目次へ戻る

三菱i-MiEV デザイン、走行性能、安全性能など詳しく説明!

三菱i-MiEV デザイン、走行性能、安全性能など詳しく説明!

三菱i-MiEVは今までの電気自動車にはないぐらい力強い走りと安定感を持っていて、さらに外装と内装のインテリアにも工夫が施されているため、乗る人に様々な快適さを与える車となっている。今回はそんな三菱i-MiEVについて紹介する。


三菱i-MiEV とはどんな車?

主な特徴

電気自動車となると充電環境が心配だが、最近ではサービスエリアやコンビニエンスストア、道の駅など様々な場所に急速充電スポットが設置されている。i-MiEVには便利な急速充電機能があり、Mグレードでは約15分、Xグレードでは約30分にて80%までの充電が可能だ。

また、専用の充電ケーブルを使用すると、家庭でもショッピングセンターでも、いつでもどこでも充電ができるのだ。i-MiEVは、買い物など毎日の利用に十分な航続可能距離を達成している電気自動車で、一充電走行距離は、Mグレードで120Km、Xグレードでは172Kmとなっている。

小さいけどデザイン性は抜群!

i-MiEVは、丸っこいデザインが採用されていて、とても可愛らしいフォルムだ。フロントウインドウは大型となっていて、三角窓が採用されるなど、車内から外の視認性が良く運転のしやすい車に仕上がっている。

ボディーカラーについては、新色であるレッドメタリックとライトニングブルーマイカなどを含む全5色が用意されていてどんなユーザーでも満足させてくれる。特に、クールシルバーメタリックとホワイトパールの2トーン有料色は、未来的な雰囲気を醸し出していて乗る人を満足させてくれそうだ。

分かりやすい且つ使い易いエンジンシステム

i-MiEVは、航続可能距離を伸ばすための工夫が随所に盛り込まれている。セレクターレバーが搭載されていて、ECOポジション、Dポジション、Bポジションが用意されている。ECOポジションは、市街地走行に適したエコな走りが楽しめるモードで、Dポジションはアクセル操作に即応した走りが可能で、力強い加速を得ることができ坂道を登るのに適しているのだ。

Bポジションは下り坂を走るのに適したポジションで下り坂でスピードを抑えてくれる。回生ブレーキ機能が搭載されているため、減速時の回生ブレーキ力を利用して発電を行い駆動用バッテリーに充電してくれる。そのため、航続可能距離を伸ばすのに役立っているのだ。

実際、電気自動車の燃費はどうなの?

電気自動車における燃費の概念は、一充電走行距離にて表すことができる。先にも紹介した、一充電走行距離は、Mグレードで120Km、Xグレードでは172Kmが燃費の良さを物語っている。駆動用バッテリーについては、耐久性の高いリチウムイオン電池を採用していて、電池セルを組電池化した電池モジュールをつなぐことで、大容量駆動バッテリーを実現している。

回生ブレーキ機能を搭載しているので、減速時にはモーターが発電機として働く。そして減速時に充電を行い、長い一充電走行距離を可能にしているのだ。

三菱i-MiEVの車内空間

小さいボディなのに座り易いシート!!

三菱i-MiEVは乗る人が快適になるために様々な工夫がなされていて、その1つがフロントシートの形状だ。座る人の姿勢を良くするために独特な形状となっているため、長時間座っていても疲れないようになっている。

さらにフロントシートにはシートヒーター機能も持たせており、シートの背面と座面から座っている人を温めてくれる。冬場でもエアコンを付けずにシートヒーターだけでも快適に過ごせるようになっているのが特徴だ。定員は4名となっているため、一人ひとりに対して広い居住空間を確保しているのも良いところと言えるだろう。

工夫されている車内空間

三菱i-MiEVは車内空間に対して工夫をしており、乗る人が快適に過ごせる用になっていて、その1つがセンターパネルにある。センターパネル中央下部にはヒートポンプエアコンを調整するスイッチがあるなど、様々なスイッチを集約しており、センターパネルから自由に車内を操作できるのが特徴だ。

センターコンソールにはドリンクをはじめ、様々な小物を置くことができる大型のカップホルダートレイが設置されている。さらに、三菱i-MiEVは充電中であってもエアコンが使用できるのもありがたい点だ。

シート種類はブラック&アイボリーとなっており、電気自動車がもっている静かさをよりいっそう引き立たせるインテリアとなっている。また、ステアリングとシフトノブには本革巻を採用しており、ドライバーの手が滑らずにしっかりと握ることのできる質感担っているのも特徴だ。

快適さを大きく考えて加えられた機能

三菱i-MiEVは専用の高効率モーターを搭載しているため、電気自動車とは思えないほどの高トルクを実現している。そのため、急な坂道であってもパワフルに登ることができ、停止中からの加速もスムーズに行うことが可能だ。


駆動用バッテリーを車の中央下部に配置したことにより低重心による安定性を得ることができ、これにより車体のブレが少なくなるだけでなく居住スペースに余裕ができるなど様々な恩恵を乗る人にもたらすようになった。また、空調機能にはヒートポンプエアコンを採用しており、細かく温度調整ができるようになっている。

三菱i-MiEVの安全性能はどうなのか

衝突から守ってくれる”RISE”!

