目次へ戻る

ジムニー5ドア|日本での販売予定は?

ジムニー5ドア|日本での販売予定は?

スズキ ジムニーは納車までに約1年待ちになるほど好評となっています。ジムニーに5ドアタイプが出るという情報があり、その気になる情報を一緒に見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVってどんな車?

スズキ・ジムニーXL

スズキ・ジムニーXL

スポーツユーティリティビークル、通称SUVはオフロード走行に主眼をおいて開発された車種です。

SUVは四輪駆動なことが特徴であり、悪路等であっても豪快に走行することが出来るのが強みです。

車両によっては低河川の走行も出来るものも。基本的にはオフロードで利用される車ですが、ごつい印象があるので都市部で目立つことから、都会派の人からも支持されています。

価格的にはセダンよりも高い車両が多いものの、この記事で紹介するように安くて使いやすい車両もあります。

また、SUVは大容量な車両が多いので、仕事用車両などとしても良く活用しています。

SUVの代表的な車両としては、ジープラングラーやレクサスNXがありますが、このタイプの車種としてはやはりジムニーが人気です。

SUVなのかワゴン車なのかわからない中間的な車両もあります。また、似た車種としてはピックアップトラック等もあります。

特に最近はクロスオーバーSUVのが大躍進しています。クロスオーバーSUVは高速道路での走行性能が高いことも特徴になっています。

大人気のスズキジムニーってどんな車?

スズキ・ジムニーXC

スズキ・ジムニーXC

スズキが販売しているジムニーは実に人気が高い車種です。

軽自動車のオフロード4輪駆動であるところが特徴で、1970年の発売開始から今までワイドやシエラなどのような多様なモデルも生産されているのも特徴です。

海外での人気も高く、北米や欧州、アジア等での展開もされているくらいです。

このジムニーは軽自動車ということもあって、「気軽に買えるSUV」というのが何よりの宣伝文句になっています。

初代の発売から50年と長い歴史を誇るジムニーですが、なんとモデルチェンジは3回しかなく、とてもモデルライフが長いことも特徴です。

このことが評価されて、2008年度に「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」も受賞。また、2代目のSJ30型ジムニーは日本車としては2ストロークエンジンを搭載した最後の日本車としても有名です。

そもそもジムニーという名称はジープとミニ、そしてタイニーをかけあわせて命名されたものです。

このことからわかるように、ジムニーはジープを参考にして製造された車両でもあります。

ジープほどの積載量はありませんが、やはりジムニーはジープに比べると圧倒的な燃費の良さを誇るのが特徴です。

ジムニーに5ドアが追加の噂生産はインドで?

スズキ・ジムニーXC

スズキ・ジムニーXC

ジムニーといえば3ドアが定番でした。しかし、ジムニーに5ドアの車種が追加されるとの噂が広まっています。

生産はインドが予定されているものの、全てがまだ噂の域を出ません。まだオフィシャルリリースもされていないにも関わらず、これだけ噂が広まっていることからもジムニーの人気の深さが伺えるというものではないでしょうか。

なぜインド生産との噂が広まっているかというと、インドにおけるスズキ子会社、「マルチスズキ」で、近年まで2代目ジムニーのロングボディ仕様が「ジプシー」という車名で生産されていた実績があるからです。

いずれにしても5ドアバージョンが生産されれば、更にジムニーの活用の場も広まってくることでしょう。ファミリーワゴンとしての利用もある程度できそうです。

かつて存在した「マルチスズキジプシー」

スズキ ジプシー Escapade

スズキ ジプシー Escapade

マルチスズキジプシーはインドのマルチ・スズキ・インディアで生産されたジムニーのロングホイールベース仕様であり、独特な名称になっています。

こちらは1985年に製造・販売を開始したもので、ベースのジムニーに対して全長、全幅が数割増大しているのが特徴でしょう。

インド市場向けに販売されたジプシーですが、車両重量も軽く、山岳地帯等でも活用しています。これは車体のコンパクトさと、信頼性のある四輪駆動システムに対する評価の高さによるものです。

ジプシーは基本的には後部が幌仕様か樹脂ハードトップ仕様で、インド国内では発売されて以降警察車両や軍用車両として使われたこともあるほか、南米やアフリカなどへも輸出されました。

格安なジムニーがインドで生産されることで更にコストダウンしたこともあって、インドやパキスタン等を中心に評価が高く、モデルライフ終盤でも中古車市場が高騰することもあったとのことです。

日本でもジプシーが走ってる?!

クロスオーバーSUVが全盛となっている日本においても、高い信頼性が証明された本格的クロカン車両への需要は一定数存在し、2014年にはトヨタが国内市場向けに2004年に販売終了していたランドクルーザー“70“シリーズを期間限定で再度販売したこともあったほどです。

ジムニーにおいてもそれは変わらず、大人気の新型モデルに負けないほど、歴代のジムニーには根強いファンがおり、中古車市場でもなかなか値崩れしていません。

日本における2代目ジムニーをベースにしているマルチスズキ・ジプシーは、厳しくなったインド国内の環境規制対応が難しいことなどから2018年に民間向け販売が終了となっています。

しかし、自社でインドから日本国内に輸入したジプシーを台数限定で販売していた会社が存在するようです。車検取得できるよう準備するのに1年以上かけたとのこと。

中古車市場に出回るタイプの車ではなさそうですが、独特なスタイル、信頼性の高い四輪駆動、ジムニーより拡幅・延長されたといってもまだクロカン車としては小型なジプシーを日本で購入できると、目立つ事間違いなしですね。

