トップへ戻る

日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

ミニバンクラスの中では高級ミニバンの元祖とも呼ばれるエルグランドは、トヨタ・アルファードやホンダ・エリシオンと言った車種を登場させるきっかけとなった車です。今回は2020年10月に発売されたエルグランドについて改めて見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産エルグランド

日産 エルグランド

日産 エルグランド

日産のミニバンクラスの最高級モデルとして販売されています。その最大の魅力の1つに室内空間の広さがあり、後部シートを倒せば車中泊も悠々とこなせる広さはこのクラスならではと言えます。

この広い室内空間と高い操縦性を兼ね備えた高級ミニバンの元祖とも言われており、ホンダのエリシオンやトヨタのアルファードなどに多大な影響を与えたことは間違いないのではないでしょうか。

初代のエルグランドは1997年に発売されており、その後代を重ねて2020年10月に4代目となるエルグランドが発売されました。

初代から日産のミニバンのフラッグシップとしての位置づけは、変わることはありません。

日産 エルグランド

日産 エルグランド・ハイウェイスター・アーバンクロム

日産 エルグランド・ハイウェイスター・アーバンクロム

2020年10月にデザインを一新して発売された日産エルグランドですが、日産のミニバンの中では車格の大きさで言えばLサイズの大きさを誇るモデルです。日産の最高級ミニバンに位置づけされる、エルグランドの変更点などについて見ていきましょう。

エルグランドのスタンダードモデルの250Highway STAR Sのサイズが全長4,965mm、全幅1,850mmとかなりグラマラスなボディサイズです。

乗車人数は7人乗りと8人乗りの2種類(最上位車種では4人乗りもあります。)があり、用途により選ぶことが出来ます。駆動方式も2WD・4WDと用意されていて、選択肢はかなり豊富です。

エルグランドの大きな特徴は先代から引き継がれた物が多く、基本設計の高さがうかがえます。

・低床、低全高設計
・広々とした室内空間
・セダンの様な快適な運転席
・国内最大級のミニバン

これらがエルグランドにも継続して引き継がれています。

日産 エルグランドのグレード

日産 エルグランド AUTECH

日産 エルグランド AUTECH

日産 エルグランドは大きく分けると、スタンダードグレードに相当する「Highway STAR」日産グループ会社の「AUTECH」が手がける「AUTECH」・「VIP」に分類することが出来ます。

3.5Lエンジンのみの設定となるVIPを除いた各グレードに2.5Lと3.5Lが設定されるほか、全車で駆動方式は2WDと4WDのラインナップとなっています。価格も250Highway STAR S [7人乗り]の3,359,000円(税抜)からVIP パワーシートパッケージの7,173,000円(税抜)と幅のある価格帯となっています。

どのモデルも魅力あるパッケージとなっており、用途と予算に合わせて選択肢は多くなっていることは嬉しい点ではないでしょうか?

日産 エルグランドの特徴

エルグランドの中でも最も豪華な作りとなった、「VIP」を例にとって見てみましょう。走る執務室の異名を持つこの「VIP」は2列4人乗り仕様があり、まさに走る執務室と呼ぶに相応しい作りとなっています。

VIPのなかでも最上級の仕様となる、「VIP 2列仕様車 4WD 後席パワーシートパッケージ」に装着出来るメーカーオプションの豪華さは、まさに「VIP」の名に負けない物です。

そのオプションの中でも最も高額な物にキャビネットがあります。このキャビネットは、マガジンラック・時計・アッパーボックス・大型収納庫から構成されており、このキャビネットだけで99万の価格設定がされています。

もちろんHighway STARなどのグレードでも充実したオプション設定がなされており、どのグレードのエルグランドにもそれに見合った物が用意されています。

日産 エルグランドのエクステリア

フロントのアッパーグリルは、独特のデザイングリルが採用されラグジュアリーな雰囲気を与えています。その他にもボディカラーには2トーンカラーをはじめとして、6つのバリエーションを持たせ、より一層高級感を漂わせています。

専用のアルミホイールも重厚でありながら精悍さも持ち合わせています。エクステリアに大きく影響を与える車高も、低全高とやはり精悍さを表現しています。

日産 エルグランドのインテリア

インテリアは3列シート8人乗りから2列シート4人乗りまで選択肢は多く、本革シートも用意されています。

このように各グレードごとに内装も違うエルグランドですが、ネオソフィールとジャガード織物のツートーン仕立てのシートから本革シートまでと幅広く好みに合わせて選べる仕様になっています。

