閉式のハードトップは、発売当時、世界で初めてとなるすべての駆動を電気モーターによって行うタイプで、小型モーターを10個搭載していたのが特徴です。

また性能や品質面においても優れていて、米国自動車初期品質調査では、2004年から2006年にプレミアム・スポーティー部門の第1位を獲得しているほか、米国自動車耐久品質調査(VDS)では、2006年から2009年にかけてプレミアム・スポーティー部門の第1位を獲得しています。

国内では2005年8月に、日本でのレクサスブランド開業に伴い「ソアラ」の名称は廃止され、2005年にマイナーチェンジを行ったうえで世界市場と共通の「レクサスSC」に改められました。

マイナーチェンジではエクステリアデザインが新しくなったほか、リアコンビネーションランプもLEDを採用した新デザインのものへと変更されました。

そしてヘッドライトも、自車の進行角度を明るく照らす「インテリジェントAFS」が搭載されています。

2代目 レクサスSC スペック

スペックは
ボディタイプ:2ドアクーペカブリオレ、
エンジン:3UZ-FE型 4.3L V8、
駆動方式:FR、
変速機:5速AT(2001年 - 2005年)、6速AT(2005年 - 2010年)、
全長4,535mm
全幅1,825mm
全高1,355mm
となっています。

特別仕様車The Eternal Jewelも見逃せない

2010年の7月末レクサスでSCの生産が終了することになり、それに伴って200台限定の特別仕様車「The Eternal Jewel」が発売されることになりました。

インテリアは、個性的な14種類のカラーコンビネーションが設定され、エクステリアもボディとルーフのカラーコンビネーションが選べる全6種類のツートーンカラーを設定し、インテリア・エクステリアの多彩なコーディネートを楽しめる一台となりました。またシフトゲートには専用のシリアルナンバープレートが装着され、こちらも同様に専用の木目オーナメントや専用オーナメント仕様のキー一体マルチファンクションワイヤレスドアロックリモートコントロールが採用され注目を浴びました。

モータースポーツでも話題になった

レクサスSCはモータースポーツ界でも活躍し、2006年から2013年までトヨタのスポーツカー「スープラ」の後継として、SUPER GTに参戦しています。レクサスブランドの車種がモータースポーツに参戦するのは国内では初めてのことで、当時は大変な話題になり人々を活気づけました。また鈴鹿サーキットでの開幕戦にてトムスの脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組が優勝し、デビューウィンを飾っています。

このペアは、2006年シーズンのシリーズチャンピオンの栄冠にも輝き、レクサスSC430のSUPER GTデビューイヤーチャンピオンを飾りました。

そして2007年シーズンよりスープラは完全にレースからは撤退し、GT500のトヨタワークスのチームはすべてレクサスSC430が使用されています。そのため2009年シーズンからは、GT500のトヨタワークスチームはすべて「チーム・レクサス」となりました。SUPER GTで公式にレクサスのブランド名が登場するのは、これが史上初となったのです。

レクサスSCの評価や性能は?

デザイン面では、前後ライト、グリルなどの変化に限定されるが、機能面では6速ATの採用が大きい。その他、レクサス店舗のソファーと同素材のセミアニリン仕立てレザーやオプティトロンメーターなど高級感を演出する部分の変更を施されている。

もうひとつは安全。ヘルプネット機能の有無である。

デザインも安全もクルマにとっては重要視されるポイントなので、進化したと言えますね。

中古価格や相場はいくらくらいか

初代モデルが希少価値で探すのが困難だったことから3代目セリカとして探した場合、2000年の型式で走行距離が12.6万キロのものが12万円と安い価格で、高い価格のものは2001年の型式で走行距離が5,2万キロのものが139万円となっています。

そして2代目モデルはレクサスSCとして探した場合、2007年の型式で走行距離が20,0万キロのものが59,9万円と安い価格で、高い価格のものは2005年の型式で走行距離が4,2万キロのものが335,0万円となっています。

気になる燃費はどのくらい?

燃費につきましては初代モデルを3代目セリカとして探した場合、10・15燃費が9,7km/Lから14,0km/Lで実燃費が6,85km/Lから12,62km/L、2代目モデルは10・15燃費が8,7km/Lとなっています。

終わりに

1989年に北米で誕生したレクサスは、トヨタの高級ブランドとして誕生しました。ターゲットはズバリ富裕層で、プレミアムカーを販売してきました。

レクサスが目指すスポーツカーは、欧州車のようなプレミアムスポーツカーで、ドライバーが満足する走りを追及しながらも乗り心地や質感を高いレベルでバランスしたスポーツカーになっています。レクサスの中では唯一オープンスポーツカーとして発売されていたのがレクサスSCで、今でも高い人気を誇っているので、実際に見る価値は十分にあります。

きっと「なんて豪華なクルマなんだ!」と感心することでしょう。是非とも本物のレクサスSCを見て購入を検討していただきたいと思います。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 SC

関連する投稿


先代モデルなら100万円以下で購入可能!?中古のレクサス5選

先代モデルなら100万円以下で購入可能!?中古のレクサス5選

2019年で30周年を迎えたトヨタの高級ブランド「レクサス」。レクサスは当時アメリカで人気の高かったメルセデスベンツやBMWなどの高級ドイツ車に対抗できるブランドとして誕生しました。今回はそんなレクサスのなかでも100万円以下で買える!?中古のレクサス(先代モデル)を紹介します。(※情報は2019年9月現在のものです)


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!


コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

レクサスからコンパクトSUV・新型UXが発売されました。UXはレクサスファン以外の方からも大きな注目を集めています。UXはこれまでレクサスから販売されているSUVから多くの魅力を詰め込んだ車種といえます。今回は、そんなUXのスペック・価格・評価などをご紹介していきます。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴・中古車価格

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴・中古車価格

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格、中古車価格などをまとめています。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)