目次へ戻る

FCV(燃料電池車) もし水素タンクが炎に包まれたら!?安全性について

FCV(燃料電池車) もし水素タンクが炎に包まれたら!?安全性について

クリーンな未来のクルマ、水素社会の未来を拓くクルマとして注目されているトヨタの燃料電池車「MIRAI」。未知の燃料ともいえる「水素」を抱えて走ることに不安を抱える人も少なくないはず。こちらの記事では、燃料電池車の安全性について説明しています。


3つの視点の安全対策

トヨタから2014年12月に発売された燃料電池車である「MIRAI」。MIRAIは、クリーンな未来のクルマ、水素社会の未来を拓くクルマとしても注目されています。

しかしながら「水素」を燃料として走るという発想、概念が未だ浸透しきっているとは言えないため、水素を高圧のタンクに貯蔵して走ることに不安を感じる人も多いと思います。トヨタのMIRAIでは、水素の扱いに対して3つの視点から安全対策を講じています。

1・漏らさない
2・検知して止める
3・漏れたらためない

この3つの視点で、水素の扱いに対し安全対策をとっています。それぞれ詳しく説明していきましょう。

1・水素を「漏らさない」

まず1点目の「漏らさない」為の対策はトヨタが自社で開発した、強度・耐久性の高い水素タンクです。

トヨタ MIRAI の水素タンク

水素タンクは後部座席下部に配置されています。

水素が触れる内層面は水素を漏らさないためのプラスチック素材でできていて、中間層は炭素繊維強化プラスチック、そして表層面はガラス繊維強化プラスチックという3層構造になっています。タンクの肉厚は25mmで、40mmだった従来品から「強度を高めたうえで大幅にスリム化し、コンパクトかつ軽量化を図った」ようです。

MIRAIの発表会にて、停車中のMIRAIに時速80km/hの車を追突させた実験映像が紹介されましたが、車体がクラッシュしていくなか、2本の水素タンクは壊れず、水素の放出もありませんでした。

2・水素を「検知して」とめる

2つめの「検知して止める」は、水素用のセンサーや加速度センサーなどで水素の漏れ、車両の衝突を検知すると、タンクのバルブを閉じる仕組み。

後部座席下部に位置する水素タンク

衝突事故などで水素の配管が切断されてしまっても、タンクからの漏出をすぐにストップするようになっています。

3・万が一水素が「漏れたらためない」

3つ目の「漏れたらためない」は、万が一「止める」機能が正常に作動しなかった場合に備え、大気中で濃度が高まると危険になる水素を拡散させる仕組み。タンクの下部や配管を車室外に配置することで、水素をためないようにしています。この「ためない」という考え方は、車両が火災にあってしまうという1番恐ろしいアクシデントの際も適用されます。

万が一の火災時、水素タンクは?

万が一、自宅のガレージに駐車していて、ガレージ、乃至家屋が炎上してしまう。あるいは衝突事故によって別の車両からの延焼、引火など、水素タンクが炎に包まれるてしまう最悪のシーン。このような状況では「熱によるタンク内圧力の上昇がもたらすタンクの破裂」をもっとも回避すべきだといいます。

このため、高温状態になった場合は、タンクに取り付けられた「溶栓弁」と呼ぶバルブから水素を逃がすような仕組みになっています。

この「溶栓弁」は110度Cで溶融する「可溶合金」が使われていて、110度C以上になると水素を放出します。その際は火炎放射状態になるといいます。水素が放出される向きは法規制に基づいて、車両の後ろ方向、かつ地面に斜めに向けた方向にセットされているそうです。

こうした規制はLPG(液化石油ガス)やCNG(圧縮天然ガス)というガスタンクを搭載した車両も同じだそうです。

トヨタは、MIRAIの発売を「クルマ、地球、子どもたちの未来に向けた長い長い道のりへの挑戦の始まり」と位置付けています。その挑戦には、「未知の燃料に対する社会的な理解促進」も重要な要素として含まれています。

関連する投稿


世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

全世界が待ち焦がれている…と言っても過言ではないトヨタの新型クーペ・スープラですが、ここにきて車名変更かと騒がれているのをご存知でしょうか。改名はトヨタ史に残るあの名車「2000GT」!?いやいや「スープラ3000」!?そもそも2000GTは復活が騒がれていますね…。改めてスープラと2000GTの情報を整理してみます。


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

東京モーターショー2017にスープラが復活か?BMWとの共同開発か?等々、トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。


【稀少車】トヨタの限定車「オリジン」現在の中古車価格やスペックは?

【稀少車】トヨタの限定車「オリジン」現在の中古車価格やスペックは?

トヨタから限定車として販売されていた「オリジン」という車種を知っていますか?こちらの記事では、限定1000台で販売されていたトヨタ オリジンの車種情報、当時の新車価格や現在の中古車情報、スペックなどについて掲載しています。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。