トップへ戻る

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


シエンタとは?

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

シエンタは2003年にトヨタ社から発売されたモデルで、コンパクトサイズの普通乗用車でありながら7名乗りといった実用性の高さが人気です。デザイン性の高さと実用性を両立させた車として当初は日本国内のみで販売されていましたが、現在ではアジア各国でも提供されています。

初代モデルは2003年に発売されてから2010年に一旦生産を終了しましたが、2011年5月に販売を再開したという経緯があります。再販売後は2015年7月まで販売が継続され、フルモデルチェンジを経て現在は2代目が市場に出回っています。

初代モデルも人気を誇っていましたが、フルモデルチェンジした2代目は発売後1ヶ月でトヨタが目標としていた月間販売台数7,000台の「約7倍」にあたる4万9,000台を売り上げるなど、老若男女に人気の高いモデルとなりました。

シエンタの特徴は?

シエンタの最も大きな特徴は「コンパクトなボディでありながら実用性の高い7人乗り」であることでしょう。2+3+2の3列シートが装備され、後部座席ドアは両側ともスライドドアを採用しているため乗り降りのしやすさも確保されています。

「シエンタ」の名前はスペイン語の「Siete(シエット)」と英語の「Entertain(エンターテイン)」から取られており、それぞれ数字の「7」と「楽しませる」という意味を持っています。

シエンタのデザイン

シエンタのカラーバリエーションとしては、原色に近い9種類が用意されています。センシュアルレッドマイカメタリック、エアーイエローなどの派手な色づかいが好みの方にとくにおすすめできる一台といえるでしょう。目立つ色だけでなく、ブラックやシルバーなどのカラーリングもあるので、無難なカラーを選びたい方でも安心です。

独創的なデザインも特徴的で、左右のヘッドライトからのびるラインは他の車種にはないシエンタならではのデザインといえます。

原色にラインが入ったデザインはドライバーによって好みの分かれる部分ですが、ボディカラーとの組み合わせ次第では革新的でお洒落なラインにもなるので、ドライバーのセンスが試される部分ともいえるかもしれません。

シエンタの機能性

シエンタは乗り降りしやすい低床設計が特徴で、地上から乗り込み口までの高さは330mmです。小さな子供やお年寄りでも負担をかけずに乗り込めるため、ファミリーにも使い勝手の良いモデルとなっています。

全座席の周囲にカップホルダーやボトルホルダーが設けられているなど、収納設備が充実しているのも魅力のひとつです。

シエンタのグレード

トヨタ シエンタ 特別仕様車 G“Cuero”

トヨタ シエンタ 特別仕様車 G“Cuero”

シエンタのグレードは全部で6種類あります。ここでは、それぞれの特徴を簡単に解説します。

ファンベース X

「ファンベース X」は基本グレードの「X」を5人乗り仕様にしたグレードで、3列目のシートが存在しません。それ以外の装備は基本的に「X」と共通ですが、荷室床面の専用デッキボードや壁面のユーティリティホールなどの専用装備がある点については一部異なる部分もあります。

「X」の詳細については後述します。

X

「X」は「G」と並ぶシエンタの基本グレードですが、「G」と異なり衝突被害を軽減するための自動ブレーキなどの安全予防パッケージである「Toyota Safetey Sense」が搭載されていません。

安全装備は近年とくに注目されている分野であり、ファミリーや高齢者はぜひ装備しておきたい部分であるため、場合によってはオプション追加やグレードの引き上げも検討すると良いでしょう。また、「ワイヤレスドアロックリモートコントロール」は搭載されていますが、「スマートエントリー&プッシュスタートシステム」は標準装備されていません。

挟み込みを防止するパワースライドドアは助手席のみの搭載で、スマートロックには非対応です。

ファンベース G

「ファンベース G」は基本グレードの「G」を5人乗り仕様にしたグレードで、「ファンベース X」と同様に3列目のシートが存在しません。

それ以外の装備は基本的に「G」と共通なので、詳細については後述します。

G

「X」の上位グレードにあたる「G」には安全予防パッケージの「Toyota Safety Sense」が標準搭載されています。衝突の可能性を検知すると自動的にブレーキをかける機能や、ハイビームとロービームを自在に変更できるBi-Beam LEDヘッドランプなどが搭載されているため、安全性が高まるだけでなく夜間でも高い視認性を誇ります。

