トップへ戻る

軽商用バン、ダイハツ ハイゼットキャディー!移動販売車としても?

軽商用バン、ダイハツ ハイゼットキャディー!移動販売車としても?

ダイハツ ハイゼットキャディーは、おしゃれな外観と広い荷室スペースをもつ軽商用バンです。しかし、従来の軽バンとは異なり、人が使いやすいことにこだわって、随所に特徴をもっています。今回は、そんなハイゼットキャディーを解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ ハイゼットキャディーってどんなクルマ?

《写真提供:response》ダイハツ ハイゼット キャディー

ダイハツ ハイゼットキャディーは、「人の働きやすさ」をテーマに、新たな商用ニーズに対応することを目指した軽商用バンです。特徴はなんといっても、軽商用車に見えないそのデザイン。それもそのはず、ハイゼットキャディーは人気軽自動車『ウェイク』をベースに開発されています。

なので、商用バンにありがちな、デザインがいまいちとか、室内空間を優先するために走りや燃費がそれほどでもない、といったところが改善され、質の高い軽商用バンに仕上がっています。

そもそも軽商用バンってなに?

軽バンはアレンジの可能性をもっている!

一般的に「軽商用バン」とは、ワンボックスもしくはボンネットがほとんどない箱型のボディをした、軽自動車規格の貨物自動車を指して用いられる言葉です。軽商用バンは、配達などで多く用いられているため、「働くクルマ」のイメージが強いかもしれません。しかし最近では、おしゃれで、一般的な使い勝手も考慮されたクルマが登場してきており、軽商用バンの可能性に注目が集まっています。

軽乗用車の中で、特に人気があるのは「スーパーハイトワゴン」と呼ばれる、高い全高により広い室内空間を実現したクルマです。実際、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2020年の車名別新車販売台数に関するデータでは、軽自動車のトップ3に、N-BOX、スペーシア、タントが入り、スーパーハイトワゴンに人気が集中していることが明らかとなりました。

一昔前の軽自動車は、狭い室内、後部座席も申し訳程度、荷物も十分に積めない、といったクルマが多かった印象があるかもしれません。しかし、現在のスーパーハイトワゴンは、コンパクトカーを超えるほどの室内空間と、運転のしやすさにつながる視界の広さや乗り降りのしやすさを実現しており、快適性が劇的に向上しています。

軽商用バンのボディサイズは、こうしたスーパーハイトワゴンとほぼ同じで、広い室内空間を期待できます。加えて、商用として荷物を積むことがメインに考えられているので、工夫の余地が乗用車よりも大きく、多くの可能性を秘めたクルマとなっています。実際、東京オートサロンでは、軽商用バンをベースに、キャンパーやサーファー用にアレンジされた、遊べる軽バンや軽トラックが数多く出展されました。

軽商用バンと、スーパーハイトワゴンの違いはなにか?

《写真提供:response》ダイハツ ハイゼット キャディー X SA II

軽商用バンとスーパーハイトワゴンの大きな違いは、人を乗せることをメインに考えているか、モノを乗せることをメインに考えているか、ということがあげられます。この違いが、クルマのボディサイズが同じであっても、作りが異なることにつながります。

たとえば、一般的な軽乗用車のスーパーハイトワゴンは、エンジンを運転席より前に搭載して、駆動をフロントタイヤでおこなうFF(フロントエンジン・フロントドライブ)が採用されています。一方、軽商用バンは、広い荷室空間を確保するために、エンジンを運転席の下もしくは後ろにレイアウトする形である、キャブオーバーもしくはミッドシップが採用されています。

駆動も、後輪を駆動させるFR(フロントエンジン・リアドライブ)やMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)が主流とされています。しかし、仮にエンジンを運転席と助手席の下に配置すると、エンジンの分だけ座席位置が高くなり、乗り降りしにくいクルマになってしまいます。

