トップへ戻る

トヨタアイシス・トヨタシエンタを比較!走行性、安全性など

トヨタアイシス・トヨタシエンタを比較!走行性、安全性など

トヨタアイシス、トヨタシエンタという名前はよくテレビで見られていると思います。CMでは家族での利用のしやすさ売りにしようとしているように見えますが、果たしてどちらの方が優れているのでしょうか。今回はこの2台について比べてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


コンセプトターゲットはどちらも同じ

トヨタのアイシスとシエンタは、ともに7人乗りのSクラスミニバンで比較的少人数の家族向けに人気のトヨタを代表するミニバンです。スペースを有効に使った車内はとても快適で、ファミリーカーとしての機能が充実。スライドドアを採用するなど共通の特徴も多い両車にどのような性能の違いがあるのか、様々な視点から比較してみたいと思います。

家族旅行に最適な車種はこの2車!

両車は3列シートで最大7人乗りなので、旅行など大人数で行く時や少人数でも荷物が多い時なども
シートアレンジを利用することによって車内空間を過ごしやすい形にすることが出来ます。また、シートを倒して車中泊なども出来てしまいます。

日常の買い物などの街中で利用する際も、パワースライドドアを採用している両車なので狭い駐車場でも乗り降りに不便はなく、お買い物の荷物もラクに積むことが出来ます。アイシスとシエンタは、普段使いや旅行など幅広い生活シーンにマッチした車となっています。

トヨタアイシスはどんな車?

アイシスは最大7人乗りですが5ナンバーサイズ登録のミニバンで、絶版となったガイアの後継車にあたります。アイシスの最大の特徴と言えば、助手席側のセンターピラーがドアごと開くパノラマオープンドアです。リヤドアと同時に開くと観音開きのように車の横全体に開くことで開放感がいっぱいで、乗り降りや荷物の出し入れがかなりしやすくなっています。

また、3列目のシートには床下格納機能があり、出し入れも簡単に出来るので人数に応じてシートの増減が可能です。車体の価格は200万円~250万円と、コストパフォーマンスにも優れています。

トヨタシエンタはどんな車?

トヨタのシエンタは、トヨタのBセグメントモデルと共通のコンポーネントを使って作られたトヨタ最小のミニバンです。『ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン』をテーマに開発され、コンパクトなボディサイズでありながら室内空間も充分で、決して狭さを感じさせない作りとなっています。

最大7人乗りの仕様までラインナップされており、日本カーオブザイヤー2015-2016で7位にまで入りました。価格は、ハイブリッド車で220万円~230万円、ガソリンエンジン車で168万円~198万円と、こちらも非常にコストパフォーマンスの高い車となっています。

室内空間と収納性について比較!

それぞれの個性的なシートはどうなのか

■トヨタ アイシス 
アイシスでは助手席にタンブルシートを採用することにより、2列目と3列目のアレンジとの組み合わせで車内を色々な形に出来ます。なかでもアイシスだけのオリジナルシートアレンジ「超ロングスペースモード」は車内全体を広々と使える空間が特徴です。また、3列目の乗り心地に関しては、シートにゆとりもあり静寂性も高いので、3列目とは思えないほど快適に過ごせます。

■トヨタ シエンタ
シエンタのシートにはヒップポイントを後席にいくほど高くするシアターレイアウトを採用し、ゆったりとした3列シートで見晴らしも良いので3列目の乗り心地も快適です。また、2列目は左右独立しており、それぞれにスライドとリクライニングが可能なので、それぞれに好きな姿勢をとる事が出来ます。

さらに多彩なシートアレンジによって、荷物の量や形に合わせて荷室をフレキシブルにアレンジすることも可能です。その時の状況に適した車内空間を生み出せるのも大きな特徴です。

乗り降りはどちらがしやすいか比較!

