トップへ戻る

【最新版】ベンツの現行車種をまるっと早わかり!

【最新版】ベンツの現行車種をまるっと早わかり!

一口にベンツといっても、その車種は非常に多く、国産メーカー以上ともいえる多くの車種が各クラスに導入されています。そこで、ここでは日本で発売されているベンツの車種を全てまるっとご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデスベンツのラインナップ

メルセデスベンツ GLA 、CLA クーペ 、CLA シューティングブレーク の各PHV

メルセデスベンツには、コンパクトカーからビッグサイズのミニバンまで多くの多種があります。車種にはA、B、Cといった英数字が与えられています。

そして、一部車種を除いて高性能エンジンを搭載する高級スポーツブランドの「AMG」ラインが設定されているのが特徴です。

Aクラス

メルセデスベンツAクラス

ベンツで最も小さい車種となるA クラスは、1.3Lと2.0Lのガソリンエンジンと2.0Lのディーゼルエンジンを搭載するハッチバックとセダンからなるコンパクトカーです。

国産車でいうならハッチバックはカローラスポーツ、セダンはマツダ3セダンに近サイズで、日本国内でも使いやすいサイズのベンツといえます。

それでいながらも、安全装備や最新のコネクテッド、そしてベンツならではの高級感は上級クラスと同様という小さなプレミアムカーであることがA クラスの特徴です。

メルセデスベンツAクラスセダン

Aクラスの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税抜き)

ハッチバック3,300,000~8,436,364
セダン
3,390,910~5,854,546

※上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。

Bクラス

メルセデスベンツ Bクラス 

Aクラスと同じエンジンと、ほぼ同じ全長と全幅ながらも1,565mmという全高を誇るトールワゴンであることがBクラスの特徴で、セダンの設定はありません。

室内は高さを活かしてAクラスより開放的で明るく、荷室も通常時の455Lから1,540L(VDA方式)まで変化する大容量を誇り、家族に最適なモデルとなっています。

そしてAクラスと同じく、Sクラス同等の世界最高水準の安全性能もBクラスの特徴です。

Bクラスの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税抜き):Bクラス:3,836,3644,109,091

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。


CLA

メルセデスベンツ CLAクーペ

AクラスをベースにしたCLAには、ファストバックのオシャレなセダンであるクーペと、ステーションワゴンモデルで505Lから1,370Lまで拡大する大容量のラゲッジルームを誇るシューティングブレークがあります。

エンジンは1.3Lと2.0Lのガソリンエンジンと2.0Lのディーゼルエンジン、そしてベンツには珍しい前輪駆動の2WDと4WDの4MATICが設定されています。

メルセデスベンツ CLA シューティングブレーク

CLAの新車価格

メーカー希望小売価格(消費税抜き)

CLA クーペ4,290,910~7,863,637
CLA シューティングブレイク
4,390,910~7,954,546

※上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。


Cクラス

メルセデスベンツ Cクラス ローレウスエディション

ベンツの中核モデルであるCクラスは、セダン、ステーションワゴン、クーペ、そしてカブリオレという4つのボディタイプがあります。

さらにガソリン1.5Lターボ、同マイルドハイブリッド、2.0ディーゼル、3.0LV6ツインターボ、4.0LV8ツインターボ、そしてPHVとパワーユニットも多彩であるのが特徴です。

セダンの全長4,705mmというボディサイズは、トヨタのカムリとプリウスの中間くらいの大きさで、日本国内でも非常に扱いやすいことから外車のセダンではもっとも人気の高い車種の一つです。

メルセデスベンツ C180クーペ

Cクラスの新車価格

新車価格(消費税抜き)

セダン

4,445,455~13,227,273

ステーションワゴン
4,672,728~13,409,091
クーペ
5,572,728~13,654,546
カブリオレ
6,063,637~14,218,182

※上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。

Eクラス

メルセデスベンツ Eクラス・クーペ

その堂々たるスタイリングと高級感あふれるインテリアだけでなく、日本で販売される乗用車で初のAR (拡張現実) ナビゲーションなど、先進技術もいち早く取り入れるなど、世界のプレミアムセダンのランドマークとなっています。

エンジンは、乗用車は日本唯一のクリーンディーゼルベースのプラグインハイブリッドを初め、多くのラインナップを用意します。

そして、セダン、ステーションワゴン、クーペ、そしてカブリオレという4つのボディタイプがあり、セダンでは4,940mmと、クラウンクラスの全長となっています。

メルセデスベンツ Eクラス・カブリオレ

Eクラスの新車価格

Eクラスセダン(消費税抜き)

新車価格6,990,910~16,972,728
従来モデル新車価格
6,672,728~17,045,455


Eクラスステーションワゴン
(消費税抜き)

新車価格
8,100,000~17,381,819
従来モデル新車価格
7,027,273~17,545,455


Eクラスクーペ

新車価格(消費税抜き):7,563,63711,863,637



Eクラスカブリオレ

新車価格(消費税抜き):7,918,18212,400,000


※上記価格は2020年12月現在の
メーカー公式サイトによります。

CLS

メルセデスベンツ CLS220dスポーツ

4ドアクーペのCLS最大の特徴は、オグロメジロザメをイメージしたという低いフロントノーズと、なだらかな流線形のルーフラインを持つ優雅なボディシルエットです。

そして、2.0Lのターボディーゼルと、3.0Lのマイルドハイブリッドエンジンが設定されています。

Eクラスをも越える全長のラグジャリークーペというのは、国産車にはないベンツらしいモデルと言えます。

CLSの新車価格

新車価格(消費税抜き):7,654,546~12,209,091円

※上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。

Sクラス

新型 メルセデスベンツ Sクラス

自動車業界の指標のひとつとされ、高級車の代名詞ともされるベンツのSクラスは、最長で5,305mm(ロング)の全長と1,915mmの全幅を備える堂々たるボディと、エントリー価格1,192万円というまさに本物のラグジャリーセダンです。

