トップへ戻る

DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

シトロエンのプレミアムブランド、DSが販売している、コンパクトなSUV・DS 3クロスバック。今回は、その魅力と実力を探ってみたいと思います。日本での評判はどうなのでしょうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


プジョー・シトロエン・ジャポン

DS 3クロスバック E-TENSE

DS 3クロスバック E-TENSE

別会社であったプジョー・ジャポンとシトロエン・ジャポンは、2008年4月に両ブランドが持つ人材や資源を効率的に活用することを目的として、「プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社」を設立しました。その背景には、両社の販売台数が伸び悩んだ状況があります。

合併後は、プジョーとシトロエンの既存販売ネットワークについてそれぞれ独立して運営することになりました。

その後、シトロエンブランドから独立した新ブランドDS Automobilesが、2015年に日本でも販売を開始します。当初はシトロエン販売店での併売扱いでしたが、2017年からはブランド別の専売体制を導入しています。

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社発足から12年が経過した2020年2月1日、プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社は、社名を「Groupe PSA Japan株式会社」に変更し、プジョー、シトロエン、DS Automobiles(以下DS)といった3ブランドを展開することになります。

グループPSAは、プジョー、シトロエン、DS、オペル、ヴォクソールの5つのブランドを擁し、従業員数はグループ全体で21万人にものぼります。

DSオートモビル

DSオートモービル

DSオートモービル

DS Automobiles(ディーエス オートモビル)は、グループPSAの高級車ブランドです。DSという名前はシトロエン・DSに由来しています。

1955年にシトロエンが発表したDSは、アッパーミドルクラスの乗用車としてフランス車の主幹軸を担うモデルで第一線にあり続け、改良を繰り返しながら製造されてきました。

発表当初「異次元の自動車」とうわさが立つほどの人気ぶりで、公開直後の15分間で743件の受注、バックオーダーは1万2,000件余りという記録が残されています。

しかし、改良を繰り返して長期生産されたDSですが、シャーシ、駆動系の設計が古い上、室内スペース効率が悪く、部品点数、精度管理など生産効率に関する制約があまりにも多かったことから1970年代に入ると市場競争力の面で不利になってきて、1975年主力生産を終了します。

生産終了から34年が経過した2009年、同年発表された新型車「DS 3」にて、DS名が復活し、グループPSAの新ブランドDS Automobilesとして単独ブランドとなりました。(公式なブランド設立日は2014年6月1日)

DSラインは2010年初めにシトロエン C3をベースとするDS 3から始まります。その後、DS 4、DS 5が発表され、2015年ヨーロッパでシトロエンバッジを落としDSを独立したブランドにしました。

トヨタ自動車に「トヨタ」と「レクサス」があるように、「シトロエン」と「DS」は別ブランドになったのです。その年、日本でも販売を開始。当初はシトロエン販売店での併売扱いでした。2017年からはブランド別の専売体制を導入しています。

DS 3クロスバックとは?

DS 3 クロスバック

DS 3 クロスバック

車名を見るとDS 3の派生モデルのように思えますが、実態は別モデルのDS 3クロスバック。コンパクトな3ドアハッチバックのDS 3に対して、DS 3クロスバックは全長もホイールベースも一回り大きな5ドアハッチバックとなっています。

MINIやアルファロメオMiToなど、日本で販売されている3ドアハッチバックモデルはそれほど多くなく、しかも、どのモデルも個性が強いのが特徴です。

DS 3もその中のクルマのひとつで、C 3から枝分かれした個性派3ドアモデルは、普通のクルマでは満足できないこだわりのユーザーを狙ったDSシリーズの1台でした。そのようなDS 3と冠を同じくして登場したDS 3クロスバックが発売されたことにより、DS 3は販売を終了となります。

コンパクト感とラグジュアリーなコンセプトはDS 3から継承されており、車高を上げてパワートレイン系はアップデートされSUVに仕立てたDS 3クロスバックは、2019年6月にデビューをし、ガソリン車とEVを用意しています。

DS 3クロスバックの特徴

コンパクトSUVのDS 3クロスバックは、ラグジュアリーな内・外装が最大の特徴です。ボディサイズが全長4,120mm×全幅1,790mm×全高1,550mm、排気量は1,199ccであることから、全幅以外は5ナンバー枠ながら全幅が1.7mを超えていることもあり3ナンバー登録になります。

車体サイズでいうと、DS 3クロスバックは現在日本で買えるクロスオーバーSUVでもかなり小さなクラスとなり、全長や全高は日産ジュークやルノー・キャプチャーよりも短く低くなります。

DS 3クロスバックは日本車ではBセグメントとCセグメントの間くらいにあるSUVなのですが、強気のプライス設定は、DSがDS 3クロスバックを「小さな高級車」として販売していることにも伺えます。

DS 3クロスバックの運動性能

搭載されるガソリンエンジンは、排気量が1.2L 直列3気筒で、ターボチャージャーを使って過給します。トランスミッションにはPSAグループのBセグモデルとしては初の8速ATが採用されています。

3気筒のため軽自動車のような振動や騒音が心配されますが、上り坂で加速をする場面でわずかに感じるくらいで、乗車中にそれらを意識することはほとんどありません。

馬力も十分で、最高出力130馬力/5,500rpm、最大トルク230N・m/1,750rpmと1,280kgの軽いボディは、高速道路で速度を保ちながらエコモードで走行していても力不足を感じません。

