トップへ戻る

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ 新型タフトとは?

タフトはダイハツ工業が製造から販売まで手掛けている軽自動車クロスオーバーSUVとなります。2020年6月10日に発売された新型タフトは2代目となります。

初代は1974年〜1984年まで販売されており、ジープ(ベビービューティー)タイプの普通自動車でした。

2代目の新型タフトキャッチフレーズは「ジブン、オープン、青空SUV。」となっています。

では、グレード構成や価格・燃費はどのようになっているのでしょうか。

ダイハツ 新型タフトのグレードや価格、燃費は?

新型タフトのグレード

グレード価格(消費税込み)燃費(WLTCモード)
Gターボ 2WD

1,606,000円

20.2km/L
G ターボ 4WD

1,732,500円

19.6km/L

Gスマアシ 2WD

1,485,000円

20.5km/L

Gスマアシ 4WD

1,611,500円19.7km/L

Xスマアシ 2WD

1,353,000円20.5km/L

Xスマアシ 4WD

1,479,500円19.7km/L

2020年6月現在公式サイト調べ

新型タフトのグレード展開は主に3つとなります。X・G・Gターボの3つの3グレードから展開されており、シンプルでわかりやすいグレード構成となっています。

GはXと比較すると13万2,000円高くなっていますが、アダプティブドライビングビーム、アルミホイール、ルーフレール、フロントドアのスーパーUV&IRカットガラスなどの装備が加わります。

GターボはGと比較すると12万1,000円高くなりますが、ターボと併せて、Gではメーカーオプションとなる全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)とLKC(レーンキープコントロール)の二つの先進運転支援技術も加わっています。

では、次に新型タフトの詳しい外装(エクステリア)を見て行きましょう。

ダイハツ 新型タフト外装(エクステリア)

新型ダイハツ・タフト(G/2WD)

みなさんは、新型タフトのコンセプトをご存知ですか。商品コンセプトは「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」。車名は「Tough & Almighty Fun Tool」の頭文字をとった略になります。

外観のセールスポイントがあります。

・エクステリアでは、レジャーや遊びに思わずでかけたくなる頼もしさ(タフ・道具感・安心)
・直線基調となっているスクエアなスタイル
・顔つきは角形で異形なヘッドランプとグリルレス

上記のポイントはとても遊び心と、シンプルさを融合したようなデザインにとても魅力を感じさせます。

また高い地上高に大径タイヤは都会でもアウトドアレジャーでも似合うスタイルで、フェンダーアーチなどに用いられている無塗装ブラックの樹脂などはこだわりさえも感じさせるデザイン性能の高さも伺えます。

ボディカラーは9色

新型ダイハツ・タフト(G/2WD)

ボディカラーは9色用意されており、下記のようなラインナップになっています。

・レイクブルーメタリック
・フォレストカーキメタリック
・サンドベージュメタリック
・コンパーノレッド
・レモンスカッシュクリスタルメタリック
・スプラッシュブルーメタリック
・シャイニングホワイトパール
・ブライトシルバーメタリック
・ブラックマイカメタリック

では、次に新型タフトの内装(インテリア)を詳しく見て行きましょう

ダイハツ 新型タフト内装(インテリア)

新型ダイハツ・タフト(G/2WD)

新型ダイハツ・タフト(G/2WD)

インテリアでは、全席まわりに収納スペースを配置し、機能的でタフな室内空間を演出しています。


タフトの前席は「クルー・スペース」、後席・荷室は「フレキシブル・スペース」がテーマになっており、広くて実用性の高い空間となっております。

後席シートバックは、汚れにくくふき取りやすく加工されています。ラゲッジスペースにはフレキシブルボードも備えられています。

リアシートバックを倒せばフルフラットになります。フレキシブルボードを下げると背の高い荷物も載せることができるので、使い勝手はとても良くなっています。

そして、ダイハツ初となる電動パーキングブレーキ(オートホールド付)も全グレード標準装備となっています。予防安全運転機能も次世代スマートアシストが搭載されています。

