トップへ戻る

CX-3のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

CX-3のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

スタイリッシュなデザインと優れた走行性能を持つ、人気のコンパクトクロスオーバーSUVのCX-3には、豊富なバリエーションがあるのでどのグレードを選んだら良いのか迷うかもしれません。そこで今回は、CX-3のグレード別にその特長をご紹介し、グレード選びのお手伝いをしたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


CX-3とはどんな車?

マツダ『CX-3』Lパッケージ

「CX-3」は、塊感のあるボディと伸びやかなキャビン、そしてショートオーバーハング等により、上質かつスタイリッシュなデザインのマツダのコンパクトクロスオーバーSUVです。

さらに、あらゆる場面での使いやすさを追求したサイズとパッケージングにより、運転が楽しいと感じられる走行性能を高次元で融合しています。

2015年にデビューして以来、約6年が経過し、多くの改良を受けた「CX-3」ですが、その間に新開発のディーゼルエンジンやデザイン変更、安全性能など多くの改良が施されています。

2020年5月の通算5度目の商品改良において、1.5Lガソリンエンジンを追加し、2.0Lガソリンエンジンや1.8Lディーゼルエンジンと合わせて3種類のエンジンが設定されています。

また、新世代シート技術や、Apple CarPlay/Android Autoの採用、外板色「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定しています。さらに、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が標準装備となっています。

CX-3のグレード構成

マツダCX-3 Lパッケージ⦅画像提供:Response⦆

グレード構成もたびたび改変がなされています。

現行モデルのCX-3には、1.5Lと2.0Lのガソリン車と、1.8Lクリーンディーゼル車があり、装備内容によってグレードが設定され、1.5Lガソリン車には「15S」「15S Touring」、2.0Lガソリン車には「20S PROACTIVE S Package」「20S Exclusive Mods」が設定されています。

また、1.8Lクリーンディーゼル車には「XD」「XD PROACTIVE S Package」「XD Exclusive Mods」が設定されています。


マツダ CX-3】グレード名と車両本体価格(消費税抜き)

グレードトランスミッション  2WD  4WD
ガソリン 1.5L車と2.0L車



15S6EC-AT
1,720,000円1,929,273円
15S Touring
6EC-AT
1,810,000円2,019,273円
15S Urban Dresser
6EC-AT
2,065,000円2,274,273円
20S PROACTIVE S Package
6EC-AT
2,260,000円2,469,273円
20S Exclusive Mods
6EC-AT
2,416,000円2,625,273円
ディーゼル1.8L車



XD
6EC-AT/6MT
2,266,000円2,475,273円
XD PROACTIVE S Package
6EC-AT/6MT
2,536,000円2,745,273円
XD Exclusive Mods
6EC-AT
2,666,000円2,875,273円
(2021年6月現在 マツダ公式サイトより)

ベースグレードでも充実した装備のベースグレード

マツダ CX-3 XD⦅画像提供:Response⦆

CX-3は基本グレードの15Sにおいても、衝突被害軽減ブレーキやAT誤発進抑制機能、先進ライトや車線逸脱警報システムなどの先進安全機能や、カーテン&フロントサイドのエアバッグも標準装備されています。

コストパフォーマンスの良い 15S Touring

マツダ CX-3 15Sツーリング⦅画像提供:Response⦆

15S Touringは、15Sに対してフロントグリルにシルバーのラインが入り、ステアリングがウレタンから本革巻にグレードアップするとともに、サテンクロームメッキ加飾がスポークベゼルに加わるなど、室内の質感も向上しています。また、フルオートエアコン(花粉除去フィルター付)になるという違いがあります。

15Sでは物足りないけど特別仕様車までは必要ないという人にとって、税抜価格で9万円アップで上記の装備される15S Touringはコストパフォーマンス抜群のグレードといえます。