そこで、ハイゼットキャディーでは、軽商用バンとしては異例のFF(4WDもあり)を採用。まるで乗用車のような乗り心地を提供しています。もちろん、しっかりとした荷室スペースと荷室高も実現して、乗用車の乗り心地と商用バンのスペース容量を両立させました。ちなみに、FFベースの商用バンスタイルは、ホンダの人気軽商用バンである「N-VAN」でも採用されています。

ハイゼットキャディーの特徴

広い荷室スペース

《写真提供:response》ダイハツ ハイゼット キャディー

とにかく室内空間が広く、軽商用バンとしてはトップクラスの荷室フロア高595mm。はじめてスーパーハイトワゴンの後部座席を体験すると、その広さに驚く方が多いですが、同様のスペースが荷物専用となって、さら広く感じさせます。

ダンボール中(669×319×432mm)の大きさであれば約8箱、ダンボール小(497×315×293mm)であれば約18箱も積載できる容量をもっています。

低いシートで、乗り降りがしやすい

《写真提供:response》ダイハツ ハイゼット キャディー パッケージ

従来の軽商用バンは、シートの下にエンジンを置く形が多く、その場合、運転席と助手席がやや高くなって、小柄な方や女性には乗り降りがしにくいケースがありました。

しかし、エンジン位置を通常の乗用車と同じにすることで、シートを低くできて、乗り降りしやすい、人が楽に使うことのできる設計を実現。乗用車と同じ感覚で、運転や乗り降りができるため、商用バンに乗りなれていない人にも違和感がありません。

軽乗用車とそん色のないドライブ性能

《写真提供:response》ダイハツ ハイゼット キャディー スマートアシストII

ハイゼットキャディーには、e:Sテクノロジーが採用されており、ツインカムDVVT3気筒12バルブエンジン(2WD車)の場合、25.0km/リットル(JC08モード/2021年3月現在、WLTCモードの記載なし)もの低燃費。

ほかにも、一部のグレードでは先進の安全技術である「スマートアシストⅢ」が採用されています。スマートアシストⅢは、クルマだけではなく、歩行者との衝突回避もサポートし、車線逸脱警報機能や誤発進抑制制御機能など、軽乗用車と同レベルの、安心運転支援をおこないます。

軽自動車税が安い

通常の軽自動車と比較して、商用の軽自動車は自動車税が安く設定されているため、ランニングコストを抑えられる可能性があります。たとえば、2015年4月1日以降の新税率では、貨物用(自家用)の軽自動車税は「5,000円」です。

同様の条件で、乗用(自家用)の場合、軽自動車税は「10,800円」ですから、その差は倍以上の「5,800円」も違います。

良質なデザインとボディカラー

《写真提供:response》ダイハツ ハイゼット キャディー

ハイゼットキャディーは、軽商用バンといって連想する野暮ったいイメージとは異なり、洗練されたデザインです。ウェイクをベースにしているだけあり、インパネ周辺のデザインも、ウェイクと大きな違いはありません。

そしてボディカラーは、定番の「ホワイト」や「ブラック(ブラックマイカメタリック)」はもとより、「オレンジ(トニコオレンジメタリック)」や「ピンク(ライトローズマイカメタリック)」が用意されていて、おしゃれなクルマに仕上がっています。

ハイゼットキャディーのデメリットは?

2人乗り以外の選択肢がない

《写真提供:response》ダイハツ ハイゼット キャディー X SA II

ハイゼットキャディーの乗車人数は2名です。ときどき4人で乗りたいという人には向いていません。簡易的なリアシートさえなく、そもそも車検証には、乗車人数が2名となっているので、法律上乗れません。

ですから、2シーターのクルマで問題ないという方のみの選択肢になってしまいます。ファミリーカーを想定して使用することは難しいでしょう。

最大積載量が150キロ

広い荷室スペースをもつハイゼットキャディーですが、最大積載量は150キロまで。150キロと聞くと結構積めるように思うかもしれませんが、一般的な商用軽ワンボックスバンは最大積載量が350キロですから、ハイゼットキャディーはその半分もありません。

重い荷物を積む職人さんや、大型の荷物を運ぶ宅配業者さんには、不向きな車両といえるかもしれません。

ハイゼットキャディーが販売終了?!

