目次へ戻る

マツダ新型ロードスターRF発売!気になる燃費、価格、安全性は?2017

マツダ新型ロードスターRF発売!気になる燃費、価格、安全性は?2017

マツダの新型ロードスターRFがついに発売されました。今回はこの注目の新型の安全性や走行性能はどうなのか、旧モデルとどこが違うのかを詳しく調べました。ロードスターRFの魅力をいっぱいに詰め込んだ内容になっています。ロードスターRFが気になっている人もそうでない人もぜひ!


貴方は、マツダ ロードスターRFを知っているか?

マツダの新型ロードスタークーペ「ロードスターRF」は、従来のロードスターが持つ魅力をより深め、拡張するための新たな挑戦として開発されました。マツダのロードスターへのこだわりは、この車独自の心地良さにあります。

閉めた時に美しく佇むスタイルと、ルーフ開放時の爽快感溢れるオープンエアフィールとの両立。ロードスターRFは、この新たなオープンエア感覚を実現する、ファストバックスタイルが特徴的です。

さらに、ロードスターがベースとなっているロードスターRFは、電動格納式のルーフが採用されているのも注目に値します。

内装および外装のデザインは、「より上質な車」というコンセプトをもとに設計されています。そのため、カラーに関してもルーフ部分に2トーンを配置するなど、ファストバックスタイル特有の美しいラインを一層際立たせる工夫が盛り込まれています。

マツダ ロードスターRFの発売日・価格が知りたい

国内向けのロードスターにはこれまで見られなかった、2Lエンジンを全車に搭載している新型ロードスターRF。この車の予約受注がスタートしたのは2016年の11月10日で、同年12月22日から販売が開始されています。価格は3,240,000円から3,736,800円となっています。

ロードスターRFの全長は3,915mmで、全幅は1,735mm。全高は1,245mmでコンパクトですが、マシングレーのカラーが採用されたボディは、より硬質な印象を与え、マシン特有の精悍な表情に仕上げられています。

さらに、カラーのこだわりは内装にも表れています。レザーシートにオーバーンと呼ばれる赤茶色を採用し、上質感と大人のゆとりを表すスタイルが追求されています。

マツダ ロードスターRFのグレード、スペックは?

新型ロードスターRFは、日本国内では3グレードが展開されています。3つのグレードは、それぞれ性能や特徴が異なります。

ロードスターRFのRSは、3グレードの中で装備が一番充実している、最上位スポーティグレードです。専用標準装備として、RECARO社製のシート、ビルシュタイン製のダンパーなどが備わっています。トランスミッションについては6MTのみで、他の2つには6速ATが準備されています。

中間グレードであるVSには、RSに装備されているビルシュタイン製ダンパーやインジェクションサウンドエンハンサーはありません。しかし、ナッパレザーシートなど、高級感溢れる落ち着いたインテリアが特徴です。

また、ベースグレードのSは、VSと比べてBOSEサウンドシステムがなく、シートもファブリック素材に変更されています。

マツダ ロードスターRFのインテリアは?

マツダ ロードスターRF プロトタイプ

コックピットの使いやすさと解放感は、マツダロードスターの大きな魅力のひとつです。

同時に、コンパクトカーとは思えない、広いトランクスペースを保有しています。パッと見では狭く見えるトランクルームには、飛行機の機内に持ち込めるキャリーオンバッグを2個、積み込むことができます。

セカンドカーではなく、ファーストカーとして利用する方の実用性を忘れてはいません。
また、インテリアアクセサリーには、上質さだけでなく、快適さと便利さも追及しています。

メーターやコントローラーの位置は、とっさの判断をする際、思わず目や手がいく位置に、細心の注意が払われて配置されています。

シートデザインはオーナーの好みに応じて、本革など3種類から選ぶことができます。

マツダ ロードスターRF エクステリア

これまでのオープンカーやロードスターに対する既成概念をくつがえす、斬新なエクステリアデザインに驚きます。
オープンカーといえば、屋根はすべて収納できるか、すっぽり取り外せるイメージが強く、解放感をなによりも強調されていましたが、「RF」はルーフを取り付けたときのデザインにもこだわりました。

