トップへ戻る

アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

アメリカ大統領の専用車である通称「キャデラック・ワン」。キャデラック・ワンはその性能、機能から「ビースト」とも呼ばれています。こちらの記事では、アメリカ大統領の専用車、キャデラック・ワン(ビースト)についての機能、性能等の情報を記載しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トランプ大統領来日で注目集る!大統領専用車「ビースト(キャデラック・ワン)」

2017年11月。トランプ大統領が来日し多くの注目を浴びている大統領専用車両の「ビースト」ことキャデラック・ワン。

「動く要塞」「シェルター」のような重装備で話題を呼んでいるこの大統領専用車ですが、どのような装備が搭載されているのか?どれほどの価格なのか?などについてをまとめて掲載しています。

現キャデラック・ワンは、オバマ前大統領時代にやってきた

現在のアメリカ大統領 専用車である通称「キャデラック・ワン」は、オバマ前大統領が就任した2009年1月に大統領就任式で使用された車両となっています。GMは、新型リムジンをキャデラック『プレジデンシャル・リムジン』として公表しました。

ブッシュ前々大統領が使用していた先代モデルは、2004年に登場した『DTS・プレジデンシャル・リムジン』とキャデラックの最高級セダンDTSの名前が冠されていましたが、オバマ前大統領就任時に発表された新型には既存モデル名は無く、シンプルな格子状のグリルも既存の特定のモデルとは異なるシンプルなものとなっています。

警護上の配慮から、ボディサイズやエンジンスペック等の詳細は一切明らかにされていませんでしたが、8年ほど経った今、アメリカの一部メディアの報道などから、徐々に詳細が明らかになりつつあります。

大統領専用車 キャデラック・ワン 別名・ ビーストのスゴさとは!?

アメリカ大統領の専用車である「キャデラック・ワン」。キャデラック・ワンという名称もエアフォース・ワンなどに倣い名づけられた名称ですが、この「キャデラック・ワン」、搭載されている装備、機能、仕様から別名「The Beast(ビースト)」とも呼ばれています。

大統領の専用車ということだけあって、防弾ガラスや装甲板といった防御機能はもちろんですが、「ビースト」「野獣」と言わしめる要素が多々あります。アメリカの一部メディアなどでも取り上げられていた情報をまとめます。

まず、1点目として挙げたいのが「ドア・窓のぶ厚さ」です。上記の画像からでは把握し難いですが、こちらをご覧ください。

見ての通り、装甲板のような相当な分厚さ。ドアの厚さはおよそ8インチ(20cm)、防弾窓に関しても5インチ(12.7cm)という厚さを誇っています。防弾ガラスの厚さを色々調べてみたところ、出てくる数字は1cm台~6cm台(10mm~60mm)が殆ど。ドア、窓の厚さだけみてもケタ違いなことがわかります。

画像で見るとドアのぶ厚さが良くわかる…!

それ以外の性能、装備にも驚くべき要素、情報が満載です。いくつか例をあげていくと、

■生物兵器、バイオテロ対策として、キャビンは完全に密閉される。
■使用しているタイヤはパンク耐性があるが、万が一タイヤが吹き飛ばされた場合、リムのみで走行が可能。
■燃料タンクは、フォームシールにより密封されているため直接銃撃等を受けても爆発しない。
■窓は運転席の窓のみ、3インチ(約7.6cm)だけ開く。
■車体下は爆弾、手榴弾から守るため耐爆処理が施されている。
■車体の素材には鉄鋼、アルミニウム、チタン、セラミックを利用。
■万が一の事態に備え、消防設備、酸素供給、大統領と同じ血液型の血液が格納されている。
■重さは約8トン。
■催涙ガス砲と夜間視界カメラが、車の前部に隠されてる。
■衛星電話が内蔵されており、ペンタゴンとの直接回線が可能。

という仕様。まさに「野獣」「動く要塞」と呼ぶにふさわしい重装備。大統領と同じ血液型の血液が、積まれているというのには驚きです。

また、詳細に関しては報じられておりませんが現大統領であるトランプ大統領は、この大統領専用車「キャデラック・ワン」を17億円掛け、さらにセキュリティーを強化した。と一部のメディアが報じていました。本当だとしても「これ以上どこを?」と思ってしまいますが、一国の、アメリカの大統領ともなれば極必然、なのでしょうか。

ちなみにアメリカ大統領専用車である、キャデラック・ワン。別名「ビースト」の価格は150万ドル(日本円で約1億6000万円)という価格。同じリムジンが12台あり、使用していないときはシークレットサービスの本部の地下に駐車され、24時間監視されているんだとか。

