トップへ戻る

SUV比較|クロスビーとハスラーの違いは?価格や性能、中古車相場まで

SUV比較|クロスビーとハスラーの違いは?価格や性能、中古車相場まで

ハスラーやジムニー、エスクードなど、スズキのラインナップにはSUVが充実しています。中でも軽自動車のハスラーは売れ行きも一番の人気車種です。そんなハスラーと良く比較されるのがコンパクトSUVのクロスビーです。この2車はスタイリングがよく似ていますが、どんな違いがあるのでしょうか?そしてどちらを選んだらいいのでしょうか。そんな疑問をこの記事で解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキ ハスラーとは?

現行 スズキ ハスラー 特別仕様車 J スタイル

ハスラーは軽トールワゴンとSUVを融合させた新ジャンルの軽自動車として、2014年に登場しました。アウトドアなどのレジャーを好むユーザーに向けたコンセプトでしたが、ルックスのかわいらしさから女性にも人気があり、大ヒット車種となりました。

2019年12月にフルモデルチェンジされ2代目となった現行モデルは、丸型ヘッドランプの採用など初代からのキープコンセプトながらも、スクエアなデザインとなりました。

また、新プラットフォームのハーテクトの採用によってホイールベースが2,460mmに延長され、リアシートの居住性改善が図られています。そのほか、最低地上高は初代モデルと同じ180mmを確保し、アプローチアングル、デパーチャーアングルともに拡大して悪路走破性が向上しています。

ターボ車のエンジンには初代同様にR06A型が搭載されますが、NA車のエンジンは、燃焼効率を高める「デュアルインジェクションシステム」や、スズキの軽自動車で初採用された最適なタイミングでの燃焼を実現させる「クールドEGR」を採用した新型のR06D型に変更されています。

さらに、マイルドハイブリッドシステムが全車に搭載され、ISG(モーター機能付発電機)が減速時に発電した電力を2種類のバッテリーに充電、その電力を活かして加速時にはモーターアシストを行うことで、低燃費を実現しています。

スズキ クロスビーとは?

スズキ クロスビー

スズキ クロスビー

2017年12月に発売開始されたクロスビーは、ソリオと同じ小型車向けプラットフォームを採用し、大人5人が乗れるワゴンの広さとSUVらしい走破性を両立した新ジャンルとなっています。

全高が1,705mmと高いものの、全長は小型クロスオーバーSUVのライバルに比べて短く、全幅も5ナンバーサイズに収まっています。コンパクトサイズでも3ナンバーサイズが多いライバル車種と比べても扱いやすさが際立っています。

パワートレインには直噴ターボエンジン「ブースタージェットエンジン」に、ISGと2種類のバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用し、1.5Lの自然吸気エンジン並みの出力と、低燃費を両立しています。

また、4WD車にはビスカスカップリング式を採用し、ヒルディセントコントロールと、グリップコントロールが標準装備されます。さらに、高トルクを発揮する「スポーツモード」、雪道やアイスバーンでタイヤの空転を抑える「スノーモード」の2種類の走行モードも搭載されています。

クロスビーとハスラーの違い

先代 スズキ・ハスラー

クロスビーは、軽SUVのハスラーをイメージさせるデザインを採用し、トールワゴンとSUVのクロスオーバーとして登場しました。

そのスタイリングからビッグハスラーとも揶揄されましたが、ハスラーとの共有パーツは一切なく、イグニスやソリオ/ソリオバンディットのメカニズムが多用されています。

大きさの違い

スズキクロスビー

クロスビーと現行モデルのハスラーと比べると、それほど似ているとは思わないでしょう。

似ているのは先代モデルのハスラーです。スクエアながらも丸みを帯びたデザインを持つクロスビーのデザインは、小動物のようなかわいらしいデザインの先代ハスラーに似ています。

そして、決定的な違いは小型乗用車のクロスビーと軽自動車のハスラーとの、ボディサイズの差と乗車定員です。数字で見ると室内の寸法には大きな差がないように思えますが、後席に3人掛けが可能になるなど実際には寸法以上のゆとりがあります。

大きく異なるのが荷室です。クロスビーは、他のコンパクトSUVと比べてコンパクトなボディサイズではあるものの、軽乗用車規格のハスラーより365mm長いボディは、荷室に十分なスペースを確保しています。

この余裕ある室内と荷室により、ハスラーも得意とするアウトドアなどの利用にもゆとりが出ることになります。

【スズキ ハスラーとクロスビー】スペック表①

ハスラークロスビー
全長×全幅×全高3,395mm×1,475mm×1,680mm
3,760mm×1,670mm×1,705mm
室内高×幅×高さ2,215mm×1,330mm×1,270mm
2,175mm×1,355mm×1,280mm
ホイールベース
2,460mm
2,435mm
最大乗車定員
4名5名
車両重量
810~880kg
960~1,000kg
(2021年3月現在 スズキハスラー公式サイト スズキクロスビー公式サイトより)