ジムニーは伸ばしやすいラダーフレーム構造とは

ジムニーならではなのがラダーフレーム構造です。ラダーフレーム構造は強度と耐久性を重視した構造になっており、はしご型フレームと呼ばれることもあります。

このラダーフレームは重量が増えることが難点。耐振動性も悪いものの、やはり耐久性が高いことが最大の利点。

このラダーフレーム構造は強度に優れることから、トラックやSUVにも多く活用されています。また、レントゲン車のように大型検査機器を搭載する車両等にも活用されています。

このように様々な車両で活用されていますが、乗り心地という点ではモノコックボディー構造等に劣るというのが難点です。

しかし、現代的な車のほとんどが採用しているモノコックボディは、ラダーフレーム構造のようにボディがフレームの上に載る構造とは異なり、ボディ自体がフレームの役割をして強度を保っています。

このため、モノコックボディ車では、5ドアと3ドアで全長を作り替える場合、ボディ部の大幅な再設計が必要となります。

ラダーフレーム構造を採用しているジムニーは、強度を保つフレームとボディを別々に設計すれば良いため、全長方向における調整が比較的容易といえそうです。

ラダーフレーム構造の3ドア5ドアの例:ジープラングラー

ラダーフレーム構造はかつて自動車の基本的な構造でしたが、現代では本格派のクロカン車や商用車などに残っている程度となっています。

本格派クロカン車として絶大な人気を誇るジープ・ラングラーも、ラダーフレーム構造を採用しています。

ラングラーはよく見かけるロングボディの4ドア車以外にも、より悪路走破性の高いショートボディの2ドア車が用意されており、ラダーフレーム構造の全長方向への設計変更のしやすさを表しています。

ジムニー5ドア、発表はいつ頃?日本導入は?

スズキ・ジムニーXCブラックトップ2トーン

スズキ・ジムニーXCブラックトップ2トーン

ジムニー5ドアに関する情報はますます増えてきています。噂ではジムニー5ドアは2022年に生産・販売されるとのことですが、生産地等についても憶測が流れています。

そもそも5ドアのジムニーが求められている理由には通常のジムニーの使いにくさがあります。

従来のジムニーはやはり3ドアならではの積載量の限界や多人数仕様時の難点がありました。何より家族で使うには使いにくいという声も多くありました。こうしたことから5ドアのジムニーが生産されるに至ったのです。

とはいえ、5ドアにすることで思わぬデメリットも生まれています。例えば、5ドアにするとジムニー最高の特徴である軽快なオフロード性能が落ちることは避けられません。

これによって他のSUVと対して変わらなくなるのでは、といった憶測も流れています。他に、5ドアにすることでジムニー自体の価格も上がってしまって、利用しにくくなるといった声もあります。

また、より車両重量もますことから、お尻デッカチな車になって動かしにくくなるのではという意見も。いずれにしてもまだ実際の車両が出ていないので何とも言えないところでしょう。

まとめ

ブラック2トーンルーフ

ブラック2トーンルーフ

ジムニーに関する話題としてはやはり5ドアバージョンが巷を賑わせています。世界的に人気の高い車種であるジムニーだけに、5ドアバージョンがでれば世界中で好セールスを記録する事でしょう。こうしたこともあり、今後もジムニー熱は収まることがないであろうことは確実です。

ジムニーは新車価格も維持費もSUVの中では抜群に安い車種ですから、SUV初心者の人にもおすすめできます。

また、ジムニーは社外パーツも多いのでカスタマイズ好きな人にもオススメです。

魅力的な点が多くてとにかく面白い車種ですから、近々車の買い替えを控えている方は、5ドアジムニーを検討してみるのも良いでしょう。

関連するキーワード


スズキ 車種情報 ジムニー

関連する投稿


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


【徹底調査!】スズキ ジムニーは燃費が悪い?ライバル車と比較も

【徹底調査!】スズキ ジムニーは燃費が悪い?ライバル車と比較も

唯一無二の個性的な存在、スズキ ジムニー。ジムニーは小さなボディに超本格的な走破性能を備え、世界中にファンのいる車です。毎日の街乗りに、あるいはセカンドカーに欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか?ジムニーの購入を検討する際に最も気になるのが、”燃費”です。今回はジムニーの燃費を中心に詳しく検証していきます。


スズキ アルトラパン|内装・燃費・中古車情報など

スズキ アルトラパン|内装・燃費・中古車情報など

スズキ ラパンは見た目がかわいくて女性に嬉しい装備がたくさんあります。そんなラパンの内外装・装備・燃費などを詳しくご紹介していきます。


クロカンってどんな車?SUVとの違いやおすすめ車種を紹介!

クロカンってどんな車?SUVとの違いやおすすめ車種を紹介!

日本ではオフロード走行ができ、アウトドアに向いていそうな車のことをSUVと呼んだりクロカンと呼んだりします。しかしSUVとクロカンにはどのような意味の違いがあるでしょうか? クロカンの意味やおすすめ車種を詳しくご紹介します。


【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

軽自動車といっても、スライドドアが欲しいとか流行りのSUVはおさえたいとか、あるいはカワイイのが良いとかやっぱり燃費が一番など、選ぶ基準は人によって違います。そこで、それぞれのタイプ別におすすめの軽自動車を3車種選んでみました。貴方の軽自動車選びの参考にしてもらえたらうれしいです。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。