トップへ戻る

ダイハツ キャストの内装、車内空間の使い勝手まで徹底解説!

ダイハツ キャストの内装、車内空間の使い勝手まで徹底解説!

おしゃれなデザインによって幅広い層の方から人気を集めているダイハツキャスト。今回は、コンパクトタイプの軽自動車であるダイハツキャストの内装や車内空間の使い勝手などについて詳しくご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ キャストとはどんな車?

≪写真提供:response≫ダイハツ キャスト

近年「売れている」軽自動車といえばスーパーハイトワゴン系一色となっています。軽自動車ながら非常に広い車内空間の確保が可能で、使い勝手が良いことからこのカテゴリーの人気が高まっています。

しかし、それ以前に主流だったのはハイトワゴンタイプのものです。もともと、軽自動車の狭くて使い勝手が悪いというイメージを覆したのはスズキ ワゴンRやダイハツ ムーヴなどのハイトワゴンタイプのモデルでした。

その後、ハイトワゴンが軽自動車のスタンダードとなり、さらに車内空間の広さを重視したモデルとしてスーパーハイトワゴンが登場しました。こうして考えると、ハイトワゴンタイプは現代の軽自動車の基本スタイルであると言えるでしょう。

スーパーハイトワゴンの人気に押される形でやや存在感が薄れているというイメージが持たれているハイトワゴンですが、軽自動車のスタンダードモデルとして評価が安定していると考えることもできます。実際に、多くの自動車メーカーがスーパーハイトワゴンと並行して、ワゴンタイプの軽自動車の開発や販売を継続しています。

軽自動車において大きなシェアを誇るダイハツのハイトワゴンといえば、最初に思い浮かぶのはムーヴではないでしょうか。しかし、もうひとつ強い存在感を放っているモデルがあり、それがキャストです。その個性的なスタイリングによって鳴り物入りでデビューしたキャストですが、市場においては大きな成功を収めているモデルとはいえません。

しかし、他のモデルにはない個性を持ったモデルなので、軽自動車の購入を検討しているのであればしっかりとチェックしておきたいモデルのひとつです。

特徴的なデザイン

≪写真提供:response≫ダイハツ キャスト

キャストの最大の特徴となっているのはやはりデザインです。ハイトワゴンタイプの軽自動車には個性的なデザインのものも増えていますが、その中でもキャストは特に個性的なスタイルに仕上げられています。

全高を抑えて曲線を多用したスタイルはホンダ N-ONEなどとも共通しますが、よりクラシカルな印象のデザインに仕上げられています。クラシカル系のデザインは質感が低いとチープな印象になってしまいがちですが、外装ではメッキパーツを多用するなどによって高級感のある質感に仕上げられています。

また、内装にはウッド調のパネルなどが使用されており、とても上品でシックな印象です。

このように、キャストはデザイン面でとても大きな存在感を放っているモデルであると言えます。

コンパクトで乗りやすい軽

≪写真提供:response≫ダイハツ キャスト

キャストの特徴はデザインだけではありません。車内空間を広くするために軽自動車も大型化が進んでいる一方で、キャストはコンパクトに仕上げられています。そのためとても乗り心地がよく、使い勝手は抜群です。特に、全高が低く抑えられているので、横風などの影響を受けにくく、高速走行時なども車体が安定しています。

使いやすく、走りやすいという点もキャストの持つ大きな利点のひとつとなっています。

キャストの内装、車内空間は?

≪写真提供:response≫ダイハツ キャスト

軽自動車を選ぶ上で、内装や室内空間を特に意識するという方も多いでしょう。

そこで、続いてはキャストの内装や室内空間について詳しくご紹介します。

こだわりを感じさせる質感の高い内装

≪写真提供:response≫ダイハツ キャスト インテリア

すでにご紹介した通り、キャストの内装はシックで高い質感でまとめられています。特に注目すべきなのは運転席周りです。ウッド調のパーツなどを多用することで、クラシカルでとても落ち着いた雰囲気になっています。近年の軽自動車は近未来的でギラギラした印象のものが多いこともあって、どこか懐かしさを感じさせてくれます。

また、軽自動車としては珍しいレザー調のシートを選択できるという点も大きなポイントです。

車内空間は必要十分

≪写真提供:response≫ダイハツ キャスト スタイル Gターボ プライムコレクション SAII

車内空間はやはりスーパーハイトワゴン系のタントなどと比較するとやや物足りない印象を受けるかもしれません。

しかし、全高の割に車内高は十分に確保されているので窮屈さを感じることはありません。後部座席のスペースも十分に確保されているので、長時間座っていても疲れるようなことはありません。

荷室の積載量は?

≪写真提供:response≫ダイハツ キャストスタイル

ラゲッジスペースについても積載量はそれほど大きいわけではありません。しかし、リアゲートの開口部も広く、リアシートを倒すことによって簡単に拡大できるので、使い勝手は良い方だといえます。

前述の通り、室内高も高いのである程度のサイズの荷物も積み込むことができます。

ターボグレードも用意!抜群の走行性能

キャストはターボエンジンを搭載したグレードも用意されています。そのため、走行性能にこだわりたいという方にもおすすめのモデルとなっています。

すでにご紹介した通り、全高が抑えられている分だけ空力面で有利なのみでなく、重量も抑えられているので軽自動車ながらスポーティな走行も楽しめます。

キャストのライバルは?

キャストは唯一無二の存在感を放っている軽自動車ですが、他メーカーにも同様に個性的なモデルが存在しています。

そこで、最後にキャストのライバルにあたるモデルをご紹介します。

ホンダ N-ONE

≪写真提供:response≫ホンダ N-ONE

キャストの最大のライバルとして挙げられるのは、ホンダ N-ONEです。プレミアムタイプの軽自動車の定番モデルで、キャストと同様、デザイン、質感にしっかりとこだわって設計されています。

また、スポーティな走行を楽しめるRSモデルが設定されている点も魅力です。

スズキ ラパン

≪写真提供:response≫スズキ アルトラパン

クラシカルなデザインの軽自動車という点ではスズキ ラパンもキャストのライバルにあたるでしょう。ラパンは直線を多用したデザインと豊富なカラーリングによって、他の軽自動車にはない魅力を持っています。

個性的なデザインの軽自動車を求めているのであれば検討してみましょう。

まとめ

≪写真提供:response≫ダイハツ キャスト

ダイハツのキャストは売り上げの面では成功したモデルとはいえないかもしれません。しかし、売り上げと車としての完成度や魅力は必ずしも比例するというわけではなく、キャストは他の車にはない個性を持っています。

数多くの軽自動車を開発してきたダイハツの力作なので完成度も非常に高く、軽自動車の購入を検討している方にとって有力な選択肢のひとつになるでしょう。これから軽自動車の購入を予定しているのであればキャストもしっかりとチェックしてみてください。

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で上位に入っているモデルです。軽スーパーハイトワゴンで広い室内空間を持っているだけでなく、ファミリー層に使いやすい収納が魅力です。この記事では、N-BOXの内装の特徴を徹底的に解説します。


ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダの人気ミニバンのオデッセイは、低全高でも広い空間を確保しており、5代目からはスライドドアを採用するなど使い勝手も向上させているモデルです。2020年11月にはマイナーチェンジが実施され、快適性が高まっています。刷新されたオデッセイの内装はどのようなものでしょうか?装備や荷室をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。