トップへ戻る

【軽自動車編】新車で低価格なおすすめコンパクトSUV5選!

【軽自動車編】新車で低価格なおすすめコンパクトSUV5選!

アクティブな雰囲気がありつつ、ユーティリティ性も高いSUVはかっこいいけど、どれも高くて手が出せない、もっとお得に乗れるSUVはないの?!とお思いのあなたに、おすすめの軽自動車SUVを5台まとめました。今やラインナップ多数で成熟のSUVは、たとえお値段がお安くても装備充実、魅力いっぱいで、お値段関係無しに選びたくなるほどの車がたくさんあります。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【お得が一番】安くて使える軽SUVこそ、日本で輝くSUVだ!

スズキ ランドブリーズ コンセプト(東京モーターショー2003 出展車両)

スズキ ランドブリーズ コンセプト(東京モーターショー2003 出展車両)

流行が収まる兆しのないSUVは、高い車高と大型のボディで迫力があってかっこいいですが、その分お値段もお高め。

シートの位置が高くなっており前方を見渡しわすいのがSUVの特徴とはいえ、あまりボディサイズが大きいと駐車やすれ違いで気を遣うこともしばしばで、普段の運転もおっくうになってしまいそうですよね。

そこで、日本の道路事情にもピッタリな軽SUVが輝きます。ボディサイズはどんな狭い道でもスイスイ走れそうなほどコンパクトで、軽量なことから燃費性能もかなり良く、それでいてSUVらしいアクティブさを兼ね備えた軽SUVが豊作です。

その中でも、新車価格がお安めの車種を集めてみましたので、お好みの車を探しながら、ご覧ください。

とにかく新車でお安い軽SUVまとめ!最も廉価な5選はいかに?

新車でお安い軽SUV第1位「スズキ ハスラー」快活なデザイン

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキ ハスラーの税込新車価格帯:128.04〜179.08万円
スズキ ハスラーの中古車価格帯:35.8〜230.0万円
スズキ ハスラーの現行モデル中古車平均価格:148.4万円
(2020年10月現在)

スズキ ハスラー インテリア

スズキ ハスラー インテリア

トールワゴンをSUV風味にした軽クロスオーバーとして、近年の人気の火付け役とも思えるほどの初代ハスラーに続き、より硬派なイメージで登場したのが2代目ハスラー。

ややおもちゃっぽさもあった初代に比べ、よりクロカンっぽく、道具っぽく進化した2代目は、なんと最廉価グレードとなるハイブリッドG スズキ セーフティ サポート非装着車では120万円台という低価格も魅力です。

エントリーグレードとはいえ、SRSカーテンエアバッグなどの安全装備や、フルオートエアコンなどの快適装備もしっかり揃っているところが、現代の軽自動車のコスパの良さでしょう。

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

グレード名の通り、マイルドハイブリッドを装備しているので、エネルギーを無駄にしない効率的な走りができ、WLTCモード燃費で25.0km/Lという低燃費もポイントです。

ハイブリッドGでは、掲載画像の車両のようなアルミホイールではなく、スチールホイールが装備されますが、武骨なスチールホイールはむしろSUV感が増して雰囲気に貢献しています。

約8.5万円プラスしてスズキ セーフティ サポートを装備したハイブリッドGにすれば、予防安全装備も文句なし。人気な上に価格もおトクだなんて、ハスラーの覇権はまだまだ続きそうですね。

スズキ ハスラーのスペック

【スズキ ハスラー ハイブリッドG 2WD スズキ セーフティ サポート 非装着車】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量810kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 657cc
エンジン最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm
モーター種類直流同期電動機
モーター最高出力1.9kW(2.6PS)/1,500rpm
モーター最大トルク40N・m(4.1kg・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,280,400円(消費税込)
(2020年10月現在 スズキ公式サイトより)

ハスラーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

新車でお安い軽SUV第2位「ダイハツ タフト」新参者も安い!

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

ダイハツ タフトの税込新車価格帯:135.3〜173.25万円
ダイハツ タフトの中古車価格帯:119.7〜214.8万円
ダイハツ タフトの現行モデル中古車平均価格:152.3万円
(2020年10月現在)

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

ハスラーとガチンコのライバル関係となるダイハツ タフトは、2020年の発売以降、そのラギッド感のあるスタイルが話題になっていますよね。

同じくトールワゴンのクロスオーバー系車種でありながら、ハスラーよりも50mm低い全高によって、かなりヤンチャな雰囲気も感じられるタフト。

最も廉価なXグレードでは135.3万円と、ハスラーよりはやや高めとなっていますが、タフトはダイハツの予防安全機能パッケージ「スマートアシスト」を標準装備している点がポイントです。

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

そのため、ハスラーの最廉価仕様では装備されない衝突回避支援ブレーキ機能や車線逸脱抑制制御機能など、現行車らしい装備が標準でついてくることを考えれば、かなりの低価格が設定されていることになりますね。

タフトが装備面で優位なのは安全装備だけではなく、なんと電動パーキングブレーキや前席頭上のガラスルーフ「スカイフィールトップ」まで、全車標準装備している気前のいいタフト。

機能性を感じさせる外観やポップなエクステリアカラーも相まって、新鮮味のあるSUVとなっています。

ダイハツ タフトのスペック

【ダイハツ タフト X 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,630mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量830kg
燃費WLTCモード:20.5km/L
エンジン種類直列3気筒 658cc
エンジン最高出力38kW(52PS)/6,900rpm
エンジン最大トルク60N・m(6.1kg・m)/3,600rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,353,000円(消費税込)
(2020年10月現在 ダイハツ公式サイトより)

