トップへ戻る

【最新】ジャパンキャンピングカーショー2017 出展情報まとめ

【最新】ジャパンキャンピングカーショー2017 出展情報まとめ

2月2日~5日の4日間、千葉市の幕張メッセで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2017」。こちらのまとめでは、キャンピングカーや、車中泊仕様車、メーカーの出展情報などをまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ジャパンキャンピングカーショー2017が2月開催!

2月2日(木)~5日(日)の4日の間、千葉市美浜区の幕張メッセにて「ジャパンキャンピングカーショー2017」が開催されます。

こちらの記事では各メーカーから発表されている出展情報や過去の振り返りと共に、キャンピングカー、キャンピングカーショーの魅力をまとめていきます。

「ジャパンキャンピングカーショー2017」は、同種のキャンピングカーに関連するイベントでは日本最大でありアジア最大規模。300台以上のキャンピングカーや車中泊仕様車が展示される予定となっているようです。

開催日時、チケット、入場料については下記になります。

開催日時
2017年2月2日(木) 10:00~12:00 ※報道、ビジネス関係
          12:00~17:00 ※一般入場
2017年2月3日(金) 10:00~18:00
2017年2月4日(土) 10:00~18:00
2017年2月5日(日) 10:00~17:00

チケット・入場料
当日入場券 一般(高校生以上):1000円
※ジャパンキャンピングカーショー2017の公式サイトより事前に申し込むと無料
ペット同伴の場合、ペットケア費 1頭500円

上記日程、料金となっていますので、キャンピングカーの購入を考えている方、キャンプが趣味な方などなど、時間の都合が合う方は是非足を運んでみてください。

今年の見所は?

1・日産が近日の発売を視野に入れている「グランピングカー」
2・レンタルキャンピングカー試乗会
3・全長8m超えの超大型キャンピングカー
4・ペット旅からシェルターまで、キャンピングカーの底力を再発見する「企画展」
5・キャンピングカーのビジネス活用を検討してもらうための「ビジネスデイ」

上記の5つが今年の見所となってるようです。全長8m超えのキャンピングカー、気になりますね。

開催初日の2月2日には「キャンピングカーアワード授賞式」を開催。

受賞者は演出家である「テリー伊藤」さんが決定しているようです。

くるま好きなら受けてみたい!くるまに関わる検定を調べてみた!

http://matome.response.jp/articles/42

現代は車という乗り物が欠かせない時代です。形だけでなく、用途に応じて使用するなど、車の種類も豊富に見受けられます。世の中には一体どのような車が存在するのか、どのような役割を担っているのか、そんなことを学んでいくのがくるま検定です。他にも車好き必見の検定をまとめてみました。

無類の車好きで知られるテリー伊藤さん。

また、今回が1回目、初となる「普及貢献賞」は、個人賞に歌手・俳優・タレントで活躍しているピーターさん

団体賞はBS日テレ番組「キャンピングカーで日本の旅」が選ばれている。

ジャパンキャンピングカーショー2017 出展情報

ここからはメーカー毎に展示される予定となっている車種、カスタムカー、キャンピングカー、車中泊仕様車の情報をまとめて掲載していきます。

日産 キャンピングカー・車中泊仕様車 出展情報

ベースとなる日産NV350キャラバン

日産自動車からは、アウトドア向けのカスタマイズを施した「NV350キャラバン」2台を出展するよです。

「NV350キャラバン・リチウムイオンバッテリー(LIB)搭載グランピングカー」は、「NV350キャラバン DX(ワイドボディ ハイルーフ)」をベースに、大容量(12kWh)リチウムイオンバッテリーシステムを搭載する。

日産NV350キャラバン・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー 内装

電子レンジ、エアコン、テレビなどの電化製品を自由に使用できるようにしており、スマート且つ快適なキャンピングスタイルを実現。

今回の展示では、愛犬家の声をもとに、ペットの快適さにこだわったグランピングカーを提案する。

日産NV350キャラバン・トランスポーター

「NV350キャラバン トランスポーター」は、「NV350キャラバン プレミアムGX(標準ボディ 標準ルーフ)」をベースにし、傷がつきにくく、重たい荷物なども安定して積載できるロンリューム加工を施した床張りを標準採用。

汚れや水を簡単に取り除け、キャンプやモータースポーツ等々、アウトドアでの、高い利便性を実現している。さらに快適な車中泊を実現するベッドシステムも搭載している。

ホンダ キャンピングカー・車中泊仕様車 出展情報

ホンダからは「でかけよう!Hondaと一緒に!」をテーマとして、グランピングや快適な車中泊などを提案。

こんな風にお手軽に車中泊も可能に

「N-BOX+」と「フリード+」をベースにし、純正アクセサリーを装着し、気軽な車中泊体験を。

新型ホンダ ステップ ワゴン モデューロX

「ステップ ワゴン モデューロX ホンダ ドッグバージョン」では愛犬用純正アクセサリーを装着し、ペット同伴の家族や仲間とのおでかけを提案する。

ホンダ純正ペット用アクセサリーには「Honda Dogシリーズ」の厚さ5cmの「ペットフロアクッション」 (1万0800円)、小型犬用キャリーの「ペットシートプラスわん」(1万9440円)など、様々な愛犬用のカー用品が取り揃えられてます。

【ホンダ ステップワゴン と愛犬の旅】わくわくゲート採用でペットも乗り方&乗せ方自由自在 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2015/06/30/254541.html

ミニバンとしてかつてないドッグフレンドリー度を備えた新型『ステップワゴン』。さっそく、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララを乗せて、親子3世代で楽しめるドッグフレンドリーなリゾート、那須高原へ、2泊3日のドライブ旅行に出かけた。

