トップへ戻る

車のダッシュボードとは?注意点やおすすめマットもご紹介!

車のダッシュボードとは?注意点やおすすめマットもご紹介!

どのような車にもダッシュボードと呼ばれる部分があります。このダッシュボードの役割は何なのでしょうか?今回は車のダッシュボードについて説明していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダッシュボードとは

ルノー コレオス

ルノー コレオス

ダッシュボードとは、良く聞く言葉ではありますがクルマのどの部分を指すのか?と言われると結構、わからない方も多いのではないでしょうか。

ダッシュボードとは、フロントウィンドウの下の部分(運転席から助手席の前にある内装全て)を指します。

細かく言うと、インパネ・ハンドル・エアバッグ・グローブボックスなどが装備されている部分全ての事です。

そもそもダッシュボードの由来は、馬車の装備の事で馬が蹴り上げた泥や小石などを避ける板の事を呼んでいました。Dash=はねつける・投げつけるという意味である事からもダッシュボードの由来が馬車にあった事がうかがえます。

では、ダッシュボードの役割とは何か?その配置からも分かる通り、運転席から助手席までの部分を指す事はご説明しましたが一番の役割としては、万が一の場合に事故などの衝撃から人を守るという事が本来の大切な役割となります。

ダッシュボードとインパネの違い

インストルメントパネル=インパネとは、運転席側の正面に装備されている計器類を指しています。

例えばガソリン残量・スピードメーター・警告ランプ・タコメーター・コンビネーションメーターなどのクルマの状態を確認するために必要な計器類などがあります。

インパネは各メーカーや車種によって異なり、デザインなどの差別化を図るためにそれぞれのメーカーが力を入れて開発しています。また、最近では運転中の視線の移動を軽減するために運転席と助手席の間にインパネを設置するデザインが増えています。

【注意】夏は特に高温になる!

コンパッタ 未塗装樹脂用ツヤ出し

コンパッタ 未塗装樹脂用ツヤ出し

夏の車内がとんでもなく暑くなっている経験は、誰しも一度はありますよね。運転するとなるとハンドルが熱くて触れないなどといった場合には、もちろんハンドル以外のダッシュボードなども同じような状態です。

さらに、ダッシュボードは直射日光をうける場所でもあるため、外の気温が35度まで上がると何と70~80度まで達してしまいます。

これは、目玉焼きがやける温度と同じ状態です。このような状態でダッシュボードの上に物を置いておくと、温度の上昇によって変形したり、溶けてしまいます。

なるべくダッシュボードの上には物を置かないようにする事が危険を避ける方法といえるでしょう。

特に、気を付けなければならない物として次の物が挙げられます。

スマートフォン

スマホとタブレット

スマホやタブレット

ケースの変形や液晶の表示がおかしくなってしまいます。

またスマホに内蔵されているリチウムバッテリーは、熱で膨張してしまう性質で温度の上昇によって爆発してしまう事も。

スプレー缶

スプレー缶

スプレー缶

ヘアスプレーや制汗スプレーなども車内に放置すると室温が上昇した際にガスが膨張し爆発する恐れがあります。

ガスライター

ガスライター

ガスライター

スプレー缶同様、温度の上昇によって爆発します。

威力によっては、クルマのガラスにヒビが入ってしまうほどになることもあるので注意しましょう。

乾電池

乾電池

乾電池

電池その物をそのまま置く事はあまりないとは思いますが、例えばお子さんのおもちゃやその他の乾電池を使用している物なども、高熱によって液漏れや発火などの危険があります。

ペットボトルや缶などの炭酸飲料

ペットボトル

ペットボトル

熱によって膨張し、破裂する事があります。

日焼け対策にはダッシュボードマット!

アルファード D.A.D

アルファード D.A.D

直射日光からダッシュボードを守る事ができるダッシュボードマットですが、あまり馴染みのない方も多いのではないでしょうか。

となるとどのような物があるのか?どれを選べばいいのか?迷ってしまいます。そこで、どのように選ぶか・またおすすめの商品などをご紹介していきましょう。

ダッシュボードマットの選び方

車種によってダッシュボードの形が異なるためサイズや形などを確認しましょう。サイズなどが違うとスピーカーやエアコンの吹き出し口などを塞いでしまう事があるので注意が必要です。

タイプ別に分けると、汎用タイプと専用タイプがあり専用の物であれば塞いでしまうという問題はクリアされます。

しかし、車種が同じであっても年式や型式で形が異なる場合があるので必ずチェックしましょう。

ダッシュボードマットのおすすめ商品!

