トップへ戻る

マツダ CX-8が知りたい人必見!価格やスペック、中古車情報もご紹介!

マツダ CX-8が知りたい人必見!価格やスペック、中古車情報もご紹介!

3列シートSUVとして独自の個性を放つマツダのCX-8とはどんなクルマなのでしょう。そしてグレードや性能、価格も知りたいですよね。そこで、商品改良されたばかりのCX-8の全てを中古車価格も含めてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ CX-8はどんなクルマ?

マツダ CX-8 エクスクルーシブモード 

マツダCX-8は、マツダの日本国内向けクロスオーバーSUVの最上位モデルであり、国内向けのマツダ車としては唯一の3列シート車でもあります。

マツダはミニバンのプレマシーとビアンテの販売を終了させ、ミニバンに替わる新たな市場を作る目的で3列シートSUVのCX-8をデビューさせました。

CX-8の室内は、3列目シートを補助席的なものではなく、ミニバンのように6人/7人がゆったりと乗れる居住空間となっています。

エンジンは発売当初2.2L直列4気筒のディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 2.2」のみでしたが、2018年10月に、2.5L直列4気筒ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.5」と2.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンの「SKYACTIV-G 2.5T」が追加設定されています。

マツダ CX-8 改良新型 荷室

また、ラゲッジルームは、3列目シート使用時でも239L、3列目シートを倒すと572Lという容量を確保しています。さらに、荷室のトランクボード下には307mmの深さのサブトランクもあります。

CX-8のグレードと価格

マツダ CX-8 改良新型 3列目シート

CX-8のグレードは非常に多いのですが、基本は2.5Lガソリンエンジンとターボエンジン。そしてディーゼルエンジンという3つのエンジン別のグレードです。

CX-8の車種選びにおいては、このエンジン選びが決まれば、あとは支払い可能な金額のグレードを選ぶだけです。

現在、CX-8には特別仕様車が多く設定されており、お買い得感があるのでおすすめです。

CX-8メーカー希望小売り価格(消費税抜き)

グレード名エンジン種類2WD4WD
25SSKYACTIV-G 2.5
2,722,000円 
2,937,000円
25S Smart Edition
SKYACTIV-G 2.5(ガソリン)
2,852,000
3,067,000円
25S PROACTIVE
SKYACTIV-G 2.5(ガソリン)
3,445,200
3,347,000円
25S Black Tone Edition
SKYACTIV-G 2.5(ガソリン)
3,288,000円
3,503,000円
25S L Package
SKYACTIV-G 2.5(ガソリン)
3,999,600
3,851,000円
25S 100周年特別記念車 
SKYACTIV-G 2.5(ガソリン)
4,082,000
4,297,000円
25T Exclusive Mode
SKYACTIV-G 2.5T(ターボ)
4,180,000円
4,395,000円
25T 100周年特別記念車
SKYACTIV-G 2.5T(ターボ)
4,430,000円
4,645,000円
XDSKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)
3,070,000円
3,285,000円
XD Smart Edition
SKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)
3,200,000円
3,415,000
XD PROACTIVE
SKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)
3,480,000円
3,695,000円
XD Black Tone Edition
SKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)
3,636,000円
3,851,000円
XD L Package
SKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)
3,984,000円
4,199,000円
XD Exclusive Mode
SKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)
4,180,000円
4,395,000円
XD 100周年特別記念車
SKYACTIV-D 2.2(ディーゼル)
4,430,000円
4,645,000円

上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。

CX-8のスペック

マツダ CX-8 改良新型 ダッシュボード


全長×全幅×全高4,900mm×1,840mm×1,730mm
室内長×室内幅×室内高2,690mm×1,540mm×1,250mm(サンルーフ車は1,196mm)
乗車定員6~7人


