目次へ戻る

スズキのSUV エスクードの評価や燃費、中古価格一覧|マイナーチェンジ情報も

スズキのSUV エスクードの評価や燃費、中古価格一覧|マイナーチェンジ情報も

スズキの「エスクード」。エスクードは1988年から発売されているSUVです。本記事では歴代モデルの特徴や評価・中古価格や燃費などをまとめています。(※2020年3月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキのエスクードとは?

スズキのエスクード

スズキのエスクード

初代エスクードは1988年に登場

1988年5月に誕生した「エスクード」は、「クロスカントリーセダン」をコンセプトに登場しました。

本格的な4WDの「ジムニー」の上級モデルとして登場し、ラダーフレームを用いた本格的なクロスカントリー車としての機能を持ちながらも低燃費で、市街地や高速道路での走行性能も高めたSUVの先駆け的な車です。

なお発売当初は3ドアのコンバーチブルとハードトップの2種類のみのラインアップでした。

国内ではハードトップモデルに、登録区分の違いによる4ナンバー(または6ナンバー)登録のバンが設定されました。

2015年に現行モデルのエスクードが登場

4代目モデル(2015年 -)は、貝殻のような形のボンネットフードや5分割形状のフロントグリルをデザインモチーフとして、今後新たに投入される車種の方向性を示すパーソナルコンパクトクロスオーバーSUVとして発表されました。

開発のコンセプトはクロスカントリーセダンで、優れたオンロード性能を可能としたモデルとなっています。そして居住性の良いハードトップや、オープンエアが満喫できるコンバーチブルタイプがラインナップされるなど、いろいろな目的に使用できるモデルとして、今でも高い人気を誇っています。

また海外では世代やモデルによって「ビターラ」・「グランドビターラ」として発売され、ゼネラルモーターズと提携してOEM供給を行い、特に北米では複数のブランドからモデル名を変えて販売されています。

また車名の「エスクード」は、スペインとポルトガルや中南米で使用されていた通貨単位に由来しています。

つまりオンロード・オフロードを問わない都会派のアクティブなクロスカントリーSUVとしてはぴったりのネーミングと言えます。

2018年12月にマイナーチェンジ

エスクード

エスクード

2018年12月に行われたマイナーチェンジでは、衝突被害軽減ブレーキを「デュアルセンサーブレーキサポート」に変更し、ACCは追従走行の作動速度域を0km/h以上に拡大して全車が速追従機能付となったのが特徴です。

スズキ エスクードの歴代モデル一覧

初代モデルは1988年-1997年の間発売され、二代目モデルは1997年-2005年の発売、そして三代目モデルは2005年-2017年の発売で、四代目は2015年10月からの販売となっています。

エスクード 初代モデル 1988年5月~

1988年5月の発売当時、SUVのほぼ空白地帯であった1,600 ccクラスに満を持して投入したモデルがエクスードでした。

当初は3ドアのコンバーチブルとハードトップの2種類のみのラインアップでしたが、日本国内ではハードトップモデルに、登録区分の違いによる4ナンバー(または6ナンバー)登録のバン(小型自動車)が設定されました。

直線を基調とした欧州調のスタイルと泥臭さを感じさせない乗用車感覚の内装、それに低価格とが相まって、同車種が新しく開拓したライトクロカンカテゴリでヒットとなりました。

エスクード 二代目モデル 1997年~2005年

二代目モデル(1997年-2005年)は、リアサスペンションは5リンクリジッドへ変更され、ラテラルロッドを持つ機構になりました。

またインテリアではリヤシートがダブルフォールディング式となり、ヘッドレストを外してフロントのシートバックを倒すことで、フロントからリヤシートバックまでのフルフラット化が可能となったことなど、先代のモデルに比べて居住性が格段に向上しています。また2000年4月には一部改良が行われ、「優-低排出ガス(☆☆)」の認定を受けました。

エスクード 三代目モデル 2005年5月~

エスクード(2006)