リアルーフを立ち上げることで、オープン時もクローズ時も、息を飲むように美しいキャビンシルエットを実現しています。

また、ルーフカラーには、ボディカラーのほかに開口部をピアノブラックにした2トーンルーフを選ぶこともできます。ピアノブラックのルーフは、クローズ時のスタイリッシュ感がより高まります。一瞬、クローズしているように見えないほど、オープンカーであることを強調するデザインです。

マツダ ロードスターRF カラーバリエーション

マツダロードスターRFの大きな魅力のひとつが、全7色の豊富なカラーバリエーションです。一般的に、スポーツカーのカラーバリエーションは少なめで、定番は赤、白、黒の3色です。

有彩色は、若い層に人気のある、イエローやブルーのビビッドカラーが使われることも多く、マツダロードスターもかつてはイエローやグリーンが人気がありました。

「RF」のボディカラーは、中高年に人気のあるグレーとホワイトのメタリックカラーが豊富です。ブルーは彩度をおさえた気品のある色味で、おちついた大人の雰囲気です。ほかの有彩色は定番のレッドのみ。

「若さ」や「情熱」ではなく、「美しさ」と「鋭さ」がテーマになってることがうかがえます。
若者ではなく大人のセカンドカーを意識したコンセプトのため、価格設定も高めですが、幅広い層を獲得しようとして右往左往してきた従来モデルから、魅力的なプレミアムカーへと大きく飛躍しています。

マツダ ロードスターRF 安全性能

MAZDA PROACTIVE SAFETYはマツダが考える安全思想のことを指します。ドライバーが安心して車を動かせるように最大限の安全を確保することが、最大の走る慶びにつながるとマツダは考えています。

この思想に基づき開発されたのはi-ACTIVSENSE。i-ACTIVSENSEは事故の一歩手前である危険を未然に防ぐことを目的としているため、危険を知らせてくれる機能を各種搭載しています。

車両同士がぶつかる危険を知らせる検知範囲は約50m範囲、その中で近づいてくる車両があればドライバーにいち早く警告します。

また車線を踏み越えたときや、踏み越える可能性があるときでも警告音を発信。事故を未然に防ぐだけではなく危険からも守ってくれる安全性能の高い車です。

Q.6 i-ACTIVSENSE は EyeSight とどう違う?
A. EyeSightがステレオカメラのみを用いているのに対し、i-ACTIVSENSEではカメラに加えてミリ波レーダーと赤外線レーザーをも用いている。

【アテンザ開発者への10の質問】Q.6 i-ACTIVSENSE は EyeSight とどう違う? | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2013/03/25/194316.html

2012年11月、マツダが販売を開始した新型『アテンザ』。3月3日現在での受注台数は当初の予定を大幅に上回る1万2000台超と、上々の立ち上がりを見せている。

マツダ ロードスターRF 走行性能

スカイアクティブ テクノロジーは上質な走りを可能にしたマツダの革新技術です。世界でも通用する走行性能を持った車を作りたいという思いから生まれたこの技術は確実にマツダ車の走りに磨きをかけてきました。

アクセルを踏み込めば高速走行までハンドルと車体の動きを統一、なめらかな一体感でドライバーに走る楽しさを体感させます。またロードスターRFには力強い加速やスポーティな走りを可能にしたSPORTモードを搭載。ドライバーのアクセル操作に応じて変速のタイミングやスピードが変わるのでよりアクティブな走りを楽しめます。

MTモデルはグレードがあるのでマツダが推奨している人馬一体を存分に体感するにはMTモデルがおすすめです。

マツダ ロードスターRF 燃費、エンジン

エンジンはファン待望の2リットルエンジンを搭載。これまでの1.5リットルエンジンに比べれば燃費はかなり落ちるのではと心配されていましたが、JC08モード燃費(国土交通省審査値)で15.6km/Lと燃費率は上々といえます。

マツダはこれまでにオープンカーの楽しさを身近にというコンセプトを掲げてきました。旧モデルでも十分に成しえなかったそれを今回さらにグレードアップさせて登場したのがロードスターRFです。

歴代最高といわれるこのモデルは車体重量に見合うよう初の2リットルエンジンを搭載し、人と車が一体化して走行できる車を実現可能にしました。これだけハイパワーなエンジンを搭載しているにもかかわらず優れた燃費性能を持つロードスターRFは確かに歴代最高モデルといえるでしょう。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月16日更新】


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサはセミトールワゴン型のコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)