目次へ戻る

【閉幕】東京オートサロン2018!開催概要/コンパニオン/出展情報他【振り返り】

【閉幕】東京オートサロン2018!開催概要/コンパニオン/出展情報他【振り返り】

東京オートサロン2018が1月12日(金)より幕張メッセにて開幕します。本記事ではオートサロン2018をより楽しめる情報を詰め込みました。押さえておきたいコンパニオン、主要メーカーの出展車両情報、開催概要や場所、チケット情報、来場者数他。東京オートサロン2018の気になる最新情報をまとめています。【2月5日日更新】


東京オートサロン2018開催

東京オートサロン2017

東京オートサロン2018最新記事はこちらから

東京オートサロン2018 開催概要公開!!

■会期:2018年1月12日(金)業界・報道関係者、14時~一般特別公開
    2018年1月13日(土)、14日(日)一般公開日
■会場:幕張メッセ
■入場料金:
 特別入場:1月12日(金)14時~19時/一般特別公開 当日:3,200円/前売り:2,600円
 一般入場:2,200円(大人)/1,700円(中・高校生)
 前売り:1,800円(大人のみ)
※小学生以下は無料

■アクセス:
<電車>
■JR京葉線 - 海浜幕張駅(東京駅から約30分、蘇我駅から約12分)から徒歩約50分
■JR総武線・京成線 - 幕張本郷駅(秋葉原駅から約40分)から「幕張メッセ中央」行きバスで、約17分

<バス>
■高速バスで成田空港より約40分
京成バスURL:http://www.keiseibus.co.jp/
詳細はこちら:https://www.m-messe.co.jp/access/

貴方はダウンロードした?東京オートサロン公式アプリが便利

あなたは「東京オートサロン」公式ガイドアプリをもうダウンロードしましたか?

このアプリを入れていれば、会場案内はもちろん、マップやタイムスケジュールなどすぐに見たい情報をご自分のスマホから見ることが可能になります。

当日はかなりの混雑が予想されるので、事前に公式パンフレットをダウンロードしておけば、電波が混み合う会場でもサッと見れてとっても便利です。

また、東京オートサロン2018公式サイトからは、事前に会場マップ(PDF版)がダウンロードできますので、念には念を入れたい方は、こちらよりダウンロードして確認しておくとよいかもしれませんね。

気になる!東京オートサロン2018、来場者数、出展者数はどれくらい?

2018年の数字を予測するために、過去の数字を調べてみました。

■2017年の来場者数:324,400人
■2017年の出展者数/出展車両台数:458社/850台

となっております。

そして、気になる2018年はどうなのでしょう。

国内主要自動車メーカーをはじめ、輸入車のインポーターやパーツメーカーなど、合わせて422社が出展し、計880台の車両が展示される予定です。

今回の開催は、東京オートサロン史上最大の規模となる見込み。どのようなカスタムカーが見られるのか楽しみですね。

【速報】2018年の東京オートサロン、来場者は2017を下回る結果

1月12日より開幕し、14日に閉幕した東京オートサロン2018。

3日間の総来場者数は31万9040人となり、前回の32万4400人をわずかに下回る結果となったとのこと。

【主なメーカーの出展車両情報一覧】

東京オートサロンは、幕張メッセというかなり広い展示場にて開催されます。そのため、何から見ていいかわからない。という方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、主要メーカーの出展車両を以下にまとめています。ピンときた車があった方はぜひ、当日足を運んでみてください。

また、メーカーに、出展ブースを明記しましたので、迷った方はこちらも参考にしてくださいね。

ホンダ(中4)

CR-V カスタムコンセプト

ステップワゴン モデューロXコンセプト

S660 モデューロXコンセプト

ジェイドRS カスタムコンセプト

N-ONE RS(用品装着車)

フリード モデューロX

NSX GT3

Dallara DW12 26号車

シビック TCR

マツダ(西1)

CX-8 カスタムスタイル

CX-5 カスタムスタイル

CX-3 カスタムスタイル

ロードスター レッドトップ カスタムスタイル

ロードスターRF カスタムスタイル

スバル(東7)

VIZIVパフォーマンスコンセプト

VIZIVパフォーマンスコンセプト

スバルは、将来ビジョンを具現化したコンセプトカー、スバル『VIZIVパフォーマンスSTI』コンセプトの出展を予定している他、『レヴォーグSTIスポーツ - STIパフォーマンス -』、『BRZ STIスポーツ- STI パフォーマンス -』も出展予定です。

日産(西2)

日産リーフ・グランドツーリングコンセプト

エクストレイル・グランドツーリングコンセプト

NV350キャラバン・グランドツーリングコンセプト

エクストレイル(ニスモ・パフォーマンスパッケージ装着車)

フェアレディZヘリテイジエディション

三菱(北10)

エクリプスクロス プレミアムスポーツコンセプト

エクリプスクロス フィールドアスリートコンセプト

三菱デリカD:5 アクティブギア

このほかにも三菱は、スポーティかつ都会に映えるスタイリングとしたプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEVプレミアムスポーツコンセプト』、ヘビーデューティ仕様のミニバン『デリカD:5 アクティブギア』を出展予定。

トヨタ モデリスタ(東8)※トヨタ関連はすべて東8

ソニック・エモーションC-HRコンセプト

クラウン・コンセプト・モデリスタ

ハイエース・リラックスベース

ノアMU(Multi Utility)コンセプト

スズキ(東7)

クロスビーウィンターアドベンチャー

スペーシア トールキャンパー

キャリイ フィッシングギア

スイフトスポーツ オートサロンバージョン

そのほか、『スイフトスポーツ』、『ソリオ バンディット』、『クロスビー』、『クロスビー ストリートアドベンチャー』、『アルトワークス』、『ワゴンRスティングレー』、『スペーシア』、『スペーシア カスタム』を展示予定です。

ダイハツ(中6)

関連する投稿


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

スバルは、新型軽トールワゴン『シフォン』を7月25日に発売すると発表しました。 新型シフォンは、日常での使い勝手の良さと安全性能を追求した軽乗用車です。開放感のある広い室内と、「ミラクルオープンドア」をはじめとする便利な機能・装備を採用しています。


【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

7月16日、日本国内でも発表された日産『スカイライン』改良新型は、プロパイロット2.0を搭載した3.5リットルV6ハイブリッドエンジン(VQ35HR)そして、3.0リットルV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載した2モデルがベースとなるということで注目を集めています。価格、発売日など最新情報をまとめています。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。