トップへ戻る

あなたにピッタリな原付は?選び方からおすすめまで解説!

あなたにピッタリな原付は?選び方からおすすめまで解説!

手軽な移動手段として人気の原付バイク。価格も安く、生活範囲内の移動に重宝されています。そこで今回は、まず原付とはなにかをご紹介し、原付バイクの選び方、種類、オススメの車種を解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


原付とは?

ホンダ ジョルノ

ホンダ ジョルノ

原付バイクの正式名称は「原動機付自転車」とされており、「原動機(=エンジン)が装備された自転車」として開発されたのがはじまりでした。原付バイクの定義は「排気量が50cc以下であること」とされており、50ccを上回る排気量のバイクは「普通自動二輪車」や「大型自動二輪車」と呼ばれます。

道路交通法と道路運送車両法のそれぞれで原動機付自転車に関する定義は異なっており、道路交通法においては「50cc以下の排気量であれば原付バイク」とされていますが、道路運送車両法においては「50cc以下は第一原動機付自転車」、「125cc以下は第二種原動機付自転車」と定められています。

道路交通法は公道を走る際のルールや運転免許に関する決まりを記載した法律である一方、道路運送車両法はバイクや乗用車の安全基準を記載した法律で車検などに影響します。
第一種原動機付自転車と第二種原動機付自転車はどちらも車検が要らない代わりに、購入時に交付してもらったナンバーに応じた地方税を納める必要があります。

一般的には50cc以下のバイクを「原付バイク」、125cc以下のバイクを「原付二種」と呼ぶケースが多いでしょう。

原付の特徴は?

原付は車体が小さく停められる場所も多いことから、普通乗用車に比べて小回りが利くのが最大の特徴です。また、燃費が良いので燃料費を抑えられるのも魅力的といえるでしょう。

新車でも十数万円程度で購入できる車種が多いため、普通乗用車の新車に比べると数分の一程度で愛車を持てるというメリットもあります。

原付の選び方

アプリリアSR50

アプリリアSR50

ここからは、原付の選び方について解説します。

価格で選ぶ

まずは購入予算から原付を選ぶ方法が考えられます。原付バイクの価格の相場は車種によっても大きく異なりますが、新車であれば十数万円程度で購入できるものが多いでしょう。

中古の場合は数万円~十数万円程度が相場です。

性能で選ぶ

原付バイクの性能は車種によってさまざまなので、お気に入りの性能を持った一台を探すのも良いでしょう。

パワフルなエンジンを搭載した車種や女性でも乗り回しやすい車体の軽い車種など、自分に合った車種を探すのも原付選びの楽しみのひとつです。

デザインで選ぶ

カラーリングや車体の大きさ、レトロやスポーティーなど、こだわりのデザインから選ぶ方法もあります。

愛らしいポップなデザインから、風を切る姿が様になるスタイリッシュなデザインまで幅広く販売されているので、好みの一台を選べます。

燃費で選ぶ

普通乗用車と同様に、原付バイクも燃費は車種によって大きく異なります。少しでも燃料費を節約したいのであれば、燃費に注目して選ぶのもオススメです。

一般的に原付バイクは燃費の良いものが多く、1Lあたり40キロ前後走れるので、車を持つよりコストを抑えやすい傾向にあります。

タイプで選ぶ

原付のタイプは3種類に分かれるので、お気に入りのタイプを選ぶのも選択肢のひとつです。

スーパーカブ

スーパーカブは1966年に登場した原付バイクで、法律上はスクーターに分類されますが、独特のギア操作が要求されます。カスタムパーツが豊富に揃っているので、「バイクはカスタマイズして乗りたい」という方にもオススメです。

カタログ燃費が50ccなら105.0km/Lという圧倒的なコストパフォーマンスを誇るのも特徴的で、車体も頑丈なのでメンテナンスすれば長く愛車として活躍してくれます。

ミッション

ミッションはクラッチ操作が必要な原付バイクのことです。

細かいギア操作が求められるため、忙しなくギア操作をしながら原付に乗るのは避けたいという方にはオススメできませんが、独特でお洒落なデザインのバイクが多数販売されています。

スクーター

スクーターは圧倒的な実用性の高さが魅力で、「お手軽に原付バイクに乗りたい」という方や「初めて原付バイクを購入する」という方には手を出しやすいといえるでしょう。コンビニなどで貰った袋をそのまま引っかけられるフックが付いていたり、スマートフォンを給電できる設備が搭載されていたりする車種もあります。

スカートを穿いていても乗れるため、女性にもオススメできるタイプの原付です。走行性はどのメーカーの車種も同程度なので、デザインや機能性など、自分が重視する部分によって選ぶと良いでしょう。

おすすめの原付4選!

