目次へ戻る

トヨタアルファード トヨタエスティマ 徹底比較!

トヨタアルファード トヨタエスティマ 徹底比較!

トヨタのアルファードとエスティマの概要、車内空間、収納、走行性能、安全性を徹底比較しました。この両車種はLクラスミニバンの人気車種となっています。


特徴・概要

コンセプト・ターゲット

トヨタのアルファードとエスティマはいずれもLクラスミニバンで人気の車種です。

ともにガソリンエンジン、ハイブリッドで発売されており、車内の広さや燃費の良さなどが共通の特徴です。

エスティマは発売当初から人気でトヨタの同クラスを牽引してきた存在で、アルファードはその車内空間と高級感満載の内容で今や同クラスのトップシェアを誇っています。

いずれも家族向けの車として充分な装備が備わっていますが、アルファードは高級感、エスティマは安心感というそれぞれ特徴のある2台となっています。

利用シーン

Lクラスミニバン同士のこの2台は、その広い車内空間などから多くの利用シーンで大活躍です。

例えば、荷室容量がかなり大きいので荷物が多くなる家族旅行や日常の買い物では、人が多く乗っていても特にストレスを感じる事はないでしょう。

さらに、シートアレンジも様々に出来るので車中泊が必要になっても充分ゆっくりお休みが出来ます。

車内の広さだけでなく、パワースライドドアやフロアの低さで乗り降りもしやすいので2世帯家族や子供のスポーツクラブなどの送迎などお子様やお年寄りも安心して乗降が出来るのも人気のひとつです。

トヨタアルファード 概要

■搭乗人数・概要

最大8人乗りのアルファードは、「大空間高級サルーン」をキーワードに開発され、見た目や内装も豪華で高級感のある車です。

そのデザインはグッドデザイン賞も受賞するほどで、「豪華・勇壮」なエクステリアデザインとなっています。

車内の広さは最大の特徴で、シートアレンジも様々でき、どの席に座っても上質でくつろげる空間を提供してくれています。

価格はハイブリッド車で約400万円~700万円台、ガソリンエンジン車で300万円~500万円でエコカー減税の対象車です。

トヨタエスティマ 概要

■搭乗人数・概要

エスティマは発売当初から人気で長い間多くの方に親しまれています。

グッドデザイン賞を受賞したデザインは先進感に満ちておりどのミニバンにも似ておらず、時を経ても古臭さなど感じずひと目でエスティマと認識できるほどです。

最大8人乗りの車内はとても広く、8人乗っても荷物を載せても狭く窮屈に感じることなく3列目までゆとりをもって過ごすことが出来ます。

価格はハイブリッド車が400万円~500万円、ガソリンエンジン車で340万円~400万円以下となっており、アルファード同様こちらもエコカー減税の対象車となっています。

車内空間・収納

シート比較

■トヨタ アルファードシートアレンジ

アルファードは多彩過ぎて覚えきれないほどのアレンジが可能です。

最大1,160mmのスーパーロングスライドが可能な助手席は、セカンドシートと同一レール上にシートを設置することにより助手席前を拡大したり反対に助手席とセカンドシートを前にずらし後方を広くとることが出来ます。

それ以外にもフルフラットにしてベッドのようにしたり、荷室を広げる最大積載モードなど高級感がありながらも使い勝手の良さも併せ持った仕様になっています。

■トヨタ エスティマシートアレンジ

エスティマもシートアレンジは負けていません。

最大800mmを誇るリラックスキャプテンシートのスライド量はかなりのもので、サードシートも床下格納が出来るので最高部にスライドさせればとても車の中とは思えないほどの広い空間が誕生します。

また、反対に前方にスライドさせれば荷室を大きく広げることが出来るので大きな荷物も充分に載せることが可能です。

ドア・乗降性

どちらの車もパワースライドドアを採用し、スマートキーを携帯していればワンタッチで開閉も出来るので非常に便利です。

ドア開口部の広さも大きく、特にアルファードが780mmと拡大し、ステップの高さも低床にしているので小さなお子様やお年寄りも乗り降りを安全に出来るようになっています。

2台とも大きな車体でありながら乗降性が高いため、乗り降りに不便さを感じることは無いでしょう。

トヨタアルファード 収納・バックドア

とにかく室内が広いアルファード。

収納スペースも充分で荷物のことでストレスを感じることはほとんどないと思います。

特に3列目収納をすることにより観葉植物がそのまま入るほどの広さの最大積載モードが作れるので、かなりの荷物が載せられます。

また、スイッチひとつで自動開閉ができるパワーバックドアを採用しているので、両手に荷物を抱えたままでも簡単に開けることが出来ます。

トヨタエスティマ 収納・バックドア

室内が広く多彩なシートアレンジも可能なエスティマは荷物の収納もたっぷり出来ます。

3列目のシートが床下に収納出来るのが特徴で、2列目のシートをフロント側に寄せることによりかなり大きな荷室スペースを作り出せて大きな荷物や多くの荷物も充分に載せることが可能です。

