トップへ戻る

ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツが製造・販売を行っているムーヴキャンバスは「デザイン×ベンリ=あたらしい」をコンセプトに、長く乗れる車を目指して作られた車です。購入を検討している方に向けて、本記事ではダイハツ ムーヴキャンバスについて紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ ムーヴキャンバスってどんな車?

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツは度々、新ジャンルとも言える軽自動車を発売して世の中を驚かせていますが、ムーヴキャンバスもまた新たなジャンルの軽自動車になります。

デザイン性および機能性を両立し主に女性ユーザーをターゲットにした新感覚の軽ワゴンがムーブキャンバスとなります。

ムーヴキャンバスには、ダイハツが2015年に発表したコンセプトカーのHINATAとは異なり、前後のドアが観音開きではない、座席シートも回転させて向かい合わせになる反転ベンチシートではないといった特徴があります。

ダイハツ ムーヴとダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバスは、同社のトールワゴンの代名詞とも言えるムーヴの流れを受け継ぎつつも、原型となったムーブの持つ”いかつさ”を排除し、ファニー系デザインのエクステリアとシンプルでカジュアルさを感じさせるインテリアを採用してイメージチェンジを計っています。

ムーヴキャンバスのデザインの中でも特徴的と言えるのは、最安グレードを除く全グレードにフォルスワーゲンの往年の名車でもあるタイプ2マイクロバスを彷彿とさせるような、2トーンカラーを設定している点でしょう。

街中でもよく見かけるほどの人気カラーバリエーションになっています。

ダイハツ ムーヴキャンバスのグレード

ムーヴキャンバスG“メイクアップリミテッドSAIII”

ムーヴキャンバスG“メイクアップリミテッドSAIII”

ムーヴキャンバスのグレードは大きく分けるとL・X・Gの3グレードになります。

さらに細かく分けると、それら3グレードそれぞれに、インテリアやエクステリアに専用の装備が用意されているメイクアップリミテッド SA Ⅲおよびブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ、ホワイトアクセント リミテッド SA Ⅲ、ブラックアクセント リミテッド SA Ⅲと標準グレードが用意されています。

ちなみに、ダイハツのムーヴキャンバスには2018年9月からは全グレードに最先端の安全機能であるスマートアシストⅢが標準装備となっており、運転が不慣れな方でも安心してドライブや買い物に車を使う事ができる様になっています。

エンジンはいずれのグレードでも658ccの排気量を持つ直列3気筒エンジンで、2輪駆動車と4輪駆動車の2タイプを用意しています。ムーヴには存在していたターボエンジン仕様が無いのも、女性をターゲットにしている事が理由の一つかも知れません。

ダイハツ ムーヴキャンバスの運動性能

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスは、ダイハツでは初となる2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー スモールモビリティ賞を受賞した車です。2018年9月からは一部改良されて全グレードに安全装備のスマートアシストⅢが標準装備となっています。

カタログ上でのWLTCモード燃費は全グレード共通で、2WDが20.6km/L、4WDが19.6km/Lとなっています。

ムーヴキャンバスは車高がかなり高い車ですが、走行中のロールやふらつきなどを減少するように設計されているので運転し易く、操作性と安定性およびデザイン性を兼ね備えた車となっています。

車両重量は900kgを超えますが、自然吸気エンジンも日常の利用であれば余裕ある走行性を実現しており、街中を走るのであればストレスを感じる事は少ないでしょう。

ダイハツ ムーヴキャンバスのインテリア

ムーヴキャンバスは女性ユーザーを特に意識して開発され、内装もオシャレで女性目線の収納スペースやインテリア、エクステリアのデザインが魅力と言えます。

ムーヴキャンバスの内装は基本的にベージュ系で明るいイメージを演出しており、インパネ周辺やステアリングホイールなどもベージュ系で統一されているのが特徴になります。

一方、ダッシュボードやドア周りは黒が使用されており、適度に引き締まった印象を与えてくれます。

座席シートの素材はファブリックになりますが、ムーヴキャンバスにはメイクアップリミテッドと言う、より内装や外装にこだわったグレードも用意されています。

ダイハツ ムーヴキャンバスのエクステリア

ダイハツ ムーヴ キャンバス G ブラックアクセントリミテッド

ダイハツ ムーヴ キャンバス G ブラックアクセントリミテッド

女性ユーザーを特に意識して設計された車種である事は述べましたが、エクステリアは愛らしさのあるデザインで丸みがあり優しい印象を与え、レトロ感を演出しつつ質感の高いフォルムになっており、ルーフ高をやや低めに抑えた事で全長を長く見せることができ、同様にスライドドアを備えるスーパーハイトワゴンに比べ安定感があります。

リアのデザインはバンパーに丸型リフレクターが装備され、リアガラスは少しだけ傾斜していて優しさを演出しており、可愛らしさを優先したためルーフスポイラーなどは装備されていません。