ここからは、代表的なバイクメーカーのオススメの原付を4種類ご紹介します。

スズキ レッツバスケット

《写真提供:response》スズキ レッツバスケット

スズキの「レッツバスケット」は、スーパーの買い物かごと同サイズの前かごを装備しているのが最大の特徴です。買い物を終えた後のエコバッグを前かごにセットできるため、荷物の持ち帰りが容易なのが嬉しいポイントといえるでしょう。積載容量は25リットルなので、さまざまな荷物を気軽に積み込めます。

ロール式シャッターが付いており、雨が降った時でも荷物を守れるのも利便性が高いといえます。また、シートが低めに設計されていたり、スタンドを立てやすくするためにグリップハンドル仕様になっていたりするのも女性の支持を得ているポイントです。

ホンダ リトルカブ

ホンダ リトルカブ

ホンダ リトルカブ

ホンダのリトルカブは同社の「スーパーカブ」に比べてボディサイズがひと回りほど小さく、小回りが利くのが特徴で、近場で乗り回すのにオススメの車種です。タイヤは14インチを採用しており比較的小さめではありますが、安定性を確保するために太めに設計されているものを使用しています。

燃料を柔軟にコントロールできる「PGM-FI」というシステムをエンジンに組み込んでおり、快適な走行性を備えています。小型なので日常の買い物や通勤にも便利な原付です。現在、生産は終了しています。

ヤマハ ビーノ

ヤマハ ビーノ

ヤマハ ビーノ

ヤマハのビーノは丸みのある遊び心が感じられるデザインが特徴的で、レトロな雰囲気が人気を集めている一台です。見た目の愛らしさとは裏腹にエンジンはパワフルで、傾斜のある道路でも軽々と走行できるのも魅力のひとつといえるでしょう。

信号待ちで自動的にエンジンを停止するアイドリングストップが装備されていたり、後輪ブレーキを握ると前輪ブレーキにもほどよく働きかけるコンビブレーキが搭載されていたりする快適性の高さも見逃せません。500mlのペットボトルがピッタリ収まるインナーボックスなど、細かい配慮も行き届いています。

スズキ レッツ

スズキ レッツ

スズキ レッツ

スズキのレッツはとにかく軽い車体が特徴的で、燃料を含めても重量が70kgしかありません。シートの高さも69.5cmなので乗り降りしやすく安定性が高いので、女性にとっても取り扱いが易しい原付です。

バイクはちょっとしたきっかけで車体が傷つきやすい面もありますが、レッツの外装は樹脂自体が着色されている「材料着色」なので傷が目立ちにくいのも、頻繁に乗る方にとっては嬉しいポイントです。

まとめ

《写真提供:response》スズキ レッツバスケット

原付バイクの選び方や種類、オススメの車種などについてお伝えしてきました。新車価格は概ね十数万円程度のものが多いものの、性能や特徴は車種によって大きく異なります。タイプによって運転のしやすさも変わってくるため、原付バイクになにを求めるのかをよく検討したうえで購入する車種を決めると良いでしょう。

最近ではシート高が低く車体が軽いなど、女性でも乗り降りしやすい車種も多数登場しています。今回の記事も参考にしながら、ぜひ自分だけのこだわり抜いた愛車を見つけてみてください。

関連するキーワード


原付 バイク

関連する投稿


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

颯爽と走るライダーに憧れちゃうけど、なかなかバイクデビューはハードルが高くて…とお考えのあなた。もしくは、ライダーだけど大型バイクの扱いが億劫で…とお考えのあなた。最新250ccバイクなら、扱いやすさと十分以上の高性能で、楽しいバイクライフがより身近に実現できるかもしれませんよ。この記事では、初心者にもベテランにもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

学生さんの通学、会社員の方の通勤、普段のお買い物…、ちょっとした移動なら、自転車よりも楽々で、自動車よりも激安な、『原付バイク』を検討してみてはいかがですか? この記事では、主要メーカー毎におすすめの原付バイクをしっかりご紹介しつつ、そもそも原付って何?免許は何がいるの?といった基本情報も余さず解説していきます。あなたにぴったりの原付バイクが見つかるはずです。


ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。