「Highway STAR」から「VIP」まで共通して言える事は、後部座席まで落ち着いた中にも高級感溢れる作りとなっています。

日産 エルグランドのスペック

【日産 エルグランド 250Highway STAR S】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,965mm×1,850mm×1,815mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員8名
車両重量1,930kg
燃費WLTCモード:10.0km/L
エンジン種類DOHC・直列4気筒
最高出力125kW(170PS)/5,600rpm
最大トルク245N・m(25.0kgf・m)/3,900rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT-M6
(2021年1月現在 日産公式サイトより)

日産 エルグランドの新車価格

※価格は税抜き価格です。

250Highway STAR S [7人乗り]
2WD:3,053,637円
4WD:3,299,091円
250Highway STAR S [8人乗り]
2WD:3,053,637円
4WD:3,299,091円
250Highway STAR S Urban CHROME [7人乗り]
2WD:3,290,000円
4WD:3,535,455円
250Highway STAR S Urban CHROME [8人乗り]
2WD:3,290,000円
4WD:3,535,455円
250Highway STAR Premium
2WD:4,004,546円
4WD:3,922,728円
250Highway STAR Premium Urban CHROME
2WD:3,850,000円
4WD:4,095,455円
350Highway STAR [7人乗り]
2WD:3,700,910円
4WD:3,946,364円
350Highway STAR [8人乗り]
2WD:3,700,910円
4WD:3,946,364円
350Highway STAR Urban CHROME [7人乗り]
2WD:3,873,637円
4WD:4,119,091円
350Highway STAR Urban CHROME [8人乗り]
2WD:3,873,637円
4WD:4,119,091円
350Highway STAR Premium
2WD:4,177,273円
4WD:4,422,728円
350Highway STAR Premium Urban CHROME
2WD:4,350,000円
4WD:4,595,455円
AUTECH [2500]
2WD:3,950,910円
4WD:4,196,364円
AUTECH [3500]
2WD:4,480,000円
4WD:4,725,455円
VIP
5,175,455円
VIP パワーシートパッケージ
6,520,910円

(2021年1月現在 日産公式サイト調べ)

日産 エルグランドの評判

日産 エルグランド

日産 エルグランド

大型車両であるにもかかわらずハンドリングは素直で、運転していて大きさを余り感じないという声が多く、本革シートの乗り心地はまるで高級セダンにも負けないといった声が多くみられます。

走行性能は高速、市街地いずれも上質な走行性能と言えるでしょう。

ライバルはアルファード?

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

いずれのモデルもV6エンジンを搭載できるなど、高級感は遜色ない仕上がりと言えますが、スポーティさで言えば低い車高のフォルムが強調されたエルグランドに軍配が上がりそうです。

現在では高級ミニバンと言えばすぐにアルファード、ヴェルファイアが浮かびますが、エルグランドは決してこれらと比べても見劣りする箇所がないといっても過言ではありません。

歴代エルグランドの評価

日産 エルグランド ハイウェイスター プレミアム

日産 エルグランド ハイウェイスター プレミアム

「夢」と「くつろぎ」と「感動」をコンセプトに仕上げられたエルグランドは、一貫して日産のフラッグシップミニバンの位置を維持し続けています。

エルグランドの基本設計の高さが見え、初代・2代目・3代目と順調にブラッシュアップされています。

エルグランドの中古価格

◎250Highway STAR S:130万円台~370万円台。

◎250Highway STAR S Urban CHROME :180万円台~360万円台。

◎250Highway STAR Premium:90万円台~310万円台。

◎250Highway STAR Premium Urban CHROME:220万円台~390万円台。

◎350Highway STAR :70万円台~460万円台。

◎350Highway STAR Urban CHROME:70万円台~430万円台。

◎350Highway STAR Premium:70万円台~450万円台。

◎350Highway STAR Premium Urban CHROME:240万円台~490万円台。

◎AUTECH:中古車情報がありませんでした。

◎VIP パワーシートパッケージ:210万円台~460万円台。

価格は車両本体価格で、100万円以下の物から500万円近くするものまでかなり幅広い価格となっており、支払い総額だと500万円を超える物もあります。平均価格は190万円台となっており価格帯は50万円台~520万円台となっています。

情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年11月現在)

まとめ

日産 エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム

日産 エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム

日産エルグランドは各社のモデルと比較しても、見劣りする箇所は見当たりません。満を持して発売された4代目日産エルグランドに注目です。

価格もご自身のご予算に合わせてチョイスすることができ、幅広いニーズにお応えできる仕様となっているので、興味のある方は是非一度試乗をおススメします。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

今年秋のモデルチェンジが噂される日産 エクストレイル。日産のベストセラーSUVがどんな変化を遂げるのか、現在流れている情報をもとに検証していきましょう!


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。