目次へ戻る

トヨタ ピクシス ジョイ 詳細情報一覧

トヨタ ピクシス ジョイ 詳細情報一覧

ピクシス ジョイは、2016年8月31日に、トヨタ自動車から発売されました。ピクシス ジョイはダイハツ・キャストからのOEM車で、クロスオーバーSUVの「ピクシスジョイC」、ラグジュアリーな「ピクシスジョイS」、スポーティな「ピクシスジョイF」という3つの個性の異なるグレードがあります。


概要・走行性能

概要・特徴

トヨタ自動車の『ピクシス ジョイ』は、ハッチバックタイプの軽自動車です。

また、お客様の生活に喜び・楽しさを提供していきたい、という想いから命名されており、個性の異なる3グレード「ピクシス ジョイC(クロスオーバー)」・「ピクシス ジョイF(ファッション)」・「ピクシス ジョイS(スポーツ)」に加え、多彩なカラーバリエーションを設定しています。

なお、この車はダイハツ キャストからのOEM供給車になります。

デザイン・ボディーカラー

ピクシス ジョイのグレード別のデザインやボディーカラーについてご紹介します。

■ピクシス ジョイCボディーカラー:全15種樹脂のガーニッシュや大径タイヤを採用するなど、クロスオーバーを感じさせるエクステリアを追求しており、最低地上高を180mm(他グレード比+30mm)とし、雪道や山道での走破性を確保しています。

■ピクシス ジョイFボディーカラー:全15種バンパーモールやサイドロッカーモールなど随所にメッキ加飾を施すことで、洗練されたエクステリアを演出し、シート表皮には滑らかな触り心地のスエード調フルファブリックを採用することで、上質な乗り心地に仕上げています。

■ピクシス ジョイSボディーカラー:全11種バンパーなど専用エアロパーツの採用に加え、内外装の随所に赤色のアクセントを施すことで、スポーティさを強調し、スポーティサスペンションやMOMO製革巻ステアリングホイールなどを採用することで、よりスポーティな走りを追求しています。

エンジンシステム

ピクシスジョイは様々な路面に対応し静粛性も走行性能も非常に高い車です。路面の凹凸やコーナーなどの立体的状況をしっかり吸収し、フラットな乗り心地とスムーズな加速を実現してくれています。また、DAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御により滑りやすい下り坂などを降りる際に自動ブレーキをかけ安定した降坂を可能にしてくれる4WDパフォーマンスに優れています。

燃費

気になる燃費は通常タイプの2WD車で30.0km/L、ターボタイプで27.0km/Lとかなりの低燃費を実現。さらに特徴的なのが、車が止まる少し前からエンジンを自動的に止めて低燃費を保つアイドリングストップのエコアイドルを搭載。

スイッチひとつでON/OFFが可能ですが、これにより自然とエコドライブが出来ちゃうので、経済的にも環境的にも最適な機能です。エコカー減税も対象なので、初期費を抑えつつ日々のランニングコストも抑えられます。

車内空間・収納

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースは広く、荷室容量は観葉植物などもそのまま立てて入れられるほどあります。荷物が多い時はシートを倒すなどアレンジが出来るのでさらに広がりより多くの荷物を積むことが可能です。また、デッキボードの下には大容量の収納スペースがあるので、細かいものなども整理して入れられるのがまた魅力のひとつです。

搭乗人数・シート

コンパクトでありながらシートアレンジのパターンが豊富なのも特徴でもあります。運転席と助手席を倒してロングソファモードにすれば車内での休憩の際にゆったりお休みが出来ます。また、長い荷物を積みたい時には助手席側のみ倒して運転の邪魔にならないように乗せる事も可能です。

