目次へ戻る

マツダフレアワゴン 車内空間、走行性能、装備など詳しく説明!

マツダフレアワゴン 車内空間、走行性能、装備など詳しく説明!

マツダのフレアワゴンは、ゆとりある室内と優れた環境性能、そして使い勝手の良さを追求した軽自動車であり、先進の安全技術と充実した機能も備えている。今回は、この車の車内空間や燃費などの特徴について紹介する。


マツダフレアワゴンとはどんな車?

主な特徴

5ドアで収納性や利便性の高いマツダのフレアワゴンは、全車エコカー減税対象となっている。その大きなカギとなるのが、走行性能や環境性能を格段に向上させたS-エネチャージだ。この軽量でコンパクトなシステムによってクルマの発進から加速までを、1回のモーターアシストあたり最長30秒でアシストし、低燃費の向上に繋がっている。

さらにクルマの減速時に発生するエネルギーを活用して、発電と充電を繰り返すよう設計されている。ここには少しでもエネルギーを無駄にしないコンセプトが息づいているのだ。また、クルマの停止からエンジンの再始動までがとても静かでスムーズで、ガソリン車であることを忘れてしまいそうになるだろう。

燃費性能もすごい!

全車エコカー減税対象のフレアワゴンは、抜群の燃費効率を誇っている。その要となるのがS-エネチャージだ。クルマの加速時にモーターによってエンジンをアシストすることで、燃料の無駄な消費を抑えているのだ。

さらに減速時に発生するエネルギーから発電して、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと、S-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーに充電してくれ、またアイドリングストップシステムによって、ブレーキから減速して13km/h以下になるとエンジンを自動停止するようになっている。さらなる低燃費化へつなげる優れたシステムだ。

R06A型エンジン搭載

フレアワゴンのスムーズでパワフルな走行性の主役は、なんといってもエンジンとトランスミッションだ。R06A型エンジンを搭載することで、静粛性とパワフルな走りを実現し、そのうえ回転トルクの摩擦を低減する副変速機構付CVTによって、変速ショックのないシームレスな走りを体感できる。


ISG(モーター機能付発電機)についても、環境性能を重視したフレアワゴンならではのエンジン特性だ。発進から加速にかけて専用モーターでエンジンをアシストすることで、低燃費化のさらなるレベルアップに貢献している。

マツダフレアワゴンの車内空間

シートアレンジは快適!

運転席は、体格に合わせてシートの位置をきめ細かく調整できる運転席シートリフターを採用している。また後席はリアシート左右独立シートスライド機構で、シートを後ろにスライドさせて足元スペースを広げたり、また必要に応じて前にスライドさせて荷室を広げたりることも可能だ。

そしてリアシート左右独立リクライニング機構を採用していて、一人ひとりにあわせた快適な座り心地を実現することができる。また、目的に応じて様々なシートアレンジが可能で、長い荷物を積むような場合も安心だ。

ラゲッジスペースは広く、有効活用できる

リアシートは2アクションで簡単にたたむことができ、大容量のラゲッジスペースがすぐに確保できる。また最大荷室開口幅1,130mm、荷室開口高1,110mmという大きな開口部で、自転車のような大きな荷物の積み下ろしにもとても便利だ。

さらに荷室開口地上高535mm(2WD車)という低床設計のため、重い荷物を積むときも高く持ち上げる必要がなく、楽に乗せることができる。スペースだけでなく積み下ろしにも配慮した、使う人の身になった設計と言えるだろう。

細かいところまで工夫されているインテリア!

車内は全席ゆったりした設計で、前後のシート間隔も広く、快適な空間だ。制振材や防音材を適切に用いることにより、静かな車内を実現している。車内には、使う人の身になった便利な収納スペースがたくさんある。

インパネトレイ(助手席)やインパネドリンクホルダー、インパネアンダートレイ(運転席)を全車標準装備しており、いろいろなものの格納にたいへん便利なのだ。また、大きなガラスエリアを確保したパノラマビューで、前後左右の視界が広く、安全性と開放感に貢献している。

その他の快適性能

後席の乗降ステップ高は340mm(2WD車)と低く、そしてつかみやすい位置に乗降グリップが装備されているためつまずきにくく、楽々乗り降りが可能だ。スライドドアイージークロージャーは、後席のドアを軽く閉めれば自動的にドアが閉まる機能で、XSおよびカスタムスタイル全車に標準装備されている。

また、車種によって「ナノイー」搭載のフルオートエアコンを装備していて肌や髪にやさしい弱酸性で、室内の空気を快適に保ってくれる。

マツダフレアワゴンの装備紹介

ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム

安全性能の一つに、ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステムがある。このダイナミック・スタビリティ・コントロールシステムは、横滑り防止機構と呼ばれるものだ。コーナーなどで雨が降っている時に横滑りをしそうになった時に、その横滑りを抑える働きがあるのだ。

ディスチャージヘッドランプ&オートライトシステムは、従来までの白熱電球と違い、HIDランプを使ったものになる。今までの白熱電球よりも2倍の明るさを持っており、しかもオートライトシステムで自動でライトの切り替えを行ってくれる。

デュアルカメラブレーキサポート搭載!

衝突安全性能としてデュアルカメラブレーキサポートがある。これは、フロントガラスのミラーあたりに、二つのカメラを搭載し、人の眼と同じように距離や形をとらえることが可能だ。これにより人や車に接近した場合は自動でブレーキがかかるようになっている。

また、万が一衝突事故を起こした場合に、軽量衝撃吸収ボディが衝撃を吸収してくれて運転手や同乗者を助けてくれる。固定ロアアンカレッジ&トップテザーアンカレッジは、チャイルドシートを載せるときに固定するためのものになっている。

運転支援の装備も豊富!!

運転支援としては、クルーズコントロール、ステアリング シフトスイッチ、モーターアシストの3種類が存在する。クルーズコントロールは、長距離ドライブをサポートするもので、長距離走行中にアクセルを踏み続けることをなく、スイッチひとつ押せば設定された速度を自動的にキープすることができる。

ステアリング シフトスイッチは、ステアリングにシフトアップとシフトダウンのスイッチが付いているものだ。また、モーターアシストは減速時には電力を使うようにし、加速時にはモーターアシストを利用するようにすることができ、低燃費を実現してくれるよう搭載された装備だ。

マツダフレアワゴンのバリエーションとそれらの価格

マツダフレアワゴンのバリエーションについてはグレード3つがある。一つが最もシンプルなグレードであるXGで、価格は136万800円だ。次にXSは、価格が146万8800円だ。このモデルは、Sエネチャージ搭載のハイグレードモデルだ。3つ目はカスタムスタイルXGとXSだ。

XGの価格は162万円で、XSは172万2320円となっていて、3つの種類の中で一番グレードが高いモデルだ。それぞれにCTVやSチャージ、デュアルカメラブレーキサポートが装備されているのも魅力的な部分だろう。

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

国内専用だった「マツダ ベリーサ」の特徴や魅力的なところから性能スペックや燃費、中古車価格などをご紹介します。もう一台車を増やしたい、安いコンパクトカーが欲しいとお考えの方は是非ご覧ください。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターといえば、日本ではマツダのロードスターが最初に思い浮かぶことでしょう。しかし、海外では同じロードスターの名前を冠する車があるのをご存知でしょうか。ロードスターとはいったい何を意味するのか?日本と海外のロードスターの違いとは?価格・中古車価格は?などと気になる疑問についていくつか例を挙げて紹介していきます。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。