2トンを優にこえる車体は、3.0L、4.0L、6.0Lのガソリンエンジンと3.0Lのディーゼルエンジン、そしてPHVによって軽快に、そして優雅に走らせます。

また、エレガントなクーペと、2018年に44年ぶりに復活した、ラグジュアリー4シーターオープン
のカブリオレ、そして超豪華サルーンのマイバッハ「マイバッハSクラス」としてもラインナップされています。

2020年9月には、欧州にて新型がデビューしており、日本への導入が期待されています。

メルセデスベンツSクラスカブリオレ

メルセデスベンツSクラスカブリオレ

Sクラスの新車価格

Sクラス新車価格(消費税抜き)

Sクラスセダン
1,083,637~23,781,819
Sクラスクーペ
14,236,364~23,927,273
Sクラスカブリオレ
20,545,455~26,354,546
マイバッハSクラス
2,180,000~2,663,637

※上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。


SLC

メルセデスベンツ SLC ファイナルエディション

SLCは小型オープンスポーツカー「SLK」の大幅改良モデルであり、電動格納ルーフ「バリオルーフ」を採用したオープンカーです。

全長4,140〜4,145mmというボディサイズはトヨタの「86」より小さく、1.6Lと3.0Lのガソリンターボエンジンが搭載されています。

現在(2020年10月)、特別仕様車「ファイナルエディション」の2グレードのみが設定されています。

SLCの新車価格

SLC新車価格(消費税抜き):5,563,637〜9,245,455円

※上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。

SL

SL400グランドエディション

SLはSLCの上位に位置する2シーターオープンスポーツで、SLCと同じくバリオルーフ(電動格納式ハードトップ)を装備しています。SLCよりも約500mm長いボディのため、のびやかで優雅なボディラインが特徴となっています。

また、V型6気筒の3.0Lツインターボエンジンを搭載し、圧倒的な走行性能も魅力となっています。

SLの新車、中古車価格

新車価格(消費税抜き):13,000,000

※上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。


GLA

メルセデスベンツ GLA200d 4MATIC

ベンツのSUVラインナップで、もっとも小さいのがGLAです。小さいながらも広々とした室内には、「ハイ!メルセデス」でお馴染みのMBUXなど多才な機能を搭載しています。

AMG以外の仕様では、全長4,415mmというボディサイズと、2.0Lのディーゼルターボエンジンを搭載したモノグレード(グレードが一つだけ)の設定は、マツダのCX-30と比較するのにちょうど良い車種です。

GLAの新車、中古車価格

メーカー希望小売価格(消費税抜き):4,563,6378,181,819

※上記価格は2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。


GLB

メルセデスベンツ GLB250 4MATICスポーツ

新しくベンツのSUVラインナップに加わったばかりのGLBは、GLAより225mm長い全長とスクエアなフォルムを活かした3列シート7人乗りのSUVとなっています。

エンジンは2.0Lのディーゼルターボエンジンと、4WDの4MATICとなる2.0Lのガソリンエンジンが設定されています。国産車で言えば日産のエクストレイルや三菱のアウトランダーがライバルとなります。

GLBの新車価格

GLBメーカー希望小売価格(消費税抜き):4,654,5466,327,273

※上記価格は2020年9月現在の2020年12月現在のメーカー公式サイトによります。



GLC

メルセデスベンツ GLC

関連する投稿


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

高級車の代表といえば、メルセデス・ベンツが思い浮かぶ方も多いでしょう。高い走行性能と高級感、また質のよさからラグジュアリーカーとして世界的に知られているメーカーです。しかしメルセデス・ベンツとはどのような歴史がある会社でしょうか?この記事では、どのようにクラス分けされているのか、メルセデス・ベンツの概要からラインナップの詳細まで解説します。


SUV流行の真相に迫る!魅力はどこ?デメリットも含めて徹底解説

SUV流行の真相に迫る!魅力はどこ?デメリットも含めて徹底解説

全世界的なSUV流行の勢いはとどまることを知らず、もちろん国内市場でもSUVタイプの車がこれまでないほどの人気を誇っています。需要を反映してか、各自動車メーカーもラインナップをSUV重視にどんどん転換しているほど。そこまで人気のSUVですが、一体どんな魅力がユーザーの支持を得ているのでしょうか? メリットとデメリットも含めて、最新おすすめ車とともにご紹介していきます。


【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

悪路を毎日通らないのにSUVを買ったり、毎日7人を乗せるわけではないのにミニバンを買ったりするより、たくさん種類のある自動車の中でもグラマラスな外観が持ち味のクーペを愛車にしてみれば、新たな世界が開けるかもしれませんよ。この記事では、今おすすめしたい最新のクーペを3台ご紹介していきます。使い勝手をちょっぴり我慢する見返りに、最高のクーペライフが待っているはずです。


知ってたら車通!「億超え」の超高級車最新まとめ!20億円の車とは?

知ってたら車通!「億超え」の超高級車最新まとめ!20億円の車とは?

目も眩むようなハイエンドスーパーカーや、芸術品のような調度が施された超高級車たち。もはや実物を見ることは叶わないものがほとんどと思われますが、それでもどんな車なのか、そしてそんな車がどれくらいの価格なのか知りたくはありませんか。この記事では、筆者調べで現在世界でもトップクラスの価格を誇る超高級車たちをまとめてみました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。