目次へ戻る

宮崎県でおすすめ!道の駅なんごう

宮崎県でおすすめ!道の駅なんごう

九州にも遂に新幹線が開通し、九州内での行き来が便利になりましたが、これまでは鉄道やマイカーでの移動が主だったことから、道の駅がたくさんあるのが特徴です。 道の駅ファンにはうれしいことで、宮崎県に行くなら道の駅なんごうは外せない一押しの道の駅です。


道の駅なんごうはどこにある?

道の駅なんごうは、かつて新婚旅行のメッカと言われた宮崎県日南市南郷町の国道448号線沿いにあり、豊かな自然に囲まれる中、綺麗に整備された道路を走って行った先、日南海岸国定公園の中にあります。
日南海外国定公園のほぼ中央に位置していることから、道の駅なんごうの周辺に広がるパノラマの海は日南海中公園で、水中観光船の乗って珊瑚礁や熱帯魚を観賞することができます。
2016年4月26日にリニューアルオープンしたことで、さらに美しい景色に負けない魅力を備えた道の駅となったため、もはや立ち寄りではなく、道の駅なんごうに行くために出かけるべきと言えそうです。

住所:宮崎県日南市南郷町大字贄波3220-24
TEL:0987-64-3055
営業時間
物産所:4月~9月:8:30~18:00 10月~3月:8:30~17:00
レストラン:11:00 ~ 16:30
定休日:年中無休(都合により変更有)

アクセス情報

イベントで楽しむこともできる

道の駅なんごうと提携しているショップ、デモン・デ・マルシェとのイベントは、どちらかを利用したうえでもうひとつの方でレシートを提示すると、食事を利用したらソフトクリームが半額になったり、お買い物をするとレストランで割引が受けられたりといった仕組みです。
こうなるとどちらも利用してしまうこと間違いなしで、うまく考えられたイベントとなっています。
とはいえ、道の駅なんごうに行くために出かけていくのであれば、どちらも上手に利用することでお得になることウケアイです。

南郷ならではの特産品を扱うショップはぜひ訪れたい

宮崎県といえば南国のフルーツが特産品として有名で、特にマンゴーは完熟の甘い味わいが非常においしく、今ではかなりの高級品として知られています。
そんな完熟マンゴーはもちろん、日向夏やデコポンといったおなじみの柑橘類もおすすめです。
さらに、道の駅なんごうでしか手に入らないのが、なんごう産のマンゴーのビューレを使用した、なんごうロールという名のロールケーキで、上品なマンゴーの香りと、しっとりとした食感が楽しめるロールケーキとなっています。
マンゴーの特産地であり、さらに道の駅なんごうのオリジナル商品ということから、せっかく足を運んだなら買って帰る価値ありです。

気分一新!綺麗になったレストランで食事をしよう

リニューアルオープンした道の駅なんごうは、テーブルとイスが置かれた広いレストランの壁を落ち着いたオレンジ色にし、イメージを一新しています。
リニューアルオープンしてからまだ行っていないという人は、新しく綺麗になったレストランで気分も新たに、心地よく食事ができそうです。
窓からも絶景が望める明るいレストラン内は、できれば晴れた日に行くとよりいっそう気分が盛り上がることでしょう。
屋外には目の前に海を眺めながら過ごせるテラス席があり、テラス席に出れば南国ムードをよりいっそう満喫することができます。
リニューアルして綺麗になったレストランのおすすめメニューは多く、カフェタイムにはなんごうオリジナルパンケーキが人気です。
ランチには新鮮な食材を使ったメニューが豊富に揃っていて、フリードリンク付きがうれしい地中海野菜のクリームパスタは、パンとサラダが付いて1180円というリーズナブルな価格となっています。
さらに、ドリアや焼きカレーといった洋食だけでなく、マグロ丼や、宮崎県産の豚肉や牛肉を使った豚丼と牛丼などもあります。
1日15食限定の道の駅なんごうスペシャル御膳に間に合えば、ぜひとも食べてみたいところですが、ほかにも目移りするほどたくさんのメニューがあるため、ランチもカフェもとグルメを楽しむには、何度も訪れることになりそうです。

お取り寄せもできる

道の駅なんごうでは、ホームページで道の駅なんごうの特産品から、宮崎の名産まで注文できる、なんごう通販を行っています。
おすすめはやはり何といってもフルーツで、特に道の駅なんごう一押しの不知火は、毎年購入を楽しみにしているファンが大勢いるほどのおいしさです。
不知火は12月下旬~5月上旬まで注文を受け付けており、もう一つの人気柑橘のポンカンは12月中旬~1月の販売となっていますので、お取り寄せで道の駅なんごうを楽しむのもまた一興と言えるでしょう。
ホームページからの注文のほか、FAXでの注文も受け付けていますので、この時期に行けそうにないというときはお取り寄せもおすすめです。

絶景と美味と特産がまるごと詰まった道の駅

道の駅なんごうの最大の魅力は、何といっても海を見渡す絶景にあるということです。
日向灘を望む海岸線は無類の景勝地であり、さらに近隣に国内有数の県亜熱帯作物支場、有用植物園があるため、文字通り海と緑に囲まれた絶景の中に存在します。
新鮮な海の幸から、宮崎ならではの気候で育つフルーツが満喫できる、グルメと絶景が楽しめる道の駅です。

関連するキーワード


道の駅

関連する投稿


富士山もある!山梨県南部の道の駅知ってる?

富士山もある!山梨県南部の道の駅知ってる?

今回ご紹介する山梨県南側には富士五湖や富士川などといった観光名所が目白押しです。世界遺産に指定された富士山も半分は静岡県北東部ですが、半分は山梨県南部です。山梨県南部の道の駅をご紹介します。


本州最西端の山口県 北部の道の駅一覧

本州最西端の山口県 北部の道の駅一覧

山口県は本州最西端にあり、日本海と瀬戸内海の二つの海が交わる関門海峡を挟んでトンネルや橋で福岡県と結ぶことにより、九州への交通の要衝として栄えました。また、幕末では薩摩(今の鹿児島)と組んで薩長同盟を結ぶことにより日本は新たな夜明けを迎えた地でした。今回は山口県北部の道の駅について紹介しましょう。


広島県南部の道の駅一覧 2つの世界遺産やマツダスタジオがある県!

広島県南部の道の駅一覧 2つの世界遺産やマツダスタジオがある県!

広島県は瀬戸内海や厳島神社、原爆ドームや三段峡など見どころがたくさんな中国地方の自治体です。また、愛媛とはしまなみ海道でアクセスできるの特徴です。今回は、広島南部の道の駅を紹介します。


大自然を満喫できる、高知県室戸地区の道の駅一覧

大自然を満喫できる、高知県室戸地区の道の駅一覧

高知県は四国で一番太平洋岸側と接する距離が長く、東の室戸岬、西の足摺岬と二つの岬がついになっているのが特徴で、山間部へと足を延ばすと四国を代表する川の吉野川が流れています。今回は、東側の室戸岬付近の道の駅を紹介します。


【道の駅】むなかた!九州エリアで絶大な人気を誇る道の駅 見どころを紹介!

【道の駅】むなかた!九州エリアで絶大な人気を誇る道の駅 見どころを紹介!

九州エリアには、美味しい食べ物がたくさんあります。その中でも福岡県宗像市にある「道の駅むなかた」では、地元でとれた新鮮な魚や野菜がたくさん売られています。来場者数が九州No.1と圧倒的に多く、人気の道の駅なのです。そんな道の駅 むなかたのおすすめポイントやおすすめのお土産、口コミや評判などを紹介していきます。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。