トップへ戻る

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ N-BOXという車

《写真提供:response》《画像提供 本田技研工業》N-BOX EX(左)/N-BOXカスタム L・ターボ

ホンダのNと聞けばホンダN360という車に行きつきます。1967年から発売されたこのN360は当時としてはベストセラーと呼ぶにふさわしい車となっています。そのNの称号を受け継いで発売されたのが、現在のNシリーズになります。

Nシリーズは現在N-ONE、N-WGN、N-VANそしてN-BOXの4モデルがラインアップされています。中でもN-BOXの人気は高く、特にファミリー層に選ばれる傾向があります。

N-BOXの人気は、登録車まで含めた国内新車販売台数ランキングで、2017年から2020年まで4年連続No.1を獲得している点からも分かりますが、どうしてファミリー層に人気があるのでしょうか。

この記事でご紹介するN-BOXの魅力を知れば、その疑問の答えが見つかることでしょう。

N-BOXの最新装備

《写真提供 ホンダ》N-BOXコーディネートスタイル

《写真提供 ホンダ》N-BOXコーディネートスタイル

最新のN-BOXの特徴は軽自動車で最大級の広さがあげられます。ホンダがその広さを最も効率よく、どの様に活かすかを考えた末、一つの結論として得たものとして、シートアレンジの自由さが挙げられます。

後ほど詳しく触れたいと思いますが、N-BOX全タイプに標準でホンダの安全運転支援システムHonda SENSINGを標準装備していることも見逃してはなりません。

ホンダの全方位衝突安全性能とは?

ホンダの全方位衝突安全性能の基本は、強い骨格づくりからといった理念を元に、素材から見直されています。ボディ骨格は軽量でありながら強度に優れた素材を適所に配置することで、万が一の衝突安全性能を飛躍的に向上させています。

「コンパティビリティー対応ボディ」と呼ばれるボディは、もしもの時の衝突時に相手車両にダメージを最小限に抑えるボディの事になります。また歩行者傷害軽減ボディも採用されています。

エアバッグも身体の前面だけを保護するものではなく、側面衝突に備えたサイドエアバッグ、そして頭部や頸椎部を保護するサイドカーテンエアバッグが上位グレードでは標準装備されています。

ホンダの安全に対する意識の高さがうかがわれる配慮では無いでしょうか。

軽自動車にもHonda SENSING

N-BOXにも搭載されている「Honda SENSING」ですが、ぶつからないための「衝突軽減ブレーキ」、急な飛び出しを防ぐ「誤発進抑制機能」、歩行者との衝突を避ける「歩行者事故低減ステアリング」、走行ラインをはみ出さないための「路外逸脱抑制機能」があります。

他には安全な車間距離を保つ「アダブティブクルーズコントロール」、ふらつき防止を監視する「車線維持支援システム」、先行車の発進を知らせる「先行車発進お知らせ機能」、標識の見逃しを防ぐ「標識認知機能」もあります。

さらには不意のバックを防ぐ「後方誤発進抑制機能」、自動で切り替わる「オートハイビーム」。以上の10にもおよぶシステムで、常に状況を把握しドライバーをサポートします。

このように「Honda SENSING」は、より運転を安心にするための大きな助けになっています。

簡潔に説明するなら「Honda SENSING」は、前走車との車間距離を適切にとり走行したり、衝突を予測しブレーキをアシストしたり、誤発進を防ぎます。あらゆるシーンで安全運転をサポートしてくれるシステムになります。

小さいボディに驚きの性能ホンダN-BOX

初代N-BOXはエンジン、ボディ、ミッションなどすべて新設計された車でしたが、二代目N-BOXも、ライバルであるコンパクトカーに対抗すべく、これらすべてを新たに再設計するという力の入れようでした。

二代目N-BOXのエンジンは直列3気筒自然吸気エンジンと、ターボエンジンを採用しています。特に自然吸気エンジンはホンダの誇るVTECを採用したことは、軽自動車初となる出来事でした。