Xでは助手席側にしか用意されていなかったパワースライドドアが運転席側にも採用されており、利便性がより高まっているのも特徴的です。さらに「スマートエントリー&プッシュスタートシステム」が搭載されており、「G」グレードからはスマートロック操作にも対応しています。

Xグレードの場合はガソリン車のメーターがドライブモニターとアナログメーターとなりますが、Gグレードはガソリン車でもオプティトロンメーターとマルチインフォメーションディスプレイが標準装備されています。

G クエロ

「G クエロ」はシエンタの最上級グレードで、アクセルやブレーキの踏み間違えによる誤発進を防止するための「インテリジェントクリアランスソナー」が標準装備されています。

また、ライトの装備が充実しており、夜間および悪天候でも視界を確保しやすい「LEDフロントフォグランプ」が搭載されているのも特徴です。リアコンビネーションランプに「LEDライン発光テールランプ」が使われているため相手からの視認性も高く、周囲の光度に合わせてヘッドランプが自動的にオンオフされるコンライトも採用されています。

インテリアはより高級感が意識されており、メッキ加工が追加されたり、シート素材に合成皮革とスエードが使用されたりするなど、ラグジュアリーな印象に仕上げられています。

ファンベース G クエロ

2020年6月に発売されたシエンタの新グレードの2列車で、「G」と「ファンベース G」に搭載されていたヘッドライトがLED化されました。また、スライドドアに接近すると自分で開けなくてもドアが開く「ウエルカムパワースライドドア」を実装し、より利便性が高くなっています。

AC100V・1500Wのコンセントをオプションで装備できるようになったことから、万が一の時にも電気が使えるのは嬉しいポイントです。

シエンタの最新情報

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

ここからは、現在判明しているシエンタの最新情報についてご紹介します。

6年ぶりにフルモデルチェンジ

2015年に2代目にモデルチェンジされて以降、3代目のモデルチェンジが発表されていなかったシエンタですが、6年が経過する2021年にフルモデルチェンジが行われる予定となっています。

2021年3月末にプリウスαが生産終了となり、ポルテ/スペイドも2020年12月上旬には生産終了となることがトヨタから発表されているため、次期主力モデルのひとつとしてシエンタの3代目に期待がかかる状況です。

発売時期は?

現在のところ発売時期は2021年7月を予定しています。2021年はアクアやカローラクロス、ランドクルーザーなど各メーカーの主力商品が多数モデルチェンジを予定しているため、競合を避けるのではないかといわれていましたが、大方の予想よりも早めの投入となる模様です。

機能は?

フルモデルチェンジ後の最新プラットフォームのTNGAを採用し、新世代パワートレインを搭載する予定です。安全機能である「Toyota Safety Sense」や駐車支援システムの「Advanced Park」が標準搭載され、検知システムも進化します。

交差点を右折した際の対向車やカーブ後の横断歩行者も検知できる仕組みを採用する見込みで、より安全性が高められるとみられています。

また、現行のシエンタは好みが分かれるデザインでしたが、次世代型は飽きの来ないシンプルかつスポーティーな路線に切り替えられています。

価格は?

シエンタのハイブリッド車は235万円~、ガソリン車は190万円~となることが予想されています。ハイブリッド車、ガソリン車ともに現行の「X」と「G」の中間あたりの価格となる見込みです。

まとめ

《写真提供:response》トヨタ シエンタ

シエンタの特徴や機能、グレードの解説から最新情報までお伝えしてきました。7人乗りの低床設計など実用性の高さが支持されているシエンタは、3代目のフルモデルチェンジでさらに安全性能が進化し、パワフルなエンジンを搭載するとみられています。

6年ぶりのフルモデルチェンジは当初予測されていた時期よりも早まる見込みのため、今後のトヨタからの情報も楽しみに待ちましょう。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 シエンタ

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。