トップへ戻る

ティアナ新型は2018年か?価格や燃費、価格&中古価格は

ティアナ新型は2018年か?価格や燃費、価格&中古価格は

日産から発売されている、大型セダンのティアナ。2018年にフルモデルチェンジか?と噂されています。ティアナと聞くとあまりピンと来ない方もいるかもしれませんが、日産の世界戦略車で、世界でも大人気の車なんです。そんなティアナについて本記事では、基本情報・価格・スペック・燃費・中古価格・評価。評判についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


北米日産『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)2018年型を公開

9月に、日産自動車の米国法人、北米日産は『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)の2018年モデルを発表しました。

現行アルティマは2012年8月、米国市場に投入されました。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマです。日本市場には、ティアナとして導入されています。

2018年型のアルティマ、特徴は車載コネクティビティとADAS

米国で発表されたアルティマの2018年モデルでは、ADAS(先進運転支援システム)と車載コネクティビティを充実させているのが特徴です。

先進運転支援システムでは、自動ブレーキにはじまり、前面衝突警告、レーダーを使ったブラインドスポットウォーニング、インテリジェントクルーズコントロール、リアクロストラフィックアラートなどを導入しているのだとか。

また、車載コネクティビティでは、日産コネクト付きのナビゲーションシステムが、Apple社の「CarPlay」とGoogleの「Android Auto」に対応しました。

日産コネクトは専用の通信ユニットや対応スマートフォンなどを使って、情報センターに接続することで、ドライブをより快適にするための情報を提供してくれるそうです。

ティアナ、日本でもフルモデルチェンジか?時期は2018年?

そんなティアナですが、日本でもフルモデルチェンジを控えているのでは、と噂されています。

3代目となるL33型が2014年に日本で発売された後、2015年に一部改良・全グレードに自動ブレーキの追加、そして2016年にも一部改良・グレード体系の見直しが行われました。

2017年はマイチェンが行われていないことからも2018年にフルモデルチェンジがくるのでは、と期待してしまいますね。

そんなわけで、本記事では日産の大型セダン・ティアナについて見ていきます。

日産の大型セダン。ティアナ、知ってる?

ティアナは、2003年に発売された日産の大型セダンです。日産にとって世界戦略車として位置づけられているため、世界各国で販売されています。

世界で販売されているため、各地域によって名称が異なっています。

香港・シンガポールなどでは、「セフィーロ(初代のみ。以降はティアナ)」。北米では、「アルティマ」、オーストラリア、ニュージーランドでは「マキシマ」「アルティマ」などと異なるネーミングで販売されています。

ティアナ 基本スペック・情報

 
日産 ティアナ基本情報
全長×全幅×全高(mm)4,880×1,830×1,470
ホイールベース(mm)2,775
車両重量(kg)1,470
乗車定員(名)5
エンジンDOHC・直列4気筒
最高出力127kW(173PS)/6000rpm
最大トルク234N・m(23.9kgf・m)/4000rpm
※XL(2WD)参照

ティアナは、大きさを誇る4ドア大型セダンです。

同じサイズ感のセダンとなると、日産のスカイライン60thLimitedが、全長×全高×全幅:4,800×1,820×1,450でかなり近いサイズと言えます。

日産 スカイライン 60thリミテッド

日産 ティアナ グレード別価格は?

 
日産 ティアナ グレード別価格
ティアナ XV ナビAVMパッケージ(2WD)3,513,240 円
ティアナ XL ナビAVMパッケージ(2WD)3,213,000 円
ティアナ XL(2WD)2,896,560 円
ティアナ XE(2WD)2,563,920 円

ティアナは、約250万円~350万円が相場となっています。

ちなみに、同じくセダンのトヨタ、マークXは約265万円~385万円。
マツダのアテンザは、ガソリン車が約280万円~336万円。ディーゼル車が、約320万円~400万円ほどです。

他車と比較すると、ティアナは少しお求めやすい価格設定と言えそうです。

日産 ティアナ 中古価格は

ティアナの中古価格ですが、調べてみたところ、230万円~290万円あたりが相場のようです。

グレードにもよりますが、新車価格と比較するとかなりお得になりますので、どうしてもティアナがいい、でも250万円も出せない、という方はぜひ検討してみてください。

日産 ティアナ 評価・評判は

10年運転して、ついに、20万キロを超えて、ますます快調なドライビング性能。
車体は、すこーしがたが来たが、でも、まだまだ大丈夫そう。
いい車です。

乗り心地はよく、静粛性も高い。クルマに乗って、走り出すとスッと発進し、そのまま静かにフラットに加速して定常走行に入る。この感覚は疲れたあとにドライブするクルマとしては最高のフィーリング。仕事が終わっての帰宅時、出張から帰って来て空港からの道のり、などにひとりでクルマに乗り込み動かしたときにホッとする安心感を生み出してくれるのがティアナだ。

乗り心地の良さが意見として挙がっていました。

また、ティアナに長く乗り続けている方も多いようです。

最後に

今後の展開が気になるティアナ。2018年~新型は出るのでしょうか。続報に期待しましょう。

同じく日産のセダンが気になる!!という方はこちらの記事もご覧ください。

関連するキーワード


日産 車種情報 セダン

関連する投稿


日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

ミニバンクラスの中では高級ミニバンの元祖とも呼ばれるエルグランドは、トヨタ・アルファードやホンダ・エリシオンと言った車種を登場させるきっかけとなった車です。今回は2020年10月に発売されたエルグランドについて改めて見ていきましょう。


【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

今年秋のモデルチェンジが噂される日産 エクストレイル。日産のベストセラーSUVがどんな変化を遂げるのか、現在流れている情報をもとに検証していきましょう!


上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

2004年から2015年まで国内販売された日産ムラーノ。洗練されたデザインでシティ派SUVの先駆者といった位置付けで発売されていたこの車ですが、なぜ販売終了となってしまったのでしょうか。本記事ではムラーノについて解説していきます。


日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

今世界的にもっとも人気の高い自動車のカテゴリーのひとつがSUVです。車内空間や荷室などを広く確保できる実用性の高さと、スポーティな走りを楽しめるという趣味性の高さのバランスの良さが人気の秘密となっているようです。各社が次々とSUVを発売していますが、その中でも大きな話題となっているモデルのひとつが日産のキックスです。今回は日産 キックスとはどういった車なのかを紹介すると共に、ライバルとなるモデルとの比較などを行っていきます。


日産 ノートはここが凄い!その性能を改めて徹底解説、ライバルとの比較も

日産 ノートはここが凄い!その性能を改めて徹底解説、ライバルとの比較も

2020年12月23日から販売が開始されている日産 ノートが凄いと話題となっています。2021年の本命とされる「ノート」はどこがそんなに凄いのでしょうか?そこで、これまでに明らかになった情報をもとに全てをご紹介します。もちろん追加設定された4WDモデル情報も!


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。