トップへ戻る

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


サスペンションとは?

TRD WR-スペック ダンパー

TRD WR-スペック ダンパー

クルマを乗る方なら聞き慣れた言葉「サスペンション」とは、足回りに取り付けられたサスペンションアーム・スプリング(バネ)・ダンパー(ショックアブソーバー)から構成されたパーツとなります。

日本語訳は「懸架装置」と言われ、懸架は「ぶら下げ支える」という意味になります。その意味と照らし合わせると、サスペンションは車体から車輪をぶら下げ支えているパーツとして捉えることができます。

役割としては車体を支えながら路面を走ることで、直接的に伝わる振動や衝撃の吸収・軽減をし、車体への影響制御により快適な乗り心地を保つ安定性や、走行性能などへの対応パーツとなります。

そのため、クルマが快適に走るにはサスペンションは必要不可欠なパーツで、車種(クルマとして求める走り)が様々なため、多くのサスペンション方式がラインナップされています。

オーリンズのサスペンションは何が特別なのか?

《写真撮影 雪岡直樹》チタニウム製スプリングを使用したハイスペックオーリンズサスペンション

《写真撮影 雪岡直樹》チタニウム製スプリングを使用したハイスペックオーリンズサスペンション

モータースポーツ界に必要不可欠な存在として君臨しているのがオーリンズ。国内開催のレースイベントにおいても、二輪ロードレースの最高峰であるMotoGP(2輪)、SUPER GT・SUPER FORMULAと様々な場でサービス&サポートを行っています。

バイクレースとなるMotoGPでは参戦するワークスチームの、スズキ・ホンダ・ヤマハ・ドゥカティなどが、ここ数年オーリンズのフロントフォーク・リアのショックアブソーバーを採用するなど信頼を得ています。

さらに国内モータースポーツシーンだけではなく、WTCR(世界ツーリングカーカップ)、WEC(世界耐久選手権)、WRC(世界ラリー選手権)など、国際的なレースイベントでも有力チームに採用され、確実な勝利を挙げてきました。

オーリンズ、価格相場はいくらくらい?

オーリンズ価格相場

オーリンズ価格相場

オーリンズのサスペンションは単価相場価格として高い傾向がありますが、それは製品1つ1つに対するこだわりを凝縮した高級機となるので、コストにも大きく影響しています。

その価格に見合った確かな品質と性能で、サスペンションとしての役割と共に、ドレスアップ商品としても愛好家には非常に人気があります。

サスペンションのパーツはメーカー(車種)・年式・タイプなどの異なりはありますが、例えば、フロントフォークスプリング、ステアリングダンパーは2~3万円台からの購入可能となります。

カートリッジキッド・倒立フォークなどは30~40万円台が平均となります。このようにオーリンズ・サスペンションへの必要とされる需要と供給によって、サスペンション相場価格は高値で販売されています。

レースで培われたテクノロジー

《撮影 先川知香》オーリンズ(東京モーターショー2019)

《撮影 先川知香》オーリンズ(東京モーターショー2019)

オーリンズの技術革新と最先端技術に対する熱意が、次世代の先進サスペンションテクノロジーを常に深求する原動力となります。

オーリンズのプロフェッショナルメンバーが、世界最高峰のレーシングチームとレーシングパフォーマンスの協力をし、その知識を活かしアフターマーケットへと展開、ストリート用ショックアブソーバーを始め、ステアリングダンパー・フロントフォークと次々にフィードバックされています。

完全組立式コンセプトをモットーに、製造しているオーリンズのサスペンションテクノロジーは、常に最前線に立つとともに、さらにその先へと走り出しています。

走行性能の向上は何をもたらすのか?

《画像:トライアンフモーターサイクルズジャパン》オーリンズ製フルアジャスタブルサスペンション

《画像:トライアンフモーターサイクルズジャパン》オーリンズ製フルアジャスタブルサスペンション

やはりモータースポーツなどでは走行性能の向上が重要視されていますが、それを成し遂げるには走行性と安定性の両立化が必要となります。

ただ、高い最高出力・最大トルクを発揮するエンジンを積み、優れたトランスミッションを設定したからといって、それがそのまま走行性能へと活かされるわけではありません。

そのエンジン・トランスミッションを利用し、如何に確実に駆動力を路面へ伝えるかが走行性能向上のカギと考えてもいいでしょう。

そのため、影響となる路面凹凸の吸収・軽減はもちろん、ワインディングコーナー走行時の上下左右への揺れを抑え、安定性を保つことでさらに走行性能は増します。

このように走行性能の向上により、車の動きのレスポンスを向上させることができ、自由自在にドライバーの思い通りのまま対応し動き出してくれます。

オーリンズの凄さ!

