トップへ戻る

2022年のおすすめ最新ワゴン厳選5台!見た目も使い勝手も抜群な1台

2022年のおすすめ最新ワゴン厳選5台!見た目も使い勝手も抜群な1台

一世を風靡した時代もあった、ステーションワゴンやワゴンと呼ばれるジャンルの車。ここ最近ではラインアップ数が激減していますが、ワゴンは伸びやかなルーフでエレガントさを感じさせつつ、たっぷりとした容量の荷室が使いやすいモデルが多数あり、実用性では近年人気のSUVとも互角に戦えそう。2022年にチェックしておきたい魅力的な最新ワゴンを5台紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2022年を最新ワゴンと快適に過ごそう!SUVの「次」を先取りだ

《画像提供:Response 》スバル レヴォーグ

多くの場合、セダンのルーフを延長することで設定されるのが「ワゴン」です。セダン譲りの低く構えたスタンスに、車体後方までの伸びやかなルーフラインがエレガントさを感じさせます。

実用性重視でカクカクとしたデザインを持つワゴンも存在するものの、近年ラインアップされているワゴンは車体後部の絞り込みが効いたスポーティなデザインで、流麗さやラグジュアリーさを感じさせるモデルが多い印象です。

近年では、全高をあまり高く取らないクロスオーバータイプのSUVが人気ですが、ゆとりの室内空間や余裕のある荷室長や荷室高を持つワゴンなら、ヘタなSUVを凌駕するほどの実用性を堪能できるはず。

市場ではラインアップ数が激減しているワゴンですが、最新モデルは、使い勝手はそのままに安全性能や燃費性能も抜群なので、SUV一択だった方にも、より選びやすさが向上している印象です。

この記事では、2022年にチェックしておきたい、最新ワゴンのおすすめモデルを5台ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【2022年最新】おすすめワゴン、国産と外車合わせて5台紹介!

トヨタ カローラ ツーリング:コスパ良すぎ!扱いやすいサイズのワゴン

《画像提供:Response 》トヨタ カローラ ツーリング

言わずと知れたトヨタの代表車、カローラ。そのワゴン仕様となるのが「トヨタ カローラ ツーリング」です。先代モデルまでは、ワゴンにはフィールダーのサブネームが付けられていましたが、フルモデルチェンジを機にツーリングと改名されています。

現行世代のカローラシリーズは、ついに全車で3ナンバーボディとなったこともあり、堂々としたスポーティさが印象的なエクステリアデザインが話題となりました。カローラ ツーリングも例外ではなく、切れ長なヘッドランプと大胆に絞り込んだルーフラインで、スポーツワゴンな装いになっています。

5ナンバーだった先代までと比べるとサイズアップはしているものの、日本仕様のカローラ ツーリングは専用のコンパクト仕様ボディを採用。全長と全幅、ホイールベースまで切り詰められていることで、既存のカローラユーザーにも扱いやすいように配慮されている点は、トヨタらしい思いやりポイントですね。

「ツーリング」の名が示すように、長距離のドライブ旅行にももってこいな広々とした荷室を持つカローラ ツーリング。ハッチバック車のカローラ スポーツと比べて圧倒的な奥行きを持っているので、長尺物の積み込みも楽々です。

またカローラ ツーリングは、全車で「トヨタセーフティセンス」が標準装備。安心感があるほか、グレードによってはカラーヘッドアップディスプレイやシートヒーター、ステアリングヒーターといった上級装備も選択できるなど、安全性能や快適性能がてんこ盛りなのも特徴的です。

燃費抜群の効率的なハイブリッド、リーズナブルな価格がうれしい1.8リッターガソリン車に加え、新たに1.2リッターターボエンジンと6速MTを組み合わせた走りのグレードも用意されるカローラ ツーリング。コスパ抜群なワゴンをお探しなら、しっかりチェックしておきたい1台ですね。

トヨタ カローラ ツーリングのスペックはこちら

【トヨタ カローラ ツーリング ハイブリッドS 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,495mm×1,745mm×1,460mm
ホイールベース2,640mm
最大乗車定員5名
車両重量1,370kg
燃費WLTCモード:29.0km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,797cc
エンジン最高出力72kW(98ps)/5,200rpm
エンジン最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/3,600rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力53kW(72ps)
モーター最大トルク163N・m(16.6kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,410,000円(消費税抜)
(2022年1月現在 トヨタ公式サイトより)

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント:欧州最先端の実用ワゴンに刮目!

《画像提供:Response 》VW ゴルフ ヴァリアントeTSI R-ライン

ワゴンとしては比較的珍しい、ハッチバック車を延長した成り立ちを持つのが「フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント」。言わずと知れたド定番欧州ハッチバックのゴルフをベースとしつつ、車体後部が延長されていることで、クラス最大級の荷室を実現しています。

低いノーズを持つアグレッシブなデザインはゴルフとも共通の特徴。また、ロングルーフで比較的スクエアな車体後部を持っていた先代モデルに対し、現行モデルのゴルフ ヴァリアントはリヤウィンドウが大胆に寝かされ、ショートワゴン風の軽快感が演出されていますね。

よりスポーティな印象を受ける外観が新型ゴルフ ヴァリアントの特徴ですが、後席を格納すればVDA法による計測で最大1,642Lにも達する広々とした荷室が備わり、使い勝手は抜群です。ゴルフでは荷物の満載量がちょっと物足りないと感じる方でも、きっと満足できることでしょう。

最新の欧州車だけあって、全車で48Vマイルドハイブリッド車となっている点もゴルフ ヴァリアントの大きな特徴。なんと直列3気筒1.0リッターという、車格を考えるとかなり小さめなエンジンも設定がされていますが、ターボとマイルドハイブリッドの組み合わせによって、街乗りから高速域まで不足のない動力性能を発揮してくれます。

また、ロングツーリングにもぴったりな性格を持つワゴンだけに、うれしいポイントが。ゴルフ ヴァリアント全車に同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」が標準装備されることで、長時間の高速道路移動や渋滞でもドライバーをアシストしてくれます。

ワゴンのラインアップがまだまだ充実している欧州市場で鍛え上げられたゴルフ ヴァリアントは、ワゴンならではの魅力をしっかり堪能しつつ、最新機能もお買い得に味わえる、おすすめのワゴンとなっています。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントのスペックはこちら

【フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント eTSI アクティブ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,640mm×1,790mm×1,485mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,360kg
燃費WLTCモード:18.0km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボハイブリッド 999cc
エンジン最高出力81kW(110ps)/5,500rpm
エンジン最大トルク200N・m(20.4kgf・m)/2,000-3,000rpm
モーター種類-
モーター最高出力9.4kW(13ps)
モーター最大トルク62N・m(6.3kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション7速DCT
新車価格3,011,818円(消費税抜)
(2022年1月現在 フォルクスワーゲン公式サイトより)

スバル レヴォーグ:渋滞の苦痛よサヨナラ?!走りのターボ四駆ワゴン

《画像提供:Response 》スバル レヴォーグ

スバルのワゴンとしては、印象の強かったレガシィツーリングワゴンの導入終了と合わせて登場したのが、一回りコンパクトな「スバル レヴォーグ」。全長をレガシィよりも短めに設定するなどし、国内市場のワゴン需要を一手に引き受けることになりました。

レヴォーグは、成り立ちとしてはインプレッサをベースとしたワゴンで、実用性と取り回しやすさを調和させたボディサイズや、ワゴン作り経験の長いスバルならではの、使い勝手に優れたユーティリティ性能などで好評となっています。

現在販売されているのは2020年に登場した2代目モデルで、ボディサイズをやや拡大し、より力強い印象のエクステリアデザインを手に入れています。前後フェンダーの張り出しなど、かなりダイナミックでスポーティな印象のエクステリアが特徴的です。

現行レヴォーグは当初1.8リッターターボの水平対向エンジンのみで登場しましたが、改良の際にトップグレードとなるSTIスポーツR限定で2.4リッターターボを新設定。275psの高出力とスポーツCVT「スバルパフォーマンストランスミッション」の組み合わせは、同社のスポーツセダン「WRX S4」と同様で、国産車随一のハイパフォーマンスワゴンとなっています。

また現行レヴォーグには、条件が揃えば渋滞時ハンズオフドライブなどにも対応する「アイサイトX」を装備するグレードも。アダプティブクルーズコントロールで前走車を追従中、停止後に自動で再発進できるまでの時間が従来の3秒から10分に伸びるなど、積極的なアシストでドライバーの負荷を大きく軽減してくれます。

全車が全輪駆動仕様、かつハイブリッドシステムなどを持たないことで、燃費値がやや伸び悩む点がネックとなるレヴォーグですが、それを補って余りあるワゴンならではの魅力が満載な上、先進機能も存分に味わえる秀作です。

スバル レヴォーグのスペックはこちら

【スバル レヴォーグ GT-H EX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,755mm×1,795mm×1,500mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,570kg
燃費WLTCモード:13.6km/L
エンジン種類水平対向4気筒ガソリンターボ 1,795cc
エンジン最高出力130kW(177ps)/5,200-5,600rpm
エンジン最大トルク300N・m(30.6kgf・m)/1,600-3,600rpm
駆動方式全輪駆動(AWD)
トランスミッションCVT
新車価格3,370,000円(消費税抜)
(2022年1月現在 スバル公式サイトより)

プジョー 508 SW:存在感と高級感が抜群の最新ライオンワゴン

《画像提供:Response 》プジョー 508 SW GT ハイブリッド

フランスの自動車メーカーであるプジョーは、日本市場でも人気のブランド。販売の主力はコンパクトカーやSUVとなってはいるものの、「プジョー 508 SW」のような大型モデルでも、高級感あふれる堂々としたスタイルとアヴァンギャルドなインテリアで隠れた人気を獲得しています。

プジョーらしさが満点な508 SWのデザインは、全高を低く抑えたスポーティさが印象的。ライオンの牙や鉤爪などをデザインモチーフにしているLEDランプ類も独特で、昼夜を問わずに特別な車であることを実感させてくれることでしょう。

またインテリアでは、プジョーでお馴染みの小径のステアリングホイールの上にメーター類を設置する「i-Cockpit」レイアウトを採用し、複数階層を持つダッシュボードと合わせて未来的なデザインと使い心地が印象的。優れたサスペンションとシートの組み合わせで柔らかな乗り心地と静粛性の高さで、ドライブ中も落ち着いた空間が得られます。

508 SWで注目の最新ニュースといえば、プジョーとして国内2車種目となるプラグインハイブリッド車が新たに導入開始されたことでしょう。2021年6月に登場した「508 SW ハイブリッド」は、1.6リッターターボエンジンにモーターを組み合わせたシステムを持ち、WLTCモードによる等価EVレンジで56kmと、日々の移動を電気自動車としてこなすことも充分可能です。

プラグインハイブリッド車以外にも、1.6リッターのガソリンターボと2.0リッターのディーゼルターボを用意。3種類のパワートレインからお好みに応じて選択ができる選択肢の広さで、ますます選びやすさが増しています。

魅力的なデザインに最新のパワートレインまで備えた508 SWですが、輸入車としては意外と控えめな価格もうれしいポイントです。グレードはどのパワートレインでも「GT」の1種類となっていますが、豪華グレードだけあって標準装備が充実しているので、不足を感じることはないでしょう。

プジョー 508 SWのスペックはこちら

【プジョー 508 SW GT ハイブリッド】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,790mm×1,860mm×1,420mm
ホイールベース2,800mm
最大乗車定員5名
車両重量1,820kg
ハイブリッド燃費WLTCモード:15.5km/L
等価EVレンジWLTCモード:56km
交流電力量消費率WLTCモード:192Wh/km
動力用主電池総電力量11.8kWh
エンジン種類直列4気筒ガソリンターボプラグインハイブリッド 1,598cc
エンジン最高出力133kW(180ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク300N・m/3,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター搭載数1基(フロント1)
モーター最高出力81kW(110ps)/2,500rpm
モーター最大トルク320N・m/500-2,500rpm
システム最高出力225ps(フランス仕様公表値)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション8速AT
新車価格5,951,818円(消費税抜)
(2022年1月現在 プジョー公式サイトより)

メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン:最新にして最良かも?

《画像提供:Response 》メルセデス Cクラス ステーションワゴン

2021年6月に新型モデルの日本仕様が発表されたばかりの「メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン」は、輸入車ブランドとして抜群の知名度を誇るメルセデスベンツで人気の高いワゴンの最新版です。Cクラス セダンは先行して2021年から発売が開始されていますが、ステーションワゴンは2022年第一四半期中の納車開始が予定されています。

エクステリアデザインは先代からあまり変化がないものの、最新のメルセデスベンツデザインに更新されつつ、全長が先代比で50mm伸ばされたことで、より伸びやかな印象に進化していますね。

また中身の進化は大きく、ガソリン車だけでなくクリーンディーゼル車も含めて48V電気システムとISG(インテグレーテッドスタータージェネレータ)を装備することで全車を電動化。2022年中にはプラグインハイブリッド車の追加設定も予定されているなど、エコ性能を向上させています。

充実した装備も新型Cクラス ステーションワゴンの見どころで、後輪操舵を可能にする「リアアクスルステアリング」を新たに設定するなど、上位車種譲りの最新機能が満載。ボディサイズこそ同社としては小さめながら、上質な乗り心地や先進の機能性が存分に味わえます。

もちろんワゴンらしい広大な荷室も備え、後席を格納すればVDA方式で1,510Lにもなるスペースも確保可能。普段のお買い物からご旅行、お仕事まで、あらゆるシーンで活躍してくれること間違いなしでしょう。

2022年1月には新たにクロスオーバーモデル「C220d 4MATIC オールテレイン」も設定されるなど、バリエーションも順次増加中。最新にして最良との評判も名高い新型Cクラス ステーションワゴンから、今年は目が離せません。

メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴンのスペックはこちら

【メルセデスベンツ C220d ステーションワゴン アバンギャルド(ISG搭載モデル)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,755mm×1,820mm×1,455mm
ホイールベース2,865mm
最大乗車定員5名
車両重量1,790kg
燃費WLTCモード:18.2km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボハイブリッド 1,992cc
エンジン最高出力147kW(200ps)/3,600rpm
エンジン最大トルク440N・m(44.9kgf・m)/1,800-2,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力15kW
モーター最大トルク208N・m(21.2kgf・m)
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション9速AT
新車価格6,409,091円(消費税抜)
(2022年1月現在 メルセデス・ベンツ日本公式サイトより)

まとめ

《画像提供:Response 》BMW 3シリーズツーリング

2022年におすすめしたい、最新ワゴンを5台ご紹介してきました。

国産車メーカーだけでなく海外の自動車メーカーでも徐々にラインアップを縮小しているワゴンではありますが、魅力的な最新モデルが多数揃っていることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

SUVほどの最低地上高や高めの車高を持たない分、安定した走行性能や優れた燃費性能を持ち、何よりもエクステリアのエレガントさが格段に増しているワゴンは、2022年こそカムバックの年となるかもしれません。ぜひ愛車選びの候補に加えてみてくださいね。

【新車情報】2022年発売が予想される新型車を大調査!各社期待の星が勢揃い | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5707

自動車の電動化がいよいよさらに進められていくであろう2022年ですが、国内に存在する各メーカーだけでなく、輸入車メーカーからも重要な新型車が多数登場する見込みとなっており、ぜひ注目しておきたいところですね。この記事では、2022年に登場が見込まれている新型車をまるっとご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。愛車候補のあの車も、モデルチェンジ直前かもしれませんよ。

よくある質問

2022年のステーションワゴン、特徴はどこ?

2022年のステーションワゴンで重視しておきたい特徴としては、ワゴンらしい使い勝手の良さだけでなく、存在感のある内外装デザインにも注目が集まっています。セダンのようなフォーマル感がありつつ、ロングルーフで伸びやかな印象があるステーションワゴンは、SUV全盛の現代において意外と目立つ存在。こだわりの内外装デザインを持つモデルをしっかり見つけたいところです。

2022年にデビューする新型ステーションワゴンってあるの?

2022年には、マツダからマツダ6 ワゴンの新型モデルが登場する見込みとなっています。詳細は未発表ながら、マツダ6 セダンは後輪駆動プラットフォームと直列6気筒エンジンを備え、より高級路線で登場することが予想されていますので、ワゴンはどのような仕立てで登場するのか、注目が集まっています。

関連する投稿


どこまでもエレガント!2022年度版 メルセデス・ベンツのクーペ一覧

どこまでもエレガント!2022年度版 メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。 今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。


走りも使い勝手もいいスバル レヴォーグ!でも、燃費ってどうなの?

走りも使い勝手もいいスバル レヴォーグ!でも、燃費ってどうなの?

2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、専門家からの評価は高いスバル レヴォーグ。でも、普段の足として使うのであれば、やはり燃費性能が大事ですよね。ガソリン価格が高騰している今、レヴォーグの燃費を徹底チェックしていきましょう!


【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

「オープンカー」という言葉を聞いただけで、クルマ好きの人なら心がときめくはず。屋根を開けて、風を感じながら走るドライブは爽快そのもの。この記事では、2022年の最新のオープンカー情報を紹介します!


期待の最新小型SUV、ホンダ ZR-VとBR-V!日本導入はあるか

期待の最新小型SUV、ホンダ ZR-VとBR-V!日本導入はあるか

ユーティリティ抜群のコンパクトカーやミニバンが人気のホンダながら、売れ筋のSUVジャンルでは、国内のラインアップを見ると、CR-Vとヴェゼルの2台だけと意外に選択肢が少ない印象。しかし、海外に目を向けるとホンダらしさが光る、魅力的なコンパクトSUVが多数存在しています。今後の日本導入にも期待したくなる魅惑のホンダ最新コンパクトSUV、ZR-VとBR-Vに注目して紹介します。


トヨタ カローラ クロスが売れている理由を徹底分析!ライバルとの比較も

トヨタ カローラ クロスが売れている理由を徹底分析!ライバルとの比較も

海外から遅れて2021年に国内導入が開始されたトヨタ カローラ クロスは、登場直後から人気を獲得しています。カローラシリーズ初のSUVであるカローラ クロスには、他のカローラシリーズと共通した魅力だけでなく、カローラ クロスだけが持つ魅力などが満載ですので、知れば知るほどその人気に納得してしまうはず。カローラ クロスにどんな特徴があるのか、詳しく紹介します。


最新の投稿


【2022年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

【2022年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種を紹介します。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


値落ちが激しくお買い得!中古車ミニバンおすすめ5選

値落ちが激しくお買い得!中古車ミニバンおすすめ5選

大勢が乗車できて荷物も運べる便利な「ミニバン」は、SUVと並んで日本では人気の高い車のジャンルの一つです。そんなミニバンを中古車でなるべくお買い得に購入したいという方も多いでしょう。しかし、人気ジャンルゆえに存在する車種が非常に豊富で、選ぶにしても選択肢の広さに迷ってしまうことも。この記事では、そんな方の参考となるように、中古車価格がお買い得でさらに魅力度の高い選りすぐりのミニバンを5車種紹介します。


車の水垢を落とす方法と水垢洗剤おすすめ10選!水垢の種類や原因、付着防止の方法も徹底解説

車の水垢を落とす方法と水垢洗剤おすすめ10選!水垢の種類や原因、付着防止の方法も徹底解説

気付いたら車に付着している水垢は、見た目も悪く、落とすのも大変…できれば発生させたくないですよね。では、水垢がなぜ発生するのかご存じでしょうか。今回は水垢が発生する原因から落とし方までの解説と、水垢落としにおすすめな洗剤10選を紹介します。


【2022年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2022年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


車の賢い買い方とは?新車・中古車を選ぶメリット・デメリットや買い方を徹底解説

車の賢い買い方とは?新車・中古車を選ぶメリット・デメリットや買い方を徹底解説

「晴れて免許がとれたから、車を買ってみたい!でも、車ってどうやって買うの?」「長く乗った今の車をそろそろ買い替えたい!最近よく見かける「残価設定ローン」や「サブスク」ってなに?」などなど車の買い方について疑問に思うことはありませんか。昨今では「車の買い方」にはさまざまな方法があります。また、「車を買わずに所有するスタイルというのも存在します。ここでは車を所有するさまざまな方法について紹介します。