目次へ戻る

メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

歴史あるメルセデスベンツのSLクラスの歴代モデルや気になる燃費、そして中古価格などをまとめてみました。買い替えを検討されている方は是非ご覧ください。(※情報は2019年4月現在のもの)


2シーターオープンスポーツの最高峰の「SLクラス」

ベンツSLクラスは2シーターオープンスポーツの最高峰に位置づけられるクラスです。初代モデルは1954年に発売されました。

クーペ・カブリオレ・クーペカブリオレタイプがあります。

現行モデルは6代目で、2011年より発売されています。

初代 W198はメルセデスベンツ300SL。

初代モデルW198は「300SL」が正式名称です。300SLはレトロな外見と、初めて直噴エンジンを自動車で搭載した車とあって、ベンツ愛好家のみならずスポーツカー愛好家にも最も人気のスポーツカーとなっています。

2代目 W113は1963年にフルモデルチェンジ

2代目モデルW113は300SL・190SLに続く第2世代のSLとして、1963年に行われた「ジュネーヴ・モーターショー」でフルモデルチェンジを発表し、機械式燃料噴射装置付き2.3L 直6SOHCエンジンを積んだ230SLというコンセプトでデビューしました。

スタイリングは当時のダイムラー・ベンツのデザイナーであったフランス人のポール・ブラックによるもの。

3代目 R107

1971年にデビューした3代目モデルR107は、シャシーコンポーネンツをミッドサイズのW114から転用し、エンジンはSクラス用のユニットを搭載しています。

R107系は、実に1971年~1989年という長きにわたって生産されました。生産台数はなんと23万7000台というから驚きです。

4代目 R129

1989年、18年ぶりにして3度目のフルモデルチェンジを実施し、4代目R129が登場しました。

電子制御式のアクティブ・サスペンションやTRC(トラクション・コントロール・システム)、転倒時に自動的に飛び出すロールバーなど、最新のハイテク装備が採用された事が特徴でした。

スタイリングは直線基調の先代から一転、やや丸みを帯びたエアロダイナミックなフォルムに変貌すると共に、Cd値0.32の空力特性を実現しました。

5代目 R230 バリオルーフがついた

5代目モデルR230は2001年にフルモデルチェンジが行われ、「バリオルーフ(電動格納式ハードトップ)」を採用し、ボタン操作のみでカブリオレとクーペの2つのスタイルが楽しめるようになった事が最大の特徴でした。

またスタイリングは、異型ヘッドランプの採用によりフロントマスクのイメージを一新すると同時に、先代にも増してエアロダイナミックが追及されたフォルムとなり、Cd値は0.03ポイント低い0.29を実現しました。

現行モデルは6代目 R231

現行モデルの特徴は、ボディ形状が先代と同じくクーペ・カブリオレで、基本的なプロポーションを受け継ぎながら、オールアルミボディを採用したことにより軽量化と高剛性化が図られています。

ボディサイズは全長4,615~4,645mm×全幅1,875mm×全高1,310~1,315mmで、先代よりも少し長くてワイドなディメンションに変化したほか、ホイールベースも僅かに延長され2,585mmとなっています。

「ベンツSL」の燃費や性能に関する評価は

「SLクラスは極めて高いパフォーマンスを持つが、それを発揮させるスポーツ性より快適な高速クルージングを楽しむ豪華な高級車という印象の方が強い。2機種の搭載エンジンは既にCLクラスなどに搭載されているのと同じもの。動力性能を向上させながら、燃費を大きく向上させた新世代エンジンだ。試乗車はSL350がAMGスポーツパッケージ装着車でタイヤは19インチだったが、ABC(アクティブ・ボディ・コントロール)付きの電子制御サスペンションにより、乗り心地の良さも相当なもの。30/35偏平のタイヤを履いているとは思えない乗り心地だ。この快適性もラグジュアリーなクルーザーのものである。」

このように現行モデルになって燃費がかなり良くなり、より走りを楽しめる高級車となった感じがします。そして乗る人を満足させてくれるのだと思います。

中古価格はどのくらい?

ベンツSLは高級ブランドだけにさすがに高いと感じるかも知れませんが、古くてもかっこいいから欲しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それで初代モデルだと1550万円、2代目モデルで800万円から1100万円、3代目モデルで169万円から450万円、4代目モデルで75万円から1100万円。

5代目モデルが85万円から698万円そして最後に現行モデルが315万円から1098万円ほどとなっています。

※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年4月現在)

終わりに

ベンツSLは長い歴史の中でいつも目立つ存在でした。

それはなかなか真似のできない高級感と話題性によるものだったかも知れません。

今でも古いモデルが高値で販売されていることに驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけ評価が高い、人気の車ともいえますよね。

ぜひ一度見に行って実際に触れてみてはいかがでしょうか?

関連する投稿


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

メルセデスベンツは9月14日、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランド初のSUVを今秋、初公開すると発表しました。いったいどんなSUVになるのでしょうか。期待が高まります。


重厚感が魅力のメルセデスベンツのGLC┃スペック燃費や新古車中古車価格など

重厚感が魅力のメルセデスベンツのGLC┃スペック燃費や新古車中古車価格など

メルセデスベンツの造る高級SUV、GLC。メルセデスでは「GL」の二文字でSUVであることを表し、そのあとの一文字でクラスを表しています。すなわち、GLCは、メルセデスの造るCクラスのSUVボディを持つ車ということになります。今回の記事では、この重厚感とスポーティーさを併せ持つGLCの魅力を伝えます。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


メルセデスベンツのEV EQC日本上陸!価格・スペック・発売日ほか

メルセデスベンツのEV EQC日本上陸!価格・スペック・発売日ほか

メルセデス・ベンツ日本は4日に、電気駆動SUVの新型車、『EQC』を日本市場で発表しました。このメルセデスベンツのEQCは、日本におけるメルセデスベンツ初の電気自動車です。メルセデスベンツが電動専用車種として本格的に市場展開する初の電気自動車でもあることから注目が集まっています。最新情報をまとめてお届けいたします。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)