トップへ戻る

一台ですべてを賄えるクルマとは?

一台ですべてを賄えるクルマとは?

新型MINI クロスオーバー は、「これ一台ですべて賄えるMINI」だそうです。3ドアのMINIですべての要求に答えるのは無理がありますが、MINI クロスオーバーなら、MINIらしさを堪能できて、実用性もあるようです。それでは、MINI以外で「一台ですべてを賄えるクルマ」とはどのようなクルマになるのでしょうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「すべて」とは?何をさすのか

ホンダ フリード

何もメルセデス並みの乗り心地でテスタロッサより速く走れて軽自動車並みの燃費と価格のクルマを探すつもりはありませんが、良く三拍子揃った〇〇という言い方がありますが、これを当てはめてみてはどうでしょう。

国内の一般的な消費者がクルマに求める三つの条件をあげると、低燃費、低価格、安全性ということになるでしょうか。そかし、これでは最新の軽自動車で決まりとなってしまい、長距離ドライブでの快適性とか荷物もたくさん積み込めるという要求が満たせません。そこで、経済性、居住&荷室スペース、安全性能、そして走行性能というマルチな性能を持ったクルマと定義することにしました。

日産エクストレイル

日産エクストレイル

日産エクストレイル

6月8日にマイナーチェンジされたエクストレイルは、高速道路同一車線において「自動運転」をかなえてくれる”プロパイロット”を設定して話題を集めています。自動運転レベルとしては「レベル2」と未熟ながらも、運転者支援システムとしては高水準であり、車選びにおいて今、最も重要視されつつある安全性能は十分に備えた車種であることは間違いありません。

また、他の同クラスのSUVと比較してリーズナブルな価格設定であることも見逃せません。高級感では及ばないものの、トヨタのハリアーより約90万円ほど安い設定であり、メーカーオプションの”プロパイロット”約14万円を装備してもまだ割安感があります。また、割安な2.0L車は1.5Lハイブリッド車並みの219万円台、低燃費のハイブリッド車でも258万円台ですからクラス下のC-HRと同価格帯。

居住性能もワイドなボディで十分な広さがありながら、SUV特有の目線の高さで取り回しも良く、長距離ドライブも快適な後席の居住性も十分。エクストレイルには3列シートも用意されており、広いラゲッジルームとしても使えます。ただし、ハイブリッド車は3列シートしか選べないのが残念。

スズキワゴンR

スズキ ワゴンRスティングレー

スズキ ワゴンRスティングレー

軽自動車の欠点であるパワーの無さからくる、長距離ドライブや高速道路のストレスも、スティングレーハイブリッドTなら、ターボエンジンとそれをアシストするモーターの力で解消。もちろんその低燃費性能は28.4㎞/L。最も上級なグレードなので165万円と高めですが、ターボ無しの通常モデルワゴンRなら107万円で、32.4㎞/Lの燃費ですからライフスタイルに合わせて選択す方が良いでしょう。

フルモデルチェンジでプラットフォームが新しくなったワゴンRの室内は、これまで位以上に広がり、功績の居住性も余裕があります。また、2人乗車なら驚くほどの荷物を積むこともできます。

安全性については、2つのセンサーで、前方の歩行者やクルマを検知。コンパクトなシステムを実現し、自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能など、6つのサポートが付くデュアルセンサーブレーキサポートをグレードによってメーカーオプション設定しています。唯一残念なのがここで、全機種に設定されないのはきわめて残念。セットで6万円弱なので、標準装備してもいいくらいなのです。

ホンダ フリード

ホンダ フリード

ホンダ フリード

これまで大勢を占めていたミニバンの、あまりに大きなボディに苦労していた主婦層が、このくらいなら血丁度いいと選び始めたのがフリード、そしてトヨタのシエンタからなるコンパクトミニバンです。背は従来のミニバンより低いのにかかわらず、3列シートを設けた広い室内スペースに豊富なシートアレンジで、荷室も広々。1.5Lクラスのエンジンであっても軽くなった車体と、重心の低さで走行性能も十分です。

そして、何よりも普通の乗用車感覚で運転できるので、他の車種から乗り換えても違和感ななく、取り回しにも優れています。1.5Lクラスの割安なグレードから、動力性能と低燃費を備えたハイブリッド車から選べます。

安全性能についても、ホンダの先進運転者支援システムである「ホンダセンシング」と「サイドエアバッグシステム+ サイドカーテンエアバッグシステム」がタイプ別に設定されています。

まとめ

これらを「一台ですべてを賄えるクルマ」としてみましたが、前提としてファミリーユーザー向けとなります。お子さんがいなかったり、一人暮らしの方が求める場合は、条件が他の項目に変わることもあり、異なる車種が浮かび上がるでしょう。例えば経済性という条件のかわりに豪華さを加えたり、あるいは走行性能が最優先になったらどうでしょうか。また、「荷物なんか載せなくてもいい」という方もいるかも。

「一台ですべてを賄えるクルマ」を捜すには、いかに自分にあった条件を備えた車を探すことが重要であり、そのために我慢する部分をいかに最小限にとどめるか、このような事になるのではないでしょうか?

関連する投稿


乗り換え時にハッピー!リセールバリューの高い車、その特徴と選び方

乗り換え時にハッピー!リセールバリューの高い車、その特徴と選び方

車は人生の中でも大きな買い物のひとつであり、お得にやりくりしたいものですよね。また、燃費性能や安全装備は日々進化するので、1台を長く乗り続けるよりも、車検を機会にサクッと新型車に乗り換えたい!とお思いの方も多いのでは。そんな夢を助けてくれるのが、下取り価格が高い=「リセールバリューの高い」車です。この記事では、どんな車がリセールバリューが高いのか、徹底解説していきます。


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


ウィンタースポーツに向いているクルマとは?おすすめをご紹介!

ウィンタースポーツに向いているクルマとは?おすすめをご紹介!

ウィンタースポーツを楽しむためには、どんな特徴を備えたクルマがいいでしょうか?本記事では、冬のアクティビティで遭遇するさまざまな状況を考慮して、ウィンタースポーツに向いているクルマの特徴を取り上げました。そして、おすすめのクルマを紹介しています。ぜひご覧ください。


【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

今年秋のモデルチェンジが噂される日産 エクストレイル。日産のベストセラーSUVがどんな変化を遂げるのか、現在流れている情報をもとに検証していきましょう!


BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

車好きが好む輸入車として、BMWを挙げる方もおられるでしょう。魅力あるセダンやSUVがラインナップされているだけでなく、Mシリーズのようにスポーティな走りが楽しめるグレードがあります。ラグジュアリーな車が好きな方から、走りを楽しみたい方まで満足できるモデルが豊富です。日本でも販売台数が多いBMWですが、どのようなブランドで人気の理由は何でしょうか?ブランドの概要から人気モデルまで詳しくご紹介します。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。