トップへ戻る

【比較】トヨタ プリウスα・トヨタ ウィッシュ

【比較】トヨタ プリウスα・トヨタ ウィッシュ

ミニバン比較!!今回はどちらも同じトヨタからプリウスαとウィッシュを比較してみました。どのような違いに注目するべきかはここを見ればわかります。ぜひご覧ください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

Sクラスミニバンのトヨタのプリウスαとウィッシュはそのコンパクトな作りから子育て家族や比較的少人数の家族向けには最適なサイズです。

プリウスα

両車とも7人乗りで3列シートを装備しているなど共通の特徴がありますが、全長・全幅ともにプリウスαが上回り、プリウスαは3ナンバー、ウィッシュは5ナンバーサイズとなっています。


トヨタを代表するSクラスミニバンの両車を比較していきたいと思います。

ウィッシュ

利用シーン

3列シートで7人乗りの両車ですが、車高を低く取っているので運転する際にはその大きさは気にならず日常の買い物や子供の習い事の送り迎えなど、街の中を走るのには問題ありません。

プリウスα

しかし車内のシート設計はゆとりを持たせているので、旅行など長距離で7人乗っても各シートでのんびりと移動する事ができ、さらにプリウスαの燃費性能は非常に高いのでその快適さをより感じられると思います。


ウィッシュ

また、シートアレンジも多彩に出来るので、車中泊が必要になった際もストレスを感じることなく過ごせます。


両車とも、日常使いから旅行など利用シーンを選ばないのも魅力のひとつです。

トヨタ プリウスα概要

トヨタのプリウスαはプリウスという冠がついていることからもちろんハイブリッド専用車です。プリウスをベースにルーフを高めたりすることで、運転席からの視界も広がり運転もしやすくなっています。

車のタイプには5人乗りと7人乗りのタイプがあり、室内は広くどのシートに座っても快適に過ごすことが出来ます。また、デザインはスタイリッシュで老若男女問わず幅広い年齢層に支持され、グッドデザイン賞も受賞するほどデザインにも定評があります。


価格は250万円から350万円で、エコカー減税の対象車となっています。

トヨタ ウィッシュ概要

ウィッシュは、“Smart Multi Player”WISHが開発テーマで、使い勝手と走りやすさを兼ね備えているコンパクトミニバンです。一部改良を施したウィッシュは燃費性能を向上させ、紫外線を約99%カットする「スーパーUVカットガラス」を採用するなど以前に比べて快適性が数段と増しています。

価格は190万円~260万円となっており、7人乗りのガソリンエンジンタイプとなっています。
同クラスの中でも認知度はとても高く上位の人気を誇っています。

室内空間・収納

シート比較

■トヨタ プリウスαシートアレンジ 


プリウスαのシートは乗る人数や荷物の量などその時の状況によって様々なシートアレンジが可能です。運転席と助手席をリクライニングすることによって出来るリラックスモードは、移動の疲れを癒すゆったりとしたくつろぎ空間を作り出せます。

プリウスα

また狭くなりがちな3列目はシアターレイアウトを採用することにより前方の見通しも良くなり、孤独感を感じさせないように考えられているのが嬉しい設計です。

プリウスα

■トヨタ ウィッシュシートアレンジ 


ウィッシュもシートアレンジのバリエーションが豊富です。セカンドシートは左右それぞれ最大270mmのスライドが可能で、最後方にセットすればゆったりと脚を組むことも可能です。

ウィッシュ

また、簡単な操作でフラットに出来るセカンドシート/ダブルフォールディング機構は折りたたんでテーブルにも出来るので車内で食事をとる際に安定した状態でお食事が楽しめます。さらに3列目の乗り心地に関してもゆとりある充分なスペースがあるので、不自由なく過ごすことが出来ます。

ウィッシュ

ドア・乗降性

乗降性についてですがどちらもスライドドアは採用しておらず通常のドアタイプです。ステップの高さも低くし、低床フロアになっているのでスムーズな乗り降りが出来ます。

プリウスα

また、3列目への乗り込みもドア開口部の広さも充分広く取られており、2列目もスライドすることで小さなお子様やお年寄りの方もスムーズな乗り降りが可能となっています。

トヨタ プリウスα収納・バックドア

プリウスαのラゲッジスペースはとても広く作られておりますが、3列目の収納ができ床面がフラットなるのでさらに多くの荷物を積むことが出来ます。

さらに2列目のシートをフォールドダウンも出来るので、大きな荷物や長さのある荷物なども、余裕を持って乗せることが出来ます。

トヨタ ウィッシュ収納・バックドア

ウィッシュのラゲッジスペースは荷物の量や乗客人数によってアレンジが出来るのが特徴です。荷物が少ない時には、通常のラゲッジスペースでも充分な広さがあるので問題ありませんし、荷物が多い時は3列目収納がワンタッチで出来るので、手軽に荷物を載せることが出来ます。

またバックドアはバックドアハンドルについているボタンを押すだけでドアロックの施錠・解錠が出来るので、両手に荷物を持ちながらでも煩わしさを感じさせないとても便利な機能です。

安全性・走行性

トヨタ プリウスα安全性

プリウスαの安全性能は非常に高く予防安全性能評価 ASV+を獲得しているほどです。先進的機能も搭載し、例えば、道路上の白線や黄線をカメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合にブザーとディスプレイ表示により注意を喚起してくれる「レーンディパーチャーアラート」が備わっています。

また、予防安全だけでなく万が一のことも考え乗員すべてを包むようなエアバックを採用し、さらにはむち打ち傷害軽減フロントシートを採用するなど衝突安全性も備わっていて安心です。

トヨタ ウィッシュ安全性

ウィッシュは先進機能を駆使し、ドライバーを危険から守るサポートをしてくれます。例えば、EBD付ABSは走行状況に応じてブレーキを制御してくれ、さらにVSC&TRCを搭載することで雨や雪など滑りやすい路面などで横滑りが発生してしまったときにブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし車両の安定性を確保してくれます。

さらに衝突安全性についてもしっかりと考えられており、SRSエアバッグシステムを搭載し、運転席、助手席だけでなく後部座席までしっかりと衝撃を抑えてくれます。

走行性能比較

環境性能・JC08モード燃費で両車の走行性能を比較してみると、ハイブリッド車であるプリウスαの26.2km/Lは圧倒的な燃費性能を誇ります。ウィッシュはガソリンエンジン車で16.0km/Lと決して低くない燃費性能ですがプリウスαに軍配が上がります。

プリウスα

エンジンについては、プリウスαは1.8Lのエンジン+モーターでアシストするハイブリッドカー、ウィッシュは1.8Lの自然吸気エンジンを搭載しています。

ウィッシュ

試乗記

試乗した方々の感想はどうでしょうか。


プリウスαは、燃費志向でドライブをゆったり味わう方に非常にオススメのようです。広い室内空間と使い勝手の良いシートやドアの乗降性は、子育てファミリーにはとても適しているとのことです。

プリウスα

ウィッシュは、重心が低い分だけ走りのバランスが良く、Lクラスなどの高さのあるミニバンとは異なる走りの感覚で安定感のある走りが非常に高評価です。また、3列目シートからの見晴らしも抜群とのことで、ゲストの方にも安心してドライブを楽しんでもらえそうです。


トヨタを代表する両車を是非一度、ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

ウィッシュ

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。