2021年3月末現在、『ハイゼットキャディーが生産終了』との情報が飛び交っています。

ダイハツ工業の公式ホームページでは、正式なリリースがないものの、ダイハツ広島販売の店舗ブログには「ありがとうハイゼットキャディー」というタイトルとともに、

この度、ハイゼットキャディーの

生産終了が案内されました。

との言葉があり、信ぴょう性は高そうです。

実際、ハイゼットキャディーの公式ホームページを見ると「グレード・オプション・ボディカラーなど仕様によってはお客様のご要望に沿えない場合がございます。詳しくは販売会社におたずねください」となっていて、在庫のみの対応に可能性がうかがえます。

もし、ハイゼットキャディーの購入を検討していて、希望のボディカラーなどがある場合、早めに問い合わせたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

《写真提供:response》ダイハツ ハイゼット キャディー

ハイゼットキャディーは、軽商用バンにFF(前輪駆動)をもたらし、乗用車ベースの設計、通常のスーパーハイトワゴンと同様の着座姿勢など、軽商用バンに一石を投じたクルマです。デメリットも存在しますが、特徴が多いだけに、ニーズがはまれば、使いやすいクルマでしょう。

今回の記事を参考に、ぜひご検討ください。

関連する投稿


60年目のダイハツ ハイゼット!バリエーション解説から中古相場まで

60年目のダイハツ ハイゼット!バリエーション解説から中古相場まで

街中で見かけない日はないであろう、ハイゼット。軽トラックや軽バンは、小回りの利く小型ボディながら実用性が抜群で、あらゆるビジネスで重宝される存在ですね。そんなハイゼット、なんと60年目を迎えた歴史ある車名であることはご存知でしたか。この記事では、現行ハイゼットのバリエーションからハイゼットの歴史まで、詳しくご紹介していきます。


【意外と使い勝手が良い?】おすすめの軽バン5選!

【意外と使い勝手が良い?】おすすめの軽バン5選!

軽バンは広々とした室内空間が特徴で、街乗りにもレジャーにも利便性の高い車です。とはいえ、市場に出回っている軽バンは種類がたくさんあり、どれを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの軽バンを5種類厳選して紹介します。歴史あるモデルから比較的新しいモデルまで、簡単なスペックと新車価格をまとめましたので、乗り換えをご検討の方はぜひ参考にしてみてください。


おしゃれ女子御用達!スタイリッシュな軽自動車9+1選!

おしゃれ女子御用達!スタイリッシュな軽自動車9+1選!

軽自動車の重要なターゲットである女性にとっては、性能も安全性も必要ですが、やはり自分の乗る車はおしゃれでなければと思っているでしょう。そこで、今買えるおしゃれでスタイリッシュな軽自動車をご紹介!比較検討してみれば、自分好みの一台が見つかるはずですよ!


ワンボックスカーなら荷物も人も積み放題!おすすめ車種はこれだ!

ワンボックスカーなら荷物も人も積み放題!おすすめ車種はこれだ!

市場ではSUV人気が止まらない勢いで継続していますが、実は最近のSUVは室内空間や荷室などのスペースユーティリティ性では意外と控えめなものもありますよね。荷物や人をしっかり運びたいなら、やはりワンボックスカーに勝るものはありません。段々ラインナップが減ってきてはいますが、その分現行各車はかなり凝縮された魅力を備えています。現行ワンボックスカーをまとめて見ていきましょう。


【普段使いも楽勝】魅力いっぱい軽トラックの世界!車種まとめ、比較

【普段使いも楽勝】魅力いっぱい軽トラックの世界!車種まとめ、比較

お仕事専用車と思われがちな軽トラックですが、近年ではパワステ・エアコンなどの装備も充実していますし、もはやファーストカーとしても使えそうな豪華仕様もあります。使い勝手の良さは見た目の通りで、走行性能も文句なく、趣味の車として軽トラを愛でるユーザーまでいるほど。最新軽トラの魅力をまとめてみました。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。