さらにスポーツモードに切り替えると、より高いエンジン回転で走行するよう制御されるので、俊敏な走りが体感できます。

DS 3クロスバックのインテリア、エクステリア

DS 3クロスバックのインテリア

DS 3クロスバック グランシック

DS 3クロスバック グランシック

パリの名所にインスピレーションを受け、2つのテーマでデザインされたDS3クロスバックのインテリアは、グレードによって使用される素材が異なります。So Chicグレードにはバスチーユファブリック、Grand Chicグレードにはバスチーユレザーが採用されます。

ダイヤモンドパターンを採用したコックピット中央部のスイッチもおしゃれで、タッチスクリーンはAndroid Auto/Apple CarPlayに対応し、スマホアプリを操作できます。

リアシートの居住性は、大柄な大人が乗り込んだ場合、レッグスペースに余裕がなく、これは、全長4,120mmというコンパクトなサイズ、クーペ風のデザインによるものでしょう。

DS 3クロスバックのエクステリア

全高1,550mmというサイズは前述したように立体駐車場に入るサイズなので、街乗りにはとてもありがたいサイズ感となります。独特なヘッドライトとデイライトと共に目を引くフロントマスクは、グリルの周りにメッキ部分が多用されているので高級感が漂います。

DS 3クロスバックのグレード構成は、「So Chic」「Grand Chic」となります。最上級クラスとなるGrand Chicには、DS マトリクスLEDビジョンヘッドライトという配光モードを速度や前走車に合わせて可変させられるアダプティブヘッドライトが標準装備されます。

Grand Chicの足元は、2,560mmというホイールベースに対して、215/55R18の大径タイヤは、SUVらしさをかもし出します。

特筆したいのはドアハンドルです。普段は格納されており、キーを持つ人が近づくとポップアップします。施錠もキーを持って離れると作動する仕組みになっています。

ボディカラーはメタリックな8色がラインナップ。2トーンカラーが基本で、ボディカラーに応じてルーフカラーが選択できます。

DS 3クロスバックの新車、中古車価格

DS 3クロスバックの新車価格

DS 3クロスバックの新車価格をグレード別にご紹介しましょう。

【EV】

DS 3CROSSBACK E-TENSE Grand Chic
4,854,546円


【ガソリン車】

DS 3CROSSBACK So Chic
3,390,910円
DS 3CROSSBACK GRAND CHIC
3,872,728円

DS Automobiles公式サイトより(2021年4月現在)

エクステリアはグレード間で大きな違いはありません。細かい所でいくとホイールのサイズアップなどになります。

インテリアに関しては、シートがファブリックからレザーに変わる点が大きな変更です。

DS 3クロスバックの中古車価格

DS3クロスバックの中古車価格についても見ていきましょう。

【EV】

DS 3CROSSBACK E-TENSE
440万円台~470万円台


【ガソリン車】

DS 3CROSSBACK So Chic
210万円台~310万円台
DS 3CROSSBACK GRAND CHIC
260万円台~410万円台

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年4月現在)
※表示価格は車両本体価格です。

外車だけあって少し高い価格となっており、210~410万円台となっています。EVとなると価格は400万円台で推移しています。

DS 3クロスバックは買い?

DSブランド自体、メジャーとはいえないブランドになりますが、それを購入する方にとっては、人と被らないクルマ選びが楽しめます。個性的なエクステリアとインテリアに、購入した人の所有欲を満たしてくれるクルマとの評価が多く、希少性が極めて高いことから優越感を抱くことも。

走行性ではつながりがスムーズな8ATなので、燃費に配慮している点も大きく、3気筒エンジンですが吹け上りが良いのもDS3クロスバックの魅力でしょう。

DS 3クロスバックのライバルは?

グループPSAからするとライバルはアウディQ2のようです。DS 3クロスバックの価格を見ると、売れ筋であろうSo Chicは370万円のアウディより控えめな設定にしています。

エンジンバリエーションに4気筒が存在するアウディですが、他のQシリーズと異なりQ2だけはクワトロの設定がないので、性能面での差はそれほどありません。

まとめ

DS 3クロスバック

DS 3クロスバック

街乗りしていると目を引くDS 3クロスバックは、SUVでありながら女性の愛車としても輝ける1台です。飛び出し感のある元気なエンジンとシトロエン由来の柔らかなサスペンションの組み合わせを持つDS 3クロスバックで、フランス車を操作する悦に入りこんでみませんか。

関連する投稿


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


青天井のオーナー満足度、ホンダ ヴェゼルに新型登場!現行中古相場も

青天井のオーナー満足度、ホンダ ヴェゼルに新型登場!現行中古相場も

初代モデルですでにコンパクトSUVの決定版として認められるほど魅力的なヴェゼルですが、2021年4月にはついに2代目モデルが登場します。ヴェゼルのいいところはそのままに、新しい価値観を盛り込んでデビューする新型ヴェゼルを見ずに、コンパクトSUVは選べませんよね。この記事では、公開されている新型ヴェゼルの情報と、初代モデルの中古車価格相場などもご紹介していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。