愛犬 × ステップワゴンの記事。ペットを飼っている方には是非見て欲しい記事です。

FCAジャパン・フィアット キャンピングカー 出展情報

「フィアット」、「アルファロメオ」、「クライスラー」、「ジープ」、「アバルト」などの5ブランドを日本国内に提供しているFCAジャパンからは、フィアットの商用車「デュカト バン」を国内初公開する。

フィアット デュカト

このフィアットのデュカト、導入された1981年以降、全世界で500万台以上を生産し、欧州のキャンピングカー市場では70%以上のシェアを占める大人気のモデルなんです。

FCAジャパンは、2016年暦年で2万台と過去最高の販売台数を記録しており、2019年までに年間販売台数を3万台まで伸ばすことを目標としており、その一環で、フィアット デュカトの投入を計画。

第一弾の取組みとして今回、ジャパン キャンピングカーショーへの出展および日本初公開を決定したということです。

このほか、フィアット「500」なども展示する予定のようです。

フィアット 500といえば、ルパンでおなじみの車両ですね。

ちなみにこちらのフィギュアの価格は1万4472円だそうです。

他にも多数のキャンピングカー・車中泊仕様車が!

もちろん上記に挙げた以外にも、多数のキャンピングカーを扱うカーディーラーや、カー用品を扱うメーカーが出展します。

ジャパンキャンピングカー2017の公式サイトでは2017年1月現時点で、「238台」もの展示車両が一覧で掲載されています。

会場に行きたいけど行けない。という方は是非チェックしてみては。

その中から気になった数台を過去の掲載写真から何台かピックアップします。まず目に留まったのは、スズキの軽自動車(軽トラック)であるキャリイをベースにしたキャンピングカー。

画像のキャンピングカー仕様のキャリイは、DIYショー2014に出展されていた過去の車両ですが、こちらの写真のように軽トラックをキャンピングカー仕様にした車両が複数台出展されるようです。

軽トラック、とだけ聞くと作業目的以外に用途がなく感じますが、キャンピングカー仕様だと確かに適合性が高いですね。

もう1台気になるキャンピングカー仕様車はこちら。

スズキのエブリイ。牛乳配達などにはもってこいの広い空間の車両です。

エブリイをベースとした車中泊仕様車、キャンピング仕様車も複数展示されるようです。

キャンピングカーショー2016にて展示されたバンテック製、エブリイがベースのLunetta(ルネッタ)

車内空間はこのような仕様。かなりゆったりとくつろげそう。

最後に昨年のジャパンキャンピングカーショー2016にて、インパクトのあった1台を紹介して終わりたいと思います。

香川県高松市に本社を構える岡モータースが展示した異色の軽キャンパー。

テーマはなんと、「お遍路仕様」。

四国八十八カ所の霊場を巡礼するためにつくられたものだそうで、実際に販売もしているようです。

お遍路は年々人気が出てきているようで、今やそのためのツアーバスが頻繁に出ているほど。

もちろん個人で巡礼する人も多く、特に最近は中高年の夫婦が車で一緒にというケースが目立つそう。しかし、八十八カ所の霊場は行くのに非常に不便な場所もあり、おまけにその近くには泊まる宿もない。また、あったとしても、なかなか予約が取れない。

という背景もあり、こちらの車両作成に至ったのだとか。

畳とみかん。この内装はもはや車の中に居ることを忘れさせるような1台ではないでしょうか。

関連する投稿


【中止決定】1月15日~17日に東京オートサロン2021開催!会場、チケット情報

【中止決定】1月15日~17日に東京オートサロン2021開催!会場、チケット情報

【中止決定】「東京オートサロン2021」が、2021年1月15日から17日の3日間、幕張メッセで開催されます。今年は「現地(リアル)」と「インターネットによる配信」が併用され、より多くの自動車ファンが楽しめる形式です。そこで、東京オートサロン2021の概要と共に、前回開催の「東京オートサロン2020」についてもまとめました。


トヨタTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報|幻のSUVに!?

トヨタTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報|幻のSUVに!?

2017年に開催された第45回東京モーターショーで登場した「トヨタTjクルーザー」 は、スライドドアを持つ特徴的なエクステリアデザインで人気を博し、市販を望む声が多くあがりました。発表から4年を経過しましたが、果たしてTjクルーザーの市販化は実現するのでしょうか?あるいは、幻のSUVとなってしまうのでしょうか?最新情報をお届けまします。


【保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界のモーターショー。本記事では2020年に開催決定&開催が予定されている世界のモーターショー情報、開催日時、開催場所、どういうモーターショーなのか?といった気になる点をまとめています。コロナの影響もあり、日程がかなり揺れたモーターショー。ジュネーブモーターショー、フランクフルトモーターショー、デトロイトモーターショー、パリモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。


【コンパニオン】美しすぎる!美麗なコンパニオン画像集

【コンパニオン】美しすぎる!美麗なコンパニオン画像集

本記事では、【東京モーターショー2019】で会場を美しく彩ったコンパニオンの画像をまとめています。女性編集部員が全総力をあげてより美麗な画像を厳選してご紹介!煌めく笑顔が満載です!


キャンピングカーをレンタル!レンタルの値段もご紹介

キャンピングカーをレンタル!レンタルの値段もご紹介

キャンピングカーを購入したいけど高額な値段、駐車スペースがないなどの理由でお困りの方にオススメなのがレンタルとなります。今回はキャンピングカーのレンタルについてご紹介していきます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。