目次へ戻る

スバルの XV ハイブリッドってどんな車?┃歴代XVや維持費を徹底解説

スバルの XV ハイブリッドってどんな車?┃歴代XVや維持費を徹底解説

「スバルの車ってカッコいいんだけどXV ハイブリッドって実際どうなの?」 「XV ハイブリッドを購入したいけど実際にどのくらいの値段や維持費がかかるのか知りたい!」 このようにXV ハイブリッドを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、XV ハイブリッドはいくつかグレードも用意されているカッコよくてスタイリッシュな車なんです!この記事では、XV ハイブリッドがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきXV ハイブリッドを購入する前に参考にしてください!


1 スバルのXV ハイブリッドとは

そもそもXV ハイブリットと聞いてあなたはピンとくるでしょうか。

スバルが好きな方であれば当たり前のように知っているかと思いますが、そうでない方にとっては馴染ない名前かもしれません。

そこで先ずはXV ハイブリッドについて概要から説明をしていきます。

車名の由来は?

先ずはその名前が気になった方のために車名の由来から説明をしていきます。

こちらは、Crossover(=X-over) Vehicleを略したものです

クロスオーバーという言葉は普通の乗用車的な要素とクロスカントリー四駆を足して2で割ったような意味合いが込められています。つまり、これらをすべて統合するならば、「四駆のハイブリッド乗用車」といったところでしょうか。

XVハイブリッドはXVのハイブリッドモデル

文字通りハイブリッド機能を兼ね備えたモデルで実はスバル車としては初のハイブリッドモデルとなっています。2012年にXV自体は発表されましたが、その約半年後には「スバル XV クロストレック ハイブリッド」として発表をされました。日本では「XV HYBRID」として発表されています。

XV特有の機能的な走りに加えてハイブリッド性能の騒音がしない静かな走りを可能としたためユーザーの間では非常に評価が高いです。

スバルもこの発売を機にハイブリッド市場へと乗り出していく事になりました。色々な意味でスバルの新たな一ページを築いたと言っても過言ではない1台ですね。

2 スバル歴代XVを紹介

それでは次にスバルのXVについてこれまで3代にわたってきたそれぞれのモデルの特徴を紹介していきましょう。

初代:スバル インプレッサXV

初代のXVは「スバル インプレッサXV」として売り出されました。2010年のジュネーブ国際モーターショーで世界初公開され、そこから一気に販売を開始していきます。当初は日本で発売されるか不透明でしたが、同年6月多少の改良を加えつつ販売を開始します。なお、こちらのモデルについては北米市場では販売は行われていません。

非常にスポーティな走り心地を可能として多くのファンの心をつかみました。また、中国・ロシア・豪州など一部地域では車高を高くしたタイプを売り出しました。クロスオーバー車として悪路にも対応できる点を大いにアピールして新興市場を切り開こうと考えた結果でした。

しかしながら意外と製造・販売の終了は早く発表・販売が開始されたおよそ1年半後には製造終了、2年後には在庫も全て売り切れ完全に販売が終了する事になります。

2代目:スバル XV

初代からの流れを受け、およそ7カ月のブランクを経てフルモデルチェンジを果たした2代目は「スバル XV」と名称を改め販売開始される事となりました。2012年9月に発表された際の新キャッチフレーズは「a new type」。あらゆる車庫への入庫が可能なように車高の高さを調整したり、9色にも及ぶカラーを用意したり、アイドリングストップ技術を採用して燃費の水準を向上させるなど非常にたくさんの要素を改良して販売されました。

こちらのモデルは北米市場にも売り出される事になり、日本国内においても初代の月販目標200台から大幅に目標をあげて、月販1,000台を目標に販売を開始します。

販売からおよそ半年後、ついにスバルとして初のハイブリッド車である「スバル XV クロストレック ハイブリッド」が発表されます。こちらは非常に人気を博しましたが、次期型への移行に伴い2017年に注文受付をストップし、以降は在庫のみの販売となりました。また、この2代目モデルはデザートカーキ×ブラックの組み合わせがオートカラーアウォード2013のグランプリを受賞するというスバル車として初の快挙に輝くなど、色々な側面でスバルの歴史を変えたモデルです。