スカイフィールトップを標準化

ダイハツ タフト 新型

新型タフトのスカイフィールトップは、シェードを開ければ明るく圧倒的な開放感を持ち、また視界も大きく広がる。UV対策だけでなく赤外線による室内温度の上昇を防ぐスーパーUV&IRカット機能付きだ。なお開閉機能はない。



開閉機能がないことについて、ダイハツ製品企画部チーフエンジニア小村明紀氏は、「ウインドシールドガラスと同じ構造にすることで、重量や価格を抑えて設定出来る。景色を取り入れたいとうのが主な狙いなので、開ける仕様までは踏み込まなかった」と理由を説明。

全車標準化については「ボディの設計を2つ用意すると開発要素が増えるので、結果として価格に跳ね返ってしまう。(タフトは)クロスオーバーSUVであり、非日常感を求めるお客様に向けての商品なので、できるだけ装備したものを商品企画の主に置くという意味で、全車標準した」とのことだった。

「スカイフィールトップ」は全グレードに標準装備となっています。これは紫外線・赤外線をカットするガラスルーフになります。

ルーフの開閉はできなくなっていますが、室内側に手動で開閉できるシェードが備わっています。昼夜問わず運転するときの視界を楽しい景色に変えてくれます。

では、次に新型タフトの詳しいスペックを見て行きましょう。

ダイハツ 新型タフトのスペック

ダイハツ タフト Gターボ 2WDの基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高 mm)3,395×1,475×1,630
ホイールベース(mm)2,460
最低地上高(mm)190
車両重量(kg)840
乗車定員(名)4
最高出力(kW(PS)/rpm)47(64)/6,400
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)100(10.2)/3,600
燃費WLTCモード:20.2㎞/L

※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)

新型タフトのスペックでやはりターボはそれなりに最大トルクもあり、燃費も良くなっていますね。軽自動車でも、ターボなら走りも期待できますね。

では次に新型タフトの試乗や口コミ評価について詳しく見て行きましょう。

ダイハツ 新型タフト 試乗や口コミ評価は?

新型タフトのSNSでの試乗や評価の口コミを中心に集めてみました。

気になる方は是非一度試乗してみてくださいね。では新型タフトのおすすめグレードについて見て行きましょう。

ダイハツ 新型タフトは「Gターボ」がおすすめ!

新型タフトは結局どのグレードを購入したらいいのか迷いますよね。そこでおすすめなのが「Gターボ」になります。

価格は高くなりますが、ターボがついていることで、軽自動車でもターボパワーが一般道でも実感でき、発進や加速などもスムーズに走行することができます。

将来的なリセールバリューも期待できるので、おすすめにもなります。ぜひ、ご自身の予算にもあったものを選んでくださいね。

まとめ

本記事では、ダイハツ「新型タフト」の情報についてまとめてお伝えしてきました。2020年6月10日の発売以降、ハスラーと人気を争っているようですが、どちらに分配があがるのでしょうか。

今回新しく全グレードで設置されている「スカイフィールトップ」についても気になるところですよね。

気になった方は一度試乗してみることをおすすめします。軽自動車SUV市場も益々激化する予感がします。

関連するキーワード


SUV ダイハツ 車種情報

関連する投稿


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

今年秋のモデルチェンジが噂される日産 エクストレイル。日産のベストセラーSUVがどんな変化を遂げるのか、現在流れている情報をもとに検証していきましょう!


北米トヨタの製造するフルサイズSUVセコイア!

北米トヨタの製造するフルサイズSUVセコイア!

あまり聞きなれない名前とお思いの方や、見たことがない方は一度見ればその圧倒的な大きさにある種の感動さえ覚えるかもしれません。トヨタのエンブレムがなければアメ車と思ってしまうほどの大きさはまさに圧巻です!


最新の投稿


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

車に乗ったのにキーが回らない、という経験をしたことをありませんか?これは、車の盗難防止策の一つであるハンドルロックという機能の存在が関係しているかもしれません。今回は、そんなハンドルロックの仕組みとハンドルロックの解除方法に関して解説していきます。


インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!