トップへ戻る

【軽自動車編】新車で低価格なおすすめコンパクトSUV5選!

【軽自動車編】新車で低価格なおすすめコンパクトSUV5選!

アクティブな雰囲気がありつつ、ユーティリティ性も高いSUVはかっこいいけど、どれも高くて手が出せない、もっとお得に乗れるSUVはないの?!とお思いのあなたに、おすすめの軽自動車SUVを5台まとめました。今やラインナップ多数で成熟のSUVは、たとえお値段がお安くても装備充実、魅力いっぱいで、お値段関係無しに選びたくなるほどの車がたくさんあります。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【お得が一番】安くて使える軽SUVこそ、日本で輝くSUVだ!

スズキ ランドブリーズ コンセプト(東京モーターショー2003 出展車両)

スズキ ランドブリーズ コンセプト(東京モーターショー2003 出展車両)

流行が収まる兆しのないSUVは、高い車高と大型のボディで迫力があってかっこいいですが、その分お値段もお高め。

シートの位置が高くなっており前方を見渡しわすいのがSUVの特徴とはいえ、あまりボディサイズが大きいと駐車やすれ違いで気を遣うこともしばしばで、普段の運転もおっくうになってしまいそうですよね。

そこで、日本の道路事情にもピッタリな軽SUVが輝きます。ボディサイズはどんな狭い道でもスイスイ走れそうなほどコンパクトで、軽量なことから燃費性能もかなり良く、それでいてSUVらしいアクティブさを兼ね備えた軽SUVが豊作です。

その中でも、新車価格がお安めの車種を集めてみましたので、お好みの車を探しながら、ご覧ください。

とにかく新車でお安い軽SUVまとめ!最も廉価な5選はいかに?

新車でお安い軽SUV第1位「スズキ ハスラー」快活なデザイン

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキ ハスラーの税抜き新車価格帯:1,164,000〜1,628,000万円
スズキ ハスラーの中古車価格帯:35.8〜230.0万円
スズキ ハスラーの現行モデル中古車平均価格:148.4万円
(2020年10月現在)

スズキ ハスラー インテリア

スズキ ハスラー インテリア

トールワゴンをSUV風味にした軽クロスオーバーとして、近年の人気の火付け役とも思えるほどの初代ハスラーに続き、より硬派なイメージで登場したのが2代目ハスラー。

ややおもちゃっぽさもあった初代に比べ、よりクロカンっぽく、道具っぽく進化した2代目は、なんと最廉価グレードとなるハイブリッドG スズキ セーフティ サポート非装着車では120万円台という低価格も魅力です。

エントリーグレードとはいえ、SRSカーテンエアバッグなどの安全装備や、フルオートエアコンなどの快適装備もしっかり揃っているところが、現代の軽自動車のコスパの良さでしょう。

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

グレード名の通り、マイルドハイブリッドを装備しているので、エネルギーを無駄にしない効率的な走りができ、WLTCモード燃費で25.0km/Lという低燃費もポイントです。

ハイブリッドGでは、掲載画像の車両のようなアルミホイールではなく、スチールホイールが装備されますが、武骨なスチールホイールはむしろSUV感が増して雰囲気に貢献しています。

約8.5万円プラスしてスズキ セーフティ サポートを装備したハイブリッドGにすれば、予防安全装備も文句なし。人気な上に価格もおトクだなんて、ハスラーの覇権はまだまだ続きそうですね。

スズキ ハスラーのスペック

【スズキ ハスラー ハイブリッドG 2WD スズキ セーフティ サポート 非装着車】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量810kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 657cc
エンジン最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm
モーター種類直流同期電動機
モーター最高出力1.9kW(2.6PS)/1,500rpm
モーター最大トルク40N・m(4.1kg・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,164,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 スズキ公式サイトより)

ハスラーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

新車でお安い軽SUV第2位「ダイハツ タフト」新参者も安い!

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

ダイハツ タフトの税抜き新車価格帯:1,230,000〜1,575,000円
ダイハツ タフトの中古車価格帯:119.7〜214.8万円
ダイハツ タフトの現行モデル中古車平均価格:152.3万円
(2020年10月現在)

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

ハスラーとガチンコのライバル関係となるダイハツ タフトは、2020年の発売以降、そのラギッド感のあるスタイルが話題になっていますよね。

同じくトールワゴンのクロスオーバー系車種でありながら、ハスラーよりも50mm低い全高によって、かなりヤンチャな雰囲気も感じられるタフト。

最も廉価なXグレードでは135.3万円と、ハスラーよりはやや高めとなっていますが、タフトはダイハツの予防安全機能パッケージ「スマートアシスト」を標準装備している点がポイントです。

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

そのため、ハスラーの最廉価仕様では装備されない衝突回避支援ブレーキ機能や車線逸脱抑制制御機能など、現行車らしい装備が標準でついてくることを考えれば、かなりの低価格が設定されていることになりますね。

タフトが装備面で優位なのは安全装備だけではなく、なんと電動パーキングブレーキや前席頭上のガラスルーフ「スカイフィールトップ」まで、全車標準装備している気前のいいタフト。

機能性を感じさせる外観やポップなエクステリアカラーも相まって、新鮮味のあるSUVとなっています。

ダイハツ タフトのスペック

【ダイハツ タフト X 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,630mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量830kg
燃費WLTCモード:20.5km/L
エンジン種類直列3気筒 658cc
エンジン最高出力38kW(52PS)/6,900rpm
エンジン最大トルク60N・m(6.1kg・m)/3,600rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,230,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 ダイハツ公式サイトより)