デザインや材質・用途によって選ぶ基準は違ってくると思います。保護する事はもちろんですが、インテリアとしてゴージャスに、また、お子さんがいる方や女性であればキャラクターなどの可愛らしい物など種類も豊富です。

また、素材や用途であればウレタン素材や汚れを水洗いできる物・跡が残らずピタッとはりつく物や小物がおける物まであります。では、次項でいくつかの商品をご紹介しましょう。

ダッシュボードおすすめ商品1

ダイヤモンドの形のキルティングで、光沢はひかえめで落ち着いた雰囲気です。使用していても色褪せが目立たないブラック。

光沢があるため青っぽく見えるのも素敵です。サイズも少し大きめとなっており3ナンバーのタイプにはピッタリ。大きい分は折り込めば気になりません。

メーカー:フジヤマ 重量:440g サイズ:約30cm×120cm

GOLD MOUNTAIN 軽・コンパクト車用 ダッシュボードマット ダイヤモンドキルティングタイプ GM415902

ダッシュボードおすすめ商品2

素材は高級なシリコンで、粘着力が強くカットして使用することもでき、携帯電話などの小物類をダッシュボードに置くことができる滑り止めシートになります。家庭でも使用することができ、テーブルの上の小物類を整理することもできます。

粘着力が強いため表面がデリケートなものには使用を控えてください。

メーカー:QBeau 重量:210g サイズ:約280×180×3mm

QBeau 【強化版】車 すべり止めシート 滑り止めパッド 滑り止めマット ダッシュボード 滑り止め ノンスリップマット 超強力粘着【2枚組】

ダッシュボードおすすめ商品3

レザー調素材を使用しており、ブラックレザーにはシルバーの刺しゅう、刺しゅうのデザインは中央にクラウン(王冠)が施されており、シンプルでありながらスタイリッシュ。

その他にもデザインは2種類となっており刺繍カラーもシルバーとブラックの2種類から。お好みに合わせて選ぶ事ができます。

メーカー:(D.A.D) 重量:222g サイズ:W870mm×H232mm

ギャルソン DAD マルチダッシュマット タイプ CROWN HA431-01 D.A.D

フロントガラスへの映り込みにも気をつけよう

車で考える女性

映り込みで運転にも支障が

天気が良い時の日光や対向車のライトなどの光によって、フロントガラスへダッシュボードが映りこんでしまうことがあります。

これは、光の反射が原因です。反射が強ければ強いほど、映り込みは酷くなり運転時の視界の妨げになってしまいます。

特にダッシュボードの色によってもその差は異なりますが、明るい色のダッシュボードは反射が強くなってしまうため、ブラックやグレーなどの暗めの色のダッシュボードマットを使用するだけでも映り込みを防ぐ事が可能です。

前方が見づらいと感じたら、日差しの強くなるこれからの季節、是非ダッシュボードマットの購入を検討しましょう。

まとめ

車のダッシュボード

適度に掃除もしよう

今回は車のダッシュボードと呼ばれる部分とその役割についてご紹介してまいりました。ご紹介したダッシュボードの上に置いてはいけない物などにご注意頂き、暑い夏を乗り切りましょう。

また、ダッシュボードの保護や映りこみ防止・ドレスアップにダッシュボードマットを使用してみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード


カー用品・カーアクセサリー

関連する投稿


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


おすすめのジュニアシートをご紹介!何歳まで使用すべき?

おすすめのジュニアシートをご紹介!何歳まで使用すべき?

チャイルドシートを卒業したお子様にはジュニアシートがおすすめです。ジュニアシートは10歳前後まで使用するものですが、年齢だけではなく体格にもより異なります。お子様にあったジュニアシートを選んで安心なカーライフを楽しみましょう。


凍結防止カバーのおすすめ10選!選び方やメリットを解説

凍結防止カバーのおすすめ10選!選び方やメリットを解説

冬場になると、フロントガラスに霜が降りて凍結していることもあります。フロントガラスの凍結を防止して、手間をなくせるのが凍結防止カバー。フロントガラスを凍結防止カバーで覆っておくと、解氷する必要もなくなるからです。この記事では、意外と多くある凍結防止カバーの中からおすすめのものをご紹介します。


解氷スプレーのおすすめ10選!フロントガラスに使用すべき理由とは?

解氷スプレーのおすすめ10選!フロントガラスに使用すべき理由とは?

凍ったフロントガラスにスプレーするだけで溶かせるのが解氷スプレーです。素早くきれいに氷が溶けていくので、忙しい朝に素早く車を運転するためにも持っておきたいカーアクセサリーです。ここでは、解氷スプレーを使うべき理由やおすすめのスプレーをご紹介します。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。