タフトについてもっと詳しく知りたい方はこちら

新車でお安い軽SUV第3位「マツダ フレアクロスオーバー」

マツダ フレアクロスオーバー

マツダ フレアクロスオーバー

マツダ フレアクロスオーバーの税込新車価格帯:136.51〜179.96万円
マツダ フレアクロスオーバーの中古車価格帯:44.8〜169.9万円
マツダ フレアクロスオーバーの現行モデル中古車平均価格:135.3万円
(2020年10月現在)

マツダ フレアクロスオーバー インテリア

マツダ フレアクロスオーバー インテリア

スズキ ハスラーのOEM車となるフレアクロスオーバーは、ハスラーのような安全装備レスグレードを用意していないので、やや価格としては高めになりますが、実質上はハスラーと同等の車です。

ハスラー同様の使い勝手で、運転席&助手席シートヒーターなどの便利装備が最も廉価なハイブリッドXGグレードでも選べるのはかなり嬉しいポイント。

マツダエンブレムのついた特別な軽、フレアクロスオーバーに乗ると、周りのハスラーオーナーに自慢したくなってしまうかもしれませんね。

マツダ フレアクロスオーバーのスペック

【マツダ フレアクロスオーバー ハイブリッドXG 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量810kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 657cc
エンジン最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm
モーター種類直流同期電動機
モーター最高出力1.9kW(2.6PS)/1,500rpm
モーター最大トルク40N・m(4.1kg・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,365,100円(消費税込)
(2020年10月現在 マツダ公式サイトより)

新車でお安い軽SUV第4位「三菱 eKクロス」強烈な存在感!

三菱 eKクロス

三菱 eKクロス

三菱 eKクロスの税込新車価格帯:146.3〜182.05万円
三菱 eKクロスの中古車価格帯:89.9〜190.0万円
三菱 eKクロスの中古車平均価格:143.3万円
(2020年10月現在)

三菱 eKクロス インテリア

三菱 eKクロス インテリア

もはや軽の域にとどまらない、強烈なフロントフェイスが特徴的なeKクロスは、アクティブな見た目ながら車高はベースモデルのeKワゴンと変わらない点がポイントです。

舗装路上でもスイスイ走れるサスペンションセッティングとなっており、SUVの見た目のかっこよさと、トールワゴン本来の扱いやすさを両立した仕上がりです。

最も廉価なグレードとなるMでは146.3万円とお得なお値段になっていますが、三菱の大型ミニバン「デリカD:5」を思わせるコワモテとLEDヘッドライトを備えたフロントフェイスが装備されることはもちろん、マイルドハイブリッド仕様でエコに走れる点も嬉しいところです。

三菱 eKクロス

三菱 eKクロス

もちろん、最新の車ですから予防安全装備も充実。安全装備パッケージのe-Assistが全グレードに標準装備されますので、衝突被害軽減ブレーキシステムや踏み間違い衝突防止アシストがどのグレードでも備わる点は、評価が高いポイントですね。

オプションにはなりますが、ルーフレールが装着されるとさらにSUV感が増しますので、おすすめしたいところです。

三菱 eKクロスのスペック

【三菱 eKクロス M 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,640mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:21.2km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 659cc
エンジン最高出力38kW(52PS)/6,400rpm
エンジン最大トルク60N・m(6.1kgf・m)/3,600rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力2.0kW(2.7PS)/1,200rpm
モーター最大トルク40N・m(4.1kgf・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,463,000円(消費税込)
(2020年10月現在 三菱公式サイトより)

eKクロスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

新車でお安い軽SUV第5位「スズキ ジムニー」本格派は意外と安め

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

スズキ ジムニーの税込新車価格帯:148.5〜187.55万円
スズキ ジムニーの中古車価格帯:1円〜388.0万円
スズキ ジムニーの現行モデル中古車平均価格:240.0万円
(2020年10月現在)

スズキ ジムニー インテリア

スズキ ジムニー インテリア

言わずと知れた軽クロカン四駆で長い歴史を誇る定番、ジムニーも、その本格的な走破性能を思えばかなりお安い値段で手に入れることができます。

ご紹介している他の車と異なり、ジムニーは全車が四輪駆動ですし、悪路走破性に優れた16インチの大径タイヤが全車に装備されるほか、最も廉価なXGグレードでもターボエンジンとなっています。

それでいて5MT仕様で148.5万円という低価格では、納車待ちがいまだに1年以上という人気が継続していることもうなづけますよね。

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

もちろん普段乗りに使うことも十分可能ではありますが、3ドアしかない使い勝手の悪さや室内の狭さ、燃費の悪さなど、ご紹介している他の4台に比べるとやや我慢を強いられる場面も出てきそうではあります。

しかし、本物のクロカン車ならではの迫力がこんな小さなボディに凝縮されたかわいさや、いざというときの悪路走破性を思えばそんな我慢はヘッチャラだ!とお思いの方も多いのでは?

新車価格ではかなりお安い部類に入りますので、セカンドカーとしてお持ちになることもおすすめです。

スズキ ジムニーのスペック

【スズキ ジムニー XG 5MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,725mm
ホイールベース2,250mm
最大乗車定員4名
車両重量1,030kg
燃費WLTCモード:16.2km/L
エンジン種類直列3気筒ターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク96N・m(9.8kg・m)/3,500rpm
駆動方式四輪駆動(パートタイム4WD)
トランスミッション5速MT
新車価格1,485,000円(消費税込)
(2020年10月現在 スズキ公式サイトより)

まとめ

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

人気のSUVの中でも、かなりお得な軽SUVをご紹介してきました。お好みの一台は見つかりましたでしょうか?

どこへでも乗っていけそうなアクティブ感を持ちつつも、新車価格もお安く、維持費もお安い軽SUV。日本の道でこそ輝くコンパクトさを武器に、軽SUVでお出かけしてみてくださいね。

関連する投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。