そしてバックドアにはスイッチひとつで開閉が可能なパワーバックドアを採用。

手が塞がっていてもラクに開閉が出来るのでとても便利です。

安全性・走行性能

トヨタアルファード 安全性

アルファードは安全性能も非常に高く、JNCAP新・安全性能総合評価の最高ランク「ファイブスター賞」を受賞しています。

そして進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援してくれる「プリクラッシュセーフシステム」やアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムの「インテリジェントクリアランスソナー(8センサー)」などの先進機能を搭載し、予防安全や衝突安全性の向上に努めています。

トヨタエスティマ 安全性

エスティマは予防安全性能評価などの受賞こそしていませんが、その安全性能は非常に高いです。

予防安全としてToyota Safety Sense Cを搭載し、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれます。

また、プリクラッシュセーフティシステムやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどの先進的機能により、ドライバーの安全運転と歩行者の方の安全を様々な角度からサポートしています。

走行性能

環境性能・JC08モード燃費比較をしていくと、2.5L 2AR-FE Dual VVT-iエンジンのアルファードは11.6km/L、BEAMS 2AZ-FE VVT-iエンジンのエスティマは11.4km/Lと燃費性能に関しては特に差は感じないでしょう。

また、いずれの車にも「7速スポーツシーケンシャルシフトマチック」を搭載しマニュアル感覚の素早いシフトチェンジも出来るのでスポーティーな走りを楽しみたい方も満足出来るのはないでしょうか。

尚、アルファードにはアイドリングストップ機能を搭載しており、普段通りに走るだけで簡単にエコ運転が出来るのも特徴のひとつです。

試乗記

それぞれ試乗した方の感想はどうだったのでしょうか。

アルファードについては、「静粛性が俄然高くなっている」「空のビジネスクラスを意識した」などと運転性能、贅沢な乗り心地に高評価を得ています。

一方エスティマは、「エスティマ史上最上の走りの質感、安定感」
「振動減衰性能が格段によくなっていた(青山氏)」と、従来のエスティマに比べると走行性、居住性ともに格段に良くなっているのではないでしょうか。

是非実際に比較試乗してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


【2019年末販売終了】トヨタのセダン マークXの新車・中古車価格、スペックほか

【2019年末販売終了】トヨタのセダン マークXの新車・中古車価格、スペックほか

トヨタのセダン、マークXは4ドアタイプの車です。2019年12月末をもって販売終了が発表されています。本記事では、改めてマークXに注目しました。マークXの新車価格や中古価格、スペックや燃費についてまとめています。気になっている方はぜひ、本記事を読んでみてくださいね。


トヨタのハイエースバン|スペックや種類、価格、詳細情報

トヨタのハイエースバン|スペックや種類、価格、詳細情報

ハイエースバンは、商用車の代表車種として絶対的な人気を誇っています。1967年に登場した初代からすでに50年近い歴史を持っているハイエースバンは、今ではキャンピングカーとしても人気を博しています。今回は、ハイエースバンのスペックや種類、価格、詳細情報をまとめてみました。


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


最新の投稿


【東京モーターショー2019】2019年10月24日開幕!一般公開日は2日延長に

【東京モーターショー2019】2019年10月24日開幕!一般公開日は2日延長に

2019年に開催される、東京モーターショー2019ですが、開催日程が決定しました。2019年10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。


温泉街にあるフルーツが名産の道の駅 原鶴

温泉街にあるフルーツが名産の道の駅 原鶴

福岡の朝倉市にドライブで訪れたときには道の駅原鶴に行ってみましょう。 ファームステーションバサロという地域の方にも人気の直売所があります。 地元の農家から持ち込まれる採れ立ての野菜や季節の果物を、生産者直送価格で買うことができます。 原鶴エリアは温泉街でもあり、果物の栽培が盛んな地域ですので、温泉旅行やフルーツ狩りを楽しみながら訪れたいものです。


【フェラーリ初のSUV】プロサングエ 最新情報 価格 発売は2021年?

【フェラーリ初のSUV】プロサングエ 最新情報 価格 発売は2021年?

期待が高いフェラーリ初のSUV、プロサングエ。このプロサングエの予想CGを入手しました。プロサングエとはイタリア語でサラブレッドを表す言葉。その名にふさわしいプロサングエの最新情報をまとめています。


子どもも大人も満足度の高い道の駅 パレットピアおおの の魅力とは?

子どもも大人も満足度の高い道の駅 パレットピアおおの の魅力とは?

2018年にオープンした岐阜県最大の道の駅といえば、パレットピアおおのです。 広い芝生が広がる居心地抜群の道の駅となっており、観光やドライブのついでに気軽に立ち寄れるスポットとしても人気を集めています。 今回は、岐阜県で過ごす一日を、よりエンジョイさせてくれる道の駅 パレットピアおおのについてご紹介します。


滋賀県観光やドライブの休憩に最適な道の駅 びわ湖大橋米プラザ

滋賀県観光やドライブの休憩に最適な道の駅 びわ湖大橋米プラザ

滋賀県観光や琵琶湖方面に足を運んだら一度は訪れたい道の駅と言えば、びわ湖大橋米プラザです。 小さな子どもから年配の方まで琵琶湖の魅力をたっぷりと感じながら楽しい時間を過ごせると話題です。 今回は、道の駅 びわ湖大橋米プラザのおすすめポイントをご紹介します。 ぜひチェックしてみてください。