トップへ戻る

【2020年登場か】スズキのSUV エスクード新型 最新情報

【2020年登場か】スズキのSUV エスクード新型 最新情報

スズキのSUV、エスクード。SUVの先駆けといえる車です。そんなエスクードが2020年にフルモデルチェンジして発売されるとの情報が入ってきました。エスクードは1988年に発売され、現行モデルの4代目は2015年に発売されています。そんなエスクード次期型の最新情報をまとめてお届けします。(※2020年5月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【2020年登場か】スズキのエスクード新型 最新情報

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ エスクード(海外名:ビターラ)次期型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ エスクード(海外名:ビターラ)次期型 予想CG

スズキのコンパクト・クロスオーバーSUV、『エスクード』(海外名:ビターラ)次期型に関する情報が入ってきました。

本記事ではエスクード新型の最新情報をお届けいたします。

スズキのエスクード新型 気になるワールドプレミアは?

エスクード新型のワールドプレミアは、2020年秋以降と予想されています。

スズキのエスクード新型 外装・エクステリアデザインはどうなる?

エスクード新型、全体的なシルエットは角から丸みを帯びたデザインとなることが予想されます。

また、Aピラー、Cピラー共に傾斜がつけられ、今はやりのクーペ風SUVになる予想。

サイドには立体的キャラクターライン、ワイド感溢れる前後フェンダーの張り出し。

またヘッドライト、グリルは細く、シャープなデザインでまとめられるのではと見られています。

スズキのエスクード新型 パワートレイン・燃費はどうなる?

パワートレインは、1.0リットル直列3気筒「ブースタージェット」ターボエンジン、及び1.4リットル直列4気筒「ブースタージェット」ターボ+新開発48Vマイルドハイブリッドエンジンのラインアップが予想されています。

また、燃費は20km/h近くまで向上する可能性もあります。

【改めて知りたい】 スズキのエスクードってどんなSUV?

スズキのエスクード

スズキのエスクード

スズキのエスクードとは、スズキが製造・販売するSUVです。

1988年に登場し、「ライトクロカン」という、今のSUVの源流のひとつとなったジャンルを築きあげた車です。

本格4輪駆動車としての機能を持ち合わせながらも、燃費を低めに抑えることにも気をつかった車で、街乗りや高速道路での走行性能も高めた乗用車としても使える、まさにSUVの先駆けと言える一台です。開発コンセプトは「クロスカントリーセダン」。

高級車やサイズの大きな車を生産していなかったスズキにとって、2007年に5ナンバーミニバンのランディが登場するまでは、実質日本国内における事実上のフラッグシップモデルという位置付けにありました。

スズキのエスクード 新車価格は

現行エスクードの価格は、2,708,200円(税込み)です。

スズキのエスクード 中古車価格は

エスクードの中古車価格は以下の通りです。

平均価格:208万円
価格帯:136万円~275 万円
※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年2月現在)

スズキのエスクード 評価・口コミは

スズキのエスクード

スズキのエスクード

今までのディーラーさんとのお付き合いを優先させながら、
総予算は300万前後 あまり大きくなくてゴルフバッグも積めて、加速が良くて足も締まってて見た目もそこそこカッコ良くて、安全運転支援装備もしっかり付いててレギュラーで燃費もそこそこ。出来るならCVTはさけたい。
何よりあまり走ってなくて希少価値が抜群なところが高ポイントです(笑)
スイフトのRStからの乗り換えですが車高も高くて車重もあるはずなのにワインディングをそこそこのペースで走れてしまうのは特筆ものです!(流石にスイフトのように軽やかにオンザレールでコーナーを抜けるのはちょっと厳しいですが…)
高速道路や郊外の走行は車格があるので直進安定性も含めて安定感があります。乗り味も中高速域は(スタン! ストン! トムッ!)
その分、街乗り(低速域)は路面状況や段差越えで硬いと感じられる方もいるかも(カツン! コツコツ! ダン! ゴゴゴゴゴ)
タイヤをコンフォートタイプにすれば角が取れて優しい当たりになると思います。
私は低速の乗り心地を良くして浮わつくよりはこのセッティングの方が好きなので気になりません。
見切りも良くて車両感覚も掴みやすいです。
後席に人を乗せる時はレーシングポジションに運転席を合わせなければならない(後席の足元が狭い)とか、ドアロックでミラーが格納しないとか、オートハイビームでないとか、希少車なのでパーツ(ワイパーゴム、互換性のある他社バッテリー等)の対応品が少ない、ドアを開ける時に1段階目のノッチを超えると勢い良く全開になってしまうので隣の車に当てないように細心の注意が必要とか、雨量検知自動ワイパーなので任意の作動間隔に固定出来ないとか、小気味よい走りが楽しくてついついアクセルペダルを踏み込み過ぎてしまい燃費が悪化する(笑) 等々 多少の不満もありますが、
人生初のSUV!他にも多くの良い車がある中で、琴線に触れたエスクード! 長い付き合いになりそうです。

乗り心地は良くて遠出しても疲れにくいです。

ALLGRIPも快適です!

インテリアは収納が少ないのは残念ですが、装備も充実しててエクステリアも気に入ってるので満足です。

3代目までのエスクードは、ラダーフレームを使うシャシー構造であったが、この4代目はモノコック構造に変更。車重が圧倒的に軽くなったほか、駆動方式もFRベースからFFベースへと変わっている。この変更によって3代目まではいかにもクロカン4WDという乗り味だったものが、かなり洗練され乗用車ライクとなった。失ったものも多いが、エスクードが最初に目指しそして確立した「ライトクロン」らしさはかえって高められた。時代の変化がエスクードをヘビーなクロカンに近づけたが、このモデルチェンジでふたたびライトクロカンの座を手に入れたと言えるだろう。

最後に

本記事では、スズキのエスクード新型の最新情報、そしてエスクードの現行モデルについて改めてご紹介しました。

コンパクトなSUVを探している方はもちろん、街乗りで使えるSUVを探している方にもおすすめです。

おすすめ記事リンクはこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。