目次へ戻る

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

日本で唯一水平対向エンジンを採用しているスバル。低重心で安定した走りを実現しているスバルには、XV・フォレスター・レガシィ アウトバックと魅力的なモデルが揃っています。この記事では、2020年現行のスバルのSUVをまとめてご紹介します!中古のおすすめモデルもピックアップしますので、中古で探しているあなたも必見です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバルのSUVの特徴は?

スバル レガシィ B4 リミテッド

スバル レガシィ B4 リミテッド

株式会社SUBARUは広く知られる自動車事業の他に航空宇宙事業も併せ持つ日本の企業で、四輪駆動や水平対向エンジンが有名です。これらは海外でも評価されている技術で、悪路での走破性やまた衝突安全性の評価が大きくなっています。

WRCなどの国際的ラリー競技にワークス参戦していた時期もあり、高い走破性や衝突安全性はこれらのノウハウが蓄積された証拠です。「スバリスト」と呼ばれるスバルの車好きもいるなど、多くの支持を集めているメーカーです。

走る楽しさだけでなく、安全性も追求しており、さらに価格とのバランスが取れています。比較的規模が小さなメーカーですが、海外で特に北米での販売台数の上昇は海外でも認められている証拠でしょう。

安全装備のアイサイト

アイサイト(EyeSight)はスバルと日立製作所・日立オートモティブシステムズで開発された衝突被害軽減ブレーキです。ぶつからない車を実現するためにさまざまな技術が搭載されています。

例えば、ぶつからないためにプリクラッシュブレーキが搭載されており、自動ブレーキで衝突回避したり被害軽減したりします。衝突の危険性がある場合に、視覚と聴覚で注意喚起し それでも危険が回避できない場合に自動でブレーキ制御を行うのです。

フロントウィンドウ上部に搭載した二つのカラーカメラによって前方を監視するシステムを採用し、多種多様な走行シーンで車の安全を実現します。

路面の白線も認識しており、車線からはみ出さないようにアクティブレーンキープがあったり、車線のふらつきや車線逸脱で注意喚起する機能があったりします。

低重心が魅力の水平対向エンジン

水平対向エンジンはトヨタなども製造していましたが、現在、四輪車ではスバルとポルシェのみが採用しています。水平対向エンジンを車体前方に配置し、ラインナップされているSUVは全車フルタイム4 WDで走行します。

SYMMETRICAL AWD(シンメトリカルAWD)構造が採用されており、どんな路面状態でも四輪にバランスよくトルク配分し、タイヤの接地性を高めることができます。

車の中の構造でも、重量物であるトランスミッションが重心近くに配置されます。またエンジンが低重心が水平対向エンジンであることから、コーナリング時も車体が揺れにくく、快適なドライブが楽しめるのです。

スバルの新型SUV情報は?

クロスオーバーSUVタイプの電気自動車

スバルの新型SUV情報を見てみましょう。XVが2020年秋にビッグマイナーチェンジをする予定であること、トヨタと共同開発で電動SUVが開発されていることがポイントです。

2020年秋にXVがビックマイナーチェンジの予定

2020年6月に北米スバルがクロストレック(日本名: XV)の2021年モデルを発表しました。新デザインのフロントバンパーやフロントグリルが採用され、エクステリアデザインが変更されています。

さらにスポーツという新グレードが追加され、2.5 L の水平対向4気筒エンジンが搭載されています。最新のアイサイトは標準搭載され、レーンセンタリング機能が備わった「アドバンスド・アダプティブクルーズコントロール」が強化されています。

日本では2.5 Lモデルは発売される予定ではありませんが、ビッグマイナーチェンジされる予定です。

トヨタとスバルで共同開発の電動SUV

トヨタとスバルで共同で開発されている電動SUVも注目です。2019年6月にトヨタとCセグメントタイプのEVを共同開発することを発表していました。

そして2020年1月20日に開催された「SUBARU技術ミーティング」で、スバルがEVクロスオーバーSUVのコンセプトとなる「EVデザインスタディ」発表しています。

よりアグレッシブなデザインが予想され、大胆なデザインとスバルの新しい顔になることが予想されています。安全装備では新世代アイサイトを搭載し、「カーブ予想自動減速」や「ステアリング操作アシスト」など高度な技術が搭載されることが見込まれているのです。

大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離が500km程度となることが予想されています。注目されているEV車と人気が高まっているSUVが掛け合わされたコンセプトモデルの発表が楽しみです。

現行スバルのSUVを紹介!

