トップへ戻る

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


シエンタとは?

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

シエンタは2003年にトヨタ社から発売されたモデルで、コンパクトサイズの普通乗用車でありながら7名乗りといった実用性の高さが人気です。デザイン性の高さと実用性を両立させた車として当初は日本国内のみで販売されていましたが、現在ではアジア各国でも提供されています。

初代モデルは2003年に発売されてから2010年に一旦生産を終了しましたが、2011年5月に販売を再開したという経緯があります。再販売後は2015年7月まで販売が継続され、フルモデルチェンジを経て現在は2代目が市場に出回っています。

初代モデルも人気を誇っていましたが、フルモデルチェンジした2代目は発売後1ヶ月でトヨタが目標としていた月間販売台数7,000台の「約7倍」にあたる4万9,000台を売り上げるなど、老若男女に人気の高いモデルとなりました。

シエンタの特徴は?

シエンタの最も大きな特徴は「コンパクトなボディでありながら実用性の高い7人乗り」であることでしょう。2+3+2の3列シートが装備され、後部座席ドアは両側ともスライドドアを採用しているため乗り降りのしやすさも確保されています。

「シエンタ」の名前はスペイン語の「Siete(シエット)」と英語の「Entertain(エンターテイン)」から取られており、それぞれ数字の「7」と「楽しませる」という意味を持っています。

シエンタのデザイン

シエンタのカラーバリエーションとしては、原色に近い9種類が用意されています。センシュアルレッドマイカメタリック、エアーイエローなどの派手な色づかいが好みの方にとくにおすすめできる一台といえるでしょう。目立つ色だけでなく、ブラックやシルバーなどのカラーリングもあるので、無難なカラーを選びたい方でも安心です。

独創的なデザインも特徴的で、左右のヘッドライトからのびるラインは他の車種にはないシエンタならではのデザインといえます。

原色にラインが入ったデザインはドライバーによって好みの分かれる部分ですが、ボディカラーとの組み合わせ次第では革新的でお洒落なラインにもなるので、ドライバーのセンスが試される部分ともいえるかもしれません。

シエンタの機能性

シエンタは乗り降りしやすい低床設計が特徴で、地上から乗り込み口までの高さは330mmです。小さな子供やお年寄りでも負担をかけずに乗り込めるため、ファミリーにも使い勝手の良いモデルとなっています。

全座席の周囲にカップホルダーやボトルホルダーが設けられているなど、収納設備が充実しているのも魅力のひとつです。

シエンタのグレード

トヨタ シエンタ 特別仕様車 G“Cuero”

トヨタ シエンタ 特別仕様車 G“Cuero”

シエンタのグレードは全部で6種類あります。ここでは、それぞれの特徴を簡単に解説します。

ファンベース X

「ファンベース X」は基本グレードの「X」を5人乗り仕様にしたグレードで、3列目のシートが存在しません。それ以外の装備は基本的に「X」と共通ですが、荷室床面の専用デッキボードや壁面のユーティリティホールなどの専用装備がある点については一部異なる部分もあります。

「X」の詳細については後述します。

X

「X」は「G」と並ぶシエンタの基本グレードですが、「G」と異なり衝突被害を軽減するための自動ブレーキなどの安全予防パッケージである「Toyota Safetey Sense」が搭載されていません。

安全装備は近年とくに注目されている分野であり、ファミリーや高齢者はぜひ装備しておきたい部分であるため、場合によってはオプション追加やグレードの引き上げも検討すると良いでしょう。また、「ワイヤレスドアロックリモートコントロール」は搭載されていますが、「スマートエントリー&プッシュスタートシステム」は標準装備されていません。

挟み込みを防止するパワースライドドアは助手席のみの搭載で、スマートロックには非対応です。

ファンベース G

「ファンベース G」は基本グレードの「G」を5人乗り仕様にしたグレードで、「ファンベース X」と同様に3列目のシートが存在しません。

それ以外の装備は基本的に「G」と共通なので、詳細については後述します。

G

「X」の上位グレードにあたる「G」には安全予防パッケージの「Toyota Safety Sense」が標準搭載されています。衝突の可能性を検知すると自動的にブレーキをかける機能や、ハイビームとロービームを自在に変更できるBi-Beam LEDヘッドランプなどが搭載されているため、安全性が高まるだけでなく夜間でも高い視認性を誇ります。

Xでは助手席側にしか用意されていなかったパワースライドドアが運転席側にも採用されており、利便性がより高まっているのも特徴的です。さらに「スマートエントリー&プッシュスタートシステム」が搭載されており、「G」グレードからはスマートロック操作にも対応しています。

