トップへ戻る

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ヴィッツとは

≪写真提供:response≫トヨタ ヤリス

90年代中頃まで普通乗用車といえば多くの方が真っ先にセダンを思い浮かべていました。実際に、普通車のもっとも有力な選択肢はセダンであり、ファミリー層はミニバンなどを選ぶという形が一般的でした。

しかし、自動車の世界の常識やトレンドは時代によって大きく変化するものです。90年代から2000年代に入ると、普通車の選択肢の中で、コンパクトハッチバックが主流へと変化していきます。コンパクトなサイズながらセダンよりも広い車内空間を確保しやすく、軽量なので燃費性能も高いといったメリットが注目されるようになったのです。

この時代、多くのコンパクトハッチバックの名車がいくつも誕生しました。現在も定番モデルとして人気のホンダ フィットやスズキ スイフト、マツダ デミオ、そしてトヨタ ヴィッツなどです。

特にヴィッツは高い人気を誇り、コンパクトハッチバック人気を牽引し続けるモデルとなりました。コンパクトで乗りやすいことから、家庭向けにはもちろんのこと、商業車としても高い人気を集めました。それまで営業車、商業車といえば同じハッチバックでもステーションワゴンが定番でした。

しかし、ヴィッツなどのコンパクトで燃費が良く、同時に広い車内空間を確保してたモデルが登場したことによって積極的に採用されるようになったのです。

こうして、トヨタを代表するモデルとなったヴィッツはどんな車なのかを詳しくご紹介していきましょう。

コンパクトで運転しやすいハッチバック

ヴィッツの最大の魅力は運転しやすいコンパクトなサイズです。小回りも利きますので、狭い道でも安心して走行できます。これまで、小回りが利く車といえば軽自動車が主流でしたが、ヴィッツは軽と比較しても遜色ないほどに狭い道でもスムーズに走ることができます。

そして、サイズはコンパクトでも十分な排気量がありますので、キビキビと走り、高速道路も余裕をもって走行できます。

さらに、サイズはコンパクトながら車内空間はとても広く確保されていますので大人が4人乗車しても窮屈さを感じることはありません。見た目以上に車内高も高いので開放感もあります。ラゲッジスペースも広いので、大きめの荷物も楽に積み込むことができます。

このように、さまざまな点でとてもバランスが取れた車としてトヨタを代表するロングセラーモデルとなりました。

ヤリスとして生まれ変わった人気モデル

ヴィッツが誕生したのは1999年のことです。スターレットの後継車という扱いではありますが、世界市場で戦えるまったく新しいコンパクトカーというコンセプトで開発されています。

従来のプラットフォームを流用するのではなく、エンジン、トランスミッション、サスペンションなどを新設計することによって完全新開発されました。そのお陰でコンパクトサイズながら大人4人がゆったりと乗車でき、キビキビと走る走行性能を持つ完成度の高いコンパクトカーに仕上がっています。

その後2005年にはじめてのフルモデルチェンジが行われ、コンセプトはそのままにデザイン面などがさらに進化しています。このモデルからは実用性のみでなく、デザインや質感などにも力を入れられるようになり、単に「便利な車」から「魅力的な車」という要素が強くなっています。

2010年には2度目のフルモデルチェンジが行われました。この時点でヴィッツは世界的にも完全にトヨタの顔的な存在になっており、世界70カ国以上で累計350万台以上を売り上げています。この3代目ヴィッツではあらためてコンパクトカーに求められる要素を見直して、再度開発をやり直すことによって、居住性能、走行性能がそれぞれハイクオリティに仕上げられ、まさにコンパクトハッチバックの完成形のひとつとなっています。

そして2020年、ヴィッツはヤリスへと生まれ変わりました。これほどまでのヒットモデルの名称を変更することには当然リスクも伴います。しかし、ヤリスという名称は2020年に急に誕生したものではありません。

実は海外市場においてヴィッツはヤリスという名称で販売されてきたのです。トヨタは今や日本だけの企業ではなく、世界中で多くの車を販売しています。そこで、今回のモデルチェンジを機に世界共通の名称に変更する形になったのです。

こうして、ヴィッツという名称の歴史には終止符が打たれる形になりましたが、そのコンセプトは現在も生き続けています。

ヴィッツ、ヤリス比較表(サイズ、燃費)

サイズ


ヴィッツヤリス
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,945×1,695×1,500~1,530
3,940×1,695×1,500~1,515
室内(長×幅×高)
1,920×1,390×1,240~1,250
1,845×1,430×1,190
乗車定員
5名5名


燃費


ヴィッツ
ヤリス
JC08モード
21.6~34.4km/L[4WD:18.0]
-
WLTCモード
-14.7~40.2km/L[4WD:19.2〜33.2]


洗練された魅力的なデザイン

ヤリスに生まれ変わったヴィッツですが、ニューモデルを見て最初に惹きつけられるのはスタイリッシュなスタイルです。3代目ヴィッツも洗練されており、スポーティでスタイリッシュなデザインとなっていました。ヤリスでは方向性はそのままにさらにスポーティさが強調されています。コンパクトカーというよりもクーペのような印象を受け、「いかにもよく走りそう」なデザインです。

