目次へ戻る

ダッジのバイパーが8月末に生産終了!?初代から26年の時を経て…

ダッジのバイパーが8月末に生産終了!?初代から26年の時を経て…

米国を代表するスポーツカーのひとつ、ダッジ『バイパー』。同車の生産終了日が明らかにされました。 今回は生産終了を偲んで、バイパーの過去のニュースについて振り返ってみました。


ダッジのバイパーが生産終了!!

米国を代表するスポーツカーのひとつ、ダッジ『バイパー』。

バイパーの生産終了日が明らかになりました。

これは、ダッジブランドを擁するFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)USが発表したものです。

FCAUSによれば「2017年8月末をもって、バイパーの生産を終了する」そうです。現行バイパーは4世代目モデルでした。

バイパーは、2012年4月、ニューヨークモーターショー2012で、『SRTバイパー』の名前で発表されました。

バイパーには、現在のダウンサイジングトレンドとは無縁の、大排気量V型10気筒ガソリンエンジンを積んでいました。時代の流れを感じますね。

このV10は先代同様、排気量は8.4リットル。

しかし、ピストンやインテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅な改良を受けており、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmを引き出します。

これは先代比で、40ps、5.5kgm強化された計算。

動力性能は0‐96km/h加速を3秒以下で駆け抜け、最高速は331km/h、0‐400m加速は11秒台半ばと、世界でもトップクラスです。

バイパーは、2017年モデルとして5種類の限定車を発表(すでに完売しています)。

この限定車のラインオフが完了する8月末をもって、1991年の初代から続く26年の歴史に幕を下ろします。

バイパーが好きすぎて79台!?ファンのバイパーコレクションが話題に

バイパーがどれだけ愛されているのか、がわかるエピソードをご紹介します。

この話は、ダッジブランドを擁する米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)が明らかにしたもの。

「テキサス州のWayne と D'Ann Rauh夫妻に、79台目のバイパーを納車した」と発表しました。

同夫妻は、米国では熱狂的なバイパーコレクターとして、有名な存在。

これまでに購入したバイパーは77台で、全て大切に維持されているそうです。

同夫妻は、FCA USの米国ミシガン州コナー・アベニュー組み立て工場を訪問し、夫婦それぞれ1台ずつ、合計2台のバイパーのキーを受け取りました。

これで、同夫妻のバイパーコレクションは、79台に。

愛を感じますね。

最終生産車が即完売!最短は40分!?

バイパーの最終限定車が、即完売の人気になったことが分かりました。

ダッジブランドによれば、
「バイパーの最終モデル206台は、すべて完売した」と発表しています。

ダッジブランドは、バイパーの最終モデルとして、6種類の限定車を設定。

6月24日に受注を開始したところ、合計206台が2日以内に完売しました。

中には、受注開始から40分で完売した「1:28 Edition ACR」と呼ばれるモデルも…。
バイパーに対するファンの根強い支持がうかがえますよね。

現行バイパーは4世代目モデル。現在のダウンサイジングトレンドとは無縁の大排気量の8.4リットルV型10気筒ガソリンエンジンを搭載します。

最大出力は640ps、最大トルクは83kgm。動力性能は0‐96km/h加速を3秒以下で駆け抜け、最高速は331km/h。0‐400m加速は11秒台半ば。

2014年9月に発表された2015年モデルでは、8.4リットルV10がパワーアップ。従来の640psから5ps引き上げられ、645psを引き出します。

6速MTにも改良を施し、高速燃費は20マイル/ガロン(約8.5km/リットル)と、従来比で約5%向上させているそうです。

デトロイトモーターショー15では画期的なカスタマイズが話題に

バイパーのカスタマイズプログラム、ご存知ですか?

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)のダッジブランドは、2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15において、『バイパー』のカスタマイズプログラムを発表しました。

このプログラムは、2015年型のバイパーに設定しました。

2015年モデルは2014年9月に発表。8.4リットルV型10気筒ガソリンエンジンがパワーアップ。従来の640psから5ps引き上げられ、645psを発揮。6速MTも改良。高速燃費は20マイル/ガロン(約8.5km/リットル)と、従来比で約5%向上しています。

当時の2015年モデルでは、米国のベース価格を8万4995ドル(約1000万円)に設定。

この価格は、従来比で1万5000ドル(約176万円)の大幅な値下げとなりました。さらに2015年モデルから、完全受注生産車となっていました。

デトロイトモーターショー15で発表されたカスタマイズプログラムは、「1 of 1」と命名。ダッジによると、自動車メーカー初の画期的なカスタマイズプログラムになったということです。

その内容は、ボディカラーが8000種類、ストライプが2万4000種類、ホイールが10種類、内装トリムが16種類、エアロパッケージが6種類と豊富。組み合わせは、2500万通りを超えています。

また、事前に18分の1スケールのモデルカーを製作し、顧客に実車のカスタマイズイメージを確認してもらう手法を導入していまいた。

今聞いても、すさまじい組み合わせの数ですね。

ワンオフのカスタマイズも!!左右で色が違うバイパーができた

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)のダッジブランドは2月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15において、『バイパー』のワンオフモデルを初公開しました。

このワンオフモデルは1月、デトロイトモーターショー15で発表されたプログラム、「1 of 1」を利用したカスタマイズの提案。

ダッジによると、「1 of 1」は自動車メーカー初の画期的なカスタマイズプログラムです。

その内容は、ボディカラーが8000種類、ストライプが2万4000種類、ホイールが10種類、内装トリムが16種類、エアロパッケージが6種類と豊富。組み合わせは、2500万通りを超える。また、事前に18分の1スケールのモデルカーを製作。顧客は実車のカスタマイズイメージを確認できる。

シカゴモーターショー15では、「1 of 1」の最新作として、『バイパーGTC』グレードがベースのカスタマイズ車を初公開。車体の左右で、ボディカラーが異なる大胆な仕上がり。アルミホイールの色も、ブラック、ガンメタリックと左右で違う。

パワートレインに変更はない。8.4リットルV型10気筒ガソリンエンジンは、645psを発生する。

関連するキーワード


ダッジ

関連する投稿


エクソシストを返り討ち!800馬力の「悪魔」VSシボレー「エクソシスト」!!

エクソシストを返り討ち!800馬力の「悪魔」VSシボレー「エクソシスト」!!

ダッジの2ドアクーペ、「チャレンジャー」のハイパフォーマンスモデル、「SRT デーモン」が正式公開されると共に、脅威のスペックも公表されました。一方、ライバル車の「カマロ ザ エクソシスト」だって負けてはいませんよ。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。