トップへ戻る

その歴史100年以上!ダッジの歴史と車種をザックリ紹介

その歴史100年以上!ダッジの歴史と車種をザックリ紹介

世界中にはさまざまな自動車メーカーが存在しています。100年以上の歴史を持つメーカーがあれば、テスラのように誕生から17年しか経っていないながらも先鋭的なモデルを生み出すメーカーも。今回は数あるメーカーの中から、アメリカで誕生した自動車メーカーのダッジを紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダッジの創設から現在に至るまでをザックリ紹介

ダッジの前身にあたるダッジ・ブラザーズが設立されたのは1914年で、100年以上の歴史のある自動車メーカーです。しかし1925年には投資会社へ売却され、さらにその3年後の1928年には当時のクライスラーに買収されました。これによりクライスラーの一部門となったのです。独立した1つの自動車メーカーとしての期間は、その長い歴史とは裏腹に短命でした。

さらにここからも数奇な運命が続くこととなります。1998年にクライスラーがドイツの自動車メーカーであるダイムラー・ベンツと合併して、その9年後の2007年に解消。そして2008年に発生した世界金融危機の影響もあって資金繰りが悪化したクライスラーは2009年に経営破綻となったのです。

そしてその5年後の2014年にはイタリアの自動車メーカー フィアットの完全子会社となり、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービル)が誕生したのです。クライスラーの一部門であったダッジはFCAの社内カンパニー(=社内にありながらもひとつの独立した会社として扱われている企業組織のこと)となり、現在に至ります。

ダッジを代表する車種を一挙紹介

チャージャー

2005年のニューヨークモーターショーで発表されたチャージャーSRT8。

マッスルカーブームを巻き起こしていた1960年代に、ダッジのマッスルカーとして発表されたのがチャージャーです。映画『ワイルドスピード』の初代作品でも主要登場人物の愛車として登場しており、チャージャーと聞くとワイルドスピードを思い浮かべる人も多いでしょう。

初代モデルは1966年から1978年にかけて、そして2代目モデルは1982年から1987年の間で販売されていました。現行車として販売されている3代目モデルは2005年に発表されたもので、こうして販売期間を見比べると3代目モデルが最も販売期間の長いモデルになっているのがわかりますね。

特に3代目モデルは過去に日本国内でも販売されていた期間がありました。新車購入ができた唯一のチャージャーといえるでしょう。

リアからのビュー。

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』に登場したチャージャー。いわゆるワイスピカー(劇中車)。

バイパー

ダッジ バイパー 2015年モデル

ダッジさらにはアメリカンスポーツカーを代表するスポーツカーの1つであるのがバイパーです。

1989年に発表されたコンセプトカーをベースに、初代バイパーは1991年に発売されました。2012年に発売された3世代目モデルが生産終了となったのは2017年で、そこに至るまでの27年間、ダッジの顔として存在し続けたスポーツカーです。

4世代目バイパー

初代から4世代目バイパーに至るまで、エンジンには大排気量V型10気筒エンジンが搭載されていました。より環境に配慮したクルマづくりが進んで各社が大排気量エンジンの代わりに排気量ダウンされたエンジンにターボチャージャーを組み合わせるダウンサイジングターボを押し進める中、初代モデルからの一貫性を感じられる点はバイパーの付加価値といえるでしょう。

最終モデルでは6種類の限定車が販売され、全て2日以内に完売したほど。

信憑性は定かではありませんが、ミッドシップ仕様になって復活するという噂も。噂の域を出ませんが、バイパーの人気具合がよくわかりますね。

2010年に発売されたバイパーSRT10ベースのワンメイクレース仕様

チャレンジャー

チャレンジャー SRTヘルキャット

ゴツくてインパクトの強いフロントフェイスが印象的なダッジのクルマといえばチャレンジャーでしょう。チャレンジャーの歴史は先ほど紹介したバイパーよりも長く、なんと初代モデルが登場したのは1969年になります。アポロ11号が月面着陸したと言われている年と同じですね。

ポニーカーと呼ばれるクルマの市場に投入された初代チャレンジャー(70年モデル)は、たちまち人気を博し、1974年まで発売されました。一度はラインナップから姿を消すも、1977年に2代目モデルが復活します。

