トップへ戻る

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ 新型タフトとは?

タフトはダイハツ工業が製造から販売まで手掛けている軽自動車クロスオーバーSUVとなります。2020年6月10日に発売された新型タフトは2代目となります。

初代は1974年〜1984年まで販売されており、ジープ(ベビービューティー)タイプの普通自動車でした。

2代目の新型タフトキャッチフレーズは「ジブン、オープン、青空SUV。」となっています。

では、グレード構成や価格・燃費はどのようになっているのでしょうか。

ダイハツ 新型タフトのグレードや価格、燃費は?

新型タフトのグレード

グレード価格(消費税抜き)燃費(WLTCモード)
Gターボ 2WD

1,460,000円

20.2km/L
G ターボ 4WD

1,575,000円

19.6km/L

Gスマアシ 2WD

1,485,000円

20.5km/L

Gスマアシ 4WD

1,350,000円19.7km/L

Xスマアシ 2WD

1,230,000円20.5km/L

Xスマアシ 4WD

1,345,000円19.7km/L

2020年6月現在公式サイト調べ

新型タフトのグレード展開は主に3つとなります。X・G・Gターボの3つの3グレードから展開されており、シンプルでわかりやすいグレード構成となっています。

GはXと比較すると13万2,000円高くなっていますが、アダプティブドライビングビーム、アルミホイール、ルーフレール、フロントドアのスーパーUV&IRカットガラスなどの装備が加わります。

GターボはGと比較すると12万1,000円高くなりますが、ターボと併せて、Gではメーカーオプションとなる全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)とLKC(レーンキープコントロール)の二つの先進運転支援技術も加わっています。

では、次に新型タフトの詳しい外装(エクステリア)を見て行きましょう。

ダイハツ 新型タフト外装(エクステリア)

新型ダイハツ・タフト(G/2WD)

みなさんは、新型タフトのコンセプトをご存知ですか。商品コンセプトは「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」。車名は「Tough & Almighty Fun Tool」の頭文字をとった略になります。

外観のセールスポイントがあります。

・エクステリアでは、レジャーや遊びに思わずでかけたくなる頼もしさ(タフ・道具感・安心)
・直線基調となっているスクエアなスタイル
・顔つきは角形で異形なヘッドランプとグリルレス

上記のポイントはとても遊び心と、シンプルさを融合したようなデザインにとても魅力を感じさせます。

また高い地上高に大径タイヤは都会でもアウトドアレジャーでも似合うスタイルで、フェンダーアーチなどに用いられている無塗装ブラックの樹脂などはこだわりさえも感じさせるデザイン性能の高さも伺えます。

ボディカラーは9色

新型ダイハツ・タフト(G/2WD)

ボディカラーは9色用意されており、下記のようなラインナップになっています。

・レイクブルーメタリック
・フォレストカーキメタリック
・サンドベージュメタリック
・コンパーノレッド
・レモンスカッシュクリスタルメタリック
・スプラッシュブルーメタリック
・シャイニングホワイトパール
・ブライトシルバーメタリック
・ブラックマイカメタリック

では、次に新型タフトの内装(インテリア)を詳しく見て行きましょう

ダイハツ 新型タフト内装(インテリア)

新型ダイハツ・タフト(G/2WD)

新型ダイハツ・タフト(G/2WD)

インテリアでは、全席まわりに収納スペースを配置し、機能的でタフな室内空間を演出しています。


タフトの前席は「クルー・スペース」、後席・荷室は「フレキシブル・スペース」がテーマになっており、広くて実用性の高い空間となっております。

後席シートバックは、汚れにくくふき取りやすく加工されています。ラゲッジスペースにはフレキシブルボードも備えられています。

リアシートバックを倒せばフルフラットになります。フレキシブルボードを下げると背の高い荷物も載せることができるので、使い勝手はとても良くなっています。

そして、ダイハツ初となる電動パーキングブレーキ(オートホールド付)も全グレード標準装備となっています。予防安全運転機能も次世代スマートアシストが搭載されています。

スカイフィールトップを標準化

ダイハツ タフト 新型

新型タフトのスカイフィールトップは、シェードを開ければ明るく圧倒的な開放感を持ち、また視界も大きく広がる。UV対策だけでなく赤外線による室内温度の上昇を防ぐスーパーUV&IRカット機能付きだ。なお開閉機能はない。



開閉機能がないことについて、ダイハツ製品企画部チーフエンジニア小村明紀氏は、「ウインドシールドガラスと同じ構造にすることで、重量や価格を抑えて設定出来る。景色を取り入れたいとうのが主な狙いなので、開ける仕様までは踏み込まなかった」と理由を説明。

全車標準化については「ボディの設計を2つ用意すると開発要素が増えるので、結果として価格に跳ね返ってしまう。(タフトは)クロスオーバーSUVであり、非日常感を求めるお客様に向けての商品なので、できるだけ装備したものを商品企画の主に置くという意味で、全車標準した」とのことだった。

「スカイフィールトップ」は全グレードに標準装備となっています。これは紫外線・赤外線をカットするガラスルーフになります。

ルーフの開閉はできなくなっていますが、室内側に手動で開閉できるシェードが備わっています。昼夜問わず運転するときの視界を楽しい景色に変えてくれます。

では、次に新型タフトの詳しいスペックを見て行きましょう。

ダイハツ 新型タフトのスペック

ダイハツ タフト Gターボ 2WDの基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高 mm)3,395×1,475×1,630
ホイールベース(mm)2,460
最低地上高(mm)190
車両重量(kg)840
乗車定員(名)4
最高出力(kW(PS)/rpm)47(64)/6,400
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)100(10.2)/3,600
燃費WLTCモード:20.2㎞/L

※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)

新型タフトのスペックでやはりターボはそれなりに最大トルクもあり、燃費も良くなっていますね。軽自動車でも、ターボなら走りも期待できますね。

では次に新型タフトの試乗や口コミ評価について詳しく見て行きましょう。

ダイハツ 新型タフト 試乗や口コミ評価は?

新型タフトのSNSでの試乗や評価の口コミを中心に集めてみました。

気になる方は是非一度試乗してみてくださいね。では新型タフトのおすすめグレードについて見て行きましょう。

ダイハツ 新型タフトは「Gターボ」がおすすめ!

新型タフトは結局どのグレードを購入したらいいのか迷いますよね。そこでおすすめなのが「Gターボ」になります。

価格は高くなりますが、ターボがついていることで、軽自動車でもターボパワーが一般道でも実感でき、発進や加速などもスムーズに走行することができます。

将来的なリセールバリューも期待できるので、おすすめにもなります。ぜひ、ご自身の予算にもあったものを選んでくださいね。

まとめ

本記事では、ダイハツ「新型タフト」の情報についてまとめてお伝えしてきました。2020年6月10日の発売以降、ハスラーと人気を争っているようですが、どちらに分配があがるのでしょうか。

今回新しく全グレードで設置されている「スカイフィールトップ」についても気になるところですよね。

気になった方は一度試乗してみることをおすすめします。軽自動車SUV市場も益々激化する予感がします。

関連するキーワード


SUV ダイハツ 車種情報

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。