エスクード(2006)

三代目モデル(2005年-2017年)は、グローバル市場ではGrand Vitaraを名乗る、世界戦略車となっています。

2008年のマイナーチェンジでは、エンジンを大型化し、スズキ車では初めてのロータリーバルブ式可変吸気システムや、バランサーシャフトを搭載した直4 2.4 Lと、高出力と低燃費を両立させた給排気VVTシステムを搭載したV6 - 3.2 Lの2種類になりました。

またフロントバンパーやフロントグリルも新しくなり、マルチインフォメーションディスプレイを装備したメーターを採用しています。

また、「2.4 XG」と「3.2 XS」のHDDナビ装着車には「カーウイングス」が3年間無料に設定されます。エンジンの変更や改良にもかかわらず、価格は三代目登場時と変わらないのが特徴です。

エスクード 四代目モデル 2015年10月~

本代から初代から続いてきた「ラダーフレーム+後輪駆動の専用アーキテクチャー」に代わり、SX4 S-クロスとの共通設計となりました。

そのため基本駆動方式は歴代初のFF仕様となり、ラダーフレームが無くなったことで4WD車は410kgの大幅な軽量化が行われ、高張力鋼板を多用することで衝突安全性も確保することができました。

また、大幅なコンセプト変更のため、四代目発売後も三代目モデルは車種名を「エスクード2.4」に変更した上で、2017年4月まで継続販売されました。

今回の一部仕様変更により、燃料消費率並びに排出ガスがWLTCモードに対応し、「平成30年排出ガス基準25%低減レベル」認定を取得しました。

スズキ エスクードの口コミや評価

平成10年式 V6-2500のエスクードに、19年・13万5千キロ乗りました。
もう一度車検を取る予定でしたが、下回りのサビがひどく、修理に50万円近くかかると言われ、エンジンをはじめ走りには全く問題ないのに泣く泣く買い替えます。
純正ですがトルセンデフを入れたり、モンローのショックに変えたり、限定車のV6スペシャルのリアスポイラーを付けたりと、アフターパーツがほとんど無いにも関わらず純正品を中心に使って色々といじってきました。

燃費は市街地中心で6km/ℓ近辺と良くありませんでしたが、車体が軽めなので流れをリードできる加速ができました。
ゆっくり流しても、相当飛ばしてもほとんど燃費は変わりませんでした。

車体は大きすぎず、適度な大きさで取り回しも楽ですが、天井も高めで居住性も悪くなく、荷物もかなり大量に積むことが可能。

故障らしきこともほとんど無いタフな奴です。

燃費は悪いし、パートタイム四駆だけれど、これに変わる面白いクルマ・使い倒せるクルマは他に見当たりません。

次のクルマが来るまであと少し、もうチョット頑張ってくださいね。
19年間 ありがとう!

乗り心地は良くて遠出しても疲れにくいです。

ALLGRIPも快適です!

インテリアは収納が少ないのは残念ですが、装備も充実しててエクステリアも気に入ってるので満足です。

スズキ エスクードの新車価格と中古価格

エスクードの新車価格は2,708,200円、中古価格は50万円前後から250万円となっていて、80万円くらいのものが多いようです。
※2020年2月現在

まとめ

四代目モデルが「SUVとしての力強さと高品質設計」をコンセプトにデザインされたエスクード。

ブラックを基調にしたスタイリッシュで質感の高いインテリアは、モダンなSUVにマッチしたプレミアム感あふれる空間を醸し出しています。

そして市街地走行から車庫入れまで運転のしやすさを感じる操作性の高い優れたパッケージデザインなので、一度は乗ってみたい車になったのではないでしょうか。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

「ラダーフレーム」とは、その名の通りはしご型のフレームのことです。国内外のSUV車に、広く採用されています。軽度の衝撃にはびくともせず安心して運転できます。ラダーフレームが変形してしまった場合の修理料金や修理方法など詳しく紹介していきます。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。