トップへ戻る

日産 新型アルティマ(ティアナ)の発売を待つべき3つの理由

日産 新型アルティマ(ティアナ)の発売を待つべき3つの理由

日産は、ニューヨークモーターショー2018において、新型「アルティマ」を初公開しました。日本国内では「ティアナ」として販売されるこのモデルの、国内発売時期は明らかににされていませんが、選択肢が少ない国内ミドルセダン市場ににおいては待望のニューモデルとなり、国内での登場を待つだけの理由がありそうです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型「アルティマ(ティアナ)」の発売を待つべき理由はこれだ!

新型「アルティマ」は、今秋に米国の日産ディーラーで販売を開始し、今後数年間で世界の多くの市場で発売する予定となっています。ということは国内導入は2019年の春頃の可能性が高そうです。現在の日本国内のミドルサイズセダンは低迷していますが、その中でもトヨタの「カムリ」が一人勝ち状態で、スタイリング次第でまだまだセダン需要はあることが証明されています。

今回発売された新型「アルティマ(ティアナ)」は、このカムリを購入しようとしている人に「待った!」をかける理由はあるのでしょうか?

理由その:1 カムリより「イケメン」なルックスは待つ価値あり!

トヨタ カムリ

カムリが前年比約10倍という驚異的なセールスを記録しているのは、これまでユーザーが望む新しいスタイリングの魅力的なセダンがなっかたというのが1つの理由として挙げられます。カムリは、そのスポーティーなデザインと印象的なフロントマスクは瞬く間にセダンファンを魅了しました。

コンセプトカー「Vmotion 2.0」からインスピレーションを得たこの新型「アルティマ」は、新型プラットフォームと新型エンジンレイアウトによって、この従来モデルよりも低重心でワイドなスタンスと、ダイナミックになったプロポーションが可能になりました。

特に正面から見た表情は、これまでのファミリーテイストから一転、ワイド&ローのプロポーションを活かして、スカイライン以上のスポーティーなルックスとなり、フロントグリルもカムリ以上の重厚感が感じられ、まさに「イケメン」。

もちろん室内も、「グライディングウィング」デザインのインストルメントパネルや、デザインと素材のコーディネーションでプレミアム感満載。このスタイリングだけでも、国内での発売を待つ理由となりますが、それ以上に期待されるのが、エンジンやその他の新しいメカニズムなのです。

理由その:2 世界初のVCターボエンジンは待つ価値が大あり!

VCターボエンジン

新型「アルティマ」のパワートレインには、ダウンサイジングされた直噴2.0L直列4気筒ガソリン「VCターボ」エンジンを設定。最大出力は248hp、最大トルクは37.7kgmを引き出す。「VCターボ」エンジンは、量産エンジンとしては世界初の可変圧縮比エンジンであり、可変圧縮比技術は、ピストンの上死点位置をシームレスに変化させるマルチリンクシステムを活用しており、最適な圧縮比に素早く変化する特徴を備えています。これまでの3.5LV型6気筒エンジンから置き換えられています。

その他にも、188馬力の直列4気筒DOHC 2.5リッター直噴エンジンも設定されていますが、やはり、「VCターボ」には魅力があり、ハイブリッドのカムリに対抗する意味でも国内への導入が期待されます。

また、アルティマ初の4WD車の設定や、「インテリジェントライドコントロール」、「インテリジェントトレースコントロール」、「ビークルダイナミクスコントロール(VDC)」も採用。ホイールとタイヤは19インチを初採用し、SRグレードには、チューニングサスペンションとシャシーを採用するなど、スポーティな乗り心地とハンドリングも新型「アルティマ」の新しい魅力です。

これらの新技術、特に「VCターボ」エンジンは、日本での発売を待つ理由となるはずです。そして、日産といえば忘れてはならない「プロパイロット」が、ついにミドルサイズセダンの「アルティマ」にも採用されることを見過ごすわけにはいきません。

理由その:3 ミドルサイズセダン+プロパイロット、これは待ちたい!

この新型「アルティマ」に搭載される「プロパイロット」は、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御して人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現することも「プロパイロット」の特長の一つです。

「プロパイロット」は、米国仕様ではSV、SL、Platinumの3つのグレードに標準装備されます。リラックスしてロングドライブも楽しみるミドルサイズセダンである「アルティマ(ティアナ)」だからこそ、最適な装備であることは間違いなく、発売まで待つ理由となるでしょう。

まとめ

国内において、ティアナのフルモデルチェンジとなれば、トヨタのカムリとの一騎打ちとなるのは確実。現在のティアナの販売台数から考えれば、カムリが新型になった以降と同様に、これまでの10倍となる販売が期待されます。

もちろん、米国仕様の新型「アルティマ」のままとは限りませんが、カムリ以上のインパクトを与える新型は、今、ミドルサイズセダンに買い替えようとしている人たちに、もうちょっと待ってみようかと思わせるのに十分なモデルと言えます。

関連する投稿


日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

ミニバンクラスの中では高級ミニバンの元祖とも呼ばれるエルグランドは、トヨタ・アルファードやホンダ・エリシオンと言った車種を登場させるきっかけとなった車です。今回は2020年10月に発売されたエルグランドについて改めて見ていきましょう。


【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

今年秋のモデルチェンジが噂される日産 エクストレイル。日産のベストセラーSUVがどんな変化を遂げるのか、現在流れている情報をもとに検証していきましょう!


上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

2004年から2015年まで国内販売された日産ムラーノ。洗練されたデザインでシティ派SUVの先駆者といった位置付けで発売されていたこの車ですが、なぜ販売終了となってしまったのでしょうか。本記事ではムラーノについて解説していきます。


日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

今世界的にもっとも人気の高い自動車のカテゴリーのひとつがSUVです。車内空間や荷室などを広く確保できる実用性の高さと、スポーティな走りを楽しめるという趣味性の高さのバランスの良さが人気の秘密となっているようです。各社が次々とSUVを発売していますが、その中でも大きな話題となっているモデルのひとつが日産のキックスです。今回は日産 キックスとはどういった車なのかを紹介すると共に、ライバルとなるモデルとの比較などを行っていきます。


日産 ノートはここが凄い!その性能を改めて徹底解説、ライバルとの比較も

日産 ノートはここが凄い!その性能を改めて徹底解説、ライバルとの比較も

2020年12月23日から販売が開始されている日産 ノートが凄いと話題となっています。2021年の本命とされる「ノート」はどこがそんなに凄いのでしょうか?そこで、これまでに明らかになった情報をもとに全てをご紹介します。もちろん追加設定された4WDモデル情報も!


最新の投稿


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

車に乗ったのにキーが回らない、という経験をしたことをありませんか?これは、車の盗難防止策の一つであるハンドルロックという機能の存在が関係しているかもしれません。今回は、そんなハンドルロックの仕組みとハンドルロックの解除方法に関して解説していきます。


インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!