目次へ戻る

トヨタアイシス・トヨタシエンタを比較!走行性、安全性など

トヨタアイシス・トヨタシエンタを比較!走行性、安全性など

トヨタアイシス、トヨタシエンタという名前はよくテレビで見られていると思います。CMでは家族での利用のしやすさ売りにしようとしているように見えますが、果たしてどちらの方が優れているのでしょうか。今回はこの2台について比べてみました。


コンセプトターゲットはどちらも同じ

トヨタのアイシスとシエンタは、ともに7人乗りのSクラスミニバンで比較的少人数の家族向けに人気のトヨタを代表するミニバンです。スペースを有効に使った車内はとても快適で、ファミリーカーとしての機能が充実。スライドドアを採用するなど共通の特徴も多い両車にどのような性能の違いがあるのか、様々な視点から比較してみたいと思います。

家族旅行に最適な車種はこの2車!

両車は3列シートで最大7人乗りなので、旅行など大人数で行く時や少人数でも荷物が多い時なども
シートアレンジを利用することによって車内空間を過ごしやすい形にすることが出来ます。また、シートを倒して車中泊なども出来てしまいます。

日常の買い物などの街中で利用する際も、パワースライドドアを採用している両車なので狭い駐車場でも乗り降りに不便はなく、お買い物の荷物もラクに積むことが出来ます。アイシスとシエンタは、普段使いや旅行など幅広い生活シーンにマッチした車となっています。

トヨタアイシスはどんな車?

アイシスは最大7人乗りですが5ナンバーサイズ登録のミニバンで、絶版となったガイアの後継車にあたります。アイシスの最大の特徴と言えば、助手席側のセンターピラーがドアごと開くパノラマオープンドアです。リヤドアと同時に開くと観音開きのように車の横全体に開くことで開放感がいっぱいで、乗り降りや荷物の出し入れがかなりしやすくなっています。

また、3列目のシートには床下格納機能があり、出し入れも簡単に出来るので人数に応じてシートの増減が可能です。車体の価格は200万円~250万円と、コストパフォーマンスにも優れています。

トヨタシエンタはどんな車?

トヨタのシエンタは、トヨタのBセグメントモデルと共通のコンポーネントを使って作られたトヨタ最小のミニバンです。『ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン』をテーマに開発され、コンパクトなボディサイズでありながら室内空間も充分で、決して狭さを感じさせない作りとなっています。

最大7人乗りの仕様までラインナップされており、日本カーオブザイヤー2015-2016で7位にまで入りました。価格は、ハイブリッド車で220万円~230万円、ガソリンエンジン車で168万円~198万円と、こちらも非常にコストパフォーマンスの高い車となっています。

室内空間と収納性について比較!

それぞれの個性的なシートはどうなのか

■トヨタ アイシス 
アイシスでは助手席にタンブルシートを採用することにより、2列目と3列目のアレンジとの組み合わせで車内を色々な形に出来ます。なかでもアイシスだけのオリジナルシートアレンジ「超ロングスペースモード」は車内全体を広々と使える空間が特徴です。また、3列目の乗り心地に関しては、シートにゆとりもあり静寂性も高いので、3列目とは思えないほど快適に過ごせます。

■トヨタ シエンタ
シエンタのシートにはヒップポイントを後席にいくほど高くするシアターレイアウトを採用し、ゆったりとした3列シートで見晴らしも良いので3列目の乗り心地も快適です。また、2列目は左右独立しており、それぞれにスライドとリクライニングが可能なので、それぞれに好きな姿勢をとる事が出来ます。

さらに多彩なシートアレンジによって、荷物の量や形に合わせて荷室をフレキシブルにアレンジすることも可能です。その時の状況に適した車内空間を生み出せるのも大きな特徴です。

乗り降りはどちらがしやすいか比較!

