トップへ戻る

軽自動車のおすすめハイブリッドモデル9選!

軽自動車のおすすめハイブリッドモデル9選!

軽自動車にもハイブリッド車があるのをご存知ですか?今回は、気になる人気現行車種の4WD車・ターボ車の情報、新車・中古車価格を見ていきたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


そもそもハイブリッドって何?

スズキ スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ

スズキ スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ

本来、ハイブリッドとは「かけ合わせる」「複合」という意味であり、2種類以上の動力源を組み合わせて走行する自動車のことをハイブリッド車と呼びます。日本で一般的なハイブリッド車とはエンジンとモーターを併用して走行する車のことを指しています。

ハイブリッド車は原動機としてガソリンエンジン(ディーゼルエンジンも含む)で走行しながら、減速時に回収するなどして蓄えておいた電力を使って、必要に応じてモーターを回してガソリンエンジンをアシストしながら走行します。

ガソリンエンジンが力を生み出しにくい低速域をモーターで補うことで、燃費を格段に向上させることができます。

軽自動車のハイブリッド車種

最近の傾向として軽自動車にもハイブリッド化が進んでいます。

もともと燃費が良い軽自動車ですが、やはりCO2の問題は深刻な問題として自動車メーカーも対処しているものと思われますし、燃費の良い軽自動車だからこそ更にハイブリッド化により次元の違う燃費対策にもなっています。

使い方にもよりますが、ハイブリッド車の軽自動車の中にはガソリンスタンドでの給油が月一回になったという話も聞こえてきます。

それでは、軽自動車のハイブリッド車についてご紹介していきたいと思います。軽自動車のご購入を検討している方は是非参考にしてみてください。

スズキ スペーシア(4WD・ターボ有)

スズキ スペーシア

スズキ スペーシア

軽自動車の中でも人気のスズキの軽自動車ですが、その中でもスペーシアは幅広い層に支持されている車の一台です。

特徴として一番に挙げられる点は、スーパーハイトワゴンと呼ばれるほどの全高の高さではないでしょうか。

また、荷室の使い勝手としては、後部座席の背もたれを倒すと座面も連動して収納されるので、荷室がフルフラットな状態にすることが可能です。

スズキ スペーシアのスペック

【スズキ スペーシア HYBRID G】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,785mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量850kg
燃費JC08モード:30.0km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒
最高出力38kW(52PS)/6,500rpm
最大トルク

60N・m(6.1kg・m)/4,000rpm

電動機種類直流同期電動機
最高出力2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
最大トルク

50N・m(5.1kg・m)/100rpm

駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年5月現在 スズキ公式サイトより)

新車価格

新車価格は、ハイブリッドG 2WD(衝突被害軽減ブレーキ非装着車)の1,298,000円から、カスタム ハイブリッドXSターボ 4WDの1,943,700円までとなっています。

また全車エコカー減税の対象車となっております。

(スズキ公式サイトより)

中古車価格

現在、中古車価格としては初代から現行車まで幅広く価格設定されています。

ハイブリッドでないグレードも含めると、1万円を切る車から200万(カスタムも含む)を超えるまで、幅広くラインナップされていますのできっとご満足頂ける中古車をお探し頂けると思います。

(レスポンス中古車調べ)

スペーシアについて詳しく知りたい方はこちら

日産 デイズ ハイウェイスター

日産 デイズ(ハイウェイスターX プロパイロットエディション)

日産 デイズ(ハイウェイスターX プロパイロットエディション)

日産から販売されている軽自動車のトールワゴンとなります。

日産自動車と三菱自動車により共同開発された軽自動車で、日産らしいデザイン・低燃費性能・品質の高い室内空間を兼ね備えています。

日産 デイズのスペック

【日産 デイズ ハイウェイスターX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,640mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量840kg
燃費WLTCモード:21.2km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力38kW(52PS)/6,400rpm
最大トルク

60N・m(6.1kgf・m)/3,600rpm

電動機種類交流同期電動機
最高出力2.0kW(-PS)/1,200rpm
最大トルク

40N・m(-kgf・m)/100rpm

駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)
(2020年5月現在 日産公式サイトより)

新車価格

新車価格は、ハイブリッド車に限定すると、ハイウェイスターX 2WDの1,497,100円からハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション 4WDの1,811,700円までとなっています。

(日産公式サイトより)

中古車価格

ハイブリッドでないグレードも含めると、中古車は10万円クラスから200万円近くするものまで幅広く取り揃えています。

(レスポンス中古車調べ)

デイズについて詳しく知りたい方はこちら

日産 ルークス(4WD・ターボ有)

日産 ルークス

日産 ルークス

室内高は十分な高さがあり室内空間はゆったりとしており、視界が確保でき見晴らしがよく運転がしやすくなっています。

また、ドア側のアームレストが使いやすいようドアがえぐられた形状になっているなどの工夫が施されているため、軽自動車だけど窮屈を感じないつくりとなっています。

日産 ルークスのスペック

【日産 ルークス S】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,780mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量940kg
燃費WLTCモード:20.8km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力38kW(52PS)/6,400rpm
最大トルク