仮にこれらの報道や内容が本当だとすると、1億6000万円が12台、そしてセキュリティー強化に17億円ということですから、合計すると約36億円というとんでもない金額に。

税金の無駄遣いという声も多く出てきてしまいそうですね。。

【動画】これは、大失態!?大統領専用車、腹下こすり立ち往生

こちらは、2011年5月、アイルランドのダブリンを訪問中に起こった出来事。GM製のキャデラック プレジデンシャルリムジンこと「キャデラック・ワン」が、アメリカ大使館を出発しようとしていた際、約8トンという野獣の如し重量と、超ロングホイールベースが災いしたのか、車体底部を大使館の門の段差にこすりつけ、立ち往生してしまったのです。

オバマ大統領の登場を待ちわび、歓声を上げていたギャラリーからも、どよめきが上がりました。事前に調査していれば防げたであろうこのトラブル。アメリカ大統領のセキュリティに関る大失態とも言えるこちらのトラブルは下記の動画から一部始終をご覧頂けます。

また、動画、画像などには残っておりませんが、2013年3月にはイスラエルを訪問中、走行中のアメリカ大統領専用車が、突然スローダウンし、停止してしまうというハプニングも。再始動を試みたものの、エンジンはかからずで、急遽、代わりの車が手配されるということが。

原因は燃料のガソリンを入れるところ、誤ってディーゼル用の軽油を入れたために、エンジンが停止してしまったのだとか。意外とおっちょこちょいなんでしょうか。

ちなみに余談ですが、アメリカ大統領専用車であるキャデラック・ワンこと、「ビースト」は、公務などで海外を走行する際、フロントの国旗をアメリカの国旗と、訪れている国の国旗を差し走行するようです。

関連する投稿


ついに出た新型キャデラック エスカレード!価格、装備内容まで大追跡

ついに出た新型キャデラック エスカレード!価格、装備内容まで大追跡

2021年の高級SUV業界で台風の目になること間違いなしの車こそ、ついに新型の日本導入が始まったキャデラック エスカレードでしょう。本国アメリカでも特別なステータス性を持つエスカレード、登場した新型は最新装備も充実で見所が満載です。そのボディサイズのデカさが注目されがちなエスカレードですが、この記事でご紹介していく魅力を知れば、思わず欲しくなってしまうかもしれませんよ。


今こそセダンだ!最新キャデラック CT5を徹底解説

今こそセダンだ!最新キャデラック CT5を徹底解説

時代の流れはSUVやミニバンかもしれませんが、やっぱり高級車としてステータス感のあるセダンには独自の魅力があります。高級車ブランド キャデラックのラインナップとしては国内唯一となるセダン「CT5」も、あえてSUVではなくこちらを選びたくなる魅力がいっぱい。どうせカッコつけるなら低く構えたセダンでビシッと決めたいあなたにおすすめなCT5、魅力や装備、価格まで詳しくご紹介していきます。


お手頃サイズのアメ車SUV、キャデラック XT4はココに注目!価格や装備

お手頃サイズのアメ車SUV、キャデラック XT4はココに注目!価格や装備

高級車作りに一家言をもつアメリカの自動車メーカー、キャデラックは、これまでも高級SUVを長くラインナップし続けてきましたが、どれもサイズが大きめのものでした。しかし、2021年、ついにキャデラックのコンパクトSUV「XT4」の日本導入が開始され、話題になっています。キャデラックならではの存在感と高級感が、扱いやすいサイズにギュッと凝縮されたXT4。その魅力を探っていきます。


見惚れちゃうキャデラック XT6の高級感!最新SUVの魅力や価格を解説

見惚れちゃうキャデラック XT6の高級感!最新SUVの魅力や価格を解説

高級車ブランド キャデラックは、セダンとともにSUVの分野でも長い経験を持値ます。そんなキャデラックの最新SUVのひとつがXT6。エスカレードの高級感とユーティリティを、より使いやすいパッケージングに凝縮したXT6は、日本国内でも扱いやすくてぴったりのモデル。3列シートをミニバン的に使ってもよし、キャデラックならではの高級感を自慢してもよし。使い方広がるXT6の魅力をご紹介していきます。


【アメ車】芸能人やオシャレ通が知ってる?!アメ車の魅力はどこ?最新事情も

【アメ車】芸能人やオシャレ通が知ってる?!アメ車の魅力はどこ?最新事情も

アメ車と言われて、あなたはどんな車を思い浮かべますか。芸能人がアメ車を持っていると知ったりすると、アメ車のどの辺が魅力なんだろう、と思うことはありませんか。この記事では、アメ車ならではの魅力を日本車や欧州車と比較して解説していくとともに、注目しておきたいアメ車や、最新情報までご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。