タフトについてもっと詳しく知りたい方はこちら

新車でお安い軽SUV第3位「マツダ フレアクロスオーバー」

マツダ フレアクロスオーバー

マツダ フレアクロスオーバー

マツダ フレアクロスオーバーの税込新車価格帯:1,241,000〜1,636,000円
マツダ フレアクロスオーバーの中古車価格帯:44.8〜169.9万円
マツダ フレアクロスオーバーの現行モデル中古車平均価格:135.3万円
(2020年10月現在)

マツダ フレアクロスオーバー インテリア

マツダ フレアクロスオーバー インテリア

スズキ ハスラーのOEM車となるフレアクロスオーバーは、ハスラーのような安全装備レスグレードを用意していないので、やや価格としては高めになりますが、実質上はハスラーと同等の車です。

ハスラー同様の使い勝手で、運転席&助手席シートヒーターなどの便利装備が最も廉価なハイブリッドXGグレードでも選べるのはかなり嬉しいポイント。

マツダエンブレムのついた特別な軽、フレアクロスオーバーに乗ると、周りのハスラーオーナーに自慢したくなってしまうかもしれませんね。

マツダ フレアクロスオーバーのスペック

【マツダ フレアクロスオーバー ハイブリッドXG 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量810kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 657cc
エンジン最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm
モーター種類直流同期電動機
モーター最高出力1.9kW(2.6PS)/1,500rpm
モーター最大トルク40N・m(4.1kg・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,241,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 マツダ公式サイトより)

新車でお安い軽SUV第4位「三菱 eKクロス」強烈な存在感!

三菱 eKクロス

三菱 eKクロス

三菱 eKクロスの税抜き新車価格帯:1,330,000〜1,655,000円
三菱 eKクロスの中古車価格帯:89.9〜190.0万円
三菱 eKクロスの中古車平均価格:143.3万円
(2020年10月現在)

三菱 eKクロス インテリア

三菱 eKクロス インテリア

もはや軽の域にとどまらない、強烈なフロントフェイスが特徴的なeKクロスは、アクティブな見た目ながら車高はベースモデルのeKワゴンと変わらない点がポイントです。

舗装路上でもスイスイ走れるサスペンションセッティングとなっており、SUVの見た目のかっこよさと、トールワゴン本来の扱いやすさを両立した仕上がりです。

最も廉価なグレードとなるMでは146.3万円とお得なお値段になっていますが、三菱の大型ミニバン「デリカD:5」を思わせるコワモテとLEDヘッドライトを備えたフロントフェイスが装備されることはもちろん、マイルドハイブリッド仕様でエコに走れる点も嬉しいところです。

三菱 eKクロス

三菱 eKクロス

もちろん、最新の車ですから予防安全装備も充実。安全装備パッケージのe-Assistが全グレードに標準装備されますので、衝突被害軽減ブレーキシステムや踏み間違い衝突防止アシストがどのグレードでも備わる点は、評価が高いポイントですね。

オプションにはなりますが、ルーフレールが装着されるとさらにSUV感が増しますので、おすすめしたいところです。

三菱 eKクロスのスペック

【三菱 eKクロス M 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,640mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:21.2km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 659cc
エンジン最高出力38kW(52PS)/6,400rpm
エンジン最大トルク60N・m(6.1kgf・m)/3,600rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力2.0kW(2.7PS)/1,200rpm
モーター最大トルク40N・m(4.1kgf・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,330,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 三菱公式サイトより)

eKクロスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

新車でお安い軽SUV第5位「スズキ ジムニー」本格派は意外と安め

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

スズキ ジムニーの税抜き車価格帯:1,350,000〜1,705,000円
スズキ ジムニーの中古車価格帯:1円〜388.0万円
スズキ ジムニーの現行モデル中古車平均価格:240.0万円
(2020年10月現在)

スズキ ジムニー インテリア

スズキ ジムニー インテリア

言わずと知れた軽クロカン四駆で長い歴史を誇る定番、ジムニーも、その本格的な走破性能を思えばかなりお安い値段で手に入れることができます。

ご紹介している他の車と異なり、ジムニーは全車が四輪駆動ですし、悪路走破性に優れた16インチの大径タイヤが全車に装備されるほか、最も廉価なXGグレードでもターボエンジンとなっています。

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

もちろん普段乗りに使うことも十分可能ではありますが、3ドアしかない使い勝手の悪さや室内の狭さ、燃費の悪さなど、ご紹介している他の4台に比べるとやや我慢を強いられる場面も出てきそうではあります。

しかし、本物のクロカン車ならではの迫力がこんな小さなボディに凝縮されたかわいさや、いざというときの悪路走破性を思えばそんな我慢はヘッチャラだ!とお思いの方も多いのでは?

新車価格ではかなりお安い部類に入りますので、セカンドカーとしてお持ちになることもおすすめです。

スズキ ジムニーのスペック

【スズキ ジムニー XG 5MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,725mm
ホイールベース2,250mm
最大乗車定員4名
車両重量1,030kg
燃費WLTCモード:16.2km/L
エンジン種類直列3気筒ターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク96N・m(9.8kg・m)/3,500rpm
駆動方式四輪駆動(パートタイム4WD)
トランスミッション5速MT
新車価格1,350,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 スズキ公式サイトより)

まとめ

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

人気のSUVの中でも、かなりお得な軽SUVをご紹介してきました。お好みの一台は見つかりましたでしょうか?

どこへでも乗っていけそうなアクティブ感を持ちつつも、新車価格もお安く、維持費もお安い軽SUV。日本の道でこそ輝くコンパクトさを武器に、軽SUVでお出かけしてみてくださいね。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。