実はこの2代目チャレンジャーは三菱自動車が販売していたギャランΛ(ラムダ)の輸出モデルの名称で、実質的に2代目チャレンジャーは三菱の血が流れているということですね。このチャレンジャーは1983年まで発売されました。

そしてそこから25年の月日が流れ、2008年に3代目チャレンジャーが再び登場します。こちらは現在もアメリカ国内で販売中です。初代チャレンジャーを彷彿とさせるスタイリングが特徴的ですが、ほんの少し丸みを帯びたフォルムで今時のクルマらしさも少し出ています。

チャレンジャー SRT ヘルキャット

トマホーク

ダッジのコンセプトカー(4輪バイク?)のトマホーク

続いて紹介するのは2003年のデトロイトオートショーでダッジがコンセプトカーとして発表したトマホーク。コンセプトカーとは言いながらも、ステアリングがバーハンドルとなっていたり、独立したタイヤが4本装着されていることを踏まえると、コンセプトバイクと表現してもよいでしょう。

世界限定で10台だけ生産されたバイクであり、その生産数の少なさがこのコンセプトバイクに希少性と付加価値を与えています。最高時速は480km/hを出すのも理論的には可能とも。価格は55万5千ドルです。

エンジンはそれこそアメリカンマッスルカーが好きそうな大排気量のV10エンジンで、それをバイクに搭載しているわけですから、パワーもですが一度見たら忘れなさそうな、重厚感溢れるデザインとなっています。サイドスタンドやセンタースタンド無しで自立するところは、「クルマ」ですね。

ダッジ トマホーク

ダッジ トマホーク

まとめ

直接・間接的に何度も買収されながらも存在し続け、100年以上の歴史を持つに至ったダッジは、見た目も中身もパワフルなクルマを生み出し続けています。クルマの動力源がエンジンからモーターへとシフトしつつある現代で、これからどのようなクルマを生み出していくのか、楽しみです。

関連するキーワード


ダッジ バイパー

関連する投稿


ダッジ チャレンジャー|日本国内での入手方法や中古車相場は?

ダッジ チャレンジャー|日本国内での入手方法や中古車相場は?

アメリカ発祥の自動車メーカーであるダッジが販売するクルマの1つがチャレンジャーです。同社を象徴する車種の1つであるチャレンジャーは今年2020年で発売50周年記念となりました。チャレンジャーの歴史をザックリと解説しつつ、正規ディーラーが存在しない日本国内でチャレンジャーを入手する方法にも軽く触れてみましょう。


【復活!?】ダッジのバイパー!!改めて知りたいバイパーとは?

【復活!?】ダッジのバイパー!!改めて知りたいバイパーとは?

2017年に生産が終了した米スポーツカーの代表モデル、ダッジ『バイパー』がミッドシップモデルで復活するという情報を入手しました。本記事ではバイパーの気になる最新情報に加え、改めてバイパーについてまとめています。


あの大人気スーパーカー ダッジ 「バイパー」が2021年に復活!!?

あの大人気スーパーカー ダッジ 「バイパー」が2021年に復活!!?

ダッジと言えば、まず思い浮かべる人気のスーパーカー『バイパー』。2020年~21年に復活するのではという噂を耳にしました。多くのファンを抱えるバイパー、復活となれば嬉しいですね。本記事では最新情報をお届けいたします。


高速道路を時速235キロで暴走し、逮捕された男が乗っていたクルマは?

高速道路を時速235キロで暴走し、逮捕された男が乗っていたクルマは?

2018年3月1日。中央自動車道で法定速度を135キロも上回る、時速235キロで運転した男が逮捕されたニュースが話題となりました。ナンバープレートを取り外した状態で走行していたということにも驚きですが、逮捕された男の刑事処分や行政処分、乗っていたクルマなどについて調べてみました。


ダッジのバイパーが8月末に生産終了!?初代から26年の時を経て…

ダッジのバイパーが8月末に生産終了!?初代から26年の時を経て…

米国を代表するスポーツカーのひとつ、ダッジ『バイパー』。同車の生産終了日が明らかにされました。 今回は生産終了を偲んで、バイパーの過去のニュースについて振り返ってみました。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。