目次へ戻る

ティアナ新型は2018年か?価格や燃費、価格&中古価格は

ティアナ新型は2018年か?価格や燃費、価格&中古価格は

日産から発売されている、大型セダンのティアナ。2018年にフルモデルチェンジか?と噂されています。ティアナと聞くとあまりピンと来ない方もいるかもしれませんが、日産の世界戦略車で、世界でも大人気の車なんです。そんなティアナについて本記事では、基本情報・価格・スペック・燃費・中古価格・評価。評判についてまとめています。


北米日産『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)2018年型を公開

9月に、日産自動車の米国法人、北米日産は『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)の2018年モデルを発表しました。

現行アルティマは2012年8月、米国市場に投入されました。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマです。日本市場には、ティアナとして導入されています。

2018年型のアルティマ、特徴は車載コネクティビティとADAS

米国で発表されたアルティマの2018年モデルでは、ADAS(先進運転支援システム)と車載コネクティビティを充実させているのが特徴です。

先進運転支援システムでは、自動ブレーキにはじまり、前面衝突警告、レーダーを使ったブラインドスポットウォーニング、インテリジェントクルーズコントロール、リアクロストラフィックアラートなどを導入しているのだとか。

また、車載コネクティビティでは、日産コネクト付きのナビゲーションシステムが、Apple社の「CarPlay」とGoogleの「Android Auto」に対応しました。

日産コネクトは専用の通信ユニットや対応スマートフォンなどを使って、情報センターに接続することで、ドライブをより快適にするための情報を提供してくれるそうです。

ティアナ、日本でもフルモデルチェンジか?時期は2018年?

そんなティアナですが、日本でもフルモデルチェンジを控えているのでは、と噂されています。

3代目となるL33型が2014年に日本で発売された後、2015年に一部改良・全グレードに自動ブレーキの追加、そして2016年にも一部改良・グレード体系の見直しが行われました。

2017年はマイチェンが行われていないことからも2018年にフルモデルチェンジがくるのでは、と期待してしまいますね。

そんなわけで、本記事では日産の大型セダン・ティアナについて見ていきます。

日産の大型セダン。ティアナ、知ってる?

ティアナは、2003年に発売された日産の大型セダンです。日産にとって世界戦略車として位置づけられているため、世界各国で販売されています。

世界で販売されているため、各地域によって名称が異なっています。

香港・シンガポールなどでは、「セフィーロ(初代のみ。以降はティアナ)」。北米では、「アルティマ」、オーストラリア、ニュージーランドでは「マキシマ」「アルティマ」などと異なるネーミングで販売されています。

ティアナ 基本スペック・情報

 
日産 ティアナ基本情報
全長×全幅×全高(mm)4,880×1,830×1,470
ホイールベース(mm)2,775
車両重量(kg)1,470
乗車定員(名)5
エンジンDOHC・直列4気筒
最高出力127kW(173PS)/6000rpm
最大トルク234N・m(23.9kgf・m)/4000rpm
※XL(2WD)参照

ティアナは、大きさを誇る4ドア大型セダンです。

同じサイズ感のセダンとなると、日産のスカイライン60thLimitedが、全長×全高×全幅:4,800×1,820×1,450でかなり近いサイズと言えます。

日産 スカイライン 60thリミテッド

日産 ティアナ グレード別価格は?

 
日産 ティアナ グレード別価格
ティアナ XV ナビAVMパッケージ(2WD)3,513,240 円
ティアナ XL ナビAVMパッケージ(2WD)3,213,000 円
ティアナ XL(2WD)2,896,560 円
ティアナ XE(2WD)2,563,920 円

ティアナは、約250万円~350万円が相場となっています。

ちなみに、同じくセダンのトヨタ、マークXは約265万円~385万円。
マツダのアテンザは、ガソリン車が約280万円~336万円。ディーゼル車が、約320万円~400万円ほどです。

他車と比較すると、ティアナは少しお求めやすい価格設定と言えそうです。

日産 ティアナ 中古価格は

ティアナの中古価格ですが、調べてみたところ、230万円~290万円あたりが相場のようです。

グレードにもよりますが、新車価格と比較するとかなりお得になりますので、どうしてもティアナがいい、でも250万円も出せない、という方はぜひ検討してみてください。

日産 ティアナ 評価・評判は

10年運転して、ついに、20万キロを超えて、ますます快調なドライビング性能。
車体は、すこーしがたが来たが、でも、まだまだ大丈夫そう。
いい車です。

乗り心地はよく、静粛性も高い。クルマに乗って、走り出すとスッと発進し、そのまま静かにフラットに加速して定常走行に入る。この感覚は疲れたあとにドライブするクルマとしては最高のフィーリング。仕事が終わっての帰宅時、出張から帰って来て空港からの道のり、などにひとりでクルマに乗り込み動かしたときにホッとする安心感を生み出してくれるのがティアナだ。

乗り心地の良さが意見として挙がっていました。

また、ティアナに長く乗り続けている方も多いようです。

最後に

今後の展開が気になるティアナ。2018年~新型は出るのでしょうか。続報に期待しましょう。

同じく日産のセダンが気になる!!という方はこちらの記事もご覧ください。

現行モデルは歴代13代目!スカイラインの評価とは⁉

https://matome.response.jp/articles/327

日産スカイラインは1957年の登場以来、人気を博しているスポーツセダンです。2014年2月に13代目へモデルチェンジしました。ハイブリッド車と次世代ターボ車の二本立てが設定される事となり、かつてのキャラクターとは大きく変化したものの、日産がスカイラインに込める想いは健在です。そんなスカイラインの魅力を大公開です!

関連するキーワード


日産 車種情報 セダン

関連する投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


レクサス HSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

レクサス HSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

本記事では、レクサスHSの価格から燃費性能などの基本スペック、そしてユーザーの方からの口コミ評価まで気になる部分を徹底的にご紹介していきたいと思います。


スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバルの米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『インプレッサ』2018年モデルを初公開しました。いったいどういった点が変更・改良されているのか?インプレッサ2018年モデルの最新情報をお届けします!!


アルファロメオ 新型ジュリア デザインと技術の融合!ジュリアに迫る

アルファロメオ 新型ジュリア デザインと技術の融合!ジュリアに迫る

アルファロメオ、と言えば車に詳しくなくても名前は聞いたことがある、そんな有名な車ですね。10月より発売されたジュリアは、アルファ久々のミッドサイズセダン。注目度も高まっています。本記事ではそんな新型ジュリアのスペックや価格から、さらに詳細情報・最新情報までをお届けします。これを読めば貴方もジュリアが欲しくなる!?かも。


こんなにある!スター・ウォーズコラボ特集!!ベンツから日産まで

こんなにある!スター・ウォーズコラボ特集!!ベンツから日産まで

12月15日(金)より、世界中で大人気の『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』が日本公開されますね。スター・ウォーズファンの方はこの日をとても楽しみにしていたのではないかと思います。今回はスターウォーズ公開に先駆けて、スターウォーズコラボを行ったことのある車メーカーについてまとめています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。