三菱i-MiEVには複数の衝突安全機能が盛り込まれている。まずはRISE(ライズ)と呼ばれる強化ボディだ。衝突したときにフレームが屈曲することで衝撃を分散・吸収してくれる物だ。また、高い電圧がかかるパーツをボディの内部に設置する防護構造になっている。

SRSエアバッグも搭載されていて、運転席と助手席に前方から衝撃がかかることを抑えてくれる。横方向からの衝撃に備えて、SRSカーテンエアバッグも標準搭載されている。カーテンエアバッグにより、乗員の頭部を守ることができる。

E-TACSが標準搭載!!

三菱i-MiEVは安全のための装備も充実している。盗難防止のため、セキュリティアラームが搭載されている。これは国土交通省から認可を受けた品だ。リモコン操作で車体のドアをロックしたあとに、リモコンを使う方法以外でドアが開けられると、音とハザードランプ点滅で周囲に知らせる。

また、「E-TACS」と呼ばれる警告ブザーが標準搭載だ。このブザーはパワースイッチを切り忘れた状態で運転席のドアを開けると鳴るようになっている。バッテリーの充電状態を示す「駆動用バッテリー警告灯」もあり、バッテリーの目盛りが2目盛り以下になると作動する。充電忘れを避けるために効果的だ。

運転支援も充実している

三菱i-MiEVにはドライバーの運転操作を支援する機能もある。動作システムを総合的に制御するシステムが「MiEV OS」だ。バッテリーの状況を常に把握しているだけではなく、発進やブレーキに関する制御も行っている。これにより、省エネでありながら快適・安全な走行が可能だ。

また、「ASC」と呼ばれる機能もあり、車体がスリップしたときにブレーキやモーターを自動制御して車体を安定させる。車両周辺の歩行者などに配慮する機能として、車両接近通報装置もある。徐行時に車の接近を知らせるために音を出す装置だ。

三菱i-MiEVのバリエーションとそれらの価格

三菱i-MiEVは「i-MiEV M」と「i-MiEV X」の二つのグレードに分けて作られている。両者は駆動方式や定員は同じだが、総電力が異なる。i-MiEV Mのほうが手頃な価格で、メーカー希望小売価格は2,273,400円(税込)、i-MiEV Xは2,624,400円(税込)だ。

また、次世代の自動車技術開発のためにi-MiEVをベースにした「OVEC-TWO」という車種が製作された。運転制御用のパーツなどが新たに組み込まれていて、新しい車両設計への活用が期待されている。

関連する投稿


三菱のデリカD:5新型!実際の乗り心地はどう?買い?試乗評価まとめ

三菱のデリカD:5新型!実際の乗り心地はどう?買い?試乗評価まとめ

三菱のロングセラーであるデリカD:5。最近ではデリカD:5新型が発売され話題になりましたね。もう購入しているという方もいれば、他の車と悩んでいるという人も少なくないかもしれません。そんなわけで本記事ではデリカD:5新型の試乗評価や感想をまとめてみました。迷っている方、背中を押してほしい方、奥さんへの説得材料が欲しい方、必見です!


三菱の軽ワゴン eKワゴン 中古 燃費 内装 ボディサイズ 試乗評価は?

三菱の軽ワゴン eKワゴン 中古 燃費 内装 ボディサイズ 試乗評価は?

三菱は、3月28日より新型eKワゴンを発売します。eKワゴンはハイトワゴンタイプの軽自動車です。日産のデイズは兄弟車にあたります。本記事ではそんな今注目のeKワゴン・eKワゴンカスタムの中古車情報・燃費・内装・ボディサイズ・試乗評価そして最新情報までをまとめています。


【3月28日発売予定】三菱の新型軽クロスオーバーSUV! eKクロス発売!

【3月28日発売予定】三菱の新型軽クロスオーバーSUV! eKクロス発売!

三菱は新型軽クロスオーバーSUV「eKクロス」を発売します。このeKクロスはeKワゴンの新たな派生モデルとして、新型eKワゴンと合わせて3月28日ごろ発売されます。マイルドハイブリッド・軽自動車初の先進運転支援システムも採用した、新型eKクロスに関する最新情報をまとめています。


テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラは3月14日(日本時間3月15日)、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスのデザインスタジオで初公開しました。モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVになります。


【ジュネーブモーターショー2019】ついに!ホンダの新型EV世界初公開

【ジュネーブモーターショー2019】ついに!ホンダの新型EV世界初公開

ホンダは、スイスで3月5日から17日まで開催されるジュネーブモーターショー2019にて、新型の電気自動車『ホンダe(イー)』のプロトタイプモデルを世界初公開します。待っていましたという方も、ちょっと気になっていたという方も!本記事ではホンダeの速報をまとめています。


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。