トップへ戻る

マツダプレマシー トヨタシエンタ 徹底比較!

マツダプレマシー トヨタシエンタ 徹底比較!

マツダプレマシーとトヨタシエンタを比較しました。この両車種はともに最大7人乗りのSクラスミニバンで、どちらかというと比較的少人数の家族向けの車です。それぞれの概要、車内空間、安全性、走行性を見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

マツダのプレマシーとトヨタのシエンタ。

ともに最大7人乗りのSクラスミニバンで、どちらかというと比較的少人数の家族向けの車です。

それぞれパワースライドドアを採用し、ファミリーカーとしてとても使い勝手の良い車ですが、
ここではお互いのどのような違いがあってどのような特徴があるのか、比較していきたいと思います。

利用シーン

プレマシーもシエンタも車内設備や車内空間の活用方法によって様々な利用シーンに適応出来ます。

例えば、旅行などでは7人乗りのシートを活用し、必要であればシートアレンジをして車中泊をするなんて事も可能です。

また、日常の買い物やご家族の駅への送り迎えなど街中で利用する際も、どちらもパワースライドドアを採用しているので
狭い駐車場でも乗り降りに不便はなく、荷物が多くなった場合でもラクに積み込むことが出来ます。

車が必要な世の中で、どのようなシーンでも対応できる両車は必然的に人気も高くなっています。

マツダプレマシー 概要

■搭乗人数・概要

マツダのプレマシーは、操作性、利便性、走行性能と三拍子揃ったバランス感のある車種です。

マツダ独自のアイドリングストップ機構の「i-stop」が搭載され、環境性能及び燃費性能も向上させています。

デザインには自然界の水や風の流れの美しさをイメージさせるボディデザイン「NAGARE」を施しており、過去にはグッドデザイン賞も受賞するほど見た目の評価も非常に高いです。

最大7人乗りのプレマシーの価格は200万円~240万円となっています。

トヨタシエンタ 概要

■搭乗人数・概要

トヨタのシエンタは、トヨタのBセグメントモデルと共通のコンポーネントを使って作られたトヨタ最小のミニバンです。

『ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン』をテーマに開発され、コンパクトなボディサイズでありながら
室内空間も充分で、決して狭さを感じさせない作りとなっています。

インテリアは低床フロアを採用し、機能性の高さと内装の上質さを両立させています。

最大7人乗りでハイブリッドとガソリンエンジン車がラインナップされており、日本カーオブザイヤー2015-2016で7位にまで入りました。

価格は、ハイブリッド車で220万円~230万円、ガソリンエンジン車で168万円~198万円と、
非常にコストパフォーマンスに優れた車と言えるでしょう。

車内空間・収納

シート比較

■マツダ プレマシーシートアレンジ 

プレマシ―のシートは利用するシーンに合わせたシートアレンジが可能です。

2列目に採用されている「カラクリ7thシート」では、7人乗りの際に助手席側のセカンドシートから7番目のシートを出すことができ、
格納時には停車中にセンターのオープンスペースを通って、フロントシートから3列目の間を歩いて行けるほどのスペースができ、3列目への乗降時にもとても便利です。

少人数で広々と使いたい場合、大勢で乗りたい場合など状況に合わせて変更できるのが嬉しい機能です。


■トヨタ シエンタシートアレンジ 

シエンタの2列目のシートは左右独立しており、それぞれにスライドとリクライニングが可能なので、それぞれに好きな姿勢をとる事が出来ます。

さらに多彩なシートアレンジによって、荷物の量や形に合わせて荷室をフレキシブルにアレンジすることも可能です。

また、ヒップポイントを後席にいくほど高くするシアターレイアウトを採用し、
ゆったりとした3列シートで見晴らしも良いので3列目の乗り心地も快適です。

状況に合わせた車内空間を生み出せるのもシエンタの特徴のひとつです。

ドア・乗降性

乗降性についてはどちらもパワースライドドアを採用しており、プレマシーのドア開口部は686mm開き、
シエンタは低床フロアで、乗り込みの高さは330mmとお子様やお年寄り、ペットなどもラクに乗り込めます。