ダイハツ ムーヴキャンバスのスペック

【ダイハツ ムーヴキャンバス L SAⅢ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,655mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量910kg
燃費WLTCモード:20.6km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力38kW(52PS)/6,800rpm
最大トルク60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年9月現在 ダイハツ公式サイトより)

ダイハツ ムーヴキャンバスの新車価格

ムーヴキャンバスの標準グレードは前述で述べたように大きく分けるとG・X・Lの3タイプになり、それぞれに2輪駆動車と4輪駆動車が存在しています。ここでは 各グレードの新車価格を順番にご紹介します。

G “メイクアップ リミテッド SA Ⅲ”
2WD:1,440,000円
4WD:1,555,000円
X “メイクアップ リミテッド SA Ⅲ”
2WD:1,370,000円
4WD:1,485,000円
G “ブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ”
2WD:1,440,000円
4WD:1,555,000円
X “ブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ”
2WD:1,370,000円
4WD:1,485,000円
G “ホワイトアクセント リミテッド SA Ⅲ”
2WD:1,440,000円
4WD:1,555,000円
X “ホワイトアクセント リミテッド SA Ⅲ”
2WD:1,370,000円
4WD:1,485,000円
G “ブラックアクセント リミテッド SA Ⅲ”
2WD:1,440,000円
4WD:1,555,000円
X “ブラックアクセント リミテッド SA Ⅲ”
2WD:1,370,000円
4WD:1,485,000円
G “SA Ⅲ”
2WD:1,380,000円
4WD:1,495,000円
X “SA Ⅲ”
2WD:1,300,000円
4WD:1,415,000円
L “SA Ⅲ”
2WD:1,160,000円
4WD:1,275,000円

※価格は税抜き価格です。

最上位グレードでも200万を超えることは無く、多くのグレードが用意されており、ご自身の好み・予算に合わせた車を選ぶことができます。

ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車価格

ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車の価格相場は、平均価格が140万円台、価格帯としては40万円台~210万円台となっています。

ムーヴキャンバスには内装や外装デザインにこだわりたい方のための仕様も用意されています。新車でも消費税抜き約155万円が最上位車種なので、中古車での高額車両はカスタムされていると考えられます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年2月現在)

ダイハツ ムーヴキャンバスのライバルは?

スズキ スペーシア

スズキ スペーシア

ムーヴキャンバスと良く比較されるのはスズキのスペーシアになります。

価格帯での比較では新車価格がムーヴキャンバスの方がスペーシアよりやや低く抑えられています。

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX

その他にライバルとなるのはホンダN-BOXになります。

デザインの方向性が違うという事の他に、最小回転半径に違いがあり、N-BOXは2WD仕様で4.5mあるのに対しムーヴキャンバスは2WD・4WDともに4.4mとなっており、こちらもムーブキャンバスに軍配が上がります。

ダイハツムーヴキャンバスの評判

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

全長が長く見えレトロ感のあるエクステリアに質感の高いインテリアで、室内は広く荷物をたくさん積み込むことができ、4人乗車しても窮屈感をあまり感じません。

ハンドルが軽く右左折も比較的簡単で、アクセルも軽いので運転がしやすく、旅行やドライブに良いとの評価があります。

まとめ

ムーヴキャンバスX“メイクアップリミテッドSAIII”

ムーヴキャンバスX“メイクアップリミテッドSAIII”


ダイハツ ムーブキャンバスは、そのレトロ感あふれる可愛らしいデザインだけでなく、先進の安全装備を備え、走行性能もきちんと考えられた女性ユーザーのみならず幅広い層におすすめできます。

関連する投稿


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

近年のダイハツを牽引する人気軽自動車であるタントの紹介記事です。ライバルとなるホンダN-BOXなどとの比較を絡めながら、室内空間の広さや質感や使い勝手の良さなど、さまざまな角度からご紹介します。


ダイハツ ムーヴは6年目も販売絶好調!コスパで分析、ワゴンRと比較

ダイハツ ムーヴは6年目も販売絶好調!コスパで分析、ワゴンRと比較

ダイハツを代表するハイトワゴンタイプの軽自動車、ムーヴの紹介記事です。燃費やコスパ、そしてラインナップなどを紹介しながらムーヴの魅力について詳しくご紹介します。ムーヴのコスパについて気になっている方はぜひ参考にしてください。


ダイハツ キャストの内装、車内空間の使い勝手まで徹底解説!

ダイハツ キャストの内装、車内空間の使い勝手まで徹底解説!

おしゃれなデザインによって幅広い層の方から人気を集めているダイハツキャスト。今回は、コンパクトタイプの軽自動車であるダイハツキャストの内装や車内空間の使い勝手などについて詳しくご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。