乗降性についてはどちらもパワースライドドアを採用していますが、アイシスのパノラマオープンドアは他車にはない開放感が得られます。助手席側全体が開き、ステップも低く設定されているので
どなたでも乗り降りがしやすくなっています。

シエンタも、ワンタッチスイッチ付パワースライドドアを採用しドア開口部も広くステップの高さも低いので乗り降りがスムーズに出来るようになっています。両車とも乗降性はとても高いでしょう。

トヨタ アイシスの収納とバックドア

アイシスのラゲージスペースは、後方床下格納機構付サードシートを格納することにより荷室のスペースが広がり、より多くの荷物や大きな荷物を載せることが出来ます。バックドアには自動で開閉するパワーバックドアを採用しているので、両手に荷物を持っていたりお子様を抱えたままでもワンタッチで開閉が出来るのも嬉しい機能です。

トヨタ シエンタの収納とバックドア

シエンタでは5:5分割サードシートを採用しており、簡単な操作で手軽に3列目を格納できるので必要に応じてラゲージスペースを広げることが出来ます。バックドアは充分な高さと横幅があるスクエアな大開口バックドアなので、大きな荷物の積み下ろしがラクに出来ます。

また、地上から荷台の高さもちょうど良い高さなので、女性でも重たい荷物も高く持ち上げなくて済むよう配慮されています。

両車の安全性と走行性について詳しく説明!

トヨタアイシスの安全性

アイシスは先進機能を搭載し安全性能を高め、ドライバーの安全を確保してくれています。その中の一つとして、EBD付ABSが搭載され、これは走行状況に応じてブレーキを制御し、さらにVSC&TRCを搭載することで雨や雪など滑りやすい路面などで横滑りが発生してしまったときにブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし車両の安定性を確保してくれる機能です。

また、万が一衝突してしまった時には、SRSエアバッグシステムによってフロントシートだけでなく後部座席までしっかりと衝撃を抑えてくれます。さらにパノラマオープンドア専用安全構造を採用することで強度が増し、開放感だけでなく安全性も高められています。

トヨタシエンタの安全性

シエンタは、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの先進機能3つからなるToyota Safety Sense Cを搭載し、乗員を危険から回避するサポートをしてくれます。その性能は予防安全性能評価 ASV+と新・安全性能総合評価の最高ランクのファイブスター賞を受賞するなど予防安全性、衝突安全性ともに評価され、非常に優れた性能であることを証明しています。

最後に走行性を比較

両車の環境性能・JC08モード燃費を比較してみます。アイシスはガソリンエンジン車のみで、シエンタはガソリンエンジンとハイブリッド2種類あります。今回ガソリンエンジン車で比べてみると、アイシスは15.4km/L、シエンタは20.6km/Lとシエンタは非常に低燃費で、ハイブリッドだけでなくガソリンエンジン車でもこのクラスでは燃費性能が圧倒的に高くなっています。

実際に乗ってみた人の感想

試乗した方々の感想ですが、アイシスはミニバンとして世界初採用となったパノラマオープンドアについて、開放的でスムーズに乗り降りができるのでとても快適で、家族での旅行やドライブが一層楽しめるということです。シエンタは、車内空間の快適さについて、窮屈になりがちな3列目の座り心地や空間はこのクラスで最上級という意見がありました。

Sクラスのミニバンでありながらもその車内空間は、想像以上にゆったりしているようです。また、ガソリン車+60kgほどの車重と16インチタイヤの安定感で、すんなりとスムーズな乗り味なのがいいという意見も。トヨタのミニバンを代表する両車を是非一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

1967年から1970年のわずか3年間のみ生産されたトヨタ2000GTは、あまり知られてはいませんがヤマハ発動機との共同開発された車です。販売台数も337台(2M-B型・2,253cc、9台試作は含まず)と、その数の少なさで幻の車とも呼ばれているようです。今回はこのトヨタ2000GTについて説明します。


【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

トヨタの製造販売していたクロカンSUV、FJクルーザーは、国内での販売以前に2006年に北米で2008年にはメキシコ・中国で発売された後、2010年に国内販売がなされた車です。2018年の製造販売終了まで殆ど形を変えず販売されていました。今回はこのFJクルーザーについて見ていきます。気になる日本復活はあるのでしょうか。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。