乗降性についてはどちらもパワースライドドアを採用していますが、アイシスのパノラマオープンドアは他車にはない開放感が得られます。助手席側全体が開き、ステップも低く設定されているので
どなたでも乗り降りがしやすくなっています。

シエンタも、ワンタッチスイッチ付パワースライドドアを採用しドア開口部も広くステップの高さも低いので乗り降りがスムーズに出来るようになっています。両車とも乗降性はとても高いでしょう。

トヨタ アイシスの収納とバックドア

アイシスのラゲージスペースは、後方床下格納機構付サードシートを格納することにより荷室のスペースが広がり、より多くの荷物や大きな荷物を載せることが出来ます。バックドアには自動で開閉するパワーバックドアを採用しているので、両手に荷物を持っていたりお子様を抱えたままでもワンタッチで開閉が出来るのも嬉しい機能です。

トヨタ シエンタの収納とバックドア

シエンタでは5:5分割サードシートを採用しており、簡単な操作で手軽に3列目を格納できるので必要に応じてラゲージスペースを広げることが出来ます。バックドアは充分な高さと横幅があるスクエアな大開口バックドアなので、大きな荷物の積み下ろしがラクに出来ます。

また、地上から荷台の高さもちょうど良い高さなので、女性でも重たい荷物も高く持ち上げなくて済むよう配慮されています。

両車の安全性と走行性について詳しく説明!

トヨタアイシスの安全性

アイシスは先進機能を搭載し安全性能を高め、ドライバーの安全を確保してくれています。その中の一つとして、EBD付ABSが搭載され、これは走行状況に応じてブレーキを制御し、さらにVSC&TRCを搭載することで雨や雪など滑りやすい路面などで横滑りが発生してしまったときにブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし車両の安定性を確保してくれる機能です。

また、万が一衝突してしまった時には、SRSエアバッグシステムによってフロントシートだけでなく後部座席までしっかりと衝撃を抑えてくれます。さらにパノラマオープンドア専用安全構造を採用することで強度が増し、開放感だけでなく安全性も高められています。

トヨタシエンタの安全性

シエンタは、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの先進機能3つからなるToyota Safety Sense Cを搭載し、乗員を危険から回避するサポートをしてくれます。その性能は予防安全性能評価 ASV+と新・安全性能総合評価の最高ランクのファイブスター賞を受賞するなど予防安全性、衝突安全性ともに評価され、非常に優れた性能であることを証明しています。

最後に走行性を比較

両車の環境性能・JC08モード燃費を比較してみます。アイシスはガソリンエンジン車のみで、シエンタはガソリンエンジンとハイブリッド2種類あります。今回ガソリンエンジン車で比べてみると、アイシスは15.4km/L、シエンタは20.6km/Lとシエンタは非常に低燃費で、ハイブリッドだけでなくガソリンエンジン車でもこのクラスでは燃費性能が圧倒的に高くなっています。

実際に乗ってみた人の感想

試乗した方々の感想ですが、アイシスはミニバンとして世界初採用となったパノラマオープンドアについて、開放的でスムーズに乗り降りができるのでとても快適で、家族での旅行やドライブが一層楽しめるということです。シエンタは、車内空間の快適さについて、窮屈になりがちな3列目の座り心地や空間はこのクラスで最上級という意見がありました。

Sクラスのミニバンでありながらもその車内空間は、想像以上にゆったりしているようです。また、ガソリン車+60kgほどの車重と16インチタイヤの安定感で、すんなりとスムーズな乗り味なのがいいという意見も。トヨタのミニバンを代表する両車を是非一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。【3月20日更新】


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【3月18日更新】


【初フルモデルチェンジ】トヨタのアクア新型2019年12月デビューか

【初フルモデルチェンジ】トヨタのアクア新型2019年12月デビューか

トヨタの人気ハイブリッド・コンパクト『アクア』。このアクア新型に関する情報を入手しました。人気車であることはもとより、初のフルモデルチェンジということも相まって注目のアクア。アクア新型の変更点・発売日・スペックなど…。気になる最新情報をまとめています。


【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【3月11日更新】


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。