エンジン種類最高出力最大トルク
SKYACTIV-G 2.5
140kw(190PS)/6,000rpm225N・m(25.7kgf・m)/4,000rpm
SKYACTIV-G 2.5T
-
-
SKYACTIV-D 2.2
147kw(200PS)/4,000rpm
450N・m(45.9kgf・m)/2,000rpm



WLTCモード燃費JC08モード燃費
SKYACTIV-G 2.5
12.2~12.4km/L13.2~13.4km/L
SKYACTIV-G 2.5T
-
-

SKYACTIV-D 2.2

15.4~15.8km/L

上記スペックは2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。

商品改良された最新のCX-8

マツダ CX-8 エクスクルーシブモード

マツダ CX-8 改良新型 インテリア

12月17日に発売されたCX-8の改良モデルは、従来モデルからどこが改良されたのでしょうか。

走行性能については、SKYACTIV-D 2.2の最高出力を190psから200psに向上し、アクセルペダルの操作力を最適化することで、ディーゼルエンジンの強力なトルクを意のままにコントロールできるように改良されています。

ガソリンエンジンのSKYACTIV-DRIVE(6AT)では,エンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートし、これまでよりも加速力が瞬時に発揮するようにサポートするようになりました。

機能では、パワーリフトゲートを搭載。フロントコンソールには、Qi規格対応ワイヤレスチャージャーを設定したことと、マツダコネクトを最新化、センターディスプレイのサイズも10.25インチに拡大しています。

さらに全タイプに「マイ・マツダ」との連携による利便性向上や緊急通報サービスなどによりユーザーをサポートすることが出来るようになっています。

また、Lパッケージ、エクスクルーシブモード、100周年特別記念車といった上位グレードのフロントグリルの形状を変更し、エレガントな質感の「プラチナクォーツメタリック」を新設定しました。

さらに、最上位グレード「エクスクルーシブモード」で7人乗り仕様が新たに設定されています。

CX-8のおすすめグレードは「スマートエディション」

マツダ CX-8 スマートエディション(改良前モデル)

CX-8は装備の充実した最上級グレードでは500万円前後という高額設定のため、ミニバンからの乗り換えたいユーザーにとっては手が出しずらい傾向になっていました。

そこで投入されたのが「スマートエディション」です。装備を充実させた上で、エントリーグレードでは300万円切り、4WDでも323万というお買い得な特別仕様車となっています。「スマートエディション」は今回の商品改良後も設定されています。

装備では、ベース車両ではオプション扱いのスマートブレーキサポート&マツダレーダークルーズコントロール(全車即追従機能付)などが標準装備されるほか、アダプティブLEDヘッドライトやアクティブドライビングディスプレイといった、上位グレードのプロアクティブに迫るような豪華装備の数々が備わるのがうれしいポイントです。

また、パワーリフトゲートも新たにオプション設定されるなど、利便性を向上させました。

この装備と値段なら、CX-8を選ぶ人もきっと多くいることでしょう。

一味違う上級グレード「エクスクルーシブモード」とは?

マツダ CX-8 エクスクルーシブモード

CX-8には「Lパッケージ」という上位グレードがありますが、エクスクルーシブモードは他モデルとの差別化をもっと強調した上級モデルのプレミアムモデルという位置付けのグレードとなります。

ボディカラーには、深みのある質感に水晶のような透明感もある上品な色合いの「プラチナクォーツメタリック」という新色が追加されました。

さらに専用装備として、19インチアルミホイールは専用の高輝度塗装仕様に変更され、フロントバンパー下部にガーニッシュを付し、新形状のテールパイプを採用しました。

そしてインテリアは、シートにナッパレザーが採用され、シートバックサイドには独自のキルティングパターンやブラックパイプのアクセントがあるなど、質感の高いモダンな作りこみとなっています。