さらにリヤシートは分割してリクライニングが可能なので、搭乗人数や体格に応じてアレンジしそれぞれが快適に過ごせる工夫がされているのもピクシスジョイならではです。

快適性能

車内を快適に過ごすための便利なや収納がしっかりと標準装備されています。助手席の下にはアンダートレイが装備され、汚れた靴などを置けるようになっているので雨の日などは非常に便利です。また、天井にもカードや小物が収納できるようなオーバーヘッドコンソールがあったりといろいろなところに便利で使い勝手の良い収納があり、室内装備もかなり充実しています。

また、フロントガラスにはスーパーUVカット・IRカット機能付フロントドアガラスを採用しているので、紫外線を99%カットし、日焼けの防止と日差しの暑さによる社内の温度上昇を抑えてくれる役割を果たしてくれます。

内装・オプション

ディスプレイ・メーターの位置は従来より少し下に下がり、運転しながら見やすくなっています。エコアイドルの際の表示も自然に目がいく位置にあるので、運転中の視界の先を大きく変えることなくわき見運転を防ぐことが出来ます。車内のインテリアはオプションで変更が可能です。

インテリアパネルや、フルシートカバー、さらにはイルミネーションも装備可能なので、車内の雰囲気をすべて自分のスタイルに変えられます。カーナビはオプションにてフルセグ、DVD、映像・音楽メディアや通信も楽しめるT-Connectナビを装着可能なのでナビの見やすさ正確さはもちろん、利用していない際には映像や音楽を楽しんだり同乗者を飽きさせずに目的地まで向かうことが出来ます。

装備・安全性

安全装備

ピクシスジョイは充実した安全装備が備わっています。☆衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)先行車との衝突の危険性が高まった場合、緊急ブレーキで減速し衝突回避と被害の軽減をしてくれます。

☆衝突警報機能(対車両・対歩行者)走行中に前方の車両や歩行者を認識し衝突の危険性があると判断した場合にブザーと警告灯で知らせて衝突を未然に防ぎます。夜間の走行や悪天候の中の走行に非常に役立ちます。

☆車線逸脱警報機能道路上の車線を認識後、車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し逸脱回避操作を促します。これにより隣接車線の車との接触を未然に防ぐよう配慮してくれます。上記以外にも安全のための装備が充実しているので、運転に自信の無い方も安心して乗車出来ます。

安全装備(予防安全・衝突安全)

安全装備についてですが、ヘッドランプにLEDヘッドランプを採用することにより、先行車や対向車へ配慮したり悪天候時の視界確保をサポートしてくれます。さらに、車外の明るさによって自動でヘッドランプなどを点灯や消灯してくれ点灯忘れなどを防止し事故を未然に防げるよう配慮がされています。

また、急ブレーキをかけた際には自動的にハザードランプが点灯し後続車へ伝え、追突事故を防ぐように予防安全の対策も考えられています。そして、万一衝突してしまったときの衝突安全にも配慮がされています。

デュアルSRSエアバッグは、前からの強い衝撃時に運転席・助手席の被害を最小限に抑えてくれます。また、あらゆる方向から衝突実験をし衝撃を吸収・分散する衝突安全ボディを搭載。衝突した際の衝撃を軽減してくれるような対策をとっています。

バリエーション・価格

ピクシスの各モデルの標準価格は140万円~160万円台となっています。F Gターボタイプは燃費30.0km/Lとかなり高水準となっていてコストパフォーマンスに優れた一台ではないでしょうか。その他のタイプでも燃費性能はかなり高いので、装備品などお好みに合わせたタイプを選んでいただければどれも満足できるのではないでしょうか。

試乗記(伝聞形式)

実際に乗ってみた方に感想を聞いてみました。

「上質感に相当こだわっている(島崎氏)※OEM元ダイハツキャスト」「“とにかく乗り味がいい”(島崎氏)※OEM元ダイハツ キャストアクティバ」「サスペンションが専用の設定になっており、このためしっかりとした足さばき(島崎氏)※OEM元ダイハツキャスト スポーツ」

OEM元の車種ではありますが、乗り心地や運転のしやすさについて良い感触を得ているようです。是非一度試してみてください。

関連する投稿


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月16日更新】


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)