Xグレードの場合はガソリン車のメーターがドライブモニターとアナログメーターとなりますが、Gグレードはガソリン車でもオプティトロンメーターとマルチインフォメーションディスプレイが標準装備されています。

G クエロ

「G クエロ」はシエンタの最上級グレードで、アクセルやブレーキの踏み間違えによる誤発進を防止するための「インテリジェントクリアランスソナー」が標準装備されています。

また、ライトの装備が充実しており、夜間および悪天候でも視界を確保しやすい「LEDフロントフォグランプ」が搭載されているのも特徴です。リアコンビネーションランプに「LEDライン発光テールランプ」が使われているため相手からの視認性も高く、周囲の光度に合わせてヘッドランプが自動的にオンオフされるコンライトも採用されています。

インテリアはより高級感が意識されており、メッキ加工が追加されたり、シート素材に合成皮革とスエードが使用されたりするなど、ラグジュアリーな印象に仕上げられています。

ファンベース G クエロ

2020年6月に発売されたシエンタの新グレードの2列車で、「G」と「ファンベース G」に搭載されていたヘッドライトがLED化されました。また、スライドドアに接近すると自分で開けなくてもドアが開く「ウエルカムパワースライドドア」を実装し、より利便性が高くなっています。

AC100V・1500Wのコンセントをオプションで装備できるようになったことから、万が一の時にも電気が使えるのは嬉しいポイントです。

シエンタの最新情報

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

ここからは、現在判明しているシエンタの最新情報についてご紹介します。

6年ぶりにフルモデルチェンジ

2015年に2代目にモデルチェンジされて以降、3代目のモデルチェンジが発表されていなかったシエンタですが、6年が経過する2021年にフルモデルチェンジが行われる予定となっています。

2021年3月末にプリウスαが生産終了となり、ポルテ/スペイドも2020年12月上旬には生産終了となることがトヨタから発表されているため、次期主力モデルのひとつとしてシエンタの3代目に期待がかかる状況です。

発売時期は?

現在のところ発売時期は2021年7月を予定しています。2021年はアクアやカローラクロス、ランドクルーザーなど各メーカーの主力商品が多数モデルチェンジを予定しているため、競合を避けるのではないかといわれていましたが、大方の予想よりも早めの投入となる模様です。

機能は?

フルモデルチェンジ後の最新プラットフォームのTNGAを採用し、新世代パワートレインを搭載する予定です。安全機能である「Toyota Safety Sense」や駐車支援システムの「Advanced Park」が標準搭載され、検知システムも進化します。

交差点を右折した際の対向車やカーブ後の横断歩行者も検知できる仕組みを採用する見込みで、より安全性が高められるとみられています。

また、現行のシエンタは好みが分かれるデザインでしたが、次世代型は飽きの来ないシンプルかつスポーティーな路線に切り替えられています。

価格は?

シエンタのハイブリッド車は235万円~、ガソリン車は190万円~となることが予想されています。ハイブリッド車、ガソリン車ともに現行の「X」と「G」の中間あたりの価格となる見込みです。

まとめ

《写真提供:response》トヨタ シエンタ

シエンタの特徴や機能、グレードの解説から最新情報までお伝えしてきました。7人乗りの低床設計など実用性の高さが支持されているシエンタは、3代目のフルモデルチェンジでさらに安全性能が進化し、パワフルなエンジンを搭載するとみられています。

6年ぶりのフルモデルチェンジは当初予測されていた時期よりも早まる見込みのため、今後のトヨタからの情報も楽しみに待ちましょう。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 シエンタ

関連する投稿


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

1967年から1970年のわずか3年間のみ生産されたトヨタ2000GTは、あまり知られてはいませんがヤマハ発動機との共同開発された車です。販売台数も337台(2M-B型・2,253cc、9台試作は含まず)と、その数の少なさで幻の車とも呼ばれているようです。今回はこのトヨタ2000GTについて説明します。


【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

トヨタの製造販売していたクロカンSUV、FJクルーザーは、国内での販売以前に2006年に北米で2008年にはメキシコ・中国で発売された後、2010年に国内販売がなされた車です。2018年の製造販売終了まで殆ど形を変えず販売されていました。今回はこのFJクルーザーについて見ていきます。気になる日本復活はあるのでしょうか。


なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

アルファード! 豪華でカッコよくて、いつかは乗ってみたいクルマですよね。 大ヒットしているアルファード、なぜそんなに売れるのかを探ってみました!


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。