これまでも上質感あるエクステリアとインテリアだったCX-8が、このエクスクルーシブモードでさらにプレミアム感が増して輸入車にも負けないモデルとなっています。

2018年式 マツダ CX-8

CX-8のライバル

メルセデスベンツ GLB

メルセデスベンツ GLB

GLBはスクエアなデザインと高い悪路走破性を持つSUVでありながら、広い室内空間と7人乗車を標準となっているなど、CX-8のライバルとなりえる車種です。

2列目シートは140mm調整が可能な40:20:40分割の前後スライド機構を装備し、ロック解除レバー操作で、前に倒してスライドすることで、3列目シートの乗り降りも楽になっています。

エンジンは、2.0L直列4気筒クリーンディーゼルターボと、2.0L直列4気筒ガソリンターボがラインナップされています。優れた悪路走破性能と取り回ししやすいサイズが魅力のGLBですが、コンパクトがゆえに室内の快適性はCX-8には及ばないようです。

メルセデスベンツ GLB 3列目シート


全長×全幅×全高4,640/4,650mm×1,845mm×1,700mm
乗車定員7人



最高出力最大トルク
直列4気筒2.0Lディーゼル110kw(150PS)320N・m(32.6kgf・m)
直列4気筒2.0Lガソリン
165kW (224PS)
350N・m (35.7kgf・m)


グレードエンジン種類WLTCモード燃費
GLB 200 d
直列4気筒2.0Lディーゼル
17.5km/L
GLB 250 4MATIC Sports
直列4気筒2.0Lガソリン
12.0km/L

上記スペックは2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。

プジョー5008

プジョー 5008

プジョー 5008

5008はもともとミニバンだっただけに、室内の広さと快適性にはこだわっているSUVです。

ベースとなった3008よりもホイールベースを伸ばして大人7人がゆったりと座れる3列シートを確保し、2列目シートは独立3座でそれぞれ前後スライドとリクライニングが可能となっています。

また、荷室容量は5人乗車時では762L、2列目シートを畳めば1,862Lの積載容量を実現し、さらに3列目シートは取り外し可能となっているのが特徴です。

国産車ともドイツ車とも違う、フレンチSUVの世界を味わえる車がプジョー5008です。

プジョー 5008

プジョー 5008


全長×全幅×全高4,640mm×1,840mm×1,650mm
乗車定員7人



最高出力最大トルク
直列4気筒2.0Lディーゼル130kw(177PS)/3,750rpm400N・m/2,000rpm
直列4気筒1.6Lガソリンターボ
133kW (180PS)/5,500rpm
250N・m /1,650rpm



WLTCモード燃費
JC08モード燃費
1.6Lガソリンターボ車
13.4km/L14.3km/L
2.0Lディーゼル車
16.6km/L
21.2km/L

上記スペックは2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。

まとめ

マツダCX-8をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

つぎつぎと新しいSUVが登場する中でも、CX-8のような3列シートのSUVは意外と貴重な存在。したがって、ミニバンのような使い方ができる国産SUVを探している人は、マツダCX-8がぴったりかもしれませんね。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


CX-30って運転しやすいの?室内の広さは大丈夫?ガッツリ解説!

CX-30って運転しやすいの?室内の広さは大丈夫?ガッツリ解説!

マツダ CX-30って、最近はやりのSUVの中でもダントツにかっこいいですよね!CX-30の使い勝手って、どうなんでしょう?運転しやすいのでしょうか?ちゃんと人を乗せられるんでしょうか?一緒にチェックしていきましょう!


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダのCX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

ぶっちゃけ、マツダ CX-30を購入したオーナーさんは、クルマに満足してるんでしょうか?オーナーさん達の本音が見えるSNSを探って見ましょう!


マツダ ボンゴが長い間愛される理由は?特徴や性能を徹底解説

マツダ ボンゴが長い間愛される理由は?特徴や性能を徹底解説

昭和の時代から令和に至るまでマツダ ボンゴは長い期間その人気を誇ってきました。広い室内と高い居住性は、物を運ぶだけでなくレジャーや車中泊でも大活躍です。今回はそんなマツダ ボンゴについて詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。