60N・m(6.1kgf・m)/3,600rpm

電動機種類交流同期電動機
最高出力2.0kW(-PS)/1,200rpm
最大トルク

40N・m(-kgf・m)/100rpm

駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)
(2020年5月現在 日産公式サイトより)

新車価格

新車価格は、S 2WDの1,415,700円から、ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション 4WDの2,066,900円までとなっています。

(日産公式調べ)

中古車価格

ハイブリッドでないグレードも含めると、安い物は1万円以下から高い物は200万円を超えるものまで幅広く市場に出回っています。

(レスポンス中古車調べ)

スズキ ハスラー(4WD・ターボ有)

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキ ハスラーは2020年1月にフルモデルチェンジを行いました、「やあ!あたらしい遊べる軽!」をキャッチコピーとして好調な売れ行きを続けています。

大きな荷室はシートをフルフラット状態にすれば大人二人が十分に寝られるスペースを誇ります。

スズキ ハスラーのスペック

【スズキ ハスラー HYBRID G】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量810kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒
最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
最大トルク

58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm

電動機種類直流同期電動機
最高出力1.9kW(2.6PS)/1,500rpm
最大トルク

40N・m(4.1kg・m)/100rpm

駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年5月現在 スズキ公式サイトより)

新車価格

新車価格は、ハイブリッドG 2WD(スズキセーフティサポート非装着車)の1,280,400円から、ハイブリッドXターボ 4WD(2トーンカラー仕様車)の1,790,800円までとなっています。

(スズキ公式調べ)

中古車価格

ハイブリッドでないグレードも含めると、安い物は30万円台から現行モデルの200万円台まであり、こちらも中古車台数も多くあるようです。

(レスポンス中古車調べ)

ハスラーについて詳しく知りたい方はこちら

スズキ ワゴンR(4WD・ターボ有)

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

2020年1月にマイナーチェンジが発売された、スズキのワゴンRですがその進化はモデルチェンジするたび確実に進化しており、ハイブリッドシステムの性能も上がっており息の長い人気モデルです。

安全装備にデュアルセンサーブレーキを搭載し前方衝突警報機能はブザー音とメーター内の警報で警告するシステムです。

ワゴンR以外にワゴンRスティングレーという車種があります。

スズキ ワゴンRのスペック

【スズキ ワゴンR HYBRID FX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,650mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量770kg
燃費WLTCモード:25.2km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒
最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
最大トルク

58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm

電動機種類直流同期電動機
最高出力1.9kW(2.6PS)/1,500rpm
最大トルク

40N・m(4.1kg・m)/100rpm

駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年5月現在 スズキ公式サイトより)

新車価格

新車価格は、ハイブリッドに限定すると、ハイブリッドFX 2WD(スズキセーフティサポート非装着車)の1,186,900円から、スティングレー ハイブリッドT 4WDの1,776,500円までとなります。

(スズキ公式調べ)

中古車価格

ハイブリッドでないグレードも含めると、本体価格1,000円以下のものから100万円を超えるものまで多数ございますので、選択肢はかなり豊富です。

(レスポンス中古車調べ)

三菱 ekスペース(4WD・ターボ有)

三菱 ekスペース

三菱 ekスペース

日産自動車と三菱自動車が共同で設立した「株式会社NMKV」が開発したekシリーズの中の一つに、6年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたスーパーハイトワゴン「ekスペース」があります。

室内高は十分な高さがあり小さな子供が立っても余裕があるうえ、後部左側のシートにチャイルドシートを取り付け最前まで寄せると赤ちゃんの世話がしやすく、小さなお子さんがいる方にオススメの車となります。

eKスペース以外にeKクロス スペースという車種があります。

三菱 ekスペースのスペック

【三菱 ekスペース M】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,780mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量940kg
燃費WLTCモード:20.8km/L
エンジン種類DOHC12バルブ3気筒
最高出力38kW(52PS)/6,400rpm
最大トルク

60N・m (6.1kgf・m)/3,600rpm

電動機種類交流同期電動機
最高出力2.0kW(2.7PS)/1,200rpm
最大トルク

40N・m(4.1kgf・m)/100rpm

駆動方式2WD
トランスミッションCVT(自動無段変速機)
(2020年5月現在 三菱公式サイトより)

新車価格

新車価格は、eKスペース M 2WDの1,399,200円から、eKクロス スペース T 4WDの1,991,000円までとなります。

(三菱公式調べ)

中古車価格

ハイブリッドでないグレードも含めると、安いもので20万円台から高いもので200万円台と幅広く取り扱っています。

(レスポンス中古車調べ)

関連する投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


乗り換え時にハッピー!リセールバリューの高い車、その特徴と選び方

乗り換え時にハッピー!リセールバリューの高い車、その特徴と選び方

車は人生の中でも大きな買い物のひとつであり、お得にやりくりしたいものですよね。また、燃費性能や安全装備は日々進化するので、1台を長く乗り続けるよりも、車検を機会にサクッと新型車に乗り換えたい!とお思いの方も多いのでは。そんな夢を助けてくれるのが、下取り価格が高い=「リセールバリューの高い」車です。この記事では、どんな車がリセールバリューが高いのか、徹底解説していきます。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


最新の投稿


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。