目次へ戻る

名車 レクサス SC 歴代モデル| 歴史や特徴、中古車価格ほか

名車 レクサス SC 歴代モデル| 歴史や特徴、中古車価格ほか

高級車「レクサスSC」のルーツを知って今までより身近に感じましょう。買い替えを考えている方必見の内容にまとめてみました。これから購入を検討している方は是非ご覧ください。


北米で大人気の初代「レクサスSC」は「ソアラ」の3代目だった

1991年に北米で発売されたレクサスSCの初代モデルは、日本国内では「ソアラ」の3代目Z30型モデルとしてデビューしました。北米ではレクサスブランドで初めてのクーペとして開発され大ヒットとなったモデルで、1992年にはモータトレンド誌主催の「インポートカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、さらにカーアンドドライバー誌の「テン・ベストカー」に1992年から4年連続で選出されたことでも有名です。

しかしソアラ史上初めて輸出されたモデルでしたが、日本国内ではバブル崩壊の影響による高級車・クーペ需要の減退などの理由で、初代・2代目ソアラほど人気は出なかったようです。

初代 レクサスSC スペック

スペックにつきましては
ボディタイプ:2ドアクーペ、
エンジン:1UZ-FE 4.0L V8、2JZ-GE 3.0L 直6、1JZ-GTE 2.5L 直6ツインターボ、
駆動方式:FR、
最高出力:280ps/6,200rpm、
最大トルク:38.50kgfm/2,400rpm、
変速機:4速AT/5速MT、
全長4,860mm
全幅1,790mm
全高1,340mm、
ブレーキ:4輪ベンチレーテッドディスク
となっています。

「ソアラ」の4代目として2代目モデルが登場

参考)ソアラMZ20型(1989年)

自動開閉式のアルミ製ハードトップを持つクーペカブリオレの2代目モデルは、2001年から2010年にかけて販売され、日本国内では4代目ソアラとして登場しました。自動開閉式のハードトップは、発売当時、世界で初めてとなるすべての駆動を電気モーターによって行うタイプで、小型モーターを10個搭載していたのが特徴です。

また性能や品質面においても優れていて、米国自動車初期品質調査では、2004年から2006年にプレミアム・スポーティー部門の第1位を獲得しているほか、米国自動車耐久品質調査(VDS)では、2006年から2009年にかけてプレミアム・スポーティー部門の第1位を獲得しています。

国内では2005年8月に、日本でのレクサスブランド開業に伴い「ソアラ」の名称は廃止され、2005年にマイナーチェンジを行ったうえで世界市場と共通の「レクサスSC」に改められました。

マイナーチェンジではエクステリアデザインが新しくなったほか、リアコンビネーションランプもLEDを採用した新デザインのものへと変更されました。

そしてヘッドライトも、自車の進行角度を明るく照らす「インテリジェントAFS」が搭載されています。

2代目 レクサスSC スペック

スペックは
ボディタイプ:2ドアクーペカブリオレ、
エンジン:3UZ-FE型 4.3L V8、
駆動方式:FR、
変速機:5速AT(2001年 - 2005年)、6速AT(2005年 - 2010年)、
全長4,535mm
全幅1,825mm
全高1,355mm
となっています。

特別仕様車The Eternal Jewelも見逃せない

2010年の7月末レクサスでSCの生産が終了することになり、それに伴って200台限定の特別仕様車「The Eternal Jewel」が発売されることになりました。

インテリアは、個性的な14種類のカラーコンビネーションが設定され、エクステリアもボディとルーフのカラーコンビネーションが選べる全6種類のツートーンカラーを設定し、インテリア・エクステリアの多彩なコーディネートを楽しめる一台となりました。またシフトゲートには専用のシリアルナンバープレートが装着され、こちらも同様に専用の木目オーナメントや専用オーナメント仕様のキー一体マルチファンクションワイヤレスドアロックリモートコントロールが採用され注目を浴びました。

モータースポーツでも話題になった

レクサスSCはモータースポーツ界でも活躍し、2006年から2013年までトヨタのスポーツカー「スープラ」の後継として、SUPER GTに参戦しています。レクサスブランドの車種がモータースポーツに参戦するのは国内では初めてのことで、当時は大変な話題になり人々を活気づけました。また鈴鹿サーキットでの開幕戦にてトムスの脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組が優勝し、デビューウィンを飾っています。