《撮影 先川知香》オーリンズ(東京モーターショー2019)

《撮影 先川知香》オーリンズ(東京モーターショー2019)

どのメーカーでも、年々サスペンションの機能技術は増しています。そのため、どのメーカーに頼るかでモータースポーツレースの勝敗が決まってしまうなんてこともあるのです。

そんな中、モータースポーツレースに参戦する多くのワークスメーカーが、オーリンズのサスペンション・ショックアブソーバー・スプリング・倒立フォークなどを近年採用し、信頼を勝ち得ています。

その結果、オーリンズの凄さがマニアや一般ユーザーへ伝わり、反響を受けています。

他のメーカーとココが違う!

豊富なラインナップ

あらゆるシチュエーションに対応すべく、オーリンズの全商品はテストライダーと技術者らがテスト走行を繰り返し、そのデータに伴い高性能サスペンションを生み出しています。

長年の開発経験により、現在では500車種以上ものバイクに最適とされるサスペンションを、豊富にラインナップし提供しています。

幅広い調整範囲

バイクサスペンションでは1名乗車(75kg)に合わせ、初期セッティングされていました。しかし、現在では2名乗車というタンデムツーリングも増え、1名乗車シートから幅広い調整範囲へと切り替え、タンデムシートの乗りやすさや安全性能などが向上化されています。

高品質・高精度

オーリンズ・サスペンションを装着することで品質が向上され、走りへの感動を得ることができます。

パーツに必要となる素材を世界中から取り入れ、オーリンズご自慢の高性能サスペンションを生み出しています。

外観美による所有感

オーリンズ・サスペンションは性能の良さだけに留まらず、ドレスアップとしてもこだわりがあります。そのこだわりは所有感を満たす結果へと繋がり、十分アピールアイテムとしても活用できます。

オーリンズ=ゴールドカラーにヘッド形状も芸術品と言われるほどであり、他社では真似できない特徴となります。

耐久及び拡張性

高性能パーツの集大成で全組み立て式となるサスペンションは、いつでも消耗部分を交換することができます。

そのため半永久的な維持が可能で、交換性を高める仕様変更にも柔軟に対応ができます。

オーリンズサスペンションの乗り心地は?

《撮影 小野口健太》リアショックにはオーリンズを採用

《撮影 小野口健太》リアショックにはオーリンズを採用

サスペンションにより衝撃が軽減され、「乗り心地は良かった」・「気持ちよく走れた」など高い評価があります。

しかし、サスペンションも劣化が進みます。いつでも気持ちいい乗り心地を維持きるように業者などにメンテナンスを依頼して、サスペンションチェック・交換などをしてもらうといいでしょう。

まとめ

《撮影 阿部哲也》アプリリア トゥオーノ V4R APRC 日本限定車

《撮影 阿部哲也》アプリリア トゥオーノ V4R APRC 日本限定車

オーリンズのサスペンションは2輪、4輪と様々な状況で走り性能を磨いてきました。そのデータをフィードバックした商品は、市販車でもかなりのハイレベルサスペンションとして活躍をしています。

関連する投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


おすすめドライブレコーダーを紹介!タイプ別に自分に合うものを選ぼう

おすすめドライブレコーダーを紹介!タイプ別に自分に合うものを選ぼう

最近では当たり前になりつつあるドライブレコーダーですが、その進歩は進んでいます。駐車録画対応製品など駐車中の当て逃げなどを記録するタイプもあります。また、前後を記録できるタイプもあり、コンパクトで高性能なものが主流になっています。今回はこのドライブレコーダーについて見ていきましょう。


愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

車を快適に過ごすためのグッズは数多く存在します。また車のお手入れのための用品も多いです。カーシャンプーやワックス・水垢取りなどは身近なカーケア用品と言えるでしょう。今回はこれらのカーケア用品についてご紹介していきます。ご自身で出来るカーケアの知識を増やし快適なカーライフをお過ごし下さい。


Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothと言う言葉は聞いたことがあるかも知れませんが、オーディオトランスミッターと言う言葉はあまり聞き慣れないかも知れません。有線ではなく無線で繋ぐこのBluetoothオーディオトランスミッターについて今回は解説していきます。慣れればとても便利なBluetooth接続についても説明しますのでぜひご一読ください。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。