また、パワースライドドアにワンタッチで開閉できるスイッチを採用し、挟み込み防止機能も搭載しているのでラクなだけでなく安全性も高くなっています。

マツダプレマシー 収納・バックドア

プレマシーはラゲージスペースの広さも充分ですが、車内の至る所に収納がたくさん備え付けられているので
どのシートに座っても乗車するすべての人が便利で過ごしやすい形になっています。

また、バックドアに関してはアドバンストキーを携帯していれば、ドアとリアゲートの施錠・開錠が
キーを使わずに簡単に行えるので手が塞がっている時でもとてもスムーズに開閉が可能です。

トヨタシエンタ 収納・バックドア

シエンタでは3列目のシートに5:5分割サードシートを採用しており、簡単な操作で3列目を格納できるので必要に応じてラゲージスペースを広げることが出来ます。

バックドアは充分な高さと横幅があるスクエアな大開口バックドアで、大きな荷物の積み下ろしもスマートに出来ます。

また、地上から荷台の高さも高過ぎず低すぎずとちょうど良い高さなので、
重たい荷物を高く持ち上げる必要がないのが女性にも優しい作りになっています。

安全性・走行性

マツダプレマシー 安全性

プレマシーは車内空間や乗り心地だけでなく、安全性能に関してもしっかりと考えられています。

マツダ独自の高剛性安全ボディ「MAGMA」を採用することで前後のクラッシャブルゾーンで
衝撃を吸収し衝撃を最小限に抑えてくれます。

また、視界が見えづらい夜間や悪天候の際に役立つディスチャージヘッドランプを搭載し、白く明るい光で前方を照らし
ドライバーの視界と、さらには歩行者からも車の接近がわかるような光で事故を未然に防ぐサポートをしてくれます。

衝突安全性も予防安全性もともに高い性能でドライバーの安全を守ります。

トヨタシエンタ 安全性

シエンタでは、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの
先進機能3つからなるToyota Safety Sense Cを搭載し、乗員を危険から回避するサポートをしてくれます。

その性能は予防安全性能評価 ASV+と新・安全性能総合評価の最高ランクのファイブスター賞を受賞するなど
予防安全性と衝突安全性ともに非常に優れた性能であることを証明しています。

走行性能比較

両車の環境性能・JC08モード燃費を両車比較してみると、
ガソリンエンジンタイプで、プレマシーは16.2km/L、シエンタは20.6km/Lと、このクラスでも高い方に位置するプレマシーを大きく引き離すほどシエンタの燃費性能は高くなっています。

実際の燃費性能はアイシスの方が上回るという意見もあります。

さらにシエンタにはハイブリッド車もあるので、環境にも優しく家計にも優しい車となっています。

試乗記

試乗した方々の感想ですが、シエンタは、車内空間の快適さについての意見がよく聞かれます。

窮屈になりがちな3列目の座り心地や空間は、大人が不満なく乗っていられ、このクラスで最上級という意見がありました。

Sクラスのミニバンとしてかつてないほど「使える3列目」のようです。

プレマシーに関しては、今まで運転の不得意な人が運転すると、アクセルを踏んだ以上に加速してしまったりするなど、
とてもシビアでランダムに発生するGによって不快になることが多かったのですが、現行では一連の操作に対して自然な挙動になるように変更され、
不快な印象もなくなり、どなたでもスムーズな運転が可能で楽しめるようになったようです。

それぞれに特徴のある両車、一度試乗してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


惜しまれつつ消えたマツダ プレマシー|中古車情報、後継車は?

惜しまれつつ消えたマツダ プレマシー|中古車情報、後継車は?

1999年に5ナンバー車としてマツダファミリアをベースに開発され、ミニバンとして登場した車がマツダ プレマシーでした。その後、幾たびか変更を加えながら3代目まで進化しながら販売されましたが、2018年に製造販売が終了になりました。今回はこのプレマシーを見てみましょう。


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

自動車の華と言えば、スーパーカーをおいて他にありません。現在、世界中で様々なスーパーカーが発表されています。今回は、新春特別企画として、世界の一流メーカーが発表しているスーパーカーをご紹介します!


車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊に興味がある方なら、次の車選ぶをするときに使いやすい車にしたい思うもの。人に接することも少なく、費用も抑えながら旅ができるので、人気が高まっている車中泊ですが、できる限り快適に行いたいところですよね。そこでこの記事は、車中泊が人気の理由とおすすめの理由をご紹介します。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。