また、2トーンカラーの選択も可能になったことによって、都会的でお洒落な印象に仕上げることもできます。3代目の時点ですでにコンパクトカーの完成形と言っていいほどに素晴らしいデザインに仕上げられていましたが、ヤリスに生まれ変わってさらなる進化を遂げました。

純トヨタ産本格スポーツGRモデルも設定

2020年、車好きな方の間で特に大きな話題を呼んだモデルのひとつとしてGRヤリスが挙げられます。その名の通り、ヤリスをベースとしたスポーツモデルとなります。

ヴィッツ時代もRSなど、よりスポーティな走行を楽しめるモデルが存在していましたが、GRヤリスは本気度が違いました。通常のヤリスをチューンアップするのではなく、完全なスポーツカーとして新たに設計し直しているのです。

トヨタはスポーツカーの販売を行っていますが、ここ最近は自社のみでの開発は行っていませんでした。86はスバルとの共同開発ですし、スープラはBMWとの共同開発です。スポーツカーの開発には多額のコストがかかる割に、回収も難しいことから近年では複数のメーカーが共同で開発するというケースが増えているという背景はあっても、車好きな方としては少し寂しく感じられたことでしょう。

そんな中、トヨタが本気で開発した純トヨタ産スポーツカーとして登場したGRヤリスは非常に高い注目を集めました。

注目を集めたのみでなく、設計、デザインともに素晴らしく発売からそれほど経過しているわけではありませんがすでに世界的に高い評価を集めるようになっています。

現行ヤリスのコストパフォーマンス

≪写真提供:response≫トヨタ ヤリス(海外仕様)

自動車の購入を検討する際に、特に気になるのはやはりコストパフォーマンスです。

ここではヤリス(ヴィッツ)の新車価格や中古市場価格、そして燃費などをチェックします。

ヤリスのグレード別新車価格

ヤリスはガソリン車とハイブリッド車がラインナップされています。まず、ガソリンのベースグレードにあたる「X“Bパッケージ”」は1,268,182円(税抜)上位グレードの「Z 1.5L CVT 2WD」が1,791,818円(税抜)となっています。

ハイブリッド車のベースグレード「HYBRID X 1.5L 2WD」は1,816,364円(税抜)上位グレードの「HYBRID Z 1.5L 2WD」は2,112,727円(税抜)です。

ガソリングレードは上位グレードでも200万円を切っていることもあって、コストパフォーマンスはかなり高いと言えるでしょう。また、ハイブリッド車についてはガソリン車との価格差が近いグレードのもので50万円ほどあり、少し割高に感じられてしまうかもしれません。コンパクトカーは車体価格が100万円台のモデルが中心となりますので、より50万円の差が大きく感じられるのかもしれません。

※価格は公式サイトより(2021年5月時点)

中古車市場価格

ヴィッツは歴史が長いモデルだけあって、中古車市場にもかなりの台数が出回っています。ただ、初期のモデルはもう20年前になりますのであまり現実的ではありません。

比較的新しい3代目(2010年発売)に限定すると、車体価格は50〜100万円前後が相場となります。この3代目もヒットしましたので選択肢は豊富で、ハイブリッドモデルもかなり出回っています。

燃費性能

現行のヤリスの燃費はグレードやエンジンによっても異なりますが、ガソリン車はWLTCモードで19.2〜21.6km/Lです。ハイブリッド車は30.2〜36.0km/Lとなっています。

ガソリン車、ハイブリッド車ともに非常に優秀な燃費性能であると言えます。特にハイブリッド車の燃費性能は国産車でもトップクラスです。

ヤリスのライバル

≪写真提供:response≫トヨタ ヤリス(海外仕様)

自動車の購入を検討する際に、ライバル車との比較はとても重要となります。

そこで、最後に現行ヤリスのライバルとなるコンパクトハッチバックをご紹介します。

ホンダ フィット

≪写真提供:response≫ホンダ フィット

発売当初からヤリスのライバルとして人気を集めてきたのがフィットです。

現在でもコンパクトハッチバックの定番モデルとして人気を集めており、2020年に発売された新型モデルも好調な売れ行きを記録しています。

スズキ スイフト

≪写真提供:response≫スズキ スイフト

走行性能の高いコンパクトハッチバックとして人気を集めているのがスズキ スイフトです。

スポーツモデルもラインナップされていますので、よりスポーティな走行を楽しみたいという方にもおすすめのモデルです。

マツダ2

≪写真提供:response≫マツダ マツダ2

新型ヤリスと同じく、クーペスタイルのスタイリッシュなコンパクトカーとしてライバルに挙げられるのがマツダのマツダ2です。

以前はデミオという名称で親しまれてきましたが、ヤリスと同様に世界共通名のマツダ2に変更されています。

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ ヤリスWRC

ヴィッツはトヨタを代表するコンパクトハッチバックとして長年にわたって高い人気を維持してきた名車です。2020年には世界共通名称であるヤリスに改められ、フルモデルチェンジが行われ、再び注目を集めています。

コンパクトカーの購入を検討しているのであれば真っ先に候補に挙がるモデルのひとつなので、しっかりとチェックしておきましょう。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。