このペアは、2006年シーズンのシリーズチャンピオンの栄冠にも輝き、レクサスSC430のSUPER GTデビューイヤーチャンピオンを飾りました。

そして2007年シーズンよりスープラは完全にレースからは撤退し、GT500のトヨタワークスのチームはすべてレクサスSC430が使用されています。そのため2009年シーズンからは、GT500のトヨタワークスチームはすべて「チーム・レクサス」となりました。SUPER GTで公式にレクサスのブランド名が登場するのは、これが史上初となったのです。

レクサスSCの評価や性能は?

デザイン面では、前後ライト、グリルなどの変化に限定されるが、機能面では6速ATの採用が大きい。その他、レクサス店舗のソファーと同素材のセミアニリン仕立てレザーやオプティトロンメーターなど高級感を演出する部分の変更を施されている。

もうひとつは安全。ヘルプネット機能の有無である。

デザインも安全もクルマにとっては重要視されるポイントなので、進化したと言えますね。

中古価格や相場はいくらくらいか

初代モデルが希少価値で探すのが困難だったことから3代目セリカとして探した場合、2000年の型式で走行距離が12.6万キロのものが12万円と安い価格で、高い価格のものは2001年の型式で走行距離が5,2万キロのものが139万円となっています。

そして2代目モデルはレクサスSCとして探した場合、2007年の型式で走行距離が20,0万キロのものが59,9万円と安い価格で、高い価格のものは2005年の型式で走行距離が4,2万キロのものが335,0万円となっています。

気になる燃費はどのくらい?

燃費につきましては初代モデルを3代目セリカとして探した場合、10・15燃費が9,7km/Lから14,0km/Lで実燃費が6,85km/Lから12,62km/L、2代目モデルは10・15燃費が8,7km/Lとなっています。

終わりに

1989年に北米で誕生したレクサスは、トヨタの高級ブランドとして誕生しました。ターゲットはズバリ富裕層で、プレミアムカーを販売してきました。

レクサスが目指すスポーツカーは、欧州車のようなプレミアムスポーツカーで、ドライバーが満足する走りを追及しながらも乗り心地や質感を高いレベルでバランスしたスポーツカーになっています。レクサスの中では唯一オープンスポーツカーとして発売されていたのがレクサスSCで、今でも高い人気を誇っているので、実際に見る価値は十分にあります。

きっと「なんて豪華なクルマなんだ!」と感心することでしょう。是非とも本物のレクサスSCを見て購入を検討していただきたいと思います。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 SC

関連する投稿


【スクープ】レクサスのセダン!IS次期型!2021年にデビューか

【スクープ】レクサスのセダン!IS次期型!2021年にデビューか

レクサスのミッドサイズ・4ドアセダン『IS』次期型に関する情報を、兄弟サイトであるSpyder7が入手。情報をもとに予想CGを制作しました。デビューは2021年?気になるエクステリアデザインはどうなる?パワートレインは?


レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

4月に行われた上海モーターショー2019にて、レクサスブランド初のミニバン、LMが初公開されましたね。レクサスのLMはトヨタの高級ミニバン、アルファードやヴェルファイアを超える!?と多くの人から高い期待が寄せられているミニバンと言えます。日本発売はあるのか?いつ発売されるのか?気になる最新情報を見ていきましょう。


発表!レクサスのSUV GX 2020年モデルの最新情報まとめ

発表!レクサスのSUV GX 2020年モデルの最新情報まとめ

レクサスのSUV、GXの2020年モデルが米国で発表されました。レクサスGX2020年型の最新情報をまとめています。


【超期待】レクサスLCコンバーチブル 7月に市販型が公開される?!

【超期待】レクサスLCコンバーチブル 7月に市販型が公開される?!

レクサスは1月に『LCコンバーチブル コンセプト』を発表しています。そして来る7月4日に開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて、出展されることがわかっています。気になる最新情報をお届けいたします!


【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

レクサスは5月30日、マイナーチェンジしたミドルサイズSUV『RX』を世界初公開、8月下旬(予定)に国内での販売を開始すると発表しました。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。