初代N-BOXはエンジン、ボディ、ミッションなどすべて新設計された車でしたが、二代目N-BOXも、ライバルであるコンパクトカーに対抗すべく、これらすべてを新たに再設計するという力の入れようでした。

二代目N-BOXのエンジンは直列3気筒自然吸気エンジンと、ターボエンジンを採用しています。特に自然吸気エンジンはホンダの誇るVTECを採用したことは、軽自動車初となる出来事でした。

ターボエンジンには「電動ウェイストゲート」が搭載されており、アクセルを踏み込んだ際に過給圧を最適にコントロールします。これによりターボのパワフルさはそのままに、レスポンスと燃費性能を向上させています。

燃費もメーカーカタログ値でノンターボのFF車の場合、WLTCモードで21.2km/L。ターボ車でもWLTCモードで20.2km/Lと良好な数値が出ています。

さらに、車全体を燃費優先モードに統合制御してくれるECONモードでは、停車前の減速時から起動するアイドリングストップシステムが作動し、より燃費性能が向上します。このECONモードはエンジンをかけると自動でONになるので、意識せずに低燃費運転ができます。

ホンダN-BOXのスペック

【ホンダ N-BOX G】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,790mm
ホイールベース2,520mm
最大乗車定員4名
車両重量890kg
燃費WLTCモード:21.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒横置
最高出力43kW(58PS)/7,300rpm
最大トルク65N・m(6.6kgf・m)/4,800rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
(2021年3月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダ N-BOXって普段使いにはどう?

家族でお出かけにも楽々の室内空間

《写真提供:response》ホンダ N-BOXの室内空間

ファミリー4人での乗車にもけっして窮屈さを感じさせないインテリアは、N-BOXの大きな魅力となっています。先にも述べましたが多彩なシートアレンジにより、お子様のいるご家庭でも、安心してお出かけになることが出来るのがN-BOXになります。

特筆すべき点として荷室の広さが挙げられます。リアシートを倒せば幅112cm・奥行153.5cmの荷室になり、27インチサイズの自転車も収納可能になります。

リアシートの座面を跳ね上げれば、違うレイアウトの荷室が広がります、こうすることにより、狭い場所などでリアゲートを跳ね上げられない場合でも、後席を荷室として活用出来ます。その広さはA型ベビーカーを納められる広さがあります。

「心地よい時間が流れるモダンな空間」というキャッチコピーの通り、シックなインテリアデザインになります。室内色の組み合わせは標準仕様でブラウンとアイボリー、カスタムでブラックとガンメタとなっており、シックでモダンな室内空間を演出しています。

メーター類も視認しやすいすっきりとしたスリムなスタイルで、インテリアとしての役割も果たしています。

可愛さもありながらスタイリッシュでもあるエクステリア

《写真提供:response》《写真撮影 宮崎壮人》ホンダ N-BOX

フロントグリルなどは安心を与えてくれる骨太なデザインを採用していますが、全体的に洗練されたデザインといえるでしょう。

また、女性が乗っても違和感なくスタイリッシュなデザインは、そのヘッドライト形状の愛くるしさにあるかもしれません。すっきりしたデザインでありながら丸みを帯びたデザインは可愛らしさを演出しています。