エンジンの違い

スズキ クロスビー K10C型ブースタージェット エンジン

ハスラーとクロスビーの双方ともマイルドハイブリッドシステムを採用していますが、軽自動車のハスラーが軽自動車規格の0.66Lエンジンとそのターボ仕様なのに対して、小型乗用車のクロスビーは1.0Lの直噴ターボエンジン「ブースタージェットエンジン」を採用しています。

クロスビーは最高出力99PSと150N・mの最大トルクは、ハスラーターボの64PSと98N・mを圧倒し、走りのパフォーマンスに決定的な差をつけています。

【スズキ ハスラー】スペック表②
エンジン種類直列3気筒657cc および658ccターボ
最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
最高出力(ターボ)
47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク
58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm
最大トルク(ターボ)
98N・m(10.0kg・m)/3,000rpm
モーター最高出力
1.9kW(2.6PS)/1,500rpm
モーター最高出力(ターボ)
2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
モーター最大トルク
40N・m(4.1kg・m)/100rpm
モーター最大トルク(ターボ)
50N・m(5.1kg・m)/100rpm
WLTCモード燃費20.8~25.0km/L
トランスミッションCVT
(2021年3月現在 スズキ公式サイトより

【スズキ クロスビー】スペック表②
エンジン種類

直列3気筒 996cc直噴ターボ

最高出力73kW(99PS)/5,500rpm
最大トルク
150N・m(15.3kg・m)/1,700~4,000rpm
モーター最高出力
2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
モーター最大トルク
50N・m(5.1kg・m)/100rpm
WLTCモード燃費17.0~18.2km/L
トランスミッション6AT
(2021年3月現在 スズキ公式サイトより

価格の違い

スズキ クロスビー ハイブリッドMZ インパネ

ハスラーとクロスビーには、ターボ仕様の最安グレード同士で比較すると約30万円の価格差があります。さらにハスラーにはNAグレードがあり、エントリーグレード同士では40万円の差があります。
そんなに差があるならコンセプトが同じ軽自動車のハスラーの方が良いと考えるか、あるいは30万円プラスするだけで普通車のクロスビーが買えるなら安いと考えるかは、購入者自身の判断となります。

【スズキ ハスラー】価格表
グレード

2WD

(消費税抜き価格)

4WD

(消費税抜き価格)

HYBRID Xターボ
1,466,000円
1,588,000円
HYBRID X
1,380,000円
1,502,000円
HYBRID Gターボ
1,327,000円
1,449,000円
HYBRID G
1,241,000円
1,363,000円

HYBRID G

(スズキ セーフティサポート非装着車)

1,164,000円
1,286,000円
(2021年3月現在 スズキ公式サイトより)

【スズキ クロスビー】価格表

グレード2WD(消費税抜き価格)4WD(消費税抜き価格)
HYBRID MZ
1,875,000円
2,007,000円
HYBRID MV
1,771,000円
1,903,000円
HYBRID MX
1,641,000円
1,773,000円

2トーンルーフ仕様車/

3トーンコーディネート仕様車

△40,000円△40,000円
(2021年3月現在 スズキ公式サイトより

ハスラーとクロスビーの中古車相場

クロスビーもハスラーも中古車としては高めの相場です。ハスラーは中古車相場の高いことで知られる軽自動車の中でも特に人気があるため、先代モデルであっても高値が続いています。

またクロスビーは、人気車種の多いコンパクトSUVの中で新車販売は苦戦していますが、4mを切るサイズのSUV自体が少ないため、ハスラーに負けず高い相場を維持しています。

ハスラーの中古車相場

2014年式 スズキ ハスラー Xターボ

ハスラーの中古車相場

生産期間モデル中古車平均価格(消費税10%込み)
2019年12月~生産中
現行モデル145.5万円
2014年1月~2019年11月生産モデル
先代モデル103.9万円

クロスビーの中古車相場

2017年式 スズキ クロスビー

クロスビーの中古車相場

生産期間中古車平均価格(消費税10%込み)
2020年10月~生産中
197.4万円
2019年10月~2020年9月生産モデル
179.2万円
2017年12月~2019年9月生産モデル
164.7万円

ハスラーとクロスビー選ぶならどっち?

スズキ ハスラー

スズキの販売店を訪れると、そこにはクロスビーとハスラーというコンパクトサイズのSUVが並んでいます。どちらも魅力的なこの2車のうち、どちらを選べばいいのでしょう。

ご自身のライフスタイルが、通勤や近隣での買い物が主で、休日にキャンプなども楽しむのなら、軽自動車のハスラーがもっとも経済的で使い勝手も良いのではないでしょうか?

そして、後席にも乗車したり、ロングドライブも比較的多い方なら、普通乗用車のクロスビーの方が疲れにくく、ストレスも少ないのではないでしょうか?

まとめ

販売台数から見るとハスラーがクロスビーを圧倒しています。したがって、街角で見る機会が多いのはハスラーです。クロスビーはなかなか見ることがありませんが、一度見れば大いに気になるはずです。

それだけ魅力のあるクロスビーですから、ハスラーが好きな人なら必ず気に入る車種であること間違いなしです。次の車を検討する際にはクロスビーも候補に入れてみてください。もちろんハスラーも忘れずに!

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。