快適なシート機能を追加 PROACTIVE S Package

マツダ CX-3 XD プロアクティブ Sパッケージ⦅画像提供:Response⦆

PROACTIVE S Packageは快適機能にこだわった装備をプラスしています。

ステアリングにヒーター機能が加わり、シート周りでは運転席と助手席のヒートシーター、シートメモリー機能付きの運転席10ウェイのパワーシートなどが装備されます。

また、エクステリアではLEDフォグランプとフロントとサイド下側のメッキガーニッシュが追加装備され、精悍なフロントフェイスになります。

新たな最上級グレード Exclusive Mods

マツダ CX-3 XD エクスクルーシブ モッズ⦅画像提供:Response⦆

特別仕様車であったExclusive Modsですが、グレード構成の見直しによって現在はカタログモデルの最上級グレードとなっています。

ディープレッドのナッパレザーシートとピュアホワイトの合成皮革のインパネデコレーションパネルの専用インテリアコーディネーションが採用され、高輝度ダーク塗装の18インチアルミホイール、スーパーUVカットガラス&IRカットガラスが装備されています。

特別仕様車 15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)

マツダ CX-3 アーバンドレッサー⦅画像提供:Response⦆

Urban Dresserは、自分なりのこだわりを持つ人のための、1.5L車のみに設定されるカジュアルな室内空間と充実の快適、安全装備の特別仕様車となっています。

シートには明るいピュアホワイトの人工皮革を採用し、シート中央やダッシュボード、ドアトリムにはライトブラウンのグランリュクスを使用してカジュアルモダンな装いの室内空間となっています。

また、ニーズの高い安全装備のマツダ・レーダー・クルーズ・コントロールや360°ビュー・モニターを装備。さらに、快適装備のスーパーUV&IRカットガラス、前席シートヒーター、ステアリングヒーターを標準装備しています。


おすすめは1.5Lガソリン車!

マツダ CX-3 15Sツーリング⦅画像提供:Response⦆

CX-3はエンジンをガソリンかディーゼルにするかで車の性格も予算も大きく異なってきます。街乗りメインで軽快に走りたいのなら1.5Lのガソリン車が最適です。

1.5Lの上位グレードにあたる15S Touringを選べば、タイヤ/ホイールサイズ以外では2.0L車と外観上ほとんど差がないなど、充実した標準装備が備わります。しかも2WD車で181万円(税抜き)というリーズナブル価格なのが決め手です。

もし、もっと高級感をお望みならば、特別仕様車の15S Urban Dresserが15S Touringから税抜価格で約25万円アップで用意されているのでこちらもおすすめです。

専門家も納得するCX-3の1.5L車

我々ジャーナリスト目線になると常に最良を求める傾向が強くて、だからCX-3の場合も初めからディーゼルが良いと感じているのだが、年間走行距離が少なく、かつ静かなモデルの方が良いとなれば、2リットルガソリン車が視野に入り、さらに乗り心地が良い方が良いなとなればこの15Sが視野に入るという寸法で、グレード設定も実にうまくできていると思えた。

CX-3 中古車相場

2015年式 マツダ CX-3 XD⦅画像提供:Response⦆

2015年から発売されているCX-3は中古車も多く流通しており、年式や仕様も比較的選びやすい車種となっています。ただし、人気モデルなので高めの価格設定になります。

画像で分かるように、商品改良を繰り返しているものの見た目は現行モデルと見分けがつかないので、新車の購入をためらっている方は中古車も検討されてはいかがでしょうか。

【マツダ CX-3】中古車相場

生産期間
中古車平均価格(消費税込み)
2020年6月~生産中
227.7万円
2019年10月~2020年5月生産モデル
199.7万円
2018年5月~2019年9月生産モデル
199.7万円
2017年6月~2018年4月生産モデル
179.2万円
2016年11月~2017年5月生産モデル
168.0万円
2015年12月~2016年10月生産モデル
151.9万円
2015年2月~2015年11月生産モデル
138.8万円

(2021年5月現在レスポンス中古車検索より)

まとめ

ベースグレードから最高級グレードまでの価格帯が大きいCX-3は、あれもこれもと機能や性能を求めると予定していた予算がオーバーしかねません。

かしこいグレード選びをするには、自分が欲しい機能と性能を明確にして、その機能が必要かどうか選べば最適なグレードが浮かび上がるでしょう。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。