ホンダN-BOXの価格

《写真提供:response》《撮影 内田俊一》ホンダN-BOX

ホンダN-BOXの新車価格、中古車価格についてご紹介します。ファミリーでのご使用も視野に入れて購入できるので、新車での購入も良い買い物になるでしょう。

ホンダN-BOXの新車価格

N-BOXはグレードがとても多く、120万円台から190万円台まであり予算に応じて選択しやすいこともN-BOXの魅力の一つとなっています。

また、ターボ車とノンターボ車の差額がそれほど大きくないため、選択肢が広がります。

G
FF:1,299,000円
4WD:1,420,000円
L
FF:1,418,000円
4WD:1,539,000円
L(コーディネートスタイル)
FF:1,618,000円
4WD:1,739,000円
L・ターボ
FF:1,599,000円
4WD:1,720,000円
L・ターボ(コーディネートスタイル)
FF:1,718,000円
4WD:1,839,000円
EX
FF:1,508,000円
4WD:1,629,000円
EX・ターボ
FF:1,836,000円
4WD:1,957,000円
Custom L
FF:1,609,000円
4WD:1,730,000円
Custom L(コーディネートスタイル)
FF:1,799,000円
4WD:1,920,000円
Custom L・ターボ
FF:1,790,000円
4WD:1,911,000円
L・ターボ(コーディネートスタイル)
FF:1,909,000円
4WD:2,030,000円
EX
FF:1,709,000円
4WD:1,830,000円
EX・ターボ
FF:1,836,000円
4WD:1,957,000円

ホンダ公式サイトより(2021年3月現在)

公式サイトはこちら

ホンダN-BOXの中古車価格

《写真提供:response》撮影 中村孝仁ホンダ N-BOX

軽自動車の中でも人気の車種なので、まだ大きく値引きされていません。

言い換えればそれほど年式は古くないので、状態のよい中古車を探しやすい車といえるでしょう。

G
FF:70万円台~180万円台
4WD:90万円台~190万円台

L
FF:130万円台~170万円台
4WD:130万円台~190万円台
L(コーディネートスタイル)
FF:150万円台~180万円台
4WD:-
L・ターボ
FF:150万円台~200万円台
4WD:-
L・ターボ(コーディネートスタイル)
FF:180万円台~
4WD:-
EX
FF:170万円台~
4WD:180万円台~
EX・ターボ
FF:180万円台~210万円台
4WD:-
Custom L
FF:140万円台~190万円台
4WD:4WD:170万円台~190万円台
Custom L(コーディネートスタイル)
FF:FF:170万円台~180万円台
4WD:-
Custom L・ターボ
FF:170万円台~210万円台
4WD:200万円台~220万円台
L・ターボ(コーディネートスタイル)
FF:170万円台~190万円台
4WD:200万円台~
EX
FF:170万円台~190万円台
4WD:190万円台~
EX・ターボ
FF:180万円台~210万円台
4WD:210万円台~

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年3月現在)
※表示価格は車両本体価格です。

response中古車はこちら

まとめ

《写真提供:response》《写真撮影 中野英幸》ホンダN-BOX(向かって左)とN-BOXカスタム

ホンダ N-BOXをご紹介しました。安全性能の充実、ホンダセンシングなど最新の装備を備えたN-BOX。ご家族で使える車としては最適な1台ではないでしょうか。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-BOX

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは新型のEVです。しかし、EVに乗ったことのない人は、本当に乗りやすいのか不安に感じることでしょう。そこで今回は、ホンダeの特徴やEVのメリット・デメリット、実際に使いやすいのかについてご紹介します。


ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

コンパクトサイズながら車内空間が広く、安全装備も豊富なホンダのN-VANは、車中泊も楽しめることで人気を集めています。今回はホンダ N-VANの特徴や魅力などをご紹介します。車中泊のポイントを知りたいと考えている方もぜひ参考にしてください。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


ホンダ シティ|トールボーイの衝撃!ホンダの名車の魅力に迫る

ホンダ シティ|トールボーイの衝撃!ホンダの名車の魅力に迫る

背が低いクルマのほうがカッコいい!という、クルマのスタイリングの常識をぶっ壊したのが、ホンダ・シティです。シティは「トールボーイ」と銘打った背高ノッポのデザインで登場し、1980年代初頭の日本の自動車業界に衝撃を与えました。1980年代のホンダは、とにかく自動車業界の常識をぶっ壊したい!という意欲にあふれていました。ホンダ・シティを通じて、1980年代のホンダの名車を見ていきましょう!


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。