トップへ戻る

【ダイハツ トール】内装・価格・グレードごとの違いもご紹介!

【ダイハツ トール】内装・価格・グレードごとの違いもご紹介!

「これが噂のトールサイズ」のキャッチフレーズでおなじみダイハツ トール。 今回はトールの内装や設備の特徴に加え、カスタム・特別仕様車などグレードごとの違い、新車価格・中古車価格も紹介! 2020年12月に予定されているマイナーチェンジの内容についても最後に簡単にご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ トールってどんなクルマ?

ダイハツ トール、トールカスタム

トールはダイハツが開発したトールワゴンタイプのコンパクトカーです。

「ルーミー(トールカスタムがベース)」・「タンク(トールがベース)」としてトヨタに、また「ジャスティ」としてスバルにもOEM供給されています。

このトールですが、一番の特徴はなんと言ってもコンパクトなボディとは対照的にゆったりとした車内の空間でしょう。

たとえばリアシートでさえも足元は広々としており、天井の高さとも相まって車内のスペースにはかなりの余裕を感じることができます。もちろんラゲッジスペースもたっぷりの空間があり、リアシートを折りたためば自転車なども載せてしまえるくらいです。

それに加えて、リアシートを折りたたんだ状態で床のボードを反転させれば、汚れに強い加工の施されている面が出てくる点もうれしいポイントですね。

また、シートとシートの間にもゆとりが設けられており、車内での移動もスムーズに行うことができます。

ダイハツ トール

ダイハツ トール内装

内装面に目を向けると、インテリアは黒を基調とした洗練された雰囲気のデザイン。

これにカスタムではシルバーの加飾が採用されていてさらにスタイリッシュな印象を与えます。また、カスタムのシートには撥水仕様ファブリックを採用し、撥水仕様となっているのでお手入れがしやすくなっています。

そして、肝心の運転しやすさという点でもトールは優れたクルマと言えるでしょう。

まず、アイポイントの高さに加えて水平を基調としたインパネの採用によりドライビング中の広い視界が確保されていることに加え、軽乗用車に近いコンパクトなボディサイズも相まって狭い道でも楽々。

また、最小回転半径4.6mと小回りが利くので曲がり角の多い細道の運転や狭いスペースでの車庫入れもスムーズに行うことができます。

加えて安全面でもXグレード以外にはスマートアシストⅢが標準装備となっているので安心ですね。

スマートアシストについて詳しく知りたい方はこちら

スマートアシストIII(イメージ)

スマートアシストIII(イメージ)

ダイハツ トールのグレードごとの違い

トールカスタム・トール

続いて、現行トールの各グレードごとにその違いをご紹介していきます。

まずは3つのカスタムグレードからご見ていきましょう。

カスタムGターボ “SA Ⅲ”

エンジンは1.0L DVVTターボエンジンを搭載しており、パワフルな走りを堪能できます。

アクセルレスポンスに優れたスポーツモードの設定がありステアリングのスイッチ操作で簡単に切り替えが可能です。

エクステリア面では15インチアルミホイール、カスタム専用のメッキフロントグリル、カラードフロントバンパー、LEDヘッドランプなどを装備。内装面でも撥水シート表皮(ファブリック)シートなどカスタム専用の仕様となっています。

特別仕様車 カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”

2019年10月に設定された特別仕様車です。

メッキフロントグリル、カラードフロントバンパー、LEDヘッドランプなどカスタム専用の装備があることはもちろん、もともとはオプションであるパノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパックやコンフォータブルパック(運転席と助手席のシートヒーター・シートバックテーブル)が標準で装備されています。

「特別仕様車」の名にふさわしいクルマと言えるでしょう。

カスタムG “SA Ⅲ”

カスタムGターボ “SA Ⅲ”とほぼ同様の装備ですが、エンジンが1.0L DVVTエンジンとなっています。

スポーツモードの設定はありませんが、街中でのスムーズな加速や無理のない登坂性能を実現するためのパワーは十分。燃費の面でも優れた性能を発揮します。

エクステリアや内装面に関してはアルミホイールが14インチとなっている以外はカスタムGターボ “SA Ⅲ”とほぼ同じ仕様となっています。

ロードサービスを呼ぶ

https://jaf.or.jp/common/call-road-service

「JAFロードサービス」についてご案内しています。

続いて、ノーマルグレードです。ノーマルグレードは5種類あります。

Gターボ “SA Ⅲ”

ノーマルグレードのターボ車でエンジンはカスタムGターボ “SA Ⅲ”と同様の1.0L DVVTターボエンジンを搭載。スポーツモードの設定がありステアリングのスイッチ操作で切り替え可能な点も同じです。

14インチフルホイールキャップやメッキグリル、カラードフロントバンパーなどのエクステリア面に関してはノーマルグレードのものとなっています。

また、内装の加飾やファブリックのシート表皮などもノーマルグレード仕様です。

特別仕様車 G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”

カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”と同様に2019年10月から販売されている特別仕様車です。

このグレードでもパノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック・コンフォータブルパックがオプションではなく、標準装備となっています。

また、通常のG “SA Ⅲ”とは異なりLEDヘッドランプ(G “SA Ⅲ”はマルチリフレクターハロゲンヘッドランプ)を採用。

内装面でも部分的にシルバーの加飾が施され上質な印象が感じられるほか、ボディカラーも本来であればカスタムのみで選択可能なツートンカラーを選ぶことができるのもうれしい点です。

G “SA Ⅲ”

カスタムGターボ “SA Ⅲ”からこのグレードまではワンタッチオープン・予約ロック機能付きのパワースライドドアが左右両側ともに装備されています。(X “SA Ⅲ”とXでは左側のみ)

また、フロントドアとフロントクォーターのガラスにスーパーUV&IRカット機能付ガラスが採用されているのもこのG “SA Ⅲ”以上のグレードとなっています。

これらの装備や価格などの関係で見た場合、このG “SA Ⅲ”はバランスがよく、トールの中でも比較的人気の高い魅力的な一台となっています。

X “SA Ⅲ”

カスタムGターボ “SA Ⅲ”からこのモデルまで「SA Ⅲ」のつくグレードに関しては、すべて衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が標準装備となっています。

このX “SA Ⅲ”とXではパワースライドドアが左側のみの装備となるほか、フロントドアとフロントクォーターのガラスがUVカット機能付ガラスになっていたり、メーターが単眼メーター(上位のグレードでは自発光式2眼メーター)であったりと装備が必要最小限のものになっています。

しかし、その分価格も抑えられています。

X

「スマートアシストⅢ」が搭載されていない点を除けばX “SA Ⅲ”とほぼ同じ装備で、トールシリーズの中でも最廉価バージョンになります。

ちなみに、エンジンに関してはターボ以外のどのグレードも同じ1.0L DVVTエンジンが搭載されており、走り面での大きな違いはないでしょう。

ダイハツ・トールカスタム

ダイハツ トールカスタム

ダイハツ トール

ダイハツ トール

トール|トップページ 【ダイハツ】

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

ノビノビ、家族サイズ。 ダイハツ トール公式サイトです。製品の詳細情報をはじめ、オンライン見積や店舗検索、試乗予約もこちらから。

カスタムグレードには、カスタムにしかない専用LEDや特別なガーニッシュがついてきます。

いずれも個性豊かな様々な特徴があり、どれを選ぶか迷ってしまいますね!

ダイハツ トールのスペックと新車・中古車価格

続いて、ダイハツ トールのスペックや新車価格・中古車価格などを紹介していきます。

ダイハツ トールのスペック

まずスペックからです。

ここでは、トールの中でも人気が高いと思われるG “SA Ⅲ”(2WD)のスペックをご紹介します。

【ダイハツ トール G “SA Ⅲ”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)1,670mm×1,735mm×2,180mm
ホイールベース2,490mm
最大乗車定員5名
車両重量1,070kg
燃費JC08モード:24.6km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブ DOHC横置
最高出力51kW(69PS) /6,000rpm
最大トルク

92N・m (9.4kg・m) /4,400 rpm

駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッション自動無段変速機(CVT)・インパネチェンジ式シフト
(2020年4月現在 ダイハツ公式サイトより)

ダイハツ トールの新車価格

次にトールの新車価格をグレードごとにご紹介します。

ダイハツ トールの新車価格
カスタムGターボ “SA Ⅲ”2,002,000~2,026,200円
特別仕様車 カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”1,930,500~2,130,700円
カスタムG “SA Ⅲ”1,870,000~2,070,200円
Gターボ “SA Ⅲ”1,837,000~1,861,200円
特別仕様車 G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”1,815,000~2,015,200円
G “SA Ⅲ”1,716,000~1,916,200円
X “SA Ⅲ”1,556,500~1,756,700円
X1,490,500~1,690,700円
(2020年4月 ダイハツ公式サイト調べ・税込み価格)

ダイハツ トールの中古車価格

最後にトールの中古車価格ですが、価格帯は890,000~2.280,000円、流通台数は1,523台となっています。(2020年4月 レスポンス中古車調べ)

ダイハツ トールの中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/

ダイハツ トールの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

トールカスタム

今回はダイハツ トールをご紹介しました。

なお、トールとトールカスタムに関しては2020年度にマイナーチェンジが予定されています。

その内容としては、「スマートアシストⅢ」をさらに進化させた「スマートアシスト4」の全車標準装備、およびフロント・リヤ各4個ずつの「接近お知らせ表示付コーナーセンサー」も全車に標準装備などとなっています。

マイナーチェンジ車の発売は2020年12月を予定しているとのことなので、発売が待ち遠しいですね!

関連する投稿


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


トヨタのコンパクトカーのおすすめは?車種別の特徴や比較ポイントを徹底解説

トヨタのコンパクトカーのおすすめは?車種別の特徴や比較ポイントを徹底解説

国内で販売される自動車の約3割がトヨタの自動車です。国内だけでなく国外にも多数の自動車を輸出しており、世界的に有名な自動車メーカーです。2020年には世界販売台数でトップになるなど、販売台数を伸ばしています。販売台数も好調なトヨタには、多彩なコンパクトカーのラインナップがあります。この記事では、トヨタのコンパクトカーをご紹介します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。