3代目:スバル XV

スバル XV アドバンス(Advance)e-BOXER

そして現在も製造・販売がされている3代目の「スバル XV」は「Fun Adventure」というコンセプトを元に、当初から強みとしていた走破性に加えて非常に卓越したデザイン性を取り入れた車に進化を遂げました。株式会社SUBARUとして社名変更を行った後の最初のモデルでもあります。

最先端の技術とデザイン性を兼ね備えたスバルを代表する車種へと成長を遂げたXVは今なお多くのファンを虜にしています。

また、ハイブリッドモデルであるxy ハイブリッドに関しては一時製造をストップしておりましたが、「Adbance」という名称で再び復活を果たす事になります。

3 XV ハイブリッドの維持費

ここまでの紹介の中でかなりXV ハイブリッドに対する知識もついてきたのではないでしょうか。ここからはいよいよ実際に所有するとなった場合の維持費などより具体的な内容に移っていきます。

XV ハイブリッドの中古価格相場

価格帯はかなりばらけておりますが、平均にしてみると中古車の販売価格はおよそ160万円になってきます。ただ、ものによっては70万円台のものもあれば、200万円以上するものもあります。中古車でもこれだけの値段がするという事でそれだけ人気の車種でもある事も伺えます。

ただし、こちらに関しては地域や車の状態によっても全く変わってくるものにはなってくるので、一概にこの値段という事は言えません。

XV ハイブリッドは新品で購入することは可能?

先ほども少し紹介を致しましたが、現在はXV ハイブリッドという名称ではなく、Advanceというモデルとして販売をされています。モデルとしては変わりありませんので、そういった意味では新車として購入をする事も可能と言えるでしょう。

XV ハイブリッドの燃費

さて、多くの方が気になる燃費ですが、XV ハイブリッドはおよそ15km/Lの燃費を誇ります。このタイプの大きさの車にしてはかなり良い方であると言えます。やはりこのあたりは技術力を駆使して燃費の性能をあげてきた成果と言えます。

5名まで乗る事も出来ますし社内もゆったりと使えるだけの広さはありますので、この手の車でここまで燃費の性能が良いのはとても嬉しいですね。人によっては家族旅行などで遠出をする際にも快適に使えそうです。

XV ハイブリッドの車検代の目安は

実際に車を所有するとなると車検の事も考えなければいけません。

そこでXV ハイブリッドがどのくらいかかるかについてですが、こちらは大方70,000円前後を見越しておくと良いでしょう。ただし、経過年数など色々な条件がかみ合わさって値段も変わってきますので、一概にいう事は出来ません。

値引き相場も知りたい

より詳しく車について調べていくと最後に必ず現れる値引きについてですが、こちらのモデルに関しては交渉をキチンと行えば、約30~50万円くらいの間で値引きも可能でしょう。

車両自体が少しグレードの高いものにはなりますので、そこはコンパクトカーや一般の車に比べれば交渉しやすいと思います。そのためにも複数社回ってみる事をオススメします。

5 まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまでスバルのXV ハイブリッドについてその生い立ちから性能、それぞれの代の特徴、所有するにあたってかかる維持費、購入方法などについて紹介をしてきました。

これから所有を検討しようという人のお役に少しでも立てたのであれば幸いです。

関連するキーワード


スバル 車種情報 XV SUV

関連する投稿


【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

スバルは、新型軽トールワゴン『シフォン』を7月25日に発売すると発表しました。 新型シフォンは、日常での使い勝手の良さと安全性能を追求した軽乗用車です。開放感のある広い室内と、「ミラクルオープンドア」をはじめとする便利な機能・装備を採用しています。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


シトロエン C3の燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場も

シトロエン C3の燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場も

国内でもじわじわと人気を博していきているシトロエンC3をご紹介していきます。全世界で350万台以上も販売されているベストセラーの魅力を解説しますので、これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。