現行スバルのSUVをご紹介しましょう。

現行スバルでラインナップしているSUVは以下の3車種です。

・XV
・フォレスター
・レガシィ アウトバック

それぞれの車種の特徴や他の車種と比較したときのポイントをご紹介します。

【XV】独自のデザインと高い走行性

XV

XVは「インプレッサ XV」として、三代目インプレッサのグレードの一つとして登場しましたが、2012年からは独立してXVとして登場しました。

インプレッサ XVはクロスオーバーモデルとして登場しましたが、最低地上高がインプレッサと同じだったことから本格的SUVではありませんでした。それでどちらかと言うとオンロードをメインとして作られたSUVでした。

しかし2012年から発売された二代目はインプレッサという表記がなくなりXVとなりました。

デザインテーマはラギッド&スポーティとなっており、個性的なデザインが採用されています。内装や外装の仕上げの質感が高く、また機能性も高いことが特徴です。

XV

シャープで特徴的なデザインが先進性を感じさせます。ワイドでスポーティーなスタイルを採用し、走破性の高さをイメージさせるデザインとなっています。

二代目のXVでは先代よりも最低地上高が高くなり200mmです。しかし全高は1550mmに抑えられており、機械式駐車場に駐車しやすくなっています。

車高が高く感じさせるデザインながら、全高が抑えられているのでアウトドアでも街乗りでも使いやすい魅力的なモデルです。

2017年から発売されている3代目は、「Fun Adventure」がコンセプトになっており、都会的なデザインになっています。好評だった2代目のデザインをベースに、ボディサイズが全長と全幅で数十mmほど大きくなっています。

アクティブにかつスタイリッシュに乗りたい方にぴったりのモデルです。

【フォレスター】アクティブなモデル

フォレスター
 
【スバル XV 1.6i EyeSight】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,465mm×1,800mm×1,550mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,410kg
燃費JC08モード:15.8km/L
エンジン種類水平対向4気筒
最高出力85kW(115PS) /6,200rpm
最大トルク148N・m (15.1kgf・m) /3,600 rpm
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニック

フォレスターはプラットフォームがインプレッサと共有されているものです。しかし車高が抑えられた舗装路での安定性を高めたモデルや、 STI バージョンも設定されていたこともあるほどオンロードでの走行性を高めた車でもあります。

オフロードを走行できる車高は確保しながらも、安定感のある走りが魅力的です。SUV車は全高が高いイメージがあります。

フォレスターはステーションワゴンのようなスタイリッシュなフォルムを持っており、それでいて本格的な悪路走破性を持っていることが特徴です。

フォレスターの最上級グレードとなる「アドバンス」では、e-BOXERと呼ばれるハイブリッドシステムが搭載されており、リチウムイオン電池に蓄えられた電力で発進時や加速時にモーターによるアシストが加えられます。

現行モデルにはターボエンジンが搭載されたモデルが廃止されていますが、モーターによる力強い走りが楽しめます。

フォレスター

2018年からの5代目モデルには、SGP(Subaru Global Platform)が採用されており、車高が高くても操作に忠実なハンドリングや走行時の安定性が向上しているのが特徴です。これまでのモデルよりも、運転者だけでなく一緒に乗っている方の乗り心地がよい車に変化しています。

最低地上高は220mmとXVよりも20mm高くなっています。立ち位置がXVと似ていますが、フォレスターの方が本格的SUVに寄ったキャラクターです。1997年に発売が開始されて以来、クロスオーバーSUVとして支持を集めているモデルです。

実力派SUVがよい方には、現行フォレスターをおすすめします。

 
【スバル フォレスター Touring】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,625mm×1,815mm×1,715mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,520kg
燃費WLTCモード:13.2km/L
エンジン種類水平対向4気筒
最高出力136kW(184PS) /5,800rpm
最大トルク239N・m (24.4kgf・m) /4,400 rpm
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニック

【レガシィアウトバック】上質なSUV

レガシィアウトバック

レガシィアウトバックはSUVとステーションワゴンの中間にあるモデルです。二代目レガシィ ツーリングワゴンをベースとしたクロスオーバーSUVとして、1994年にアウトバックの名前が誕生しました。

日本市場向けには当初レガシィ グランドワゴンとして導入されていましたが、後に海外仕様と同じアウトバックになりました。

レガシィツーリングワゴンをベースとした車体である程度の悪路も走行することができる一方で、優れた走行安定性なのでロングドライブに適した車でもあります。


雪道や郊外を走行する際に安心して車を運転できることから、幅広いユーザーから愛されているモデルです。

スバルの最新の安全サポートシステムを搭載しており、ドライバーが疲労しないようにサポートしてくれるので安全に運転しやすい車でもあります。

レガシィ アウトバック

車体の重量はあるものの空間効率に優れた設計で、快適なドライブをするための装備があります。

大型のマルチインフォメーションディスプレイ付きメーターには、ドライビングに関する表示がされたり、全車速追従機能付クルーズコントロールなどで快適で安全なドライブをサポートするのです。

エンジンは2.5Lの水平対向4気筒エンジンとリニアトロニックCVTの組み合わせで軽快でスポーティな走りを実現します。大人なSUVをお探しの方にぴったりの1台となるでしょう。

 
【スバル レガシィ アウトバック B-SPORT】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,820mm×1,840mm×1,605mm
ホイールベース2,745mm
最大乗車定員5名
車両重量1,570kg
燃費JC08モード:14.8km/L
エンジン種類水平対向4気筒
最高出力129kW(175PS) /5,800rpm
最大トルク129N・m (24.0kgf・m) /4,000 rpm
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニック

中古でスバルのSUVを探すなら?

フォレスター

中古でスバルのSUVを探すなら、フォレスターがおすすめです。 本格派SUVとして優れた悪路走破性を持っているだけでなく、快適な空間や取り回し性が良く使いやすい1台でしょう。

現行モデルであれば2018年から2020年式になり2.5リッターエンジンモデルやe-BOXERが搭載されているモデルも選択することができ力強い走りを楽しむことができます。

 フォレスター現行モデルの中古車相場(消費税込)


2018年式
2019年式
2020年式
2.5L車
210~348万円
240~308万円
250〜350万円
e-BOXER車
223~325万円
280〜328万円
280~368万円

※中古車相場と文中の中古車価格は、2020年7月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

フォレスター

費用を抑えたいのであれば2012年11月から2018年7月までに発売された4代目フォレスターを考慮できるでしょう。2リッター直噴ターボエンジン車も設定されていました。ターボによる力強い走りを楽しみたい方には4代目フォレスターは魅力的でしょう。

フォレスター前モデルの中古車相場(消費税込)


2012(11月)~2014年式
2015~2018年式(7月)
2.0L車
70〜215万円
80〜263万円
2.0L直噴ターボ車
80~228万円
145〜290万円

※2015年10月に大幅改良されています。


※中古車相場と文中の中古車価格は、2020年7月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

まとめ

スバルのSUVは走行性能が高いだけでなく、独自のシンメトリカルAWDで走破性も高いことが特徴です。AWDの恩恵を受けられるオフロードはもちろんのこと、オンロードでのロングドライブも快適にこなすことができます。

さらに、アイサイトが搭載されていることで、走ることだけでなく、安全に走行できるスバルのSUVなら楽しくドライブできるでしょう。

関連する投稿


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


【新型予想】噂の新型レクサスRX!ライバルSUVの最新情報も

【新型予想】噂の新型レクサスRX!ライバルSUVの最新情報も

近い将来、フルモデルチェンジが行われると言われるレクサスのプレミアムSUV「RX」。人気の高い車種だけにユーザーにとっては登場が待ち遠しい車です。今回は気になる新型レクサスRXの価格やスペックを予想します。


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【2020年最新】トヨタのSUVのおすすめ車種一覧!

【2020年最新】トヨタのSUVのおすすめ車種一覧!

トヨタにはたくさんのSUVモデルがラインアップされています。 この記事ではどんな現行車種があるのか、また新型情報などトヨタのSUVについて知りたいという方向けに、トヨタのSUV情報をまとめていきます! 新車から中古車の相場まで、トヨタのSUVのことを詳しく解説していきましょう。


【最新情報】トヨタ 新型ハリアーハイブリッドを徹底調査!

【最新情報】トヨタ 新型ハリアーハイブリッドを徹底調査!

トヨタの新型ハリアーは6月17日に発売されました。特に「ハイブリッド」が注目されており、その売れ行きや動向なども気になるところですよね。 そこで、「新型ハリアーのハイブリッド」にスポットをあてて徹底調査していきます。新型ハリアーハイブリッドのグレードやおすすめはどのグレードになるのかについて調べていきます。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。