トップへ戻る

リセールバリューが高い中古セダン10選!値落ちしにくく高くなるかも!?

リセールバリューが高い中古セダン10選!値落ちしにくく高くなるかも!?

中古車を購入した事がある方の中には、中古車を選ぶ際に購入価格は気にしているけれど、売却価格は気にしていないという方も多いのではないでしょうか。 中古車は一般的に新車に比べて売却時の値下がり幅が小さいメリットがありますが、中古車の中でも一部のセダンは、ほとんど値下がりせず、むしろ値上がりするという事もあります。この記事では、そんなリセールバリューの高いセダンの条件と、代表的な車種を10台ピックアップして紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


リセールバリューが高い車の特長

《画像提供:Response》〈写真提供:ホンダ〉ホンダ・シビックタイプR

中古車は価値がゼロになるまで乗りつぶして捨てるモノ、と考えている方もいるかも知れません。ですが、車は、どんな状態でも利用価値があるため、中古でも購入したい人が常にたくさんいるので、いつでも売却する事が可能です。

せっかく売れるなら、なるべく高く売りたいもの。高く売るには車を買う時に、購入時の価格だけでなく売却時の価格まで配慮して車を選ぶべきです。

300万円で買って5年乗って150万円で売れる車は最終的に150万円かかったことになります。一方で500万円で買って5年乗って450万円で売れる車は50万円しか、かからなかったことになります。一体どちらがお得でしょうか。

購入価格が安くても、売却価格との差が大きければ、たくさんのお金を使う事になり、逆に購入価格が高くても、売却価格との差が小さければ、一時的にはたくさんのお金を使いますが、売却時にほとんど戻ってくるため結果的にはあまりお金を使わなかったことになります。

長い目で見てお得なカーライフを送るには、購入価格と売却価格の差が小さい、リセールバリューの高い車を選ぶことがおすすめです。

では、リセールバリューの高い車の条件はどのようなものなのでしょうか。

車に限らず、モノの価値は需給バランスで決定されます。需要に対して供給が少なければ、取り合いになるので価値は上がって価格が高くなり、多ければ余るので価値は下がって価格が安くなるでしょう。

つまり、リセールバリューの高い車とは、人気(需要)に対して玉数(供給)が少ない車といえます。

では人気がある車とは、どのような車なのでしょうか。

それは、その車しか持っていない独自の魅力や特長があり、その車を欲しがる人が常に一定数いるような車です。

玉数が少なくなるにはいくつか理由があります、既に生産終了して新たな供給がない、元々は人気がなくて生産台数が少ない、海外輸出や事故や廃車で台数が減っているなどです。

セダンは一般的には実用性が重視されますが、人気があるのは新しさや安さではなくデザインやスペックの面で独自の魅力を持った、スポーツセダンです。

趣味性の高い車は購入層が一部に限られるため大量生産されず、希少性も保たれます。

多くの車は、新車販売時は人気で需要が多くても、新型モデルや競合車種の登場により年数の経過と共に需要が減って価格が下がっていきます。年式が古くなると、価格の安さ以外であえてそのモデルを選ぶ人が少なくなり、供給が余るので価格は下がる一方で、最終的に売却価格は0円になります。

一方リセールバリューの高いスポーツセダンは、新車が販売されている間は年数の経過と共に価格が下がっていきますが、安定した人気があるのである程度の価格で下げ止まり、さらに年数が経過して台数が減ってくると今度は価格が上がっていきます。

人気は一定で、玉数は減っていくので、自然な流れで価値が上がっていくのです。

では、リセールバリューの高いスポーツセダンはどのモデルでしょうか。10台を厳選して紹介します。

希少価値でリセールが期待できる中古車セダン10選

日産 スカイライン(R34)

《画像提供:Response》日産 スカイライン(R34)

スカイラインは国産スポーツセダンの代名詞と言っても過言ではない、伝統の一台です。

中でも1998年から2001年に生産された、最後の直列6気筒エンジンを搭載する10代目スカイライン(R34)が人気です。

スカイラインはGT-Rに注目が集まりがちですが、標準モデルのクーペとセダンもGT-Rのベースになるだけの高いポテンシャルを備えています。

エンジンは2L/2.5L/2.5Lターボの3種類、ミッションはMT/ATから選択が可能、駆動はFR/4WDの選択肢があり、GT-Rに次ぐスペックを誇る2.5Lターボが一番人気です。

デビュー時の新車価格は、2Lグレードが199万円、2.5Lターボグレードが309万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で130台、平均価格は234万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

トヨタ チェイサー(JZX100)

《画像提供:Response》トヨタ チェイサー

チェイサーはマークⅡやクレスタと共に三兄弟として一世を風靡したミドルセダンです。

中でも1996年から2001年に生産された、100系と呼ばれる最後のチェイサーが人気です。

100系では三兄弟の中で明確にスポーツセダンの性格を与えられ、個性が際立ちました。

エンジンは多彩な6種類から選べますが、2.5L直列6気筒ツインターボで最高出力280psを発揮する最速グレード「ツアラーV」が一番人気です。

デビュー時の新車価格は、2Lのベースグレードが194万円、ツアラーVが330万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で129台、平均価格は274万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

三菱 ランサーエボリューション(CT9A)

《画像提供:Response》三菱 ランサーエボリューション

ランサーエボリューションはランサーをベースに開発されたラリーマシンです。

1992年に登場したエボⅠから2016年に生産終了したエボⅩまで4世代10バージョンあり、中でも2001年から2006年まで生産された第3世代(CT9A)のエボⅦ、Ⅷ、Ⅸが人気です。

2L直列4気筒ターボで最高出力280psを発揮し、4WDの安定性も相まってほとんどのスポーツカーを凌駕する戦闘力を持ちながら、しっかり5人乗れて荷物も積める実用性も兼ね備えています。

デビュー時の新車価格は299万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で126台、平均価格は317万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

スバル インプレッサ WRX STI(GC8)

《画像提供:Response》〈写真提供:メーカー各社〉SUBARU インプレッサ WRX

インプレッサ WRXはランサーエボリューションの永遠のライバルとなる存在です。

そんなインプレッサ WRXをSTI社がチューニングした最速モデルが「インプレッサ WRX STI」です。

中でも1992年から2000年まで生産された初代モデル(GC8)が人気です。

バージョンⅠ~Ⅵまで毎年改良を重ね、バージョンⅢで280psを達成しました。

2L直列4気筒ターボ×4WDで圧倒的な速さを持ちながら室内や荷室も広く、趣味と実用を両立したい家庭持ちの車好きに絶大な人気を得ました。

デビュー時の新車価格は285万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で42台、平均価格は278万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

レクサス IS F

《画像提供:Response》レクサス IS F

レクサス ISをベースに徹底的に速さを追求したスポーツモデル、IS Fです。

2007年から2014年まで生産され、コンパクトな車体に5L自然吸気V型8気筒の大排気量エンジンを搭載し、最高出力423psを発揮しました。

採用されたパドルシフト付8速ATは、変速スピードが0.1秒と世界でもトップレベルの技術が注ぎ込まれたハイパフォーマンスセダンです。

デビュー時の新車価格は766万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で66台、平均価格は279万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

アルファロメオ 156

《画像提供:Response》〈写真:FCA〉アルファロメオ アルファ156

156は1998年から2006年まで生産されたアルファロメオのスポーツセダンです。

この世代のアルファロメオが搭載していたV型6気筒エンジンは、1979年から進化してきたアルファロメオ純血の名機で、唯一無二のサウンドとフィーリングが魅力です。

最上グレード「GTA」は最高出力250psを発揮する3.2LのV6を搭載した一番人気のグレードですが、元々生産台数も少なくかなり希少な存在になっています。

デビュー時の新車価格は、2Lのベースグレードが359万円、GTAが544万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で51台、平均価格は98万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

ジャガー XJ(X300・X308)

《画像提供:Response》ジャガー XJ

XJは猫足と評されるしなやかな乗り心地が特徴のジャガーのフラッグシップセダンです。

1994年から2003年まで生産されたX300系は、低く長いボディに丸目4灯の伝統的なスタイリングと、レザーとウッドで構成される豪華な内装が魅力のスポーティサルーンです。

1997年以降のモデルは3.2L/4LのパワフルなV8エンジンを搭載し、中でもスーパーチャージャーを装備して375psを発揮する最上グレード「XJR」が人気です。

デビュー時の新車価格は、3.2Lのベースグレードが622万円、XJRが1,185万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で76台、平均価格は136万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

BMW M5

《画像提供:Response》BMW M5

M5はBMWがF1で培った技術を注ぎ込んで開発したハイパフォーマンスサルーンです。

中でも独自の魅力を持っているのが、2004年から2010年まで生産された、歴代で唯一のV10かつ最後の自然吸気エンジンを搭載する、4代目M5(E60)です。

特徴的な5LのV10エンジンは最高出力507psを自然吸気で発生し、スーパーカーさながらのパフォーマンスとフィーリングを実用的な4ドアボディで実現します。

デビュー時の新車価格は1,290万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で12台、平均価格は363万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

マセラティ クアトロポルテ(MQP)

《画像提供:Response》マセラティ クアトロポルテ

クアトロポルテは2007年から2013年まで生産されたマセラティのフラッグシップセダンです。

中でも5代目は、ピニンファリーナによる美しいデザインと、フェラーリ製の自然吸気V型8気筒エンジンによる圧倒的なパフォーマンスと官能的なサウンドが味わえる、唯一無二の魅力を持ったスポーティサルーンです。

エンジンは4.2Lと4.7Lの2種類で、4.7Lで最高出力440psを発揮する後期型の最上グレード「スポーツGTS」が人気です。

新車価格は、ベースグレードで1,344万円、最上グレードで1,850万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で52台、平均価格は328万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

メルセデスベンツ Eクラス(W124)

《画像提供:Response》〈photo by Porsche〉メルセデスベンツ E500
この記事へ戻る1/16

1985年から1995年まで生産された、初代Eクラス(1993年にミディアムクラスから車名変更)です。

メルセデスが「最善か無か」をスローガンに掲げコスト度外視で作った最高の車として、今でも世界中にファンの多い名車です。

エンジンは2.2Lの直4、3.2Lの直6、4LのV8など幅広く用意され、それぞれ特徴は違えどいずれも滑らかで上質な乗り味を堪能できます。

最上グレードの「E500」はオーバースペックとも思える5L自然吸気V8エンジンを搭載し、ポルシェが開発を請け負った伝説のモデルとなっています。

デビュー時の新車価格は、2.2Lのベースグレードが605万円、E500が1,300万円でした。2022年10月現在の中古車は全国で21台、平均価格は212万円となっています。

(中古車価格 出典:カーセンサー 2022年10月調査時点)

まとめ

《画像提供:Response》ダッジ チャージャー の2015年モデル

昨今は新型コロナウイルスやウクライナ情勢、半導体不足で、新車の納車が超納期化しているなど、様々な要因で中古車の需要が高まり、中古車の価格が全体的に上昇傾向にあります。

しかし今回紹介したような独自の魅力を持った一部のセダンは、市況に関わらずモデル自体の需要によって、今後価値が上がっていくこともあるでしょう。

このような車が購入できれば、あまりお金を減らさずに充実したカーライフを実現できるかもしれません。

関連するキーワード


セダン 中古車

関連する投稿


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


リセールバリューが高い中古スポーツカー10選!値落ちしにくく高くなるかも!?

リセールバリューが高い中古スポーツカー10選!値落ちしにくく高くなるかも!?

中古車を購入した事がある方の中には、選ぶ際に購入価格は気にしているけれど、売却価格は気にしていないという方も多いのではないでしょうか。中古車は一般的に新車に比べて売却時の値下がり幅が小さいメリットがありますが、中古車の中でも一部のスポーツカーは、ほとんど値下がりせず、むしろ値上がりすることもあります。この記事では、そんなリセールバリューの高いスポーツカーのうち、代表的な車種を10台紹介します。


コスパ最強なセダンのおすすめ中古車5選!セダンの狙い目はこの車

コスパ最強なセダンのおすすめ中古車5選!セダンの狙い目はこの車

SUVや軽自動車の人気が高まっている一方で、販売台数の伸び悩んでいる「セダン」ですが、その流れを受けて中古車市場ではお買い得なモデルがどんどん増加しています。セダンは元々自動車市場の中核をなすカテゴリだったので、魅力的なモデルがたくさん潜んでいます。今回はその中から厳選したお買い得で狙い目となる5車種を紹介します。


これからどんどん高くなる?希少価値でリセールが期待できる中古車5選

これからどんどん高くなる?希少価値でリセールが期待できる中古車5選

中古車を購入した事がある方の中には、中古車を選ぶ際に購入価格は気にしているけれど、売却価格は気にしていないという方も多いのではないでしょうか。一般的に、中古車はどんな車種でも新車に比べて売却時の値下がり幅が小さいメリットがありますが、実は車種によってはほとんど値下がりしない、むしろ値上がりするという事もあります。この記事では、そんなリセールバリューの高い車の条件と、代表的な車種を5台ピックアップして紹介します。


180SXの前期・中期・後期のスペックと中古車価格、カスタム、ドリ車について解説

180SXの前期・中期・後期のスペックと中古車価格、カスタム、ドリ車について解説

日産の180SX(ワンエイティエスエックス)は、1980年代からはじまったスポーツカーブームの代表ともいえる車です。そんな180SXは、既に販売終了しており、現在は中古車市場での販売のみとなっています。この記事では、180SXのグレードや販売時期によるスペックの違いと中